スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

D-8 武藤遊戯VS赤馬零児

「聖戦士カオス・ソルジャー」光【戦士族・効果】☆×8
「聖戦士カオス・ソルジャー」の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した時、除外されている自分の光属性または闇属性のモンスター1体と相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。その自分のカードを墓地に戻し、その相手のカードを除外する。②:このカードが戦闘で相手モンスターを破壊した時、自分の墓地のレベル7以下の戦士族モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを手札に加える。
ATK3000 DEF2500


 DMカードもパワーアップしまくっていますね。

「この次元の決闘王よ。私の挑戦を受けてもらおう」

「また挑戦者? いいよ。僕は受ける」

 童美野高校の校門前にて、武藤遊戯はダイナソー竜崎に勝利した。今度は赤馬零児と名乗る決闘者が現れて、デュエルを挑む。冷静沈着そうな眼鏡さん。その実力は、いかに。城ノ内と本田を息の呑みこんで見守っている。



『デュエル!』



【1ターン目:遊戯】LP4000、ドローフェイズ後の手札5枚

「僕の先攻。《クリバンデット:攻撃力1000・Lv3》を召喚。カード1枚をセットして、ターンエンド」

「《クリバンデット》が召喚されたエンドフェイズだね。このカードをリリース。デッキトップからカード5枚をめくる。その中から魔法・罠カード1枚を手札へ加えて、それ以外のカードを墓地へ送る。《超戦士の儀式》を手札に加えるよ」

 名前の通りに盗賊姿のクリボーだ。《クリバンデット》は哂いながら、デッキを弄っている。このモンスターを活かせば、カード・アドバンテージを保ったまま、デッキ圧縮と墓地肥しを行える。《ブラック・マジシャン》をはじめ、有能な相棒達が墓地へ落ちてくれた。モンスターをリリースしたので、モンスターゾーンは空いたまま。



【2ターン目:赤馬】LP4000、ドローフェイズ後の手札6枚

(フィールド)
遊戯:魔法&罠ゾーンにカード1枚をセットしている。


「私のターン、ドロー。スケール3《DDD反骨王レオニダス》とスケール6《DDケルベロス》でPスケールをセッティング! 《DDプラウド・シュバリエ:攻撃力2000・Lv5P》を手札からP召喚!」

「《DDケルベロス》のP効果を使う。《DDプラウド・シュバリエ》をレベル4として、その攻守を400ポイントアップさせる。このモンスターでダイレクト・アタック!」

 遊戯達によって初めてとなるペンデュラム・モンスター。ケルベロスと黄金鎧の戦士を両端として、巨大振り子が空高く揺れている。ペンデュラムの導きにより、悪魔騎士が上空から降りてきた。Pゾーンのモンスターはマジック扱いとなり、ペンデュラム特有の特殊能力を発揮することもある。《DDケルベロス》は吠えあがり、《DDプラウド・シュバリエ》を強化する。攻撃力は2400となり、遊戯へと斬りかかってきた。

「その直接攻撃は通さないよ。《クリボール:攻撃力300・Lv1》を手札から墓地へ送ることで、《DDプラウド・シュバリエ》を守備表示にする」

 球体ボディーのクリボーが、クリクリーと体当たり。《DDプラウド・シュバリエ》をよろめかせて、尻餅をつかせた。攻撃を防いだものの、遊戯は驚いたままだ。ペンデュラムというシステムは全く未知なるものゆえに。城ノ内も驚愕している。

「この程度は想定内だ。カード1枚をセットして、ターンエンド」



【3ターン目:遊戯】LP4000、ドローフェイズ後の手札4枚

(フィールド)
遊戯:魔法&罠ゾーンにカード1枚をセットしている。

赤馬:《DDプラウド・シュバリエ:守備力1500・Lv5P》が守備表示。魔法&罠ゾーンにカード1枚をセットしている。

Pゾーン:スケール3《DDD反骨王レオニダス》&スケール6《DDケルベロス》


「僕のターン、ドロー」

「私のモンスターゾーンはPモンスターのみ。罠カード《ペンデュラム・エリア》を発動する。Pゾーンのカード2枚、《DDD反骨王レオニダス》と《DDケルベロス》を破壊する。このターン、互いにペンデュラム以外の特殊召喚を行えない」

