スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GX-45 奇跡の融合召喚! E・HERO ホープ・ネオス

「E・HERO ホープ・ネオス」光【戦士族・融合・効果】☆×8
「ネオス」モンスター+「希望皇ホープ」モンスター
「E・HERO ホープ・ネオス」の②③の効果は1ターンに1度しか使用できない。①:このカードはバトルフェイズに罠カードの効果を受けない。②:モンスター同士が戦闘を行う攻撃宣言時に、その戦闘を無効にできる。③:このカードの攻撃宣言に②の効果を発動した場合、このカードの攻撃力はターン終了時まで攻撃対象のモンスターの攻撃力分アップする。さらに、もう一度続けて攻撃できる。
ATK2500 DEF2000


 次回から新章突入です。

「《コアキメイル》の扱いは難しいと思っていたが、使い方次第だな」

「それだけに止まらず、アムナエルは役割分担ができていますね。片方は獣戦士族で固めて、アドバンテージを稼いでいます。その相方は、岩石族でロックをかけているのです。元々からして同一人物なので、コンビネーションもバッチリですよ」

「アムナエルは奥の手を隠していやがるな。デュエリストの本能が告げてくる」

 ウィラー・メットはアルマにマッサージされながら決闘解説をしている。仲良くなっている気もする。アムナエルはマジで強すぎる。《オートマチック・レーザー》や《鋼核の輝き》を使って、プレイングを封じてくるし。十代さんは通常召喚をしなかった。どうやって対抗するのだろうか。楽しそうな表情は、とても頼もしいけど。



【5ターン目:アムナエルA】LP4000、ドローフェイズ後の手札6枚

(フィールド)
アムナエルA:《コアキメイル・ウルナイト:攻撃力2000・Lv4》&《コアキメイル・ロック:攻撃力1200・Lv4》が攻撃表示。魔法・罠ゾーンにカード1枚をセットしている。

十代:魔法・罠ゾーンにカード3枚をセットしている。


「私のターン、ドロー。罠カード《強欲な瓶》を発動して、1枚ドロー」

「《コアキメイルの鋼核》を手札公開する。デッキから《コアキメイル・クルセイダー:攻撃力1900・Lv4》を特殊召喚する」

「《コアキメイル・ロック》をリリースして、《コアキメイル・ヴァラファール:攻撃力3000・Lv8》をアドバンス召喚!」

 《強欲な瓶》を使えば、パートナーの手札を増やせるのか。でっかい獣騎士だけでなく、紅蓮悪魔も現れた。こいつは貫通攻撃ができるんだったな。レベル8だけど、《コアキメイル》1体のみを召喚素材にできる。《コアキメイル・ロック》は戦闘破壊されると、《コアキメイル》をデッキサーチできるのに。一気に攻めてくるつもりか。


「ライフを1000ポイント払い、魔法カード《簡易融合》を発動するぞ。《カオス・ウィザード:攻撃力1300・Lv4》を融合召喚!」

「レベル4《カオス・ウィザード》と《コアキメイル・クルセイダー》で、オーバーレイ・ネットワークを構築! 我自身、《GNo.4 錬金王ヘルメス:守備力2800・R4・O×2》をエクシーズ召喚!」

「ORU1体を取り除くことで、我が能力を使う。《コアキメイル・ロック》と《コアキメイル・テストヘッド》を墓地除外して、《コアキメイル・ダークホムンクルス:攻撃力2800・Lv8》を融合召喚!」

 仮面の黒死神を呼びだして、《コアキメイル・クルセイダー》も合わせて光渦へ呑みこませていく。なぜか、アムナエルがフィールドに浮いてきた。モンスターとプレイヤーを兼ねている。攻撃力は無いようだけど、守備力は高めだ。ORUを使っての融合召喚と来たか。マリモを黒くしたようなのが湧いてきた。単眼で歯を剥きだしにしてくる。

「なるほど。あんたの正体は、ヘルメス・トリスメギストス本人か」

「眠っていたところを、ヌメロンコードに起こされた。肉体を得ることで、G・ナンバーズの呪縛から解放されるのだ。何か起こっているのかを調べたい」


「《コアキメイル・ヴァラファール》でダイレクト・アタック!」

「罠カード《トゥルース・リインフォース》を発動! 《ヒーロー・キッズ:守備力600・Lv2》をデッキから特殊召喚する。この特殊召喚により、デッキから《ヒーロー・キッズ》2体も呼ぶ」

