スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GX-62 GNo.5 太陽王アテム

「GNo.5 太陽王アテム」光【魔法使い族・エクシーズ・効果】★×10
レベル10モンスター×3
「GNo.5 太陽王アテム」の②の効果は、1ターンに1度しか使用できない。①:このカードにX素材がある限り、このカードは戦闘またはカード効果によって破壊されない。②:このカードからX素材1つを取り除く。手札・デッキから「オシリスの天空竜」、「オベリスクの巨神兵」または「ラーの翼神竜」1体を召喚条件を無視して特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターの攻守は、そのモンスター効果を無視して5000ポイントになり、カード効果を受けず、エンドフェイズに墓地へ送られない。
ATK0 DEF4000


 オリカ率が高いです。前回終盤を微妙に修正しました。

 マリクの手札には、《溶岩魔神ラヴァ・ゴーレム》が控えている。モンスター2体を召喚したところで、そいつの生贄にされてしまう。戦闘破壊されず、効果耐性を有しているモンスターであっても、リリースだけは逃れられない。《GNo.5 太陽王アテム》という未知なる存在にも要注意である。どれだけ追いつめられようが、オービタル7は主の勝利を祈るのみ。



【5ターン目:マリク】LP2400、ドローフェイズ後の手札2枚

(フィールド)
闇マリク:《インフェルノイド・ヴァエル:攻撃力2600・Lv7》が攻撃表示。魔法・罠ゾーンにカード1枚をセットしている。

カイト:《ギャラクシーアイズ・FA・フォトン・ドラゴン:攻撃力4000・R8・O×1》が攻撃表示。魔法・罠ゾーンにカード1枚をセットしている。


「俺のターン、ドロー。《インフェルノイド》2体を墓地から除外する。《インフェルノイド・ベルフェゴル:攻撃力2400・Lv6》を墓地から特殊召喚!」

「永続罠《メタル・リフレクト・スライム:守備力3000・Lv10》をモンスターとする」

「魔法カード《ギャラクシー・クィーンズ・ライト》を発動! 《インフェルノイド・ベルフェゴル》と《インフェルノイド・ヴァエル》のレベルを、《メタル・リフレクト・スライム》と同じ10にする」

 液体金属が泡立つように湧きだした。強力な守備力を活かせば、心強い盾となるトラップ・モンスターであろう。カイトも多用しているレベル調整魔法が唱えられた。《メタル・リフレクト・スライム》が《インフェルノイド》2体を取りこんで、レベル10へ統一していく。エクシーズ素材にするつもりだろうか。悪魔竜どもは水銀色に染まって、気味悪く鳴いている。


「レベル10のモンスター3体で、オーバーレイ・ネットワークを構築! エクシーズ召喚! 《GNo.5 太陽王アテム:守備力4000・R10・O×3》!」

「ORU1体を取り除く。デッキから《ラーの翼神竜:攻撃力5000・Lv10》を特殊召喚!」

「ライフを1000ポイント払い、《ラーの翼神竜》の特殊能力を使う。《ギャラクシーアイズ・FA・フォトン・ドラゴン》を破壊する。魂を灰になるまで、焼きつくせ!」

 オービタル7は、エネルギー反応の凄まじさに跳びあがらんばかり。マリクが何かの呪文を唱えると、黄金球体が開きだす。竜よりも鳥獣族に近いだろうか。モンスター3体をリリースしてアドバンス召喚をしなければ、場に出せないはず。《GNo.5 太陽王アテム》のモンスター効果を使えば、召喚条件を無視して特殊召喚できるようだ。ファラオの両目は開いているも、魂だけは眠っている。《ラーの翼神竜》は超高熱の炎を吐きつけて、《ギャラクシーアイズ・FA・フォトン・ドラゴン》を蒸発させる。そのダメージはカイトにも伝わっていく。


「立っているのも、やっとの状態か。我慢強いようだが、じっくりと苦しませてやるよ。それにしても、ファラオを奴隷にできるとはなぁ。ダイレクト・アタック!」

「罠カード《ギャラクシー・バリア》を発動する。バトルダメージを無効にして、墓地の《ギャラクシー》モンスター1体につき、300ポイントのダメージを与える」

 フェニックスのごとく、《ラーの翼神竜》は黄金炎に包まれている。カイトは炎柱に呑みこまれるも、ダメージを受けつけない。《銀河眼の光子竜》をはじめとして、《ギャラクシーアイズ》3体が墓地より守ってくれるから。フォトン・ストリームでカウンターを放つ。1000ポイントのライフコストに加えて、900ポイントのダメージ。マリクのライフは500ポイントまで減らされた。実体化した痛みに抉られるも、マリクは愉快そうに立ちあがる。

