スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GX-51 悪夢のファンサービス


遊☆戯☆王デュエルモンスターズGX DVDシリーズ DUEL BOX 15遊☆戯☆王デュエルモンスターズGX DVDシリーズ DUEL BOX 15
(2008/08/20)
Windows

商品詳細を見る

 Ⅳがノリノリになってきます。

「僕のターン、ドロー」

「罠カード《和睦の使者》を発動! このターン、俺は戦闘ダメージを受けない」

「それじゃあ、攻撃をしても意味はないか。モンスター1体を裏守備表示で伏せて、ターンエンド」

 スタンバイフェイズに発動されてしまえば、《スタンピング・クラッシュ》で破壊できない。吹雪は《仮面竜:守備力1000・Lv3》をセットしておいた。オーケストラがバトルを盛りあげる。トーマスの墓地を確かめてみるに、《ギミック・パペット-ネクロドール》といった自己蘇生できるのが控えている。手札もライフポイントもアドバンテージをとっているが、油断してられない。



【5ターン目:Ⅳ】LP200、ドローフェイズ後の手札1枚

(フィールド)
Ⅳ:無し。

吹雪:《真紅眼の闇竜:攻撃力3000・Lv9》が攻撃表示。モンスター1体を裏側守備表示でセットしている。


「俺のターン、ドロー。《ギミック・パペット-ナイト・ジョーカー》を墓地から除外することで、《ギミック・パペット-ネクロ・ドール:守備力0・Lv8》を墓地より特殊召喚する」

「相手フィールドにモンスターがいて、俺のフィールドには《ギミック・パペット》のみ。《ギミック・パペット-マグネ・ドール:守備力1000・Lv8》を手札から特殊召喚するぜ」

「レベル8《ギミック・パペット》2体で、オーバーレイ・ネットワークを構築! 《No.40 ギミック・パペット-ヘブンズ・ストリングス:攻撃力3000・R8・O×2》をエクシーズ召喚!」

「ORU1体を取り除くことで、こいつのモンスター効果を発動する。《真紅眼の闇竜》にストリングカウンター1つを乗せる。次の相手エンドフェイズに、ストリングカウンターのあるモンスターを破壊する。そこまで待ってやる必要もないがな」

 棺が浮びあがり、傷塗れの少女人形を吐きだす。磁石人形と一緒に、光渦へ吸いこまれていく。黒き天使人形が降りてきた。片翼で背徳的な臭いもする。上半身に組みこまれた弦楽器を、剣先で奏でだす。オーケストラを不協和音で乱して、不快な気分にさせられる。隠れていた左目が赤く光ったかと思えば、《真紅眼の闇竜》は糸に絡まれた。


「このエクシーズ召喚により、《RUM-アージェント・カオスフォース》を墓地から手札回収した。こいつを発動する! カオス・エクシーズチェンジ! 《CNo.40 ギミック・パペット-デビルズ・ストリングス:攻撃力3300・R9・O×2》!」

「こいつを特殊召喚したんで、ストリングカウンターのある《真紅眼の闇竜》を破壊する。その攻撃力分だけダメージを与え、1枚ドローする」

 また、ランクアップか。ハイランクのエクシーズ・モンスターを特殊召喚すれば、《RUM-アージェント・カオスフォース》は墓地から戻ってくるようだ。天使人形は禍々しく悪魔化する。双頭剣で薙ぎ払い、《真紅眼の闇竜》を糸ごと斬る。ダークドラゴンは冥府へと落とされて、ライフも800ポイントまで減らされた。手札まで増やしてくるとは。トーマスは墓地カードを上手く使いこなして、ここまでの逆転を魅せつけた。


「《CNo.40 ギミック・パペット-デビルズ・ストリングス》でセットモンスターを攻撃する」

 悪魔人形の巨体に迫られて、《仮面竜》も斬られる。戦闘破壊されたことで、デッキから《仮面竜:守備力1100・Lv3》を特殊召喚する。リクルーターゆえに、モンスターを維持しやすい。トーマスは予想以上の実力者だ。

「ORU1体を取り除いて、《CNo.40 ギミック・パペット-デビルズ・ストリングス》の特殊効果を使う。《仮面竜》にストリングカウンター1つを乗せる。ターンエンド」

 《CNo.40 ギミック・パペット-デビルズ・ストリングス》の放った糸により、《仮面竜》は絡めとられた。トーマスは不敵に笑んでいる。ストリングカウンターを、ただ乗せたわけじゃないだろう。さらなる戦術を潜ませているはず。次で逆転攻勢の布石を打たなければ、吹雪は負けるかもしれない。今は、友の引きを信じよう。



【6ターン目:吹雪】LP800、ドローフェイズ後の手札2枚

(フィールド)
Ⅳ:《CNo.40 ギミック・パペット-デビルズ・ストリングス:攻撃力3300・R9・O×1》が攻撃表示。

吹雪:《仮面竜:守備力1100・Lv3:ストリングカウンター+1》が守備表示。


「僕のターン、ドロー。モンスター1体を裏側守備表示でセット。ターンエンド」

 またもや、《スタンピング・クラッシュ》は使えない。《炎の女暗殺者:守備力1000・Lv4》を仕込んだ。リバースに成功すれば、800ポイントのダメージを与えられる。トーマスのライフは200ポイントだから、こいつが攻撃されるだけでも勝利できる。自分デッキからカード3枚を除外もするので、そっちのコンボを狙って投入したのだろう。