「さらに、罠カード《キッズ・ガード》を発動! 《ヒーロー・キッズ》をリリースして、《コアキメイル・ヴァラファール》の攻撃を無効にする。そして、《E・HERO ブレイズマン》をデッキサーチ!」

 悪魔が紅蓮翼を広げて、炎渦を大放射してきた。宇宙服ぽい恰好をした少年ヒーローが、バリアいっぱいに十代さんを守りきる。ハイパワーな貫通攻撃も防げた。バトルフェイズは続いている。《コアキメイル・ウルナイト》は剣を振るい、《コアキメイル・ダークホムンクルス》は闇触手を伸ばす。《ヒーロー・キッズ》2体は戦闘破壊されたけど、このターンを生残れたんだ。


「ターンエンド。《コアキメイル・ダークホムンクルス》の存在により、《コアキメイル》はエンドフェイズに破壊されない。維持コストは必要ないのだ」

 こいつの手札には、《コアキメイルの鋼核》と《コアキメイル・クルセイダー》があるはず。単眼が不気味に哂う。《コアキメイル・ダークホムンクルス》は影を広げると、そこから大量の眼が開いた。闇触手を伸ばして、仲間達へ何かを送りこむ。



【6ターン目:遊馬】LP900、ドローフェイズ後の手札3枚

(フィールド)
アムナエルA:《コアキメイル・ダークホムンクルス:攻撃力2800・Lv8》&《コアキメイル・ヴァラファール:攻撃力3000・Lv8》&《コアキメイル・ウルナイト:攻撃力2000・Lv4》が攻撃表示。《GNo.4 錬金王ヘルメス:守備力2800・R4・O×1》が守備表示。

遊馬:魔法・罠ゾーンにカード1枚をセットしている。


「俺のターン、ドロー。装備魔法《ガガガリベンジ》で、《ガガガマジシャン:攻撃力1500・Lv4》を墓地から特殊召喚する」

「《タスケナイト:攻撃力1700・Lv4》を召喚」

「レベル4《ガガガマジシャン》と《タスケナイト》で、オーバーレイ・ネットワークを構築! 《No.39 希望皇ホープ:攻撃力2500・R4・O×2》をエクシーズ召喚!」

「《コアキメイル・ウルナイト》を攻撃する。ホープ剣スラッシュ!」

 あれっ? カードが一瞬だけ光った。また、《GNo.13 未来英雄ホープ》に変わった気がする。今は攻撃するのみだ。《ガガガリベンジ》はエクシーズ召喚で墓地送りとなった。《No.39 希望皇ホープ》のパワーは2800ポイントへアップする。黄金騎士を斬りつけて、木端微塵に破壊した。アムナエルのライフを2200ポイントまで減らせた。

「カード1枚をセットして、ターンエンド」



【7ターン目:アムナエルB】LP2200、ドローフェイズ後の手札5枚

(フィールド)
アムナエルB:《コアキメイル・ダークホムンクルス:攻撃力2800・Lv8》&《コアキメイル・ヴァラファール:攻撃力3000・Lv8》が攻撃表示。《GNo.4 錬金王ヘルメス:守備力2800・R4・O×1》が守備表示。

遊馬:《No.39 希望皇ホープ:攻撃力2500・R4・O×2》が攻撃表示。魔法・罠ゾーンにカード2枚をセットしている。


「私のターン、ドロー。《コアキメイルの鋼核》を手札から見せ、《コアキメイル・ロック》を手札から捨てることで、魔法カード《コア濃度圧縮》を発動するぞ。2枚ドロー」


「《コアキメイル・ウォール:攻撃力1900・Lv4》を召喚」

「ORU1体を取り除いて、《GNo.4 錬金王ヘルメス》の錬金効果を発動する。《コアキメイル・ロック》と《コアキメイル・ウルナイト》を墓地融合! 《コアキメイル・ムーンフェイス:攻撃力2500・Lv7》を融合召喚だっ!」

「《コアキメイル・ムーンフェイス》の特殊能力を発揮しよう。《コアキメイルの鋼核》を手札から捨てることで、魔法・罠カード1枚、《能力吸収コア》をデッキよりセットする」

