スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TF-135 ヨグ・ソトース降臨! 不退の闘士アリト

「闇で蠢くもの」闇【悪魔族・効果】☆×8
「闇で蠢くもの」の①の効果は、1ターンに1度しか使用できない。①:このカードがカード効果によって手札から墓地に送られた場合、相手の手札1枚をランダムに墓地に送る。②:このカードを墓地から除外する。自分フィールドの裏側守備表示モンスターを対象にするカード効果を無効にして破壊する。
ATK2500 DEF0


 このページにあるオリカを使用します。前回を微修正しました。

「俺様のターン、ドロー。モンスター1体を裏守備表示でセット」

「《闇に蠢くもの:攻撃力2500・Lv8》を手札から捨て、装備魔法《D・D・R》を発動! 《ティンダロスの猟犬:守備力1700・Lv6》を特殊召喚する。こいつが除外ゾーンから呼ばれたんで、セットカード1枚を破壊する」

 もくもくと濃煙が湧きたち、奇怪な四足獣が跳びだしてきた。異臭が強烈すぎて、涙が零れてくる。猟犬というが、犬にも似つかない。針金のような舌を伸ばして、セットカードを貫く。カウンタートラップ《昇天の黒角笛》か。チェーンブロックを作らない特殊召喚のみを封じられる。《D・D・R》による特殊召喚には反応しないんだね。

「これで、ターンエンドだ」



【5ターン目:アリト】LP4000、ドローフェイズ後の手札3枚

(フィールド)
アリト:《CNo.80 葬装覇王レクイエム・イン・バーサーク》を装備した《BK 拘束蛮兵リードブロー:攻撃力5000・R4・O×1》が攻撃表示。

バクラ:装備魔法《D・D・R》を装備した《ティンダロスの猟犬:守備力1700・Lv6》が守備表示。モンスター1体を裏側守備表示でセットしている。


「俺のターン、ドロー。来たっ! 魔法カード《RUM-七皇の剣》を発動する。《No.105 BK 流星のセスタス》をエクストラ・デッキから特殊召喚! その上から重ねて、《CNo.105 BK 彗星のカエストス:攻撃力2800・R5・O×1》をエクシーズ召喚!」


「《BK スイッチヒッター:攻撃力1500・Lv4》を召喚。この召喚により、《BK グラスジョー:攻撃力2000・Lv4》を墓地から特殊召喚する」

「レベル4の《BK》2体でオーバーレイ・ネットワークを構築! 《No.79 BK 新星のカイザー:攻撃力2300・R4・O×2》をエクシーズ召喚」

「こいつの特殊能力により、《BK シャドー》を墓地からORUにする」

 《BK》のエクシーズ3体が並びたつ。上級モンスターがそろって、心強い陣容だ。《No.79 BK 新星のカイザー》はORU3つを回しているので、攻撃力2600ポイント。相手に破壊されても、《BK》3体を墓地から特殊召喚できる。《BK 拘束蛮兵リードブロー》のORUを使えば、《BK》を破壊自体から守れる。オフェンスだけでなく、ディフェンスも完璧だ。


「《CNo.105 BK 彗星のカエストス》のORU1体を取り除いて、《ティンダロスの猟犬》を破壊する。攻撃力分のダメージを受けてもらうぜ!」

「さらに、《CNo.105 BK 彗星のカエストス》でセットモンスターを攻撃する。戦闘破壊に成功すれば、そいつの攻撃力の半分だけダメージを与える」

 裏守備の奴こそ効果破壊したいもの。《闇で蠢くもの》が墓地から闇触手を伸ばして、セットモンスターを守っている。《ティンダロスの猟犬》をやれば、ライフを大幅に減らせるけどね。紫闘士が羽ぽいのを開いて、ORUを拳から撃ちだした。あっけなく、妖獣犬が吹きとばされる。すぐにもダッシュして、《メタモル・ポット:守備力600・Lv2》を殴り砕いた。効果ダメージにより、バクラのライフを350ポイントにまで追いこめた。

