スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

D-5 武藤遊戯VSダイナソー竜崎-前篇

「瞬足のギラザウルス」地【恐竜族・効果】☆×3
①:このカードは自分メインフェイズに手札から特殊召喚できる。この効果で特殊召喚に成功した時、相手は相手の墓地に存在するモンスター1体を選択して特殊召喚できる。
ATK1400 DEF400


 デュエルSSを気楽に書いてみたという感じかな。アニメで例えると5分物の短さ。

「おっ。竜崎じゃねえか。羽蛾は一緒じゃないのか?」

「四六時中、一緒にいるわけじゃないわ。武藤遊戯。わいとデュエルせぇ!」

「俺が相手をしてやろうか」

「城ノ内も、そのうち倒すけどな。武藤遊戯とデュエルしたいんや。わいのダイナソーデッキはパワーアップしとる。絶対に勝ったる!」

「僕はいいけど」

「よっしゃーっ!」

 遊戯一行の下校途中に、ダイナソー竜崎が絡んできた。彼は城ノ内克也と戦う機会こそ恵まれているが、遊戯とは当たらない。恐竜族に関しても、ニューカードが増えたばかりだ。《化石発掘》に《超古代恐獣》と、戦略性も大きく広がった。竜崎も試してみたくて仕方ないのだろう。本田ヒロトや真崎杏子も面白そうに観戦をしだす。



『デュエル!』



【1ターン目:竜崎】LP4000、ドローフェイズ後の手札5枚

「わいの先攻。魔法カード《化石調査》で《瞬足のギラザウルス:攻撃力1400・Lv3》をデッキから手札に加える。こいつを手札から特殊召喚や。相手は墓地からモンスターを特殊召喚できるけど、1ターン目は無理やな」

「わいの新兵器を見せたるで。《瞬足のギラザウルス》をリリースして、《フロストザウルス:攻撃力2600・Lv6》をアドバンス召喚!」

「カード1枚をセットして、ターンエンド」

 《化石調査》を使えば、1ターン目から《瞬足のギラザウルス》をノーリスクで特殊召喚しやすい。駆けつけてきた小型恐竜を生贄として、氷漬けの首長竜を呼びだす。力強い足取りで、童美野町を闊歩する。レベル6としては攻撃力が高いモンスターである。



【2ターン目:遊戯】LP4000、ドローフェイズ後の手札6枚

(フィールド)
竜崎:《フロストザウルス:攻撃力2600・Lv6》が攻撃表示。魔法&罠ゾーンにカード1枚をセットしている。


「僕のターン、ドロー。フィールド魔法《混沌の場》を発動するよ。このカードの発動により、《超戦士カオス・ソルジャー》をデッキサーチ!」

 童美野高校の校門前は、混沌の渦へと呑みこまれた。発動時の効果処理として、デッキから《カオス・ソルジャー》儀式モンスター1体を手札に加えられる。互いの手札またはフィールドからモンスターが墓地へ送られると、このカードに魔力カウンターを乗せられる。

「《超戦士の魂:攻撃力0・Lv1》を召喚する。《カオス・ソルジャー》を手札から墓地へ送ることで、このカードの攻撃力は3000ポイントまでアップする。このカードで《フロストザウルス》に攻撃!」

 薄青い霊体戦士が鎧に宿る。《カオス・ソルジャー》モンスターを手札から墓地へ送れば、《超戦士の魂》は《カオス・ソルジャー》扱いとなり、次の相手エンドフェイズまで3000ポイントのパワーを得る。コスト扱いでモンスターが墓地送りとなったので、《混沌の場》に魔力カウンター1つ置かれた。混沌戦士は剣を振りかざして突撃をする。《フロストザウルス》は氷ごと斬られて戦闘破壊された。竜崎のライフは3600ポイントまで削られる。

「カード2枚をセットして、ターンエンド」

「竜崎! 遊戯のモンスターのもパワーアップしてるんだぜ!」

 城ノ内はガッツポーズを決めた。



【3ターン目:竜崎】LP3600、ドローフェイズ後の手札3枚

(フィールド)
竜崎:魔法&罠ゾーンにカード1枚をセットしている。

遊戯:《超戦士の魂:攻撃力3000・Lv1》が攻撃表示。フィールド魔法《混沌の場:魔力カウンター+1》が発動中。魔法&罠ゾーンにカード2枚をセットしている。


「そんなんでビビると思っとるのか? わいのターン、ドロー。《瞬足のギラザウルス:攻撃力1400・Lv3》を手札から特殊召喚や。《カオス・ソルジャー》は蘇生条件を満たしてないから、墓地から特殊召喚できんはずや」

「《瞬足のギラザウルス》をリリースして、《超古代恐獣:攻撃力2700・Lv8》をアドバンス召喚!」

「永続罠《リビングデッドの呼び声》を発動して、《フロストザウルス:攻撃力2600・Lv6》を復活させるで。こいつの特殊召喚により、1枚ドロー」

 《超古代恐獣》はレベル7であるが、恐竜族1体をリリースすればアドバンス召喚できる。自分墓地から恐竜族を特殊召喚すれば、1枚ドローできる。竜崎の場に、大型恐竜2体が並んだ。ドローしたばかりのカードを視線に収めてから、ニット帽の少年は牙を剥ける。《超戦士の魂》を倒す手段を得られたのだろうか。


「魔法カード《攻撃封じ》を発動! 《超戦士の魂》には守備表示になってもらう!」

「そうはいかない。《カオス・ソルジャー》となっている《超戦士の魂》の存在により、カウンター罠《超戦士の盾》を発動するよ。フィールドのモンスターを対象とするカード効果を無効にして破壊する」

 《攻撃封じ》すらも通じない。竜崎は拳を震わせる。


「カード1枚をセットして、ターンエンドや。これで、《超戦士の魂》の攻撃力は元に戻るはず」

「罠カード《転生の超戦士》を発動する。《カオス・ソルジャー》となっている《超戦士の魂》を墓地へ送り、《聖戦士カオス・ソルジャー:攻撃力3000・Lv8》を手札から特殊召喚!」

「何やてっ⁉」

 《超戦士の魂》は光輝く。新たなる姿へと転生するのか。《瞬足のギラザウルス》はアドバンス召喚の素材となり、《超戦士の魂》も墓地へ送られた。《混沌の場》には魔力カウンター3つが溜まっている。武藤遊戯は揺らがず、デュエルを楽しんでいる。わいが絶対に勝つんや。意地でも己を鼓舞しなければ、竜崎は弱気に喰われてしまいそうだ。



「この次元の最強決闘者、武藤遊戯か。竜崎とやらの実力では、彼の本気も引きだせないであろう」

 赤馬零児は観衆に紛れて、デュエルを観察していた。





【D-5:後半へ続く!】




テーマ : 遊★戯★王 - ジャンル : アニメ・コミック

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。