スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遊戯王ARC-V 第28話「アユのエンタメ水族館」


遊☆戯☆王 ARC-V TURN-4 [DVD]遊☆戯☆王 ARC-V TURN-4 [DVD]
(2014/10/15)
小野賢章、細谷佳正 他

商品詳細を見る

 やっぱ、雑破業さんが脚本担当でしたか。アユの台詞や仕草が、ロリコンな友達を痺れさせるものでした。パパさんが完全に逝ってましたね。アユの描きぶりが気合満点で、可愛らしいものでした。《鰤っ子姫》に通じそうな魚族使いでしたか。シャークさんとは方向性が違います。零羅はコピーモンスターを使うようで。兄さんが優秀すぎるので、プレッシャーに圧されているようです。丸藤兄弟ぽさもあるかな? 赤馬零児もいつかは、カイトや海馬瀬人のように弟名を叫ぶのでしょうか? タツヤも零羅と戦いそうですね。そういう伏線を感じました。

【アユVS零羅】

 フィールド魔法《おひさまの谷》が発動します。子供様なので、ソリッド・ヴィジョンは柔らかい。ふっとビングでも安心仕様です。


【1ターン目:アユ】LP4000、ドローフェイズ後の手札5枚

 《アクア・アクトレス-グッピー:攻撃力600・Lv2》を召喚。

 永続魔法《水舞台》を発動します。《アクア・アクトレス-グッピー》は水属性のようで、他属性モンスターとの戦闘では破壊されません。


「水舞台(アクアリウム・ステージ)」永続魔法
①:自分フィールドの水属性モンスターは水属性モンスター以外のモンスターとの戦闘では破壊されない。


 永続魔法《水舞台装置》を発動。《アクア・アクトレス-グッピー》は攻撃力が1200ポイントにアップします。


「水舞台装置(アクアリウム・セット)」永続魔法
①:フィールドの「アクア・アクトレス」モンスターの攻撃力は600ポイントアップする。


 永続魔法《水照明》も発動します。「アクアリウム・ライティング」と読みます。《アクア・アクトレス》がモンスター同士の戦闘をするとき、攻撃力が倍になります。

 永続魔法を多用していますね。ローパワーな《アクア・アクトレス》をパワーアップしていく戦術なようです。


 《アクア・アクトレス-グッピー:攻撃力1200》→直接攻撃→零羅


 1ターン目で攻撃はできません。あまりにも初心者的なミス。そういえば、1ターン目で《お注射天使リリー》でダイレクト・アタックしてきたヤツがいたような。城ノ内が被害者で。

 魔法・罠ゾーンにカード1枚をセットして、ターンエンド。



【2ターン目:零羅】LP4000、ドローフェイズ後の手札6枚

(フィールド)
アユ:《アクア・アクトレス-グッピー:攻撃力1200・Lv2》が攻撃表示。永続魔法《水舞台》&永続魔法《水舞台装置》&永続魔法《水照明》が発動中。魔法・罠ゾーンにカード1枚をセットしている。


 永続魔法《ペルソナ・シャッター・レイヤー1》を発動します。《アクア・アクトレス-グッピー:攻撃力600・Lv2》を選択して、全てをコピーしたモンスターとなります。永続魔法《水舞台装置》や永続魔法《水照明》の効果も受けるようです。選択モンスターが存在しなくなれば、このカードは消えるようです。

 魔法・罠ゾーンにカード1枚をセットして、ターンエンド。



【3ターン目:アユ】LP4000、ドローフェイズ後の手札1枚

(フィールド)
アユ:《アクア・アクトレス-グッピー:攻撃力1200・Lv2》が攻撃表示。永続魔法《水舞台》&永続魔法《水舞台装置》&永続魔法《水照明》が発動中。魔法・罠ゾーンにカード1枚をセットしている。

零羅:永続魔法《ペルソナ・シャッター・レイヤー1》→《アクア・アクトレス-グッピー:攻撃力1200・Lv2》が発動中。魔法・罠ゾーンにカード1枚をセットしている。


 《アクア・アクトレス-テトラ:攻撃力300・Lv1》を召喚。永続魔法《水舞台装置》により、攻撃力900ポインにアップ!


「アクア・アクトレス-テトラ」水【魚族・効果】☆×1
①:1ターンに1度、自分スタンバイフェイズに発動できる。デッキから「アクア・アクトレス」モンスター1体を手札に加える。
ATK300 DEF300


 Aカード《おひさまの元気》を拾って発動。自分モンスター1体を戦闘時のみ攻撃力400ポイントアップ!