 遊戯はPカードを使わないので、実質的に特殊召喚全てを封じられた。《永遠の魂》を使って、《ブラック・マジシャン》を復活させられない。《DDD反骨王レオニダス》と《DDケルベロス》は破壊されるも、墓地送りとならず。エクストラデッキへと表側表示で置かれる。


「通常召喚はできる。《疾走の暗黒騎士ガイア:攻撃力2300・Lv7》をリリース無しで召喚する。その場合、このカードの攻撃力は1900ポイントになる」

「《疾走の暗黒騎士ガイア》で《DDプラウド・シュバリエ》に攻撃するよ!」

 黒馬を駆って、槍騎士がフィールドへ参上する。そのまま疾走を続けて、《DDプラウド・シュバリエ》を槍で突く。相手は剣で抵抗してきたが、戦闘破壊に成功した。このPモンスターも墓地送りとならず、エクストラデッキに置かれる。特殊召喚を押さえられた状況では、《ブラック・マジシャン》を蘇らせての追加攻撃もできない。

「カード1枚をセットして、ターンエンド」



【4ターン目:赤馬】LP4000、ドローフェイズ後の手札3枚

(フィールド)
遊戯:《疾走の暗黒騎士ガイア:攻撃力1900・Lv7》が攻撃表示。魔法&罠ゾーンにカード2枚をセットしている。

赤馬:無し。


「私のターン、ドロー。ペンデュラムの真髄を体験させてやろう。スケール1《DD魔導賢者ガリレイ》とスケール10《DD魔導賢者ケプラー》でPスケールをセッティング!」

「手札から《DDナイト・ハウリング:守備力600・Lv3・チューナー》を、エクストラデッキから《DDD反骨王レオニダス:攻撃力2600・Lv7P》、《DDケルベロス:攻撃力1800・Lv4P》、《DDプラウド・シュバリエ:攻撃力2000・Lv5P》をP召喚!」

「エクストラデッキからもP召喚ってやつをできるのか。それじゃあ、Pゾーンにカードがそろっていれば、何度も特殊召喚できるじゃねぇか」

 城ノ内が叫んだ。《DDD反骨王レオニダス》を破壊できたとしても、《DD魔導賢者ガリレイ》と《DD魔導賢者ケプラー》が残っていれば再びP召喚できる。モンスター4体の特殊召喚に、さすがの武藤遊戯も気圧されたようだ。《DDナイト・ハウリング》はチューナーである。遊戯は憶えている。パラドックス戦にて、不動遊星が使っていたモンスターカードだ。


「レベル4《DDケルベロス》に、レベル3《DDナイト・ハウリング》をチューニング!」

「「闇を切り裂く咆哮よ。疾風の速さを得て、新たな王の産声となれ! シンクロ召喚! 生誕せよ! 《DDD疾風王アレクサンダー:攻撃力2500・LV7》!」

「この役員で《疾走の暗黒騎士ガイア》を攻撃する」

 《DDナイト・ハウリング》が三輪となり、そこを四星となった《DDケルベロス》が通っていく。白き悪魔剣士が降臨した。シンクロ召喚が初見である城ノ内は吃驚している。《DDケルベロス》はエクストラデッキに表側表示で置かれた。このモンスターもP召喚用の待機状態に置かれたようだ。《DDD疾風王アレクサンダー》が風に乗りて襲いかかるも、遊戯は防御体勢を整えている。磁石亀が墓地から飛びだして、スパークを放つ。主を襲撃から守る。

「《超電磁タートル:攻撃力0・Lv4》を墓地から除外することで、バトルフェイズを終了する」

「《クリバンデット》で落としたものか。リスクヘッジは完璧なようだな。ターンエンド」



【5ターン目:遊戯】LP4000、ドローフェイズ後の手札3枚

(フィールド)
遊戯:《疾走の暗黒騎士ガイア:攻撃力1900・Lv7》が攻撃表示。魔法&罠ゾーンにカード2枚をセットしている。

赤馬:《DDD疾風王アレクサンダー:攻撃力2500・LV7》&《DDD反骨王レオニダス:攻撃力2600・Lv7P》&《DDプラウド・シュバリエ:攻撃力2000・Lv5P》が攻撃表示。