「ダメージこそ受けたが、貴様の地獄は終わらない。ターンエンド」



【6ターン目:カイト】LP2800、ドローフェイズ後の手札2枚

(フィールド)
闇マリク:《ラーの翼神竜:攻撃力5000・Lv10》が攻撃表示。《GNo.5 太陽王アテム:守備力4000・R10・O×2》が守備表示。

カイト:無し。


「俺のターン、ドロー。モンスター1体を裏守備表示で伏せて、ターンを終える」

 これが、伝説のカードというものか。邪悪さに満ちている黒焔地帯さえも、神の威光に従わされている。《ラーの翼神竜》から睨まれては、攻撃表示での召喚行為は危険極まりない。カイトはファラオを見据えた。器だけは機能しているも、魂は目覚めていない。虚ろな眼差しを、微かに開いているのみ。それでも、崇高さは微かにも滲みでている。



【7ターン目:マリク】LP500、ドローフェイズ後の手札2枚

(フィールド)
闇マリク:《ラーの翼神竜:攻撃力5000・Lv10》が攻撃表示。《GNo.5 太陽王アテム:守備力4000・R10・O×2》が守備表示。

カイト:モンスター1体を裏側守備表示でセットしている。


「俺のターン、ドロー。ORU1体を取り除く。デッキから《オシリスの天空竜:攻撃力5000・Lv10》を特殊召喚! セットモンスターに攻撃をする」

「《銀河魔鏡士:守備力800・Lv3》のリバース効果を発動する。墓地の《ギャラクシー》1体につき、500ポイントのライフを回復する。さらに、《銀河魔鏡士》をデッキからセット!」

 ファラオはORUを放つ。とてつもなく長い太綱が、紫空を支配しているかのようだ。赤き巨竜は狙いを定めると、炎弾を吐きつけた。《銀河魔鏡士》は鏡盾をかかげて、そいつを別方向へと逸らす。あまりの熱気に耐えられず、自身は戦闘破壊されてしまう。それでも、同胞を裏守備表示で特殊召喚できた。カイトのライフも、4300ポイントまで癒されていく。

「《オシリスの天空竜》は召喚されたモンスターに2000ポイントのダメージを与えるが、裏守備では特殊攻撃もできない。この調子では攻撃をしても、ライフを回復されるだけ。まぁ、いい。貴様は神に殺されるのだからな。ターンエンド」



【8ターン目:カイト】LP4300、ドローフェイズ後の手札2枚

(フィールド)
闇マリク:《ラーの翼神竜:攻撃力5000・Lv10》&《オシリスの天空竜:攻撃力5000・Lv10》が攻撃表示。《GNo.5 太陽王アテム:守備力4000・R10・O×1》が守備表示。

カイト:モンスター1体を裏側守備表示でセットしている。


「俺のターン、ドロー。魔法カード《フォトン・サブライメーション》を発動する。《フォトン・サーベルタイガー》2体を墓地から除外することで、2枚ドロー。ターンエンド」

 カイトは限界を迎えようとしていた。どんなに抑えようとも、膝の震えを隠せない。マリクの愉悦を増やす要因となってしまう。顔の縦方向に重なったような神竜が、天空から見下ろしてくる。神々からの凝視を受けて、カイトの精神は少しずつ摩耗していく。カードを手札に増やすも、それ以上の行為はできない。オービタル7の回路に動揺が広がっていく。



【9ターン目:闇マリク】LP500、ドローフェイズ後の手札3枚

(フィールド)
闇マリク:《ラーの翼神竜:攻撃力5000・Lv10》&《オシリスの天空竜:攻撃力5000・Lv10》が攻撃表示。《GNo.5 太陽王アテム:守備力4000・R10・O×1》が守備表示。

カイト:モンスター1体を裏側守備表示でセットしている。


「俺のターン、ドロー。ORU1体を取り除くことで、デッキから《オベリスクの巨神兵:攻撃力5000・Lv10》を特殊召喚する」

「《古代宝具-千年ピラミッド》を、ファラオにつけてもらう。こいつの効果で、俺のライフは4000ポイントまで回復する」

 青き巨神兵が黒焔海を踏みしめる。逆さピラミッドが、ファラオの胸元で光を放つ。その輝きを浴びて、マリクのライフが完全回復する。この装備魔法の発動時、強制的に発動されるようだ。追いこんだはずなのに、4000ポイントまでライフを戻すとは。


