スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遊戯王ARC-V 第37話「動き出す運命」


遊☆戯☆王 ARC-V TURN-6 [DVD]遊☆戯☆王 ARC-V TURN-6 [DVD]
(2014/12/17)
小野賢章、細谷佳正 他

商品詳細を見る

 ついに、シンクロとエクシーズのデュエルを観れました。スタンディングとライディングで戦うとは予想外でしたが。不動遊星だったら、D・ホィールから下りてデュエルをするでしょう。ユーゴのいた世界では、フィールド魔法《スピード・ワールド》を使っていたのでしょうか。ユーリというか、眉毛が特徴的なのも登場しました。カード大会に戻るようで、刃は噛ませになるか気になるところ。相手は《炎星》を使いそう。

【ユートVSユーゴ】

 ライディングVSスタンディング! ただし、《SP》は使いません。


【1ターン目:ユーゴ】LP4000、ドローフェイズ後の手札5枚

 自分フィールドにモンスターがいないので、《SR ベイゴマックス:攻撃力1200・Lv3》を手札から特殊召喚します。《SR》と書いて、「スピードロイド」と読みます。


「SR ベイゴマックス」風【機械族・特殊召喚・効果】☆×4
このカードは通常召喚できない。自分フィールドにモンスターが存在しない場合に特殊召喚できる。
ATK1200 DEF600


 《SR 三つ目のダイス:攻撃力300・Lv3・チューナー》を召喚。

 レベル3《SR ベイゴマックス》に、レベル3《SR 三つ目のダイス》をチューニング! 《HSR 魔剣ダーマ:攻撃力2200・Lv6》をシンクロ召喚。

 《HSR 魔剣ダーマ》のモンスター効果を発動します。《SR ベイゴマックス》を墓地から除外することで、相手ライフに500ポイントのダメージを与えます。OCGでの墓地コストは機械族モンスター1体ですが、アニメでは《SR》1体のようですね。1ターンに1度だけの制限有り。


 【ユート:LP4000→3500】


 魔法・罠ゾーンにカード1枚をセットして、ターンエンド。



【2ターン目:ユート】LP3500、ドローフェイズ後の手札6枚

(フィールド)
ユーゴ:《HSR 魔剣ダーマ:攻撃力2200・Lv6》が攻撃表示。魔法・罠ゾーンにカード1枚をセットしている。


 《幻影騎士団ラギッドグローブ:攻撃力1000・Lv3》を召喚。

 自分フィールドにレベル3の《幻影騎士団》がいるので、《幻影騎士団サイレントブーツ:攻撃力200・Lv3》を手札から特殊召喚します。

 レベル3《幻影騎士団》2体で、オーバーレイ・ネットワークを構築! 《幻影騎士団ブレイクソード:攻撃力2000・R3・O×2》をエクシーズ召喚!

 《幻影騎士団ラギッドグローブ》がX素材として使用された場合、そのXモンスターの攻撃力はターン終了時まで1000ポイントアップします。《幻影騎士団ブレイクソード》は攻撃力3000ポイントまでアップしました。


 《幻影騎士団ブレイクソード:攻撃力3000》→攻撃→《HSR 魔剣ダーマ:攻撃力2200》


 《HSR 魔剣ダーマ》は戦闘破壊されました。


 【ユーゴ:LP4000→3200】


 魔法・罠ゾーンにカード1枚をセットして、ターンエンド。



【3ターン目:ユーゴ】LP3200、ドローフェイズ後の手札3枚

(フィールド)
ユーゴ:魔法・罠ゾーンにカード1枚をセットしている。

ユート:《幻影騎士団ブレイクソード:攻撃力2000・R3・O×2》が攻撃表示。魔法・罠ゾーンにカード1枚をセットしている。


 通常魔法《スピードリバース》を発動します。《HSR 魔剣ダーマ:攻撃力2200・Lv6》を墓地から特殊召喚。


「スピードリバース」通常魔法
このカードを発動するターン、自分は通常召喚できない。①:自分の墓地の「SR」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。



 《HSR 魔剣ダーマ:攻撃力2200》→貫通攻撃→《幻影騎士団ブレイクソード:攻撃力2000》


 ユートは永続罠《幻影剣》を発動します。自分フィールドの《幻影騎士団》1体、《幻影騎士団ブレイクソード》の攻撃力を800ポイントアップさせます。


「幻影剣」永続罠
①:自分フィールドの「幻影騎士団」モンスター1体を対象としてこのカードを発動できる。このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、対象のモンスターの攻撃力は800ポイントアップする。対象のモンスターが戦闘で破壊される場合、代わりにこのカードを墓地へ送る事ができる。対象のモンスターがフィールドから離れた時にこのカードは破壊される。