Pゾーン:スケール1《DD魔導賢者ガリレイ》&スケール10《DD魔導賢者ケプラー》


「僕のターン、ドロー。儀式魔法《超戦士の儀式》を発動する」

「レベル1《クリボール》を墓地から除外することで、儀式召喚の生贄代わりとする」

「レベル7《疾走の暗黒騎士ガイア》をリリース。このカードがリリースされたことで、《聖戦士カオス・ソルジャー》をデッキから手札に加える」

「混沌たる世界より、究極の超戦士は降臨する。儀式召喚! 現れよ! 《カオス・ソルジャー:攻撃力3000・Lv8》!」

「《カオス・ソルジャー》で《DDプラウド・シュバリエ》を攻撃するよ!」

 《疾走の暗黒騎士ガイア》は儀式召喚により、混沌騎士へと変化した。強化された《超戦士カオス・ソルジャー》ではなく、もう1人の僕が愛用してきたモンスターだ。《カオス・ソルジャー》はカオス・ブレードを炸裂させる。《DDプラウド・シュバリエ》は剣を振りあげるも、一刀両断に伏された。赤馬零児のライフも3000ポイントまで減らされる。


「罠カード《転生の超戦士》を発動する。《カオス・ソルジャー》を墓地へ送り、《聖戦士カオス・ソルジャー:攻撃力3000・Lv8》を手札から特殊召喚!」

「《聖戦士カオス・ソルジャー》の特殊召喚により、《クリボール》を墓地へ戻す。《DDD反骨王レオニダス》を除外する。このカードで、《DDD疾風王アレクサンダー》を攻撃!」

 《カオス・ソルジャー》は光をまとい、聖戦士となる。特殊召喚に成功したことで、聖剣を突きつける。除外されている闇属性モンスター《クリボール》を墓地へ戻すことで、《DDD反骨王レオニダス》を混沌渦へと落す。すかさず、《DDD疾風王アレクサンダー》を斬りつけた。戦闘破壊に成功したことで、《聖戦士カオス・ソルジャー》は墓地からレベル7以下の戦士族である《疾走の暗黒騎士ガイア》を手札へと回収する。もう、このデュエルで使うことは無いが。


「永続罠《永遠の魂》を発動する。《ブラック・マジシャン:攻撃力2500・Lv7》を墓地から特殊召喚するよ。ダイレクト・アタック! ブラック・マジック!」

 かつてマハードであったマジシャン。杖先を赤馬零児へと向けて、呪文を詠唱する。対戦相手を暗黒炎に包みこむ。そのライフは、きっちり2500ポイント。見事に焼きつくした。遊戯の勝利が決まり、高校生達が歓声を盛りあげる。





「ペンデュラム・モンスターに、シンクロ召喚。いったい、君は何者なの?」

「違う世界から決闘者と言っておこう。さすがはデュエル・チャンピオンだ。私の未熟ぶりを実感させられた。このカードを受け取るがいい」

 赤馬零児は武藤遊戯にデッキを渡す。遊戯は中身を改める。《破壊剣の使い手-バスター・ブレイダー》に《破戒蛮竜-バスター・ドラゴン》と、シンクロ・モンスターまである。





【D-8:勝者は武藤遊戯!】




テーマ : 遊★戯★王 - ジャンル : アニメ・コミック

コメント

明けましておめでとうございます。
遊戯と赤馬社長のデュエルですか。赤馬社長は何か様子見って感じですかね?海馬社長との社長同士のデュエルも面白そうですね。

No title

 スターダストさん、あけましておめでとうございます。

 この赤馬者社長は他の目的もあって接触していますからね。S召喚は1度だけしたものの、融合やエクシーズもしていない状態で。海馬社長のモンスターもパワーアップしていますし、本気でぶつかり合わせるのも面白そうです。

海馬社長は映画のカードとか使わせると面白そうですね。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。