 三日月顔のサラリーマンみたいのが、ふざけた感じで踊ってきた。何だよ、こいつは。《能力吸収コア》と言えば、モンスター効果を封じてくるカウンタートラップだ。《コアキメイルの鋼核》が墓地にあるから、発動条件も満たしている。《コアキメイル・ダークホムンクルス》といい、厄介な融合モンスターばかりだ。《コアキメイル・ウォール》もマジックにカウンターできるし。


「永続魔法《オーバー・コアリミット》を発動するぞ。《コアキメイル》の攻撃力は500ポイントアップする。《コアキメイルの鋼核》を手札より捨てることで、エンドフェイズまで1000ポイントアップ!」

「《コアキメイル・ヴァラファール》で攻撃する」

「ORU1体を取り除く。《No.39 希望皇ホープ》のムーンバリアを発動する」

 悪魔の火炎放射を、ウィング・シールドでガードした。《コアキメイル・ムーンフェイス》もムンムンムーンと躍りかかってきたけど、《No.39 希望皇ホープ》の防御技を使うまでもない。手札は無いから、《タスケナイト:守備力100・Lv4》を墓地から特殊召喚できる。赤武者の張り手により、三日月紳士を退けられた。バトルフェイズも終了だ。


「カード1枚をセットして、ターンエンド」

「罠カード《砂塵の大竜巻》を発動するぜ。《能力吸収コア》を破壊する」

 十代さんがトラップをリバースさせた。大竜巻の行進で、《能力吸収コア》は空へと吸いあげられる。エンドサイクというヤツだ。それにしても、《オーバー・コアリミット》で《コアキメイルの鋼核》を捨てたのは何故だろうか。《タスケナイト》をORU扱いで使うと、アムナエルも分かっていそうなのに。《コアキメイルの鋼核》を墓地へ2枚も落した。アストラルは、勝つためには観察しろと言った。もしかすると、《コアキメイルの障壁》を伏せてきた可能性もある。



【8ターン目:十代】LP900、ドローフェイズ後の手札3枚

(フィールド)
アムナエルB:《コアキメイル・ダークホムンクルス:攻撃力3300・Lv8》&《コアキメイル・ムーンフェイス:攻撃力3000・Lv7》&《コアキメイル・ヴァラファール:攻撃力3500・Lv8》&《コアキメイル・ウォール:攻撃力2400・Lv4》が攻撃表示。《GNo.4 錬金王ヘルメス:守備力2800・R4・O×1》が守備表示。永続魔法《オーバー・コアリミット》が発動中。

十代:《No.39 希望皇ホープ:攻撃力2500・R4・O×1》が攻撃表示。《タスケナイト:守備力100・Lv4》が守備表示。魔法・罠ゾーンにカード1枚をセットしている。


「俺のターン、ドロー。《E・HERO ブレイズマン:攻撃力1200・Lv4》を召喚。この召喚により、デッキから《融合》を手札へ加える」

「さらに、魔法カード《O-オーバーソウル》を発動! 《E・HERO ネオス:攻撃力2500・Lv7》を墓地から特殊召喚する」

「ネオスは危険なモンスターであるな。《コアキメイル・ウォール》をリリースして、マジック《O-オーバーソウル》を無効にして破壊する」

「《No.39 希望皇ホープ》からORU1つを取り除くことで、カウンター罠《エクシーズ・ブロック》を発動! 《コアキメイル・ウォール》の特殊能力を無効にする」

 こいつに備えて、ORUを残しておいたんだ。ゴーレムが《E・HERO ネオス》へ圧し掛かってくるも、《No.39 希望皇ホープ》の反撃剣で粉砕される。岩片を散らされて、アムナエルは唸りだす。十代さんの決闘盤が光った。ネオスとホープも眩く輝いている。


「遊馬は中学生なのに凄いよな。アムナエルを相手に、ここまで戦えるなんて。遊馬のおかげで、このデュエルは勝てそうだ。《E・HERO ネオス》と《No.39 希望皇ホープ》を《融合》して、《E・HERO ホープ・ネオス:攻撃力2500・Lv8》を融合召喚!」