「《メタモル・ポット》のリバース効果を発動! 互いに手札全てを捨て、5枚ドロー」

 割れた壺から単眼悪魔が飛びだして、互いへ恵みをもたらす。バクラのフィールドにカードはない。このまま直接攻撃を仕掛ければ、勝てるはずだけど。


「《No.79 BK 新星のカイザー》でダイレクト・アタック!」

「そいつは通用しないぜ! 《速攻のかかし:攻撃力0・Lv1》を手札から捨て、バトルフェイズを終了させる。《メタモル・ポット》のおかげで、悪運が強くなったようだ」

 《No.79 BK 新星のカイザー》が拳を奮わせるも、《速攻のかかし》が阻んできた。スクラップが散らばり、赤き鎧闘士の突進を阻む。この状況で助かるなんて。バクラが邪神的な恐怖を漂わせている。黒一色の双眸を見ようとするだけでも、寿命を削られそうだ。


「カード3枚をセットして、ターンエンド」

 何を伏せたのか、後ろから覗けた。トラップが3枚か。《BK》が攻撃対象となっても、《ラスト・カウンター》で反撃できる。攻撃対象を墓地へ送ることで、アタック・モンスターの元々の攻撃力分だけ、《BK》1体をパワーアップ。そして、強制的に戦闘を行わせる。ダメージのリスクもあるが、トラップ《ピケルの魔法陣》で消せる。

 《BK ビッグバンテージ:攻撃力1100・Lv2》が手札にある。墓地や除外ゾーンの《BK》と同レベルにそろえられる。特殊召喚カードがあれば、さらなるエクシーズにつなげられるだろう。カウンタートラップ《ギャクタン》も伏せてあるので、罠も回避できるはず。



【6ターン目:バクラ】LP350、ドローフェイズ後の手札5枚

(フィールド)
アリト:《CNo.105 BK 彗星のカエストス:攻撃力2800・R5・O×0》&《CNo.80 葬装覇王レクイエム・イン・バーサーク》を装備した《BK 拘束蛮兵リードブロー:攻撃力5000・R4・O×1》&《No.79 BK 新星のカイザー:攻撃力2600・R4・O×3》が攻撃表示。魔法&罠カードゾーンにカード3枚をセットしている。

バクラ:無し。


「俺様のターン、ドロー。《ウィルバー・ウェイトリィ》を手札から捨てることで、《名も無きヨグ・ソトースの仔》をデッキサーチだ。魔法カード《ダーク・バースト》により、《ウィルバー・ウェイトリィ:攻撃力800》を墓地から回収する」

「儀式魔法《センティネル丘の祭壇》を発動する。《名も無きヨグ・ソトースの仔:攻撃力2600・Lv7・チューナー》を儀式召喚!」

「《ウィルバー・ウェイトリィ》1体のみで、こいつの儀式素材を賄えるのさ」

「《センティネル丘の祭壇》を墓地除外して、レベル2以下の闇属性《ウィルバー・ウェイトリィ:攻撃力800・Lv2》を墓地から特殊召喚させる」

 暗黒瘴気がまとわりついて、得体の知れない化物がバクラを包んでいるようだ。たくさん脚の生えている怪獣が、アスファルトから湧きあがってきた。いっぱい触手を伸ばしており、いくつもの口が開いている。馬面ぽい怪人紳士もいるけど、そいつそっくりの巨顔が張りついている。胃液が沸騰してしまいそうだ。何だよ、こいつらは? 

