スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TFSP-9 クロウVS瀬良あゆみ! ワイトファミリーの晩餐会


遊戯王カード 【 アンデット・スカル・デーモン 】 ANPR-JP042-UR 《エンシェント・プロフェシー》遊戯王カード 【 アンデット・スカル・デーモン 】 ANPR-JP042-UR 《エンシェント・プロフェシー》
()
コナミデジタルエンタテインメント

商品詳細を見る

 どう考えても、《ダーク・バースト》の方が使いやすい。

 夜の裏通りにて、クロウは瀬良あゆみとデュエルをしていた。ドン・サウザンドの呪縛に囚われており、表情には昏さが宿っている。赤光りさせた右眼で、じぃっと見つめてくる。マーサとのつながりで、クロウは彼女と知りあっている。不遇な境遇にも負けずに、強く生きている少女だ。ウィンとも友達になっている。何としても救いたい。



【5ターン目:あゆみ】LP2500、ドローフェイズ後の手札2枚

(フィールド)
あゆみ:《アンデット・スカル・デーモン:攻撃力2500・Lv6》が攻撃表示。永続魔法《漆黒のトバリ》が発動中。

クロウ:永続罠《デッキ・ガード》が発動中。魔法&罠カードゾーンにカード1枚をセットしている。


「私のターン、ドロー。《ワイトキング:攻撃力?・Lv1》を召喚。ダイレクト・アタック!」

「《デッキ・ガード》でバトルダメージを0にする」

 シャレコウベが大量に湧きあがり、その中から骸骨王が跳びだした。顎を開いて、不気味に笑っている。《ワイトメア》も《ワイトプリンス》も、墓地では《ワイト》扱いとなる。それらの妖力を吸いあげて、攻撃力6000ポイントにまで達している。《F・G・D》すらも粉砕可能だ。骨手を振りおろしてくるも、《デッキガード》のバリアで防げた。デッキトップからカード2枚を墓地へ送りこむ。《BF-月影のカルート》を落とせた。

「《アンデット・スカル・デーモン》でダイレクト・アタック!」

 こちらの攻撃までは防げない。ぶち切れた筋肉繊維であるが、強靭な腕力を誇っている。渾身の殴打を喰らってしまい、クロウはアスファルトに叩きつけられた。痛みは実体化しており、呼吸すらも止められる。何とか息を吐いてから、ゆっくりと立ちあがる。

「直接攻撃によって、2000ポイント以上のダメージを受けた。《BF-天狗風のヒレン:守備力2300・Lv5・チューナー》と《BF-月影のカルート:守備力1000・Lv3》を効果無効にして、墓地から特殊召喚するぜ!」

「ただでは、やられませんか。1枚セットして、ターンエンドです」



【6ターン目:クロウ】LP1500、ドローフェイズ後の手札2枚

(フィールド)
あゆみ:《ワイトキング:攻撃力6000・Lv1》&《アンデット・スカル・デーモン:攻撃力2500・Lv6》が攻撃表示。永続魔法《漆黒のトバリ》が発動中。魔法&罠カードゾーンにカード1枚をセットしている。

クロウ:《BF-天狗風のヒレン:守備力2300・Lv5・チューナー》&《BF-月影のカルート:守備力1000・Lv3》が守備表示。永続罠《デッキ・ガード》が発動中。魔法&罠カードゾーンにカード1枚をセットしている。


「俺のターン、ドロー。レベル3《BF-月影のカルート》に、レベル5《BF-天狗風のヒレン》をチューニング!」

「黒き疾風よ! 秘めたる想いを、その翼に現出せよ! シンクロ召喚! 舞いあがれ、《ブラックフェザー・ドラゴン:攻撃力2800・Lv8》!」


「トラップ《ブラック・バック》を発動して、《BF-月影のカルート:攻撃力1400・Lv3》を墓地から特殊召喚する。このターン、俺は通常召喚ができない」

「《BF-疾風のゲイル:攻撃力1300・Lv3・チューナー》を手札から特殊召喚して、モンスター効果を発動する。《ワイトキング》の攻撃力を半分にする」

「永続罠《ワイトファミリーの晩餐会》を発動します。《BF-疾風のゲイル》がフィールドから離れたとき、除外されます。再利用はさせません!」

 《ブラックフェザー・ドラゴン》が黒翼を広げた。夜色を深く染めあげる。その下に、《BF》たちが集う。《BF-疾風のゲイル》が両翼から烈風を放つ。骸骨王の体が崩れていき、攻撃力3000ポイントへダウン。これで、戦闘破壊も視野に入るものだ。