「《E・HERO ホープ・ネオス》で《コアキメイル・ダークホムンクルス》を攻撃する」

 アルマもウィラー・メットも驚愕している。ネオスがホープの格好をしたような感じだ。あまりの眩しさに、アムナエルの闇も霧散していく。《コアキメイル・ダークホムンクルス》の方が力強いけど大丈夫だろうか。そんな心配も要らない。《E・HERO ホープ・ネオス》はウィング全開で飛んでいく。大剣を突きつけて、暗黒塊を斬ろうとする。

「《E・HERO ホープ・ネオス》の特殊効果により、この攻撃自体を無効にする。《コアキメイル・ダークホムンクルス》の攻撃力分だけパワーアップして、連続攻撃!」

「罠カード《コアキメイルの障壁》を発動! 《E・HERO ホープ・ネオス》を破壊する」

「このカードはバトルフェイズにトラップ効果を受けない!」

 アムナエルが何かを叫ぶ。《コアキメイル・ダークホムンクルス》は《コアキメイルの障壁》を吸収して、影を広げていく。大量に開眼しまくって、闇触手を無数に伸ばしてくる。《E・HERO ブレイズマン》が捕まって呑みこまれた。《E・HERO ホープ・ネオス》は、それらを斬り払う。攻撃力5800ポイントにもなって、ダイレクト・アタックと実質的に変わらない。本体中央の眼球へ、大剣で突く。闇瘴気は消されていき、アムナエルのライフも尽きた。

「私が破れただと。これでは、受肉も不可能となる」

 アムナエルは薄くなっていき消滅した。ギャラリーが湧き、アルマとウィラー・メットもガッツポーズ。《GNo.4 錬金王ヘルメス》が十代さんの手に渡る。ヌメロンコードの力から、アストラルを感じられる。十代さんと手を叩きあった。

「楽しいデュエルだったぜ。ガッチャ!」





【GX編:九十九遊馬の旅立ち-その45】




 ヌメロンコードの欠片が、エジプトのピラミッドへ侵入する。そして、冥府に眠るファラオと一体化した。《GNo.5 太陽王アテム》が目覚めようとしている。





「GNo.4 錬金王ヘルメス」光【魔法使い族・エクシーズ・効果】★×4
レベル4のモンスター×2
融合モンスター1体以上をX素材にしなければ、このカードをX召喚できない。②:自分のフィールド・墓地から、融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを除外し、その融合モンスター1体をエクストラデッキから融合召喚する。この効果は、1ターンに1度しか使用できない。③:このカードは魔法カードの効果を受けない。
ATK0 DEF2800


「コアキメイル・ダークホムンクルス」闇【魔法使い族・融合・効果】☆×8
「コアキメイル」モンスター×2
①:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、フィールドの「コアキメイル」モンスターはエンドフェイズに破壊されない。
ATK2800 DE1900


「コアキメイル・ムーンフェイス」地【岩石族・融合・効果】☆×7
「コアキメイル」モンスター×2
「コアキメイル・ムーンフェイス」の①②の効果は、それぞれ1ターンに1度しか使用できない。①:「コアキメイルの鋼核」1枚を手札から捨てる。デッキから魔法・罠カード1枚をフィールドにセットする。そのカードは、このターンに発動できない。②:「コアキメイル」モンスターがエンドフェイズに破壊された場合、カード1枚をドローできる。
ATK2500 DE1300





テーマ : 遊★戯★王 - ジャンル : アニメ・コミック

コメント

アムナエルさん、セリフが「ヌメコン」になってます。すぐに縦棒を錬金して下さい。
闇と光へのメタを含む《コアキメイル》を素材に闇のコアキメイルを作り出すヘルメスさんはやはり本物の錬金術士(断言)
そして次なるグランド・ナンバーズはアテム…腕にシルバーを巻いているかが勝負の鍵(何故)

ホープネオスは強そうですね。融合素材にネオス+希望皇ホープと名のつくのはダメなんですか?

No title

 U太さん、ご指摘ありがとうございます。ヌメコンとかなってましたね。訂正をしました。

 《コアキメイル・ダークホムンクルス》は元ネタ的に闇属性にしました。《コアキメイル・ムーンフェイス》は地属性でもOKかな。

 アテムをはじめとして、またGNoが増えていきます。

No title

 スターダストさん、レスありがとうございます。

 たしかに、そっちの方が柔軟ですね。どちらも進化していくモンスターですので。変えておきます。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。