スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GXSP-2 丸藤翔(後篇)


遊戯王 極戦機王ヴァルバロイド 【ウルトラ】 YG08-JP001 [日本語:袋綴版]遊戯王 極戦機王ヴァルバロイド 【ウルトラ】 YG08-JP001 [日本語:袋綴版]
()
コナミデジタルエンタテインメント

商品詳細を見る

 ビークロイドもぞくぞく、出てきます。

 ダルクちゃんは観客席から、アウスさんを応援している。タブレットPCを弄っていたのは少しだけ。大好きなお姉さんに勝ってほしいのだろう。キラキラと眼を輝かせながら、最前席まで乗りだしている。視線を対戦相手へと戻す。無表情だけど、アウスさんは嬉しさを漏らしている。《ナチュル》を上手く操って、予想以上に手強いんだよな。僕だってプロだもんね。

「サイバー・ビークロイド流の本気を魅せてあげるよ!」



【4ターン目:翔】LP700、ドローフェイズ後の手札5枚

(フィールド)
アウス:《ナチュル・ビースト:攻撃力2200・Lv5》&《ナチュル・スパイダーファング:攻撃力2100・Lv4》が攻撃表示。永続罠《ナチュルの神星樹》が発動中。魔法・罠ゾーンにカード1枚をセットしている

翔:魔法・罠ゾーンにカード1枚をセットしている。


「僕のターン、ドロー。相手フィールドのみモンスターがいる。《サイバー・ドラゴン:攻撃力2100・Lv5》を手札から特殊召喚するよ」

「永続罠《リミット・リバース》を発動して、《トラックロイド:攻撃力1000・Lv4》を墓地から特殊召喚。これで、モンスター2体がそろったね」

 《ナチュル・ビースト》は寝ころび体勢で、こちらを伺っている。じっとしていれば、彫刻作品のようだ。魔法カードを封じるだけでなく、コントローラーの墓地まで肥やす。こいつを先に戦闘破壊しておきたい。《ナチュルの神星樹》も厄介だ。幹同士が絡まりあって、ホールを圧迫しまくっている。アウスさんのデッキを早回し。

「《サイバー・ドラゴン》と《トラックロイド》をリリースして、《アーマロイドガイデンゴー:攻撃力2700・Lv8》をアドバンス召喚。ビークロイドをリリースしたので、魔法・罠カード全てを除外する」

「《ナチュルの神星樹》の効果を発動しておく。《ナチュル・スパイダーファング》をリリースして、《ナチュル・ローズウィップ:守備力1700・Lv3・チューナー》をデッキから特殊召喚する」

 スペースシャトルがトランスフォームしたかのようなスーパーロボット。《アーマロイドガイデンゴー》は合金拳を振るって、《ナチュルの神星樹》を粉砕していく。ビームをまとった拳に殴られて、巨大樹は焼き払われた。墓地へ送らず除外したので、《ナチュル》をデッキサーチもできないだろう。さすがに、アウスさんも指先に動揺を表している。《聖なるバリア-ミラーフォース-》まで仕掛けられていたのか。こいつも除外だ。これで、躊躇なく攻撃宣言をできるね。


「《アーマロイドガイデンゴー》で《ナチュル・ビースト》を攻撃する」

 樹木虎にも拳を叩きつける。《ナチュル・ローズウィップ》というチューナーもいるけど、こいつを先に潰しておく。魔法封じは片付けておかないと。木片が弾けて、《ナチュル・ビースト》は戦闘破壊された。アウスさんのライフは3500ポイントまで減っていく。

「ターンエンド」



【5ターン目:アウス】LP3500、ドローフェイズ後の手札2枚

(フィールド)
アウス:《ナチュル・ローズウィップ:守備力1700・Lv3・チューナー》が守備表示。

翔:《アーマロイドガイデンゴー:攻撃力2700・Lv8》が攻撃表示。


「私のターン、ドロー。《ナチュル・ラグウィード:攻撃力1200・Lv3》を召喚」

「レベル3《ナチュル・ラグウィード》に、レベル3《ナチュル・ローズウィップ》をチューニング! 大自然へ舞い降りよ! シンクロ召喚! 《ナチュル・パルキオン:攻撃力2500・Lv6》!」