「レベル3《BF-月影のカルート》に、レベル3《BF-疾風のゲイル》をチューニング!」

「漆黒の力! 大いなる翼に宿りて、神風を巻きおこせ! シンクロ召喚!吹きすさべ、《BF-アームズ・ウィング:攻撃力2300・LV6》!」

 《BF-疾風のゲイル》が骸骨集団に捕まり、食べられてしまう。嫌な晩餐会だ。


「魔法カード《ダーク・バースト》を発動して、《BF-月影のカルート:攻撃力1400》を墓地から手札に加える。バトルフェイズを始める!」

 《アゲインスト・ウィンド》なら広く回収できるが、ダメージが半端ない。《ブラックフェザー・ドラゴン》が建物上空まで飛翔して、ダークブレスを吐きつけた。《アンデット・スカル・デーモン》も戦闘破壊には耐えられない。ボロボロの筋肉も、さらに破られていく。叫喚さえも小さくなるばかり。

 《BF-アームズ・ウィング》が銃剣を放つ。ダメージステップに、《BF-月影のカルート》を墓地へ送ることで、支援効果を発揮させる。攻撃力3700ポイントにアップしたので、《ワイトキング》も倒せる。破裂音が轟き、頭蓋骨が木端微塵に弾けた。あゆみのライフが1500ポイントにまで落ちていく。ドン・サウザンドの加護があるせいか、苦しむ様子は感じられない。

「《ワイトキング》が戦闘破壊されたので、《ワイト夫人》を墓地除外することで、復活させます」

 シャレコウベがワラワラと湧いてくる。《ワイトキング》が這いあがるも、攻撃力5000ポイントへ落ちている。《ワイト》が墓地から減ったせいであろう。

「カード2枚をセットして、ターンエンドだ」



【7ターン目:あゆみ】LP1500、ドローフェイズ後の手札1枚

(フィールド)
あゆみ:《ワイトキング:攻撃力5000・Lv1》が攻撃表示。永続魔法《漆黒のトバリ》が発動中。永続罠《ワイトファミリーの晩餐会》が発動中。

クロウ:《ブラックフェザー・ドラゴン:攻撃力2800・Lv8》&《BF-アームズ・ウィング:攻撃力2300・LV6》が攻撃表示。永続罠《デッキ・ガード》が発動中。魔法&罠カードゾーンにカード2枚をセットしている。


「私のターン、ドロー。魔法カード《ダーク・バースト》を発動して、《ワイトメア:攻撃力300》を墓地から手札に加えます。このカードを捨てることで、除外されている《ワイト夫人:守備力2200・Lv3》を特殊召喚しますね」

「アンデット5体以上が墓地にいるので、《ワイトファミリーの晩餐会》を破壊して、2枚ドロー!」

 白骨化した貴婦人が、《ワイトキング》に従う。白髪に蜘蛛を飼っているようで、不気味さも極まれりだ。レベル3以下のアンデットは、戦闘破壊されず、魔法・罠カードの効果も受けない。《ワイトキング》の攻略が難しくなった。


「《ゾンビ・マスター:攻撃力1800・Lv4》を召喚して、モンスター効果を発動します。《ピラミッド・タートル:攻撃力1200・Lv4》を手札から墓地へ送り、このカードを特殊召喚!」

「レベル4《ゾンビ・マスター》と《ピラミッド・タートル》でオーバーレイ・ネットワークを構築!  《レッド・ピラミッド・シング:攻撃力2400・R4・O×2》をエクシーズ召喚!」

「ORU1体を取り除いて、モンスター効果を発動! セットカード1枚を破壊します」

 ピラミッドをかぶった怪人が、鉈剣を手にして立ちあがった。悪夢的な妖気が、どろりと垂れ流れてきた。ゆっくりと歩きだして、セットカードを叩き潰そうとする。クロウはニヤリ。ぴかりと剣先が瞬き、大爆発が《レッド・ピラミッド・シング》を吹きとばす。

