スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

艦これ×遊戯王-その2 万丈目への挑戦状!

「艦隊少女-雷」水【機械族・ペンデュラム・効果】☆×3
このカードは「駆逐艦」モンスターとしても扱う。「艦隊少女-雷」の効果は、1ターンに1度しか使用できない。「艦隊少女-雷」はフィールドに表側表示で1体しか存在できない。①:自分フィールドの資材カウンター1つを取り除く。自分フィールドの「艦隊少女」モンスター1体につき、自分ライフを400ポイント回復する。

【Pスケール:青8/赤8】
①:自分は「艦隊少女」モンスターしかP召喚できない。
ATK1200 DEF1300


 おふざけイベントです。1話分で収めるには長すぎたので、2話に分割しました。

 号さんの不思議能力によって、俺達は海岸地帯へ送られた。

 《艦隊少女》は、これまでに見たことない戦術を御披露してくれる。《駆逐艦》はPモンスターで占められている。Pゾーンにセットすれば、手札から大量召喚も可能だ。フィールドから墓地送りとなる場合、エクストラデッキへ送られる。そいつもP召喚できるという。《連成する振動》により、《艦隊少女-電》をエクストラ送りとした。あえて、そうしたのだろう。

 電気街の住人らも巻きこまれて、この亜空間でギャラリーとなっている。探偵少女の4人組までいるじゃないか。大人しくしているから問題は無いが。



【4ーン目:号提督】LP700、ドローフェイズ後の手札5枚

(フィールド)
テッド:《幻獣ロックリザード:攻撃力3100・Lv7》&《幻獣ワイルドホーン:攻撃力2600・Lv4》が攻撃表示。魔法・罠ゾーンにカード1枚をセットしている。

号提督:フィールド魔法《鎮守府:資材カウンター+1》&永続罠《連成する振動》が発動中。

Pゾーン:スケール8《艦隊少女-雷》


『艦隊が戻ってきたね。お疲れ』

 号さんのスタンバイフェイズに、《艦隊少女-ベルーヌイ》が帰ってきた。除外した《艦隊少女》は、資材を運んでくるようだ。《鎮守府》に資材カウンター3つが乗せられる。フィールド魔法の効果もあって、カウンター1つを追加される。

「永続罠《連成する振動》により、《艦隊少女-雷》を破壊する。1枚ドロー」


「スケール1《艦隊少女-暁》とスケール8《艦隊少女-ベルーヌイ》をPゾーンにセッティング!」

「《艦隊少女-睦月:攻撃力1000・Lv3・P》と《艦隊少女-那珂:攻撃力1800・Lv4》を手札からペンデュラム召喚!」

 幼い黒髪少女と銀髪少女を両端として、振り子が揺れていく。雷電姉妹と合わせて、第六駆逐隊と呼ぶらしい。電気街の住民どもは、天使と称えているようだ。エクストラデッキにあるPモンスターも、P召喚の対象となる。特殊召喚できる数を増やすためにも、《連成する振動》を使っていたのか。《艦隊少女-夕立》だけでなく、《艦隊少女-雷:攻撃力1200・Lv3・P》と《艦隊少女-電:攻撃力1200・Lv3・P》も復活した。

『艦隊のアイドル、那珂ちゃんだよー。よっろしくぅー!』

 那珂が駆逐艦を率いてくる。見事な水雷戦隊を成しているではないか。川内型の軽巡洋艦であり、全長は160mほどもある。排水量も5000tクラスだ。アイドル然とした少女が、キラリ―ンと甲板上で歌いだす。

「《艦隊少女-那珂》の特殊召喚により、このカードをリリースする。《鎮守府》に資材カウンター1つを追加して、1枚ドロー」

『いつも、ありがとー!』

 何とも酷いプレイングだ。《艦隊少女-那珂》は特殊召喚した瞬間に、資材へと解体されてしまった。那珂ちゃんが泣いているのは、気のせいだろうか。《おジャマ・イエロー》が、じーっと見上げてくる。何か、言いたいことがありそうな目つきだ。俺は攻撃力0であっても、大切に使っているではないか。こうしている間にも、雷電姉妹は進軍する。


「資材カウンター1つを取り除いて、《艦隊少女-雷》の特殊効果を発動する。《艦隊少女》1体につき、自分ライフを400ポイント回復する」

『元気ないわね。そんなんじゃダメよ! 私がいるじゃない!』

「資材カウンター1つを、さらに取り除く。《艦隊少女-電》の特殊効果も使うぞ。墓地に落ちている《幻獣サンダーペガス》をデッキへ戻す」

『できれば、沈んだ敵も助けたいのです』

「助けないでくれよっ!」

 相手の攻撃宣言時、《幻獣サンダーペガス》を墓地除外することで、《幻獣》1体を戦闘破壊から守れる。《艦隊少女-電》はクレーンを伸ばして、そいつをデッキへと戻した。これでは、墓地効果も発揮できない。テッドが泣き叫ぶのも理解できる。《艦隊少女-雷》からの癒しで、号さんのライフは2300ポイントまで回復した。幼いながらも、母性のあふれる少女ではないか。オッサンどもは、すっかり骨抜きにされている。


