スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TFSP-6 爆走列車の発進! 神月アンナVS鷹栖


遊戯王カード 【爆走特急ロケット・アロー】 GAOV-JP016-R 《ギャラクティック・オーバーロード》遊戯王カード 【爆走特急ロケット・アロー】 GAOV-JP016-R 《ギャラクティック・オーバーロード》
()
不明

商品詳細を見る

 アニメのアンナにやったら、爆殺されそう。《C》はサポートが少ないので、オリカで補充しまくっています。OCGでサポートしまくる可能性はないか……。

 宮田ゆまは、ウィンたちを連れて光写真館へ謝りにいった。バリアンがシティを蹂躙したとき、建物を無断使用したから。バリアンに支配された決闘者が彷徨うなかで、そこを休息の場としていた。老店主は、彼女たちを赦してくれた。お茶まで振舞ってくれる。

「この世界も大変そうだからねぇ。仕方がないよ」

 コロンちゃんが、白い蝙蝠みたいのを追いまわす。

「それにしても、ツカサくんもユウスケくんも、どこへ行ったのでしょうね?」
 
 ロングヘアーの女性が困っているようだ。宮田ゆまのデッキケースから、《M・HERO ディケイド》のヴィジョンが這いだしてきた。必死に自分を指差している。ウィンは感受性が高いも、それには気づかない。コロンちゃんを抱きあげて、コウモリさんを助けだした。



 壁のパネルには、ハイウェイでのライディング・デュエルが描かれている。



 ウィンが元気付いていることに、宮田ゆまは安堵していた。ツァン・ディレが傍にいるので、気分も安らぐのだろう。失われた記憶と向きあいながら、しっかりと前を見据えている。ドン・サウザンドに狙われているようで、心配になってしまうが。キャンサーが女子寮に入りこみ、ミザエルなどが監視を始めた。バリアンも、どこまで信用すべきなのか。

「そこのクソガキども。この鷹栖様とデュエルをしやがれ!」

 突然に怒鳴られて、レイン恵も吃驚させられる。黒人男性が立っていた。バリアンの黒紋章が額で瞬いている。ドン・サウザンドの支配を受けているのか。巨躯を乗りだすように迫ってきた。ウィンやツァン・ディレとの別行動が幸いだ。こういう状況に遭わせたくないから。宮田ゆまが決闘盤を装着した。《M・HERO ディケイド》も、その様子を眺めている。

「ちょーっと、待った―っ!」

 赤髪の少女が割りこんできた。宮田ゆまが息の呑みこむ。アンタレスに洗脳されていた決闘者であり、海馬コーポレーションにてレイン恵とも戦っている。

「こいつがドン・サウザンドってヤツの手下か。この神月アンナが相手になるぜ!」

「何だぁ? このクソガキは?」

「うわっ! きったねーっ! 鼻毛を飛ばすなよ!」

 鷹栖の無礼極まる行動に、アンナが怒鳴りだす。通行人たちも遠巻きに、眉をしかめている。ドン・サウザンドに支配された決闘者は、闇を収集するためにデュエルをしているらしい。そのために、鷹栖は挑んできたのだろう。そこに神月アンナが突入してきた。

 プルンと胸を揺らせて、決闘宣言を響かせる。



『デュエル!』



【1ターン目:アンナ】LP4000、ドローフェイズ後の手札6枚

「俺の先攻、ドロー。自分フィールドにカードがないから、《爆走特急ロケット・アロー:攻撃力5000・Lv10》を手札から特殊召喚する。ターンエンド」

  ジェット機を乗せたようなブルー・エクスプレスが、青空を超高速で抜けていく。高層ビルディングの森林地帯をぬいながら降りてきた。攻撃力5000とは凄まじいが、デメリットも充分に大きいようだ。コントローラーはカード効果も発動できず、カードセットもできない。これじゃあ、トラップも仕掛けられないだろう。



【2ターン目:鷹栖】LP4000、ドローフェイズ後の手札6枚

(フィールド)
アンナ:《爆走特急ロケット・アロー:攻撃力5000・Lv10》が攻撃表示。


「俺様のターン、ドロー。永続魔法《パラライズ・チェーン》を発動する。デッキ破壊に成功するたび、300ポイントのダメージを喰らってもらう」

「相手フィールドのみにモンスターがいる。魔法カード《ゲート・チェーン》を発動する。《C・リペアラー:攻撃力1600・Lv4》をデッキから特殊召喚して、《C・スネーク:Lv3》をデッキから墓地へ落とす。墓地送りにしたモンスターのレベルだけ、デッキ破壊をしてやるよ!」

 エクストラ・デッキに《C》のみを投入することで発揮できる通常魔法。その威力は小さくない。修理屋さんが鉄槌を振りおろすと、鎖蛇が飛びついてきた。アンナのデッキを31枚にまで削りこむ。《パラライズ・チェーン》から鉄鎖が伸びてきて、彼女を穿つ。300ポイントのダメージか。


