スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

間章GX-2 クトゥルフの誘い! カイトとエリアの契約


遊☆戯☆王ZEXAL DVDシリーズ DUELBOX (6)遊☆戯☆王ZEXAL DVDシリーズ DUELBOX (6)
(2013/01/16)
畠中祐、入野自由 他

商品詳細を見る

 TF編のインデックスに載せてある、A・ZEXALの話とかぶります。デュエルもあちらとかぶるため、省略してあります。こちらのカイトは、15歳という少年設定です。ちなみに、ゴーシュとドロワは20代半ばに達していたり。

 ハルトがベッドに横たえられている。

 苦しげな寝顔に、母親との別れを思いだす。不治の遺伝子病を継がされてしまい、幼きながらに死を身近としている。ベクターとの契約により、弟は希望を与えられた。その代償は、けっして小さくない。魂を凍てつかされて、アストラル・ワールドへの破壊兵器と化せられた。カイトもナンバーズの収集を命じられ、多くの魂を奪ってきた。

 カイトはベクターに逆らった。アストラル世界への砲撃装置に組みこまれ、弟が苦痛を露わにしていたから。遊馬と協力して、バリアンの野望を止めた。ベクターが逃げたことで、ハルトに注がれていた奇跡は失われた。元気そうに笑っていたのも、一時的なものにすぎない。目前で倒れてしまった。心身への負担は大きく、体調も最悪なものだ。

 フェイカーも意識不明となり、目覚める兆候もない。今になって、ドロワが教えてくれた。父親に対する憎悪が、見当違いであったことを。家族よりも異世界の研究を優先していた。そんな父が憎かった。葬儀場で胸倉を掴んで、家出同然に施設へ逃げこんだ。アイツの援助を受けたくないから、プロ決闘者として昇りつめた。努力なんていう生易しいものでない。強くなるため、狂気へと堕ちていった。そんな自分だからこそ、楽しそうな遊馬に嫉妬していたかもしれない。

「あなたの父親は、不器用な人だったの」

 ドロワの言葉は、胸を抉るようなものだった。フェイカーは息子の幸せを願うあまり、悪魔に魂を捧げてしまった。資金援助をしても、どうにもならない悲劇に追いつめられた。弟も父親も眠ったまま。心を空虚にしているカイトであるが、誰かが手を握ってくれた。

「カイト様。まだ、諦めないでください。オイラもスクラップになるまで頑張るであります」

「勝手にしろ。だが、スクラップにはなるな」



 ベクターの言葉からすると、バリアンの侵攻は過激化するであろう。ハートランド・シティを騒がしているのは、エリア・マーシュと名乗る決闘者であるが。

 九十九遊馬に敗北したのは序曲にすぎない。デュエルを繰り返しては、決闘者としての実力を増していった。彼女に敗北したデュエリストは、意識を悪夢に呑まれたようだ。目覚めず、苦しんでいるばかり。生放送中に割りこんで、羽原夫妻や片桐大介を倒していった。

「初めまして。私はエリア・マーシュというものです。デュエルをしにきました。プロのみなさんに痛みを与えてほしくて。さぁ、私に苦悶と激痛を刺しこむのです!」

 水兵服の少女は、蛸のような双瞳を剥けていた。どこか諦念したような狂気が宿っている。蝶野さなぎも恐怖して逃げていく。エリアは都市伝説となり、市民らを怖れさせている。神代凌牙に続いて、璃緒までも敗北させられたという。そういった噂まで流れてきた。カイトはエリア・マーシュに興味を示さない。今は弟を救うことだけ考えているから。



 カイトは決闘庵に向かっていた。オービタル7を飛行装置として背負い、空を超高速で駆けていく。センサーにバリアンの反応があった。眼下を流れる光景が、都市から山間部へと変わっていく。緑が多くなった。石階段が山頂へ伸びていき、その果てに目的地がある。灯篭に囲まれた庭地で、デュエルが始まろうとしていた。

「カイトが来たけど、先に雑魚を潰しておくよ」

「アンタレスと言ったな。我が師匠の仇を討ってくれよう」

「私は天才デュエリストなんだ。人間ごときに敗北しねぇよ」

 黒和装の青年は、闇川であろう。三沢六十郎は敗北したのか、石畳に倒れこんでいた。アンタレスという名に、カイトが不快さを示す。トロンは彼女らに利用されていた。ヴァルゴの方は、アストラルに敗北したと聞いている。その頃、カイトはフォトンモードの負担により失神していたが。ポニーテールの赤髪少女が果敢に攻めていく。

「《エヴォルダー・ダルウィノス》でダイレクト・アタック!」

 炎翼竜から体当たりを受けて、闇川が倒れこんだ。アンタレスが黒球体をかざすと、そこへ敗者どもが吸いこまれていく。八重歯を剥きだして、肉食獣のように笑う。

「私の特殊能力ってヤツだ。倒した決闘者を、手下として思いのままに扱えるのさ。あんたも倒して、デュエル奴隷にしてやるよ」

「生意気な小娘であります。カイト様! こんなヤツ、潰してしまいましょう!」

 カイトの目的は、バリアンと交渉すること。弟を救うため、父親の愚行を繰り返そうとしていた。話しあう端緒を作っておきたい。強者として有利に進めたい。こいつのプレイングを観察するに、自分ならば負けないであろう。

