スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ARC-5 悪の秘密結社-後篇


遊戯王カード 【鬼ガエル】 DE04-JP060-N ≪デュエリストエディション4 収録カード≫遊戯王カード 【鬼ガエル】 DE04-JP060-N ≪デュエリストエディション4 収録カード≫
()
コナミデジタルエンタテインメント

商品詳細を見る

 後篇が始まります。

 フィールド魔法《風雲たけし城》

 城郭を中心として、アトラクション8つが円周上に並べられている。プレイヤーは、それらをクリアーしなければAカードをゲットできない。体力を要求されるアスレチックである。アトラクション1つにつき、Aカード1つがストックされている。Aゾーンにカードがなければ、攻略時点でAカードがセットされる。タイミングは問わず、相手ターンにもカードゲットができる。

 《湿地草原》も発動されているため、草原地帯は沼地へと塗り変えられている。ソリッド・ヴィジョンは実体化されており、流動体の再現性も精密なものがある。カードやディスクを池沼に落としても、デュエルが終われば渇いてくれる。濡れた感触はリアルなので、水は避けたいところ。吉田くんは息があがってきているようだ。調子に乗って、全力ダッシュをしすぎたせいだろう。ホロディスプレイにより、対戦相手への確認は怠らない。

 遊矢は【悪魔の館】への扉を開けた。



【4ターン目:遊矢】LP2400、ドローフェイズ後の手札4枚

(フィールド)
吉田くん:《悪魔ガエル:攻撃力1800・Lv3》&《貫ガエル:攻撃力1600・Lv2》が攻撃表示。モンスター1体を裏側守備表示でセットしている。フィールド魔法《湿地草原》が発動中。Aゾーンに1枚セットしている。

遊矢:無し。

Pゾーン:《EMシルバー・クロウ:スケール5》


「俺のターン、ドロー。《EMチアモール:攻撃力600・Lv2》を召喚。《EMシルバー・クロウ》のP効果により、攻撃力が300ポイントアップする」

「《EMチアモール》は元々の攻撃力よりパワーアップしている。自分自身を応援することで、さらに攻撃力を1000ポイントアップさせる。《貫ガエル》に攻撃!」

 《ハヤブサ・アタック》があれば、《悪魔ガエル》も戦闘破壊できたのに。モグラのチアガールが、フィールド中央へと走っていく。《貫ガエル》を見つけると、角を掴んで投げとばした。攻撃力1900ポイントまでアップしているので、相手ライフを3700ポイントにまで減らせた。


 六角形の小部屋が、えんえんと連なっている。迷路っぽいけど楽勝だ。そんな考えは甘すぎた。ドアを開けると、プロレスラーみたいのが中指を上げていた。赤覆面には「瓜」と書かれている。

「俺、フィリップ。牛丼のためだ。お前の邪魔をする」

 右手に塗りたくられた墨汁を、顔面に付けようと襲いかかってくる。捕まるわけにはいかない。ドアを次々と開けては、逃げていく。巨躯に追いつめられて、同じ場所をぐるぐると回ってしまう。そのまま突っ切ろうとすれば、心臓が急速に高鳴りだす。ドアの外には池が広がっていた。遊矢は落ちそうになるも、こらえてから反転。フィリップに足払いをかけて、泥水へと突っこませた。


「Aマジック《ピケルバリア》をゲット!」

「《オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン:スケール4》をPゾーンにセッティング。カード1枚をセットして、ターンエンド。《オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン》を破壊して、《時読みの魔術師》をデッキから手札に加える」

 ゴール部屋に着くと、Aカードがセットされた。《オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン》はエクストラ・デッキへと置かれて、攻撃力1500以下であるPモンスターがサーチされる。さすがに、遊矢も息苦しくなってきた。だらだらと汗が流れていき、全身から熱気が噴きだす。



【5ターン目:吉田くん】LP3700、ドローフェイズ後の手札2枚

(フィールド)
吉田くん:《悪魔ガエル:攻撃力1800・Lv3》が攻撃表示。モンスター1体を裏側守備表示でセットしている。フィールド魔法《湿地草原》が発動中。Aゾーンに1枚セットしている。

遊矢:《EMチアモール:攻撃力900・Lv2》が攻撃表示。魔法・罠ゾーンにカード1枚をセットしている。Aゾーンに1枚セットしている。

Pゾーン:《EMシルバー・クロウ:スケール5》


「僕のターン、ドロー。《魔知ガエル》を捨てることで、Aマジック《なかよしコール》を発動。《デスガエル:水属性・水族》をデッキから手札に加える」

「《悪魔ガエル》をリリースして、《デスガエル:攻撃力1900・Lv5》をアドバンス召喚! 墓地に《悪魂邪苦止》2体がいる。このアドバンス召喚により、《デスガエル》2体をデッキから特殊召喚!」