「引っかかったな! セットされた《BF-マイン》が相手のカード効果によって破壊された。1000ポイントのダメージを与えて、1枚ドローする」

「《ワイトキング》と《レッド・ピラミッド・シング》で攻撃します!」

 爆風に中てられて、あゆみのライフは500ポイントにまで焦がされている。《ワイトキング》が大顎を開けて、《ブラックフェザー・ドラゴン》に噛みつく。率いられた骸骨軍団がまとわりついて、伝説竜を冥府へと沈ませた。《デッキガード》により、クロウはダメージを受けない。

 《レッド・ピラミッド・シング》が大股に歩んでいく。麻服は煙をあげており、火傷の酷さも伺える。ホームランを狙うかのように、鉈剣を振りかぶった。《BF-アームズ・ウィング》が銃剣で抵抗しようとするも、得物ごと刎ねられてしまう。クロウのライフが1400ポイントにまで削られた。《デッキガード》も完全防御ができるわけでない。

「このまま、追いつめていきます。ターンエンド」



【8ターン目:クロウ】LP1400、ドローフェイズ後の手札2枚

(フィールド)
あゆみ:《ワイトキング:攻撃力5000・Lv1》&《レッド・ピラミッド・シング:攻撃力2400・R4・O×2》が攻撃表示。《ワイト夫人:守備力2200・Lv3》が守備表示。永続魔法《漆黒のトバリ》が発動中。

クロウ:永続罠《デッキ・ガード》が発動中。魔法&罠カードゾーンにカード1枚をセットしている。


「俺のターン、ドロー。このターンで決める。永続罠《ロスト・スター・ディセント》を発動! 《ブラックフェザー・ドラゴン:守備力0・Lv7》を墓地から効果無効にして特殊召喚する」

「《BF-竜巻のハリケーン:攻撃力0・Lv1》を召喚。こいつをシンクロ・モンスター《ブラックフェザー・ドラゴン》と同じ攻撃力にする。《レッド・ピラミッド・シング》に攻撃!」

「さらにっ、《BF-極夜のダマスカス:攻撃力1300・Lv3》を手札から捨てることで、《BF-竜巻のハリケーン》を500ポイントだけパワーアップさせる」

 《ブラックフェザー・ドラゴン》が冥府より蘇る。守備表示であり、攻撃は不可能である。その力を《BF-竜巻のハリケーン》へバトンタッチ。《BF-極夜のダマスカス》もパワーを送りこむ。マッチョな黒鳥戦士が回転しだす。その速度が増していき、竜巻をどこまでも昇らせる。攻撃力3300ポイントにまで昂ぶっている。《レッド・ピラミッド・シング》を呑みこんで、夜空の彼方へと持ちあげた。怪人の落下を待たずして、勝敗は決した。



 あゆみが倒れると同時に、クロウが走りだして抱き支えた。ダメージを蓄積しているせいで、彼自身にも悪寒と痛みが圧し掛かってくる。少女からは闇が抜けていた。

「ドン・サウザンド! こんな子供を利用するなんて……」

 クロウは、拳を地面に叩きつけた。力無く、皮膚を裂くには至らない。





【TFSP-その9】





「ドン・サウザンド様の力は、順調に回復しているようだ。邪魔者も力果てるであろう」

 混沌邪神に支配されたバリアンのデュエリストが、クロウを観察しながら呟いた。




テーマ : 遊★戯★王 - ジャンル : アニメ・コミック

コメント

めっちゃ進んでた・・・。
更新ありがとうございます!

リン酸カルシウムの力恐るべし・・・!!
《アゲインスト・ウィンド》は《玄翼竜 ブラック・フェザー》の効果の発動トリガーにできないこともないですが・・・。
実際そんなにうまく決まるものじゃないですし・・・。
強くするのであれば堅実に《ダーク・バースト》を採用するべきですね・・・(笑)
さて・・・あゆみちゃんが失明していたのは・・・初耳です・・・。
ひでえことしやがる・・・。

支配されたバリアンのデュエリスト、気になります・・・。

次回も楽しみにしてます!!

No title

 TMさん、感想ありがとうございます。

 墓地で《ワイト》扱いモンスターも増えて、凄い攻撃力になりますからね。《玄翼竜 ブラック・フェザー》がありましたね。大抵、攻撃力1500以下を回収したいので《ダーク・バースト》を優先かな。

 あゆみちゃんの片目が隠れているのは、失明しているせい……などと噂を聞いたりしました。新たなバリアンは近くにでも登場します。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。