 ユーゴは、通常罠《スピードターン》を発動します。《幻影騎士団ブレイクソード:守備力1000》を守備表示にして、守備力を500ポイントダウンさせます。


「スピードターン」通常罠
①:自分フィールドに「SR」モンスターが存在する場合、フィールドの攻撃表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターは表側守備表示になり、その守備力は500ダウンする。



 《HSR 魔剣ダーマ:攻撃力2200》→貫通攻撃→《幻影騎士団ブレイクソード:守備力500》

 永続罠《幻影剣》を戦闘破壊の身代りにするも、《HSR 魔剣ダーマ》は貫通攻撃できるモンスター。戦闘ダメージは通ります。


 【ユート:LP3500→1800】


 魔法・罠ゾーンにカード1枚をセットして、ターンエンド。



【4ターン目:ユート】LP1800、ドローフェイズ後の手札4枚

(フィールド)
ユーゴ:《HSR 魔剣ダーマ:攻撃力2200・Lv6》が攻撃表示。魔法・罠ゾーンにカード1枚をセットしている。

ユート:《幻影騎士団ブレイクソード:守備力500・R3・O×2》が守備表示。


 《幻影騎士団ブレイクソード:攻撃力2000》を攻撃表示に変更します。

 《幻影騎士団ダスティローブ:攻撃力800・Lv3》を召喚。このカードを守備表示に変更することで、《幻影騎士団ブレイクソード》の攻撃力をターン終了時まで800ポイントアップします。

「幻影騎士団ダスティローブ」闇【戦士族・効果】☆×3
①:自分フィールドのこのカードを守備表示にできる。②:このカードの効果でこのカードが守備表示になった場合、自分フィールドの「幻影騎士団」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターの攻撃力はターン終了時まで800アップする。
ATK800 DEF1000



 《幻影騎士団ブレイクソード:攻撃力2800》→攻撃→《HSR 魔剣ダーマ:攻撃力2200》


 《SR 三つ目のダイス》を墓地から使えば、《幻影騎士団ブレイクソード》の攻撃を無効にできるようです。でも、しませんでした。


 《HSR 魔剣ダーマ》は戦闘破壊されました。


 【ユーゴ:LP3200→2600】


 魔法・罠ゾーンにカード1枚をセットして、ターンエンド。



【5ターン目:ユーゴ】LP2600、ドローフェイズ後の手札2枚

(フィールド)
ユーゴ:魔法・罠ゾーンにカード1枚をセットしている。

ユート:《幻影騎士団ブレイクソード:攻撃力2000・R3・O×2》が攻撃表示。《幻影騎士団ダスティローブ:守備力1000・Lv3》が守備表示。魔法・罠ゾーンにカード1枚をセットしている。


 《SR ダブルヨーヨー:攻撃力1400・Lv4》を召喚。

 この召喚により、《SR 三つ目のダイス:攻撃力300・Lv3・チューナー》を墓地から特殊召喚します。

 レベル4《SR ダブルヨーヨー》に、レベル3《SR 三つ目のダイス》をチューニング! 《クリアウィング・シンクロ・ドラゴン:攻撃力2500・Lv7》をシンクロ召喚。


 《クリアウィング・シンクロ・ドラゴン:攻撃力2500》→攻撃→《幻影騎士団ブレイクソード:攻撃力2000》


 《幻影騎士団ブレイクソード》は戦闘破壊されました。


 【ユート:LP1800→1300】


 《幻影騎士団ブレイクソード》がフィールドから離れたことで、ORUである《幻影騎士団ラギッドグローブ:攻撃力1000・Lv4》と《幻影騎士団サイレントブーツ:攻撃力200・Lv4》をレベル4にして特殊召喚します。

 通常魔法《ヒドゥン・ショット》を発動します。《SR ダブルヨーヨー》を墓地から除外することで、《幻影騎士団ダスティローブ》を効果破壊します。レベル4を破壊すれば、エクシーズを妨害できるのですが、あえてしません。


「ヒドゥン・ショット」通常魔法
①:自分の墓地の「SR」モンスター1体を除外し、相手フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを破壊する。




【6ターン目:ユート】LP1300、ドローフェイズ後の手札3枚

(フィールド)
ユーゴ:《クリアウィング・シンクロ・ドラゴン:攻撃力2500・Lv7》が攻撃表示。魔法・罠ゾーンにカード1枚をセットしている。

ユート:《幻影騎士団ラギッドグローブ:攻撃力1000・Lv4》&《幻影騎士団サイレントブーツ:攻撃力200・Lv4》が攻撃表示。魔法・罠ゾーンにカード1枚をセットしている。