「マジックカード1枚を手札から捨てることで、《古代宝具-千年ピラミッド》の第二効果を発動する。三幻神を進化させる」

「墓地の三幻神を《GNo.5 太陽王アテム》のORUにするぞ。これで、破壊耐性を戻せる」

 《古代宝具-千年ピラミッド》には3つの効果があるのか。《オシリスの天空竜》は《真・オシリスの天空竜:攻撃力5000・Lv12》へと究極進化を遂げる。《ラーの翼神竜》は暗黒炎に包まれて、《真・ラーの翼神竜:攻撃力5500・Lv12》となった。マリクのライフポイント分だけパワーアップするようだ。《オベリスクの巨神兵》の全身に紋様が浮かび、《真祖・オベリスクの巨神兵:攻撃力5000・Lv12》となる。リリースされた三幻神は、第三効果によってORUにされた。この亜空間は崩壊しそうなほどに恐怖している。

「貴様の魂は、神の一撃により再起不能となる。《魔導雑貨商人》と《インフェルノイド・ベルフェゴル》を墓地除外することで、《真祖・オベリスクの巨神兵》の真価を発揮する。相手モンスターを殲滅させて、4000ポイントのダメージを与える」


『インフィニティ・ゴッド・インパクト!』


「神だろうが、俺は倒されない。ハルトのためにも! ライフを2000ポイント払い、《クリフォトン》を手札から墓地へ送る。このターン、ダメージを受けない」

 クリクリーッ! ブラックライトのごとき《クリボー》が、カイトを護りきる。《真祖・オベリスクの巨神兵》の撃ちだした衝撃波は凄まじいもので、オービタル7の感覚装置を麻痺させる。黒焔地帯は剥がされて、光のみが世界を覆いつくす。《銀河魔鏡士》は破壊されて、その痛みが主へと流れこむ。カイトは脚を崩さない。

「耐えきったか。いいことを教えてやろう。貴様がモンスターを召喚したところで、《真・ラーの翼神竜》に破壊される。ターンエンド」



【10ターン目:カイト】LP2300、ドローフェイズ後の手札3枚

(フィールド)
闇マリク:《真・ラーの翼神竜:攻撃力5500・Lv12》&《真・オシリスの天空竜:攻撃力5000・Lv12》&《真祖・オベリスクの巨神兵:攻撃力5000・Lv12》が攻撃表示。装備魔法《古代宝具-千年ピラミッド》を装備した《GNo.5 太陽王アテム:守備力4000・R10・O×3》が守備表示。

カイト:無し。


「俺のターン、ドロー。相手フィールドに特殊召喚されたモンスターが存在し、自分フィールドにはモンスターが存在しない。魔法カード《逆境の宝札》を発動して、2枚ドロー」

「カード2枚を、フィールドにセットする」

「魔法カード《エクスチェンジ》を発動! 互いの手札1枚を交換する」

 カイトは記憶に刻みつけていた。マリクは《溶岩魔神ラヴァ・ゴーレム》を有していると。《銀河騎士》のみを手札へ残しておき、手札交換の魔法を使う。神さえも呑みこむキーカードを得るために。マリク・イシュタールとカイトは、手札を1枚しか残していない。それらが不思議な力に導かれて、空中を泳ぐように移動していく。


「《真・オシリスの天空竜》と《真・ラーの翼神竜》をリリースして、《溶岩魔神ラヴァ・ゴーレム:攻撃力3000・Lv8》を手札から特殊召喚する。貴様のフィールドへ返してやる」

 マリクの足元から、マグマが激しく沸きたつ。戦闘破壊されず、効果耐性を有しているモンスターであっても、リリースだけは逃れられない。《真・オシリスの天空竜》と《真・ラーの翼神竜》は溶岩柱に喰われてしまい、《溶岩魔神ラヴァ・ゴーレム》の生贄とされる。これで、モンスターを特殊召喚しても破壊されないはず。


「装備魔法《銀河零式》をリバース! 《銀河眼の光子竜:攻撃力3000・Lv8》を復活させる」

「さらに、《銀河の導き》をリバース! 《フォトン・カイザー:守備力2800・Lv8》2体を墓地より守備表示で特殊召喚する。ターン終了時に破壊されるが、問題無い!」