「レベル3《艦隊少女-雷》と《艦隊少女-電》で、オーバーレイ・ネットワークを構築! 《艦隊少女-龍驤:攻撃力2300・R3・O×2》をエクシーズ召喚!」

「ORU1体を取り除く。《幻獣ロックリザード》を破壊する」

『さぁ仕切るで! 攻撃隊、発進!』

 雷電姉妹は光渦へ吸いこまれた。軽空母とはいえ、全長は180mほどもある。そいつが沖合を占拠するかのように迫ってきた。メンタルモデルは水干姿の陰陽師少女といったところか。変な鉄帽子をかぶっている。彼女の指揮に従って、九九式艦爆が飛行甲板から放たれた。《幻獣ロックリザード》への急降下爆撃を狙う。

「《幻獣ロックリザード》が効果破壊された。2000ポイントのダメージを喰らえっ!」

 爆炎に包まれながらも、《幻獣ロックリザード》は怪光線を吐きだす。号さんは直撃されるも、300ポイントのライフを残す。《艦隊少女-雷》のおかげで助かった。ソリッド・ヴィジョンでなければ、俺らも爆発に巻きこまれていたな。


「資材カウンター1つを消費することで、《艦隊少女-睦月》をチューナーとする」

『睦月の艦隊、いざ参りますよー!』


「レベル3《艦隊少女-夕立》に、レベル3《艦隊少女-睦月》をチューニング!」

「戦艦としての砲撃力を持ち、航空機の運用も可能な航空戦艦よ! 水平線に勝利を刻め! シンクロ召喚! 《艦隊少女-伊勢:攻撃力2600・Lv6》!」

「資材カウンター1つを取り除く。そのセットカードを破壊して、500ポイントのダメージを与える」

『左舷、砲戦開始!』

 エクシーズだけでなく、シンクロ召喚まで使いこなすのか。やっぱり、戦艦級となれば大きさも桁違いだ。220mの全長に、40000tにも迫ろうとする公式排水量である。メンタルモデルが艦橋に乗りあがった。古代日本を彷彿とさせる衣装をまとっている。陽気さのあふれる姿勢で腕を振りあげて、水上爆撃機・瑞雲を飛行甲板から放つ。《聖なるバリア-ミラーフォース》を爆破炎上させる。テッドも舞いあげられて、1300ポイントまでライフを焼かれた。


「こちらに制空権がある。魔法カード《弾着観測射撃》を発動する。《艦隊少女-伊勢》が攻撃する場合、相手はカードを使えず、相手フィールドと墓地にあるカード効果は無効となる」

『主砲、六基十二門、一斉射!』

 《艦隊少女》と言うが、明らかに成人女性だよな。《空母》の数で勝っていれば、発動可能なようだ。瑞雲が観測をすることで、精密なる一斉砲撃を可能とする。35.6cm連装砲が火を噴いた。凄まじい砲撃音に、海面まで激しく揺らされる。《幻獣クロスウィング》からの支援も受けられず、《幻獣ワイルドホーン》は攻撃力1700ポイントを晒す。さすがの獣戦士も、顔を蒼白にしている。砲弾を命中させられて、そいつは戦闘破壊された。

「《艦隊少女-龍驤》でダイレクト・アタック!」

『艦載機のみんなぁー、お仕事、お仕事ー!』

 今度は艦上爆撃機・彗星が飛びたつ。変な妖精さんが操縦をしているようだ。テッドのライフは、400ポイントしか残ってない。そこに爆撃を叩きこまれるということは。


【テッド・バニアス-大破!】


 見たくもないものを、無理矢理に見せられてしまった。電気街の住民も、うげーっとなっている。テッド・バニアスの衣服は破れて、イヤーンと恥ずかしそうに……するなよ。けっこう、気持ち悪いぞ。ライフポイントも0となっている。それにしても、号さんは面白い決闘者ではないか。こちらへと視線を向けてきた。

「エンジンも始動してきた。本気のデュエルがしたい。万丈目くん、俺と戦ってくれないか」

「サンダー。いいだろう」

 すぐにも、決闘盤を装着! 胸が激しく躍ってくる。十代の言う、ワクワクというヤツだな。





【その3へ続く】




テーマ : 遊★戯★王 - ジャンル : アニメ・コミック

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。