「すまない。そのデュエル、私に預けてくれないか? 我が名はミザエル。《ギャラクシー・アイズ》使いとして、貴様に興味を抱いている」

 空間が赤く揺らめきだした。金髪の美青年が、そこから悠然と歩いてくる。アンタレスが畏まって敬礼をしだす。こいつもバリアンであろうか。ベクターよりも、はるかに強い気配を漂わせている。畏れを抱いてしまう。カイトはデュエル・パッドを決闘盤へと展開した。それにしても、バリアンは人間の姿となり、人間界に直接介入できるようになったのか。



「少しばかり興味を抱いていたが、こんなモノだろう。しょせんは人間か」

「口直しに、ギラグと一戦してこよう。アリトかレオでもいいだろう」

「まぁ、強くなれ」

 カイトはミザエルに完敗した。《No.46 神影龍ドラッグルーオン》の直接攻撃を喰らって、無様に倒れこんだ。アイツは本気すらも表してなかった。もう、貴様には興味もない。そんな目で見下してきた。あまりのショックに、呆然としてしまう。アンタレスも憐れみを零してから、赤い揺らぎへ消えていく。カイトは地面を、拳が壊れるほど殴りつけた。



「私らバリアンは、アストラル界にも介入できる。もう、ハルトは利用価値もないさ」



 カイトに救いの手を差したのは、エリア・マーシュであった。青髪が煌めいており、どこか妖精のようだ。十代半ばかと思われるが、幼すぎる雰囲気も醸している。水兵帽子を飾っているのは、蛸の化物であろうか。

「初めまして。私は、エリア・マーシュと申します。クトゥルフという真名もありますが、好みの方で呼んでください」

「ハルトが元気だったのは、ベクターのおかげ。でも、あなたはベクターに反抗したのです。ハルトは元通りの病人へと戻っていくはず。私なら、彼を救えるわ」

 優しそうな双瞳が蠢いて、蛸の瞳へと変わっていく。彼女を護衛するかのように、2人の決闘者が立っている。オービタル7は、こいつらを信用するなと喚きだした。カイトもエリア・マーシュを警戒している。それでも、弟のために縋りたい葛藤が湧きあがってきた。

「貴様なら、ハルトを助けられるというのか?」

「私の言うことを聞いてくれたらね。たとえ死んでも、ジョゼフ・カーウィンが蘇らせるわ」

 笑顔を零すも、魔蛸のような双眸を開かせる。カイトに顔を近づけてきた。

「ミザエルに負けたのは、仕方ないと慰めておきましょう。バリアン七皇でも、ナンバー2ですからね。まともに勝てるのは、ドルべしか存在しませんよ。ナンバー3のギラグでも、苦戦は免れない。ベクターに勝てない決闘者では、雲上の神様でしょうか」

 エリアの両目が、純粋無垢な輝きを戻した。

「ハルトの近くまで行きましょう。NPCにも回復魔術は有効です。ゲームのシステムが生きているから、とっても助かるわ。根本的な治療は、全てが終わってから」

「犬が近づいているようね。デプレ・スコットは残って、そいつを倒しておきなさい」

 黒髪の決闘者が頷く。エリアに連れられて、カイトは路地裏から出ていった。



 弟の寝かされている集中治療室へ着いた。病院関係者が眠りこまされている。エリアが奇妙な術を使ったようだ。ハルトの苦しそうな姿に、カイトは焦燥に駆られる。旧支配者を名乗る少女が、右手を振りあげた。ホロディスプレイらしきモノが宙に展開される。奇妙な立体文字のダンシング。目にするだけで吐気がしてくる。

「生命値を継続的に回復させましょう」

 彼女が画面操作を完了させると、ハルトの蒼白顔に、血色が通いだす。目蓋が動きだし、ゆっくりと開いていく。それだけで、胸底から嬉しさが沸騰してくる。オービタル7も疑念を忘れたかのごとく、歓喜に舞いあがりだす。

「ステータス異常は残っているわ。私に何かあれば、それも治せない。忘れないでね」

 エリアが力無く呟いた。独特な言い回しだが、病気自体は完治せずと伝えたいのか。愛する家族を救うため、カイトは愚行を繰り返そうとしていた。契約先が、バリアンからクトゥルフに変わったのみ。彼女の手先となり、グランド・ナンバーズを集める運命へと堕ちていく。





【新章GX-19へ続く】





「神代兄妹については、デュエルで強制的に洗脳しておいた。カイトは私に逆らえない。あなたの言うとおり、ユニットをそろえておいたわ。クトゥグアと喋りたいなぁ。NPCを相手にしても、つまらない。こんな世界に幽閉されて、生きている実感もないよ」

「早く元の世界に帰りたい」




テーマ : 遊★戯★王 - ジャンル : アニメ・コミック

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。