「レベル8のモンスター3体で、オーバーレイ・ネットワークを構築!」

「逆巻く銀河よ。今こそ、怒涛の光となりて、その姿を現すがいい! 降臨せよ、我が魂! 《超銀河眼の光子龍:攻撃力4500・R8・O×3》!」

 マリクの両目に恐怖心が差しこむ。ほんの僅かであるが。《銀河眼の光子竜》は《フォトン・カイザー》を連れて、光子渦へと突っこんだ。三つ首龍が光輝しながら大飛翔を遂げる。超三幻神の睨みを受けても、《超銀河眼の光子龍》は引く様子もない。神すらも威圧するほど。これこそがカイトのアルティメット・エース。

「ORU1体を取り除く。《GNo.5 太陽王アテム》のORU全てを取り除いて、その1体につき500ポイントのパワーアップをする。その数だけ攻撃ができる」


『アルティメット・フォトン・ストリーム!』


 《GNo.5 太陽王アテム》は三幻神を宿していた。それら全てを剥がして、《超銀河眼の光子龍》は力を奪う。その攻撃力は6000ポイントにも達する。三頭から光の衝撃砲が吐きだされた。《溶岩魔神ラヴァ・ゴーレム》は無抵抗に消滅させられる。《真祖・オベリスクの巨神兵》は押し返そうとするも、圧倒的巨躯を後退させられてしまう。肉体を崩されていき、ついには光の餌食とされる。マリクのライフポイントは急降下の末に0となった。

「バカなっ! 超三幻神までも破るだとっ!」

「神に頼れば勝てると思ったか。とんだロマンティストだな」

 マリクは床へと転がっていき、無残にも意識を失った。カイトは《GNo.5 太陽王アテム》を手にして、静かに見下ろしていた。





【GX編:動きだしたバリアン-その62】




テーマ : 遊★戯★王 - ジャンル : アニメ・コミック

コメント

アテムの効果は神を問答無用で出してしまうカードですか。のわりには召喚条件が多少簡単に見えてしまいますね。神のレベルが10なら召喚条件もレベル10×3がよかったかもしれないですね。にしてもラーは特殊召喚出来ない効果ですけど、その辺りは効果無効になってるのかわからないですけどラー自身の効果が無効になってるなら破壊効果も使えないはずではないですか?神は特殊召喚したエンドフェイズに墓地にいくはずかいかないのは効果が無効になってるなら攻撃しか出来ないのでは?

No title

 スターダストさん、ご指摘ありがとうございます。

 《ブラック・マジシャン》を意識してランク7にしましたが、今の環境では出しやすいですね。《メタル・リフレクト・スライム》と《ギャラクシー・クイーンズ・ライト》でレベル調整をしました。

 神の効果は、5D’S編で出したのに合わせました。OCGのラーはさすがに弱体化しすぎで、アニメ効果と中途半端に合体した感じになっています。モンスター効果は無効になってず、攻守を決める効果のみが無視される形かな。効果テキストも一部を変えてみました。

5D'sで神は三極神ですかね。
真ラーの攻撃力がLPでアップする辺りがちょっとわからないですが回復した後でアップしたなら元々の攻撃力は1500になるのですか?神は普通に戦闘破壊は可能ですけど、真となると出来ないと考えていいのですか?後マリクはLPを4000まで回復したならカイトが超銀河眼でラヴァゴーレムを破壊したなら3000のダメージでまだ1000残るのでは?

No title

 スターダストさん、レスありがとうございます。

 《真・ラーの翼神竜》などは過去にも使いまくりました。トップページに、5D’S編というのが置いてありますが、そこで何度か出ています。神なので何でもアリというノリで、カードテキストなどが曖昧にしていました。他のカードはOCGに合わせているので、これだけが浮いている状態に。OCGで考えると、元々の攻撃力(0)+500ポイントで1500ポイントになりますね。過去書いたのでは、リリース時の攻撃力+ライフポイントにしていました。それに合わせた形で。

 真でも戦闘破壊はできます。攻撃力が高いので、しにくいですけど。

 《超銀河眼の光子龍》はアテムからORU3体を取り除いて、3回攻撃ができる状態です。《真祖・オベリスクの巨神兵:攻撃力5000》にも攻撃して、さらに1000ポイントのダメージを与えています。

そういえば連続攻撃の事忘れてました。神は強いですね。三邪神や三幻魔とかもああなったら怖くなりそうですね。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。