「魔法カード《死の合唱》を発動! 相手カード全てを破壊する」

「フリーチェーンでしのぎきる。トラップ《ダメージ・ダイエット》を発動して、このターンでのダメージを半分にする。Aマジック《ピケルバリア》も連動して発動! このターン、モンスターが攻撃宣言してくるたびに、自分ライフを500ポイント回復させる」

 《なかよしコール》を再び使ってきた。《デスガエル》3体がそろったので、《死の合唱》が発動される。何とも酷い歌声である。気分が悪くなってきそうだ。《EMシルバー・クロウ》も《EMチアモール》も破壊されるも、Pモンスターなので、エクストラ・デッキへと送られる。遊矢が叢を踏みしめていると、緑蛙が向かってきた。

「《裏ガエル:攻撃力500》を反転召喚! モンスター4体でダイレクト・アタック!」


 吉田くんは【自由への壁】に挑んでいる。大壁に張られた扉4つから1つを選択して、突き破らなければいけない。へーへー息つきながら、吉田くんが走っていく。紙扉を体当たりして、突破する。彼の運は尽きたようだ。勢いよく扉を抜けるも、池罠に落ちてしまった。


『吉田くーん!』


 総統が叫びだす。遊矢といえば、蛙から逃げ回っていた。《湿地草原》により、《裏ガエル》は攻撃力1700ポイントにアップしている。《ダメージ・ダイエット》の加護で、戦闘ダメージは半減させられる。蛙が跳びかかってくるたびに、《ピケルバリア》が500ポイントのライフを回復させてくれる。蛙塗れになってしまうも、ライフ700ポイントで生き残れた。

 吉田くんは、池中でエンド宣言を泡っている。《裏ガエル》も裏返る。



【6ターン目:遊矢】LP700、ドローフェイズ後の手札3枚

(フィールド)
吉田くん:《デスガエル:攻撃力1900・Lv5》3体が攻撃表示。モンスター1体を裏側守備表示でセットしている。フィールド魔法《湿地草原》が発動中。Aゾーンに1枚セットしている。

遊矢:無し。


「俺のターン、ドロー。スケール1《星読みの魔術師》とスケール8《時読みの魔術師》をPゾーンにセッティング! 《EMソード・フィッシュ:攻撃力600・Lv2》を召喚!」

「《オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン:攻撃力2500》と《EMチアモール:攻撃力600・Lv2》、《EMシルバー・クロウ:攻撃力1800・Lv4》をペンデュラム召喚!」

 《オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン》のP効果により、《時読みの魔術師》をサーチしている。魔術師たちが青空へ飛びあがり、その間を振り子が揺れていく。《オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン》を始めとして、モンスター3体が降りてきた。《EMソード・フィッシュ》が分身を撃ちだして、《デスガエル》にぶつけていく。《EMチアモール》が応援して、パワーダウンに拍車をかける。《デスガエル》は攻撃力0にへばりだした。

「元々よりも攻撃力が下回っているとき、《EMチアモール》は攻撃力を1000ポイントダウンさせる」

「《オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン》で《デスガエル》に攻撃する」

 赤竜が駝鳥のように駆けていき、《デスガエル》を蹴り飛ばした。バトルダメージも倍となるのだ。吉田くんのライフは0ポイントにまで急降下。いっせいに、柚子たちが歓声を華やかせた。



「出費は痛いが、約束だから仕方がない。子供たちに牛丼を奢ってやろう。財布が厳しいので、あまり高いのは勘弁してほしいが……」

「わーい。僕は特盛を頼むとしよう」

「吉田くんには奢ると言っておらんぞ。しかし、遊矢くんは強いのう」

「そりゃー、俺が熱血指導をしているからな」

「ははっ……」

 柊修造が嬉しそうに、遊矢の肩を叩きまくる。牛丼屋に着くも、閉店しているようだ。


 お客様各位

 パワーアップ工事のお知らせ

 リニューアル工事のために、しばらく閉店をさせて頂きます。

 リニューアルオープン予定






【ARC-V:5】





「ピケルバリア」速攻魔法
「ピケルバリア」は自分ターンのみで発動できる。①:このターン、相手モンスターが攻撃宣言する度に、自分ライフは500ポイント回復する。






テーマ : 遊★戯★王 - ジャンル : アニメ・コミック

コメント

今回はオリキャラがネタ路線でしたか(笑)

それにしても遊馬が使っていた《オノマトペ》デッキ然り、遊矢が使う《EM》デッキ然り、最近は主人公が使うモンスター群がけっこうトンチのきいたネーミングですよね・・・。
それでいて効果インフレ激しいって・・・(笑)

これからも新カードは続々出るらしいのでこのSSも楽しみにしてます!

No title

 TMさん、感想ありがとうございます。

 某アニメのキャラにAデュエルをさせてみました。こちらのシリーズは、ネタ方面に走っています。

 遊馬のモンスターに続いて、遊矢のモンスターもそんな感じですね。子供向けにしている面もあるというか。

 特殊ルール・デュエルのネタも溜まっているので、どんどん書いていきます。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。