「儀式モンスターでチューナーだと?」


「《ダークシー・レスキュー:攻撃力0・Lv1》を召喚」

「こいつは攻撃力500以下の機械族だ。魔法カード《機械複製術》を発動して、《ダークシー・レスキュー:攻撃力0・Lv1》2体をデッキから特殊召喚する」


「レベル1《ダークシー・レスキュー》3体とレベル2《ウィルバー・ウェイトリィ》に、レベル7《名も無きヨグ・ソトースの仔》をチューニング!」

「全ての時間と空間に遍在するものよ。究極の門よ! ここに開け! シンクロ召喚! 《外なる神-旧支配者ヨグ・ソトース:守備力0・Lv12》!」

 ゴムボートを覆面怪人が漕いでいる。《ウィルバー・ウェイトリィ》が吠えあがると、それらが暗黒流に呑みこまれる。《名も無きヨグ・ソトースの仔》が不定形に膨れあがり、モンスターどもを取りこんでいく。《ダークシー・レスキュー》がシンクロ素材にされると、1枚ドローできるはず。《機械複製術》とのコンボにより、3枚も補充できるのか。


 イア! イア! ヨグ・ソトース!


 耳障りな詠唱が、どこからともなく聴覚を揺さぶってくる。ぶくぶくと、虹色球体が際限なく泡立ってきた。玉虫色の巨柱が、高層建築物を超えて伸びあがっていく。綺麗な触手群が、ドン・サウザンドの分身体を捉えては食べている。アリトが冷汗を垂らしていた。

「《外なる神-旧支配者ヨグ・ソトース》は戦闘によって破壊されない。このカードが存在するかぎり、相手の魔法・罠カードは無効になる」


「外なる神とやらの特殊能力を使うぜ。《BK 拘束蛮兵リードブロー》を吸収する」

 《BK 拘束蛮兵リードブロー》が触手に掴まれて、虹色球体へ囚われた。装備カードとして取りこまれたので、効果破壊として扱われない。《BK 拘束蛮兵リードブロー》のガードアビリティも、《CNo.80 葬装覇王レクイエム・イン・バーサーク》の身代わりも発揮できない。《サウザンド・アイズ・サクリファイス》といい、この手の吸収能力は凶悪すぎるよ。

「魔法カード《拘束解放波》を発動! 装備されている《BK 拘束蛮兵リードブロー》と、てめぇのセットカード全てを破壊する」

 ヨグ・ソトースが七色光線を撃ち放つ。アリトが仕掛けた罠は、ことごとく焼かれてしまう。魔法・罠を無効化されているので、《ピケルの魔法陣》のチェーン発動すらもできない。

「《外なる神-旧支配者ヨグ・ソトース》にモンスターが装備されてないかぎり、吸収効果は何度でも使える。《No.79 BK 新星のカイザー》を喰らう」

「悪魔族3体を墓地から除外することで、《ダーク・ネクロフィア:守備力2800・Lv8》を手札から特殊召喚する。カード1枚をセットして、ターンエンドだ」

 《No.79 BK 新星のカイザー》までもが触手に巻かれて、引きずりこまれる。破壊行為であれば、《BK》を墓地から特殊召喚できるのに。マネキン・デビルまでが浮びあがってきた。抱かれている赤ちゃん人形も気味悪い。《ダーク・ネクロフィア》の特殊召喚時に、《ティンダロスの猟犬》も除外されたんだ。嫌な予感がしてくる。



【7ターン目:アリト】LP4000、ドローフェイズ後の手札3枚

(フィールド)
アリト:《CNo.105 BK 彗星のカエストス:攻撃力2800・R5・O×0》が攻撃表示。

バクラ:《No.79 BK 新星のカイザー》を装備した《外なる神-旧支配者ヨグ・ソトース:守備力0・Lv12》&《ダーク・ネクロフィア:守備力2800・Lv8》が守備表示。魔法&罠カードゾーンにカード1枚をセットしている。


「俺のターン、ドロー。《BK ビッグバンテージ:攻撃力1100・Lv2》を召喚!」

「《BK》がいるんで、《BK トラッシュ・トーク:攻撃力1100・Lv3》を手札から特殊召喚!」

「《BK ビッグバンテージ》のレベルを、墓地の《BK ラビット・パンチャー》と同じ3にする」

「レベル3《BK トラッシュ・トーク》と《BK ビッグバンテージ》でオーバーレイ・ネットワークを構築! 《BK チート・コミッショナー:守備力0・R3・O×2》をエクシーズ召喚!」