【7ターン目:Ⅳ】LP800、ドローフェイズ後の手札2枚

(フィールド)
Ⅳ:《CNo.40 ギミック・パペット-デビルズ・ストリングス:攻撃力3300・R9・O×1》が攻撃表示。

吹雪:《仮面竜:守備力1100・Lv3:ストリングカウンター+1》が守備表示。モンスター1体を裏側守備表示でセットしている。


「俺のターン、ドロー。どうやら、最高のファンサービスを魅せられそうだぜ。ORU1体を取り除いて、《CNo.40 ギミック・パペット-デビルズ・ストリングス》の特殊効果を発動する。《仮面竜》にストリングカウンターを追加する」

「魔法カード《悪夢の演奏会》を発動。《仮面竜》を除外して、そのストリングカウンターだけドロー」

 《CNo.40 ギミック・パペット-デビルズ・ストリングス》が弦楽器を鳴らして、鼓膜を不愉快に揺さぶってきた。観客衆は苦しそうに耳を塞いでいる。《仮面竜》は耐えられず、ヴィジョンを木端微塵に粉砕された。ストリングカウンター2つを乗せていたので、2枚ドローできるのか。《炎の女暗殺者》に賭けるしかない。


「魔法カード《ジャンク・パペット》を発動。《ギミック・パペット-マグネ・ドール:守備力1000・Lv8》を墓地から特殊召喚する」

「《No.15 ギミック・パペット-ジャイアントキラー》を墓地除外することで、《ギミック・パペット-ネクロ・ドール:守備力0・Lv8》を墓地から特殊召喚する」

「さらに、魔法カード《死者蘇生》を発動! 《ギミック・パペット-ギア・チェンジャー:守備力100・Lv1》を復活させる。こいつ自身の特殊能力を使い、《ギミック・パペット-ネクロ・ドール》と同じレベル8とする」

「レベル8《ギミック・パペット》3体で、オーバーレイ・ネットワークを構築! 《No.88 ギミック・パペット-デステニー・レオ:攻撃力3200・R8・O×3》をエクシーズ召喚!」

 不気味な悪夢人形ばかりであったが、《No.88 ギミック・パペット-デステニー・レオ》のデザインは違う。師子王といった風格を備えている。ディスク機能で調べてみる。特殊勝利をもたらすようだが、この場では必要ないもの。


「魔法カード《抹殺の使徒》を発動する。セットモンスターを除外だ」

「《CNo.40 ギミック・パペット-デビルズ・ストリングス》でダイレクト・アタック!」

 女性剣士が《抹殺の使徒》から跳びだす。《炎の女暗殺者》は斬られてしまい、裏向きのまま除外された。《CNo.40 ギミック・パペット-デビルズ・ストリングス》の双頭剣が振りおろされて、対戦相手へと叩きつけられる。轟音の凄まじさに、オーケストラさえも塗り潰されてしまう。何ということだ。天上院吹雪が敗北させられるとは。女性ファンが悲鳴をあげて、ざわめきを広めていく。トーマスは哄笑を発しだす。

「こいつは、闇のデュエルだぜ。俺のファンサービスは終わってない。《No.88 ギミック・パペット-デステニー・レオ》でダイレクト・アタック!」

 ライフは0まで落ちているのに、まだ攻撃宣言を止めないのか。デュエル機能もおかしくなっており、ソリッド・ヴィジョンも消えてくれない。《No.88 ギミック・パペット-デステニー・レオ》の剣に襲われて、吹雪は大きく跳ねあげられる。絨毯床へ叩きつけられた。俺は親友を抱き起こした。意識朦朧としているが、気絶はしてないようだ。救護班も遅れて駆けてきた。《GNo.10 鬼の副長・土方歳三》は、トーマスの手へ渡っていく。

「吹雪! 大丈夫か!」

「これぐらい、平気だよ。負けてしまったのは悔しいけどね」

 いつものように振舞っているが、息を震わせている。後は救護班に任せよう。

「どうして、勝負がついたのに攻撃をした! 答えろ、トーマス!」

「ファンサービスだからさ」

 彼らは何者かに操られている。そういう目をしているのだ。それでも、こいつは許せない。《オネスト》をデッキに入れて、俺はトーマス・アークライトに対峙した。





【GX編:動きだしたバリアン-その51】




 バリアンのデュエリスト・ピスケスは、煙草を捨てると嘆息した。

「阿呆が。あの者には、《新選組》を手にする資格はない」





「悪夢の演奏会」通常魔法
①:次から1つを選択して発動する。
●デッキから「ギミック・パペット」モンスター1体を手札に加える。
●フィールドのストリングカウンターの乗ったモンスター1体を対象として発動する。そのモンスターを除外する。そのモンスターに乗っていたストリングカウンターの数だけ、カードをドローする。





テーマ : 遊★戯★王 - ジャンル : アニメ・コミック

コメント

No.88 ギミック・パペット-デステニー・レオってレベル8のモンスター3体ではなかったですか?

No title

 スターダストさん、ご指摘ありがとうございます。

 ORU数を間違ってました。手札が1枚余っていたので、《死者蘇生》でレベル8の3体目を揃えておきました。

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。