「マジック《ミラクルシンクロフュージョン》を発動! フィールドの《ナチュル・パルキオン》と、墓地の《ナチュル・ビースト》を除外する。《ナチュル・エクストリオ:攻撃力2800・Lv10》を融合召喚!」

「《アーマロイドガイデンゴー》を攻撃する」

 花に顔ありというデザインは、メルヘンチックだ。よくよく考えれば、ビークロイドも似たようなものか。植物同士でシンクロしあい、竜を呼んだ。それだけでは終わらず、さらなる融合召喚を仕掛けてきた。《ナチュル・ビースト》が《ナチュル・パルキオン》をまとったような姿をしている。虎顔はコミカルになっているかな。吠えてから、一直線に駆けてきた。大きな体で跳びあがり、《アーマロイドガイデンゴー》へ組みつく。合金装甲を爪でえぐり、配線を牙で千切ぎる。

「これで、ターンエンド」

 スーパーロボットは爆発炎上した。僕のライフも、600ポイントまで削られる。《ナチュル・エクストリオ》は魔法・罠カードを封じてくるから厄介だ。墓地カードの除外という発動条件があるも、デッキトップを墓地へ送れる。モンスター効果で対処するか、無効化されない魔法・罠カードに頼らないと。《極戦機王ヴァルバロイド》を融合召喚できる魔法ならあるけどなぁ。



【6ターン目:翔】LP600、ドローフェイズ後の手札4枚

(フィールド)
アウス:《ナチュル・エクストリオ:攻撃力2800・Lv10》が攻撃表示。

翔:無し。


「僕のターン、ドロー。《サブマリンロイド:攻撃力800・Lv4》を召喚。ダイレクト・アタック!」

 直接攻撃できる潜水艦だ。魚雷を発射して、アウスさんのライフを2700ポイントまで爆発させた。《サブマリンロイド:守備力1800》はバトルしたダメージステップ終了時に守備表示となるのだ。ダメージを与えられたけど、一時しのぎにすぎないんだよね。

 そういえば、とある電気街じゃ海軍デッキが流行っているらしい。《駆逐艦》や《戦艦》に、美少女が乗りこんでいるという。提督と呼ばれる決闘集団が暴れていると話題になっている。万丈目(サンダー)は、あそこで映画撮影の仕事をしているはず。有名人だけに絡まれたりしてそうだなぁ。おっと、デュエルへ意識を戻さないと。



【7ターン目:アウス】LP2700、ドローフェイズ後の手札1枚

(フィールド)
アウス:《ナチュル・エクストリオ:攻撃力2800・Lv10》が攻撃表示。

翔:《サブマリンロイド:守備力1800・Lv4》が守備表示。


「私のターン、ドロー。《ナチュル・エクストリオ》で《サブマリンロイド》を攻撃する」

 《ナチュル・エクストリオ》に乗られてしまい、《サブマリンロイド》もスクラップにされる。罠を仕掛けたとしても、無効にされてしまう。アウスさんがモンスターを召喚しなかくて助かった。アマに負けたとなれば、プロリーグ立ちあげの夢も遠ざかってしまう。