 レベル4《幻影騎士団》2体で、オーバーレイ・ネットワークを構築! 《ダーク・リベリオン・エクシーズ・ドラゴン:攻撃力2500・R4・O×2》をエクシーズ召喚。

 ORU1体を取り除いて、《ダーク・リベリオン・エクシーズ・ドラゴン》のモンスター効果を発動します。レベル5以上である《クリアウィング・シンクロ・ドラゴン》の攻撃力を半分にして、減らした数値分だけ自身をパワーアップさせます。

 レベル5以上のモンスターが効果対象となったので、《クリアウィング・シンクロ・ドラゴン》のモンスター効果を発動します。《ダーク・リベリオン・エクシーズ・ドラゴン》の効果を無効にして破壊します。

 ユートは通常罠《幻影翼》を発動します。その効果を無効にして、《ダーク・リベリオン・エクシーズ・ドラゴン》の攻撃力を500ポイントアップさせます。

 ユートは遊矢の説得で、デュエルをストップ。攻撃せずにターンエンド。



【7ターン目:ユーゴ】LP2600、ドローフェイズ後の手札1枚

(フィールド)
ユーゴ:《クリアウィング・シンクロ・ドラゴン:攻撃力2500・Lv7》が攻撃表示。魔法・罠ゾーンにカード1枚をセットしている。

ユート:《ダーク・リベリオン・エクシーズ・ドラゴン:攻撃力3000・R4・O×2》が攻撃表示。


 《SR シェイブー・メラン:攻撃力2000・Lv4》を召喚。

 1ターンに1度だけ、《SR シェイブー・メラン》を守備表示にすることで、フィールドのモンスター1体の攻撃力を300ポイントダウンさせます。《クリアウィング・シンクロ・ドラゴン》を効果対象とします。

 レベル5以上のモンスターが効果対象となったことで、《クリアウィング・シンクロ・ドラゴン》のモンスター効果を発動します。《SR シェイブー・メラン:攻撃力2000》の効果を無効にして破壊します。さらに、その攻撃力分だけパワーアップします。攻撃力4500ポイントへパワーアップしました。


 《クリアウィング・シンクロ・ドラゴン:攻撃力4500》→攻撃→《ダーク・リベリオン・エクシーズ・ドラゴン:攻撃力3000》


 《ダーク・リベリオン・エクシーズ・ドラゴン》は戦闘破壊されました。


 【ユート:LP1300→0】




【勝者:ユーゴ!】


 《ダーク・リベリオン・エクシーズ・ドラゴン》は遊矢の手に渡りました。使います。




テーマ : 遊★戯★王 - ジャンル : アニメ・コミック

コメント

今回はユートvsユーゴですね。融合の手先って単に名前で誤解されてるような気がしますよ。ユーゴはダーマの復活効果は使わなかったですね。まぁ自分フィールドにカードがないのが条件ですけどね。ユートとユーゴのドラゴンが現れた時の様子がおかしくなりましたけど、あれってなんですかね。ユートは
遊矢にダークリベリオンエクシーズドラゴンを託して消えてしまいましたね。39話辺りで使うという噂を聞きましたね。融合次元は柚子を狙いに来ますね。動くデュエリストはユーリですね。やはり名前に数字がつきますね。ユーリは6ですね。次回は久しぶりにミエルが出ますね。

ユーゴは手先どころか、《融合》が何かすら知らない可能性がありますね。彼のDホイールは遊星号の様なハイブリッド型ではなさそうです。そしてユートが退場して、柚子が狙われ始めました。融合遊矢ことユーリと遊矢の融合対決が今から楽しみです。

No title

 スターダストさん、レスありがとうございます。

 ユーゴという名前は、紛らわしいものですね。OCGの《HSR 魔剣ダーマ》には、《スピードリバース》を埋めこんだ感じもします。あのドラゴンは、世界観に関わる特殊なカードっぽいですね。決闘者の理性もぶっ飛んだ感じもします。《ダークリベリオンエクシーズドラゴン》も使いそうです。数字でしたか。

No title

 U太さん、レスありがとうございます。

 ユーゴは勘違いされまくりみたいですね。大会に戻るも、ユーリも絡んできて、かなり盛りあがってきます。ユーリはどんあキャラかも気になります。

でも遊矢がダークリベリオンエクシーズドラゴンを使うとしてもペンデュラムモンスターをエクシーズ召喚の素材にしたらエクストラデッキには行かないので相性はよくない気がしますね。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。