「《C・リペアラー》の修理効果により、《C・スネーク:攻撃力800・Lv3》を墓地から蘇らせる。この《C・スネーク》を《爆走特急ロケット・アロー》に装備させることで、装備モンスターの攻守を800ポイントダウンさせる」

「《C・コイル:攻撃力1100・Lv3・チューナー》を召喚! こいつの特殊能力で、《C・リペアラー》の攻守を300ポイントアップさせる」

 鎖蛇が特急列車に巻きついて、攻撃力4200ポイントへダウンさせる。《C・コイル》はマスコットぽくって可愛らしい。超電磁を浴びせて、《C・リペアラー》の筋肉を膨れあがらせる。

「《C》の存在により、魔法カード《電脳コイル》を発動! 《爆走特急ロケット・アロー》を守備表示にして、その守備力を0ポイントへダウンさせる。この効果を受けたモンスターが戦闘破壊されると、そのモンスターのレベルだけ、デッキ破壊ができるのさ!」

「《C・コイル》で《爆走特急ロケット・アロー》を攻撃してやる!」

 コイルボディが眩く輝いて、超電磁の稲妻を撃ちだした。守備0に落とされては、ひとたまりもない。特急列車が爆発して、スクラップと化す。《C・スネーク》の装備効果も、《電脳コイル》と同様である。装備モンスターが戦闘破壊されると、そのレベルだけのデッキ破壊を行う。アンナのデッキが20枚も抉られた。《パラライズ・チェーン》により、600ポイントのダメージが追加される。


「がははっ! レベル10のおかげだ。デッキを削りまくれたぜ。《C》が戦闘破壊に成功したんで、《C・アフロマン:攻撃力2500・Lv7》を手札から捨て、《C・シューター:攻撃力1100・Lv2》をデッキから特殊召喚する。こいつで、ダイレクト・アタック!」

「《工作列車シグナルレッド:守備力1300・Lv3》を手札から特殊召喚して、このカードに攻撃対象を移す。このバトルでは戦闘破壊されないぜ」

「ならばっ! 《C・シューター》をリリースして、800ポイントのダメージを与える」

 《C・リペアラー》の息子みたいな兄貴が、仲間を運んできた。名前の通りにアフロヘア―。《C・シューター》が、レーザービームをキャンノンから発射した。赤列車が超特急で駆けつけて、バリアを展開する。ビームが反射されて、鷹栖に200ポイントのダメージを与えた。《C・シューター》が特攻アタックをぶつけてくる。アンナのライフは2300ポイントにまで減らされた。

「カード1枚をセットして、ターンエンド」



【3ターン目:アンナ】LP2300、ドローフェイズ後の手札5枚

(フィールド)
アンナ:《工作列車シグナルレッド:守備力1300・Lv3》が守備表示。

鷹栖:《C・リペアラー:攻撃力1900・Lv4》&《C・コイル:攻撃力1100・Lv3・チューナー》が攻撃表示。永続魔法《パラライズ・チェーン》が発動中。魔法&罠カードゾーンにカード1枚をセットしている。


「俺のターン、ドロー。《勇気機関車ブレイブ・ポッポ:攻撃力2400・Lv4》を召喚。《C・コイル》にアタック! ダメージステップ終了時までパワー半減するが、充分だ」

「甘いぞ、クソガキ! 永続罠《ウォール・チェーン》を発動! 攻撃表示の《C》で発生するダメージは0となる。《C》が攻撃対象となるたびに、相手デッキ3枚を墓地送りにする」

 緑の機関車が煙を引きながら走ってきた。攻撃力1200ポイントにダウンしても、《C・コイル》を撃破可能だ。鎖が幾重も張りめぐり、列車移動を妨害してくる。《C・コイル》への衝突で戦闘破壊できるも、バトルダメージまでは与えられない。《パラライズ・チェーン》により、アンナが300ポイントのダメージを打たれてしまう。

「けっこう、強いじゃないか。ターンエンド」



【4ターン目:鷹栖】LP3800、ドローフェイズ後の手札1枚

(フィールド)
アンナ:《勇気機関車ブレイブ・ポッポ:攻撃力2400・Lv4》が攻撃表示。《工作列車シグナルレッド:守備力1300・Lv3》が守備表示。

鷹栖:《C・リペアラー:攻撃力1900・Lv4》が攻撃表示。永続魔法《パラライズ・チェーン》&永続罠《ウォール・チェーン》が発動中。


「俺様のターン、ドロー。《C・リペアラー》の修理効果により、《C・コイル:攻撃力1100・Lv3・チューナー》を墓地から特殊召喚する。パワーアップ効果も使うぞ!」

