スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遊戯王ARC-V 第54話「シンクロ次元「シティ」」


遊☆戯☆王ARC-V TURN-10 [DVD]遊☆戯☆王ARC-V TURN-10 [DVD]
(2015/04/15)
小野賢章、細谷佳正 他

商品詳細を見る

 「遊戯王5D’S2」でしたね。ライディング・デュエルの紹介が冒頭に来るとは。OPの絵が大幅変更されてました。クロウも登場し、ジャック・アトラスも解禁状態。目が死んでいるのは何故か。デュエル無しで、シンクロ次元の説明に費やされてました。ネオドミノ・シティの初期と似ているも、色々と違うもの。階級差が凄まじいですね。ライディング・デュエルが始まれば。一般車両が立ち退きさせられる。《スピード・ワールド・ネオ》とは、どんな効果があるでしょうか。ユーゴがライディングを披露しますね。遊矢の目立たない回が続きます。黒咲隼とクロウがデュエルをしそうな予感もします。闇属性の鳥つながりで。

テーマ : 遊★戯★王 - ジャンル : アニメ・コミック

コメント

ユーゴとユートはやはり勘違いで衝突してました。そしてトップス、セキュリティと懐かしい言葉が続々と。フレンドシップカップはフォーチュンカップにとって代わられたものなのでしょうか。《スピード・ワールド・ネオ》のテキストがやたら短かった気がします。

遂にシンクロ次元が舞台となりましたね。OPもシンクロ次元編になりましたね。アバンのアクションデュエルのところがライディングデュエルになってますからね。ユートとユーゴはやっぱりというか単なる勘違いから始まったようですね。お互い話したらどうなのかつっこみましたね。リンも出ましたね。シティといっても5D'sのシティとはやはり違うようですね。サテライトが無いみたいですからね。ジャックがこんなところで登場ですね。スピードワールドネオはテキストが短いですね。アクションフィールド並ですかね。スピードスペルが無いみたいですし。今回遊矢の出番が無い。回想の台詞のみ。おかげ予告の口上もユーゴにとられてますね。

No title

 U太さん、レスありがとうございます。

 ユートがエクシーズ次元で会ったユーゴも、融合次元の手先ではありませんでしたね。むしろ、幼馴染をさらわれた被害者で。ネオドミノの平行世界かと思うほど、懐かしい要素にあふれていました。遊戯王5D’Sのアナザー・ヴァージョンが始まったかと思うほどに。

No title

 スターダストさん、レスありがとうございます。

 似ている要素も多いけど、シティとネオドミノは違いますね。サテライトが無い代わりに、上下階層で構成されている感じでした。あの世界じゃ、不動遊星もいなさそう。《スピードワールドネオ》ではスピードカウンターも無く、《Sp》魔法も使わないという予想も聞きました。しばらくはユーゴが主人公状態ですね。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。