 《アクア・アクトレス-グッピー:攻撃力1600→3200》→攻撃→《アクア・アクトレス-グッピー偽物:攻撃力2400》


 《ペルソナ・シャッター・レイヤー1》による偽物は戦闘破壊されました。


 【零羅:LP4000→3200】


 《アクア・アクトレス-テトラ:攻撃力900》→直接攻撃→零羅


 【零羅:LP3200→2300】



【4ターン目:零羅】LP2300、ドローフェイズ後の手札5枚

(フィールド)
アユ:《アクア・アクトレス-グッピー:攻撃力1200・Lv2》&《アクア・アクトレス-テトラ:攻撃力900・Lv1》が攻撃表示。永続魔法《水舞台》&永続魔法《水舞台装置》&永続魔法《水照明》が発動中。魔法・罠ゾーンにカード1枚をセットしている。

零羅:魔法・罠ゾーンにカード1枚をセットしている。


 永続魔法《ペルソナ・シャッター・レイヤー2》を発動。アユの《アクア・アクトレス》は彼女の永続魔法を受けなくなります。攻撃力も元へ戻ります。600ポイントのパワーダウン。


「ペルソナ・シャッター・レイヤー2」永続魔法
①:相手フィールドのカードは相手フィールドのカードの効果を受けない。


 永続魔法《ペルソナ・シャッター・レイヤー1》を発動します。《アクア・アクトレス-グッピー:攻撃力600・Lv2》を選択して、全てをコピーしたモンスターとなります。永続魔法《水舞台装置》と永続魔法《水照明》の恩恵は、彼のみが受けられるようです。


 《アクア・アクトレス-グッピー偽物:攻撃力2400》→攻撃→《アクア・アクトレス-テトラ:攻撃力300》


 《アクア・アクトレス-テトラ》は戦闘破壊されました。


 【アユ:LP4000→1900】



【5ターン目:アユ】LP1900、ドローフェイズ後の手札1枚

(フィールド)
アユ:《アクア・アクトレス-グッピー:攻撃力600・Lv2》が攻撃表示。永続魔法《水舞台》&永続魔法《水舞台装置》&永続魔法《水照明》が発動中。魔法・罠ゾーンにカード1枚をセットしている。

零羅:永続魔法《ペルソナ・シャッター・レイヤー1》→《アクア・アクトレス-グッピー:攻撃力1200・Lv2》が発動中。永続魔法《ペルソナ・シャッター・レイヤー2》が発動中。魔法・罠ゾーンにカード1枚をセットしている。


 《アクア・アクトレス-グッピー》をリリースして、《アクア・アクトレス-アロワナ:攻撃力2000・Lv6》をアドバンス召喚。

 《アクア・アクトレス-グッピー》がフィールドから存在しなくなったので、永続魔法《ペルソナ・シャッター・レイヤー1》は消えます。《アクア・アクトレス-グッピー》のコピーも消えました。


 《アクア・アクトレス-アロワナ:攻撃力2000》→直接攻撃→零羅


 零羅は通常罠《ペルソナ・シャッター-インスタント》を発動します。《アクア・アクトレス-アロワナ:攻撃力2000・Lv6》をコピーしてモンスターとなります。


「ペルソナ・シャッター-インスタント」通常罠
①:相手モンスターの直接攻撃宣言時、その相手モンスター1体を対象として発動できる。このカードは、発動後モンスターとなり、モンスターゾーンに特殊召喚する。この効果で特殊召喚したこのカードは対象モンスターと同名カードとして扱い、同じ種族・属性・レベル・攻撃力・守備力になる。また、このカードはバトルフェイズ終了後に破壊される。


 アユは、通常罠《水物語-ウラシマ》を発動します。《アクア・アクトレス-グッピー》と《アクア・アクトレス-テトラ》を墓地除外することで、《アクア・アクトレス-アロワナ偽物》の攻撃力を100ポイントにします。


「水物語-ウラシマ」通常罠
①:自分の墓地からレベル4以下の「アクア・アクトレス」モンスター2体を除外し、相手フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。その相手モンスターの攻撃力は100になる。その後、その対象モンスターはターン終了時までこのカード以外の「攻撃力を変化させる効果」を受けない。