「《BK トラッシュ・トーク》がORUにされたんで、あんたのモンスター全ては攻撃表示となり、表示形式を変更できない。《外なる神-旧支配者ヨグ・ソトース》は攻撃力0だったよな?」

 ヤンキー・ボクサーが挑発して、《ダーク・ネクロフィア》どもを怒らせる。悪役みたいな黒服さんも、デビル・メガホンで煽りまくる。バクラのライフは350ポイントしかない。《CNo.105 BK 彗星のカエストス》で殴れば勝てるはず。たとえ攻撃が通らなくとも、《BK チート・コミッショナー》が攻撃宣言を強制してくれる。相手の手札が0枚なので、もう1つの効果は使えないが。


「《CNo.105 BK 彗星のカエストス》で《外なる神-旧支配者ヨグ・ソトース》を攻撃する」

「残念だったなぁ。相手の攻撃宣言により、罠カード《異常な角度の空間》を発動するぜ。《ティンダロスの猟犬:攻撃力2500・Lv6》を特殊召喚する」

「こいつが異空間から呼ばれたんだ。《CNo.105 BK 彗星のカエストス》を破壊する」

 奇怪なる四足獣が、次元の裂目から跳びだしてきた。《CNo.105 BK 彗星のカエストス》が拳を繰りだすも、喉元を噛みつかれる。除外されている状態で特殊召喚されると、カード1枚を破壊するんだ。拳闘士の命が尽きた。もう、逆転のチャンスはないのか。魔法・罠は使えない。アリトが落胆を零すも、エンド宣言を力強く呟いた。



【8ターン目:バクラ】LP350、ドローフェイズ後の手札1枚

(フィールド)
アリト:《BK チート・コミッショナー:守備力0・R3・O×2》が守備表示。

バクラ:《No.79 BK 新星のカイザー》を装備した《外なる神-旧支配者ヨグ・ソトース:攻撃力0・Lv12》&《ティンダロスの猟犬:攻撃力2500・Lv6》&《ダーク・ネクロフィア:攻撃力2200・Lv8》が攻撃表示。


「俺様のターン、ドロー。《首なし騎士:攻撃力1450・Lv4》を召喚」

 この時点で、勝負は決まったようなもの。《首なし騎士》が《BK チート・コミッショナー》を斬るだろう。《ティンダロスの猟犬》と《ダーク・ネクロフィア》がダイレクト・アタックすれば、アリトは負けてしまう。バクラの哄笑が、どこまでも広がっていく。

「《首なし騎士》で《BK チート・コミッショナー》を攻撃する」


「ツァン・ディレ。あいつはヤバすぎる。逃げろ……」

「それだけの時間を稼ぐ」

 アリトが振り返った。強い決意に満ちている。視界の端っこに、ウィンが駆けてくる姿が映った。





【TF-その135】




テーマ : 遊★戯★王 - ジャンル : アニメ・コミック

コメント

諸事情でコメントはおろかサイトの閲覧をする暇もありませんでした・・・。
更新ありがとうございます!

ドラゴンはやっぱりあの人だったようで・・・。
バクラが使ったカードはジョゼフ・カーウィンなどが使っていたものと同じですかね?
アリトが負けて・・・どうなってしまうのでしょう・・・?

ミザちゃんは大丈夫でしょうか・・・?

次回も楽しみにしてます!!

No title

 TMさん、感想ありがとうございます。

 ドラゴンは思いっきり某聖闘士でした。幻竜ともイメージぴったりでしたので。

 バクラもナイアーラトテップの力を受けたということで、ジョゼフ・カーウィンが使用していたのと同名カードを使っています。バクラは実力者で厄介ですけど。

 ミザエルは、ちょい先に出てきます。無事じゃないかも。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。