「モンスター1体を裏守備表示で伏せる。ターンエンド」



【8ターン目:翔】LP600、ドローフェイズ後の手札4枚

(フィールド)
アウス:《ナチュル・エクストリオ:攻撃力2800・Lv10》が攻撃表示。モンスター1体を裏側守備表示でセットしている。

翔:無し。


「僕のターン、ドロー。《スチームロイド》を手札から捨て、魔法カード《振り出し》を発動する。《ナチュル・エクストリオ》をデッキトップへ戻す」

「《ナチュル・エクストリオ》のカウンター効果を発動するだけ。《ナチュル・スパイダーファング》を墓地除外して、デッキトップを墓地へ送り、その効果を無効にする」

「《サイクロイド:攻撃力800・Lv3》を召喚!」

 《ナチュル・エクストリオ》の咆哮を受けて、《振り出し》は鎮められた。魔法を無効化されるのは分かっていた。《スチームロイド》を捨てることが目的なんだけどね。自転車のビークロイドが走ってきた。ブレーキをかけて、僕の近くでストップ。さぁて、《トラックロイド》と《アーマロイドガイデンゴー》も墓地に溜まっていることだし。


「魔法カード《超機合体》を発動! 《ロイド》5体をフィールドと墓地から除外することで、《極戦機王ヴァルバロイド:攻撃力4000・Lv12》を融合召喚!」

 《ナチュル・エクストリオ》が目を瞠らせるも、閃光に怯んで動けない。《超機合体》はカード効果によって無効化されないからね。赤い機体が要塞のごとく立ちあがる。直接攻撃こそ制限されているが、連続攻撃できるんだ。モンスターの戦闘破壊に成功すれば、1000ポイントのダメージを与えられる。戦闘耐性ありの《ナチュル・ビーンズ》を伏せてないことを祈っておくよ。

「《極戦機王ヴァルバロイド》でモンスター2体へ連続攻撃!」

 レーザーにミサイルと派手に総攻撃を広げる。《ナチュル・チェリー:守備力200・Lv1・チューナー》を伏せていたのか。同名モンスターをリクルートしてくるも、ノープロブレムだ。《ナチュル・エクストリオ》は吹きとばされて、1200ポイントものバトルダメージが通る。バーンダメージも二連続で追加されて、アウスさんのライフポイントは0にまで落ちていった。

「ぎりぎりの辛勝といったところかな」

 冷汗を拭った。ばくばくと心臓が高鳴っている。アウスさんを湛える拍手も沸きあがってくる。握手を交わす。悔しさを漏らすも、わずかな微笑も漂わせている。仏頂面で怖そうな印象もあったけど、可愛らしい人かもしれない。



「負けちゃった。アウスにとっても、いい経験になったよ。アトラク・ナクアから連絡も来たみたい。ヒータの居場所も掴んできたところだし、そろそろ俺も動くとするか」





【GXSP-2】





 某電気街にて、2人の少年が得意げに歩いていた。

「ショップ大会も楽勝だったなぁ。《影霊衣》を上手くカスタマイズできたよ」

「俺は、お前に負けて準優勝だよ。《シャドール》に《エフェクト・ヴェーラー》を積んで、《カオス・ソルジャー -開闢の使者-》を出せたのによぉ」

「実力! 実力ーっ! そういや、この辺で万丈目がうろついているらしいぜ」

「映画撮影やってるんだろ」

「捕まえて、ボコってやろうぜ。プロなんてよぉ。八百長で勝っているに決まっているからな。ネット掲示板にも書いてあったし。あんな雑魚デッキで勝てるっておかしいよ」

「そりゃあ、そうだよなぁ」

「お前ら、言いたい放題じゃないか」

 少年らは驚愕した。話題の対象本人が現れたゆえに。

「ファンサービスだ。八百長かどうか、デュエルで確かめるがいい。2人がかりで、かかってこい」

 アニメショップやカードショップの並ぶ通りにて、少年達は《おジャマイエロー》にボコられた。その様子を上空から眺めている者がいた。

 《GNo.12 未来勇者アポリア》





【次章へ続く】





「超機合体」通常魔法
このカードの発動と効果は、カード効果によって無効にされない。①:自分フィールドまたは墓地から「ロイド」機械族モンスター5体を除外する。「極戦機王ヴァルバロイド」1体をエクストラデッキから融合召喚する。その後、自分フィールドの「極戦機王ヴァルバロイド」を除くモンスター全てを破壊する。




テーマ : 遊★戯★王 - ジャンル : アニメ・コミック

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。