 《アクア・アクトレス-アロワナ:攻撃力2000》→攻撃→《アクア・アクトレス-アロワナ婆ちゃん:攻撃力100》


 《アクア・アクトレス-アロワナ》のコピーは戦闘破壊されました。


 【零羅:LP2300→400】



【6ターン目:零羅】LP400、ドローフェイズ後の手札4枚

(フィールド)
アユ:《アクア・アクトレス-アロワナ:攻撃力2000・Lv6》が攻撃表示。永続魔法《水舞台》&永続魔法《水舞台装置》&永続魔法《水照明》が発動中。

零羅:永続魔法《ペルソナ・シャッター・レイヤー2》が発動中。


 《CC隻眼のパスト・アイ:攻撃力1400・Lv3》を召喚。

 永続魔法《写真融合》を発動。《アクア・アクトレス-アロワナ》と《CC隻眼のパスト・アイ》で融合! ただし、《アクア・アクトレス-アロワナ》は墓地へ送りません。《CCC武融化身ウォーターソード:攻撃力2400・Lv6》を融合召喚!


「写真融合」永続魔法
①:1ターンに1度、融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターが自分及び相手フィールドにそれぞれ1体以上ずつ存在する場合にこの効果を発動できる。自分フィールドからのみ融合素材モンスターを墓地へ送り、その融合モンスター1体をエクストラデッキから融合召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターはエンドフェイズに破壊される。


 《CCC武融化身ウォーターソード》が攻撃するとき、フィールドのこのカード以外の水属性モンスター全ての攻撃力分だけパワーアップします。《アクア・アクトレス-アロワナ》の攻撃力分だけ、パワーアップ!


 《CCC武融化身ウォーターソード:攻撃力2400→4400》→攻撃→《アクア・アクトレス-アロワナ:攻撃力2000》


 《アクア・アクトレス-アロワナ》は戦闘破壊されました。


 【アユ:LP1900→0】





【勝者:零羅!】




テーマ : 遊★戯★王 - ジャンル : アニメ・コミック

コメント

No title

アユは負ける前、Aカードを一切探しませんでしたね。探していれば勝てたかもしれないのに。

いや、《ペルソナ・シャッター・レイヤー2》の効果で自分カードにAカードの効果を適用できないのはわかってます。

ならば《おひさまの国》にはその手のAカードしかなかったのでしょうか? それともAマジックが1枚しかないAフィールドだったのでしょうか? アユはそれを知っていたのでしょうか? 謎ですね。

アユパパは親バカ全開でしたね。逆に零羅くんは親に怯えている感じです。アクションデュエルの前口上でのテンションの落差も対照的でした。《ペルソナ・シャッター・レイヤー2》は刺さるデッキが多そうです。CCCは何の略なのでしょうか。

零羅はやっぱり赤馬の弟でしたね。コピーモンスターはダイレクトアタック出来なさそうですが厄介な効果ですね。CCCとなると赤馬のDDモンスターみたいなシリーズがあるのですかね。まだ融合モンスターしか出てないですね。城之内が1ターン目からのダイレクトアタックをうけたのって確か劇場版の光のピラミッドだったような気がしますね。次回は柚子の融合モンスター登場ですね。柚子が勝った場合は次の相手がミエルだったら個人的には面白そうですね。

No title

 ガラスリさん、レスありがとうございます。

 Aデュエルとなれば、Aカードを探し続けるものですね。零羅の方は、全く手を付けてない状態ですし。アユにトラップを警戒している様子もありませんでした。基本的にはアクションでなく、スタンディングのままでデュエルをした方が良いかと思います。

No title

 U太さん、レスありがとうございます。

 アユパパはノリノリでしたね。優秀な兄がいるせいか、零羅はプレッシャーが凄そうです。デュエルを楽しんでなさそう。《ペルソナ・シャッター・レイヤー2》はサポート系を多用するデッキにはきつそうです。攻守アップや耐性付与が解かれますし。

 CCCは、カメラとかコピーとかありそうですね。

No title

 スターダストさん、レスありがとうございます。

 次のデュエルから、《CC》も増えるかと思います。融合素材の属性によって、色んな融合モンスターを出せるかな。アユにとっては、相性の悪い相手でした。

 ごつい筋肉男が、1ターン目にダイレクト・アタックしてきましたね。リリーに注射器で挿されて、慌てていたのを覚えています。

 柚子とミエルは因縁もあるので、対決は私も見たいです。

タッグフォースの新作が出るようですね。DMのキャラもゲームに久々に参戦ですね。

No title

 スターダストさん、レスありがとうございます。

 ここで、タッグフォースとは驚きました。これまでのシリーズキャラが出てくるそうですね。他のキャラの登場にも期待します。ロバがサイキック族を使うのかなど気になるところです。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。