スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

D-16 矢沢渡シンゴVSウィラー・メット

「妖仙壺」通常魔法
「妖仙壺」は、1ターンに1枚しか発動できない。①:自分メインフフェイズに、「妖仙獣」モンスター1体を手札からデッキに戻す、または自分フィールドの妖仙カウンター3つを取り除いて発動できる。デッキからカード2枚をドローする。


 過去に書いたSSを再利用しています。構成ミスをオリカで修正してあった。

 赤馬零児はR次元より、カード・プロフェッサーというデュエリスト軍団を連れてきた。刀堂刃はリッチー・マーセッドに、志島北斗はデプレ・スコットに負けてしまった。悔しそうにする2人に、高笑いが投げかけられる。

「情けない顔をしてるじゃないか。だが、安心するがいい。このネオ・ニュー沢渡が仇を討ってやるからな。リッチー・マーセッドもデプレ・スコットも倒してやる」

 馬鹿が来た。2人の表情は、そんな呆れを露わにしていた。光津真澄も溜息を吐く。当の沢渡シンゴは気付いてないようだが。今日も取りまきに煽てられて、無駄にハイテンション。ナルシストらしくカッコつけたポーズまでとっている。それを取りまきどもが褒めまくる。彼らに向かって、長髪を逆立てた決闘者が歩いてくる。リッチーやデプレに比べると軽い感じだろうか。

「次の相手は、このウィラー・メットさ。そこの2人は気にするなよ。リッチーやデプレでは、相手が悪すぎるもんな。うちのナンバー2とナンバー3だもんな。今の悔しさをバネにして頑張りな。さぁて、カード・プロフェッサーの3連勝といくか」

「ふっ。このネオ・ニュー沢渡が負けると?」

「いやいや。言葉がおかしいだろ。ネオとニューじゃ、意味が重なっているし」



『デュエル!』



【1ターン目:ウィラー】LP4000、ドローフェイズ後の手札5枚

「俺の先攻。《ドラゴン・ウィッチ-ドラゴンの守護者-:攻撃力1500・Lv4》を召喚。ターンエンド」

 金髪の竜使いが現れた。ドラゴンを手札から身代りにすることで、自身の破壊を免れる。《竜魔人 クィーンドラグーン》へのエクシーズ召喚につなげる気だろう。ダメージ覚悟で耐えてから、3ターン目で一気呵成に攻めるつもりか。



【2ターン目:沢渡】LP4000、ドローフェイズ後の手札6枚

(フィールド)
ウィラー:《ドラゴン・ウィッチ-ドラゴンの守護者-:攻撃力1500・Lv4》が攻撃表示。


「俺のターン、ドロー。永続魔法《修験の妖社》を発動する」

「《妖仙獣 鎌弐太刀:攻撃力1800・Lv2》を召喚。この召喚により、《妖仙獣 鎌参太刀:攻撃力1500・Lv4》を追加召喚。さらに、《妖仙獣 木魅:攻撃力0・Lv1》を追加召喚!」

「《妖仙獣 木魅》をリリースして、《修験の妖社》に妖仙カウンター3つを置く」

 デュエル広場が寂れた神社もどきと化す。カマイタチ妖怪が小竜巻に運ばれてきた。召喚できれば、仲間を追加召喚する特殊能力を有している。《ドラゴン・ウィッチ-ドラゴンの守護者-》の西洋ぽさに対して、こちらは和風的だ。《妖仙獣》が召喚・特殊召喚されることで、妖仙カウンター1つを追加できる。葉っぱに包まれた眼球妖怪が、社内へと突っこむ。6本もの蝋燭が灯りだす。これを消費することで、《妖仙獣》カードをデッキサーチできる。

「カウンター3つを使って、《妖仙獣 大幽谷響》を手札に加える」

「魔法カード《妖仙壺》を発動! 妖仙カウンター3つを取り除き、2枚ドロー」


「《妖仙獣 鎌弐太刀》で《ドラゴン・ウィッチ-ドラゴンの守護者-》を攻撃!」

「《ホワイト・ホーンズ・ドラゴン》を手札から捨てることで、戦闘破壊を無効にする」

「バトルダメージまでは0にできない。《妖仙獣》が戦闘ダメージを与えたことで、