 親方と呼びたくなるオジサンが、アイアンハンマーを地面に叩きつけた。《C・コイル》が地中から跳びだす。球体顔の両側から、鎖状の腕が伸びている。それを躍らせて、特殊な電磁波を放った。《C・リペアラー》の筋肉が活性化して、攻撃力2200ポイントにまでアップする。

「《C・スネーク:攻撃力800・Lv3》を召喚」

「レベル3《C・スネーク》に、レベル3《C・コイル》をチューニング! 《C・ドラゴン:攻撃力2500・Lv6》をシンクロ召喚!」

「《C》5体を墓地除外することで、《C・ドラゴン》をエンドフェイズまで1000ポイントのパワーアップをさせる。《勇気機関車ブレイブ・ポッポ》に攻撃する。このカードがバトルダメージを与えたら、3枚のデッキデストロイだぁ!」

 鎖竜が飛びかかり、《勇気機関車ブレイブ・ポッポ》の鋼鉄車体を粉砕せしめた。《パラライズ・チェーン》のダメージも加わり、アンナのライフが600ポイントにまで追いつめられる。デッキも4枚しか残っていない。鷹栖が大仰に哂いあげる。



【5ターン目:アンナ】LP600、ドローフェイズ後の手札5枚

(フィールド)
アンナ:《工作列車シグナルレッド:守備力1300・Lv3》が守備表示。

鷹栖:《C・ドラゴン:攻撃力2500・Lv6》&《C・リペアラー:攻撃力2200・Lv4》が攻撃表示。永続魔法《パラライズ・チェーン》&永続罠《ウォール・チェーン》が発動中。


「俺のターン、ドロー! 勝利の方程式がそろったぜ! 魔法カード《臨時ダイヤ》を発動して、《深夜急行騎士ナイト・エクスプレス・ナイト:守備力3000・Lv10》を墓地から特殊召喚!」

「《豪腕特急トロッコロッコ:攻撃力1800・Lv4》を召喚」

「どちらも、地属性の機械族モンスターだ。魔法カード《共振装置》により、レベル10へそろえる」

「レベル10の特急列車2体でオーバーレイ・ネットワークを構築! 《超弩級砲塔列車グスタフ・マックス:攻撃力3000・R10・O×2》をエクシーズ召喚!」

「墓地からレベル10《爆走特急ロケット・アロー》と《除雪機関車ハッスル・ラッセル》を除外して、装備魔法《機関連結》を《超弩級砲塔列車グスタフ・マックス》に付ける。装備モンスターは攻撃力が倍となり、貫通攻撃が可能となる」

「ORU1つを取り除いて、《超弩級砲塔列車グスタフ・マックス》のモンスター効果を発動する。2000ポイントのダメージを覚悟しな!」

「魔法カード《攻撃封じ》を発動! 《C・ドラゴン:守備力1300》を守備表示にする。これで、《ウォール・チェーン》に遠慮はいらない。《超弩級砲塔列車グスタフ・マックス》でラストアタック!」

 まさに、鉄道祭りといった空中光景だ。線路二本が光渦へと伸びていき、《豪腕特急トロッコロッコ》と《深夜急行騎士ナイト・エクスプレス・ナイト》がハイスピードでランニング。砲塔列車が吐きだされた。《豪腕特急トロッコロッコ》がORUになっているので、攻撃力も800ポイントアップしている。《爆走特急ロケット・アロー》と《除雪機関車ハッスル・ラッセル》がアスファルトを割って上昇。《超弩級砲塔列車グスタフ・マックス》に連結されていく。

 《超弩級砲塔列車グスタフ・マックス》が砲弾を発射した。2000ポイントの効果ダメージに加えて、莫大なる貫通ダメージ。《C・ドラゴン》が花火となった。爆風が鷹栖を舞いあげる。そのライフポイントは0にまで急降下。アンナがピースサインを嬉しそうに持ちあげた。

「どーんなもんだいっ!」

 宮田ゆまとレイン恵が、あぜんと視線を浮かせていた。





【TFSP-その6】





 とあるビルディングの屋上から、バリアン2人が見下ろしていた。その額には、ドン・サウザンドに支配された証が貼りつけられている。




テーマ : 遊★戯★王 - ジャンル : アニメ・コミック

コメント

更新ありがとうございます!

アンナに鼻毛を飛ばそうものならバズーカで遥か彼方ぶっ飛ばされそうですね(笑)

ドン・サウザンドに操られたバリアン・・・一体誰と誰でしょう・・・?

それと《グスタフ・マックス》のバーン効果は素材一つで発動可能ですよ!

次回も楽しみにしてます!!

No title

 TMさん、感想&ご指摘ありがとうございます。なぜか、2体になっていましたね。

 鼻毛を飛ばすと、エアーバイクでどこまでも追跡&砲撃をしてきそうです。オリジナルのバリアンも増えます。アンタレスやヴァルゴみたいに何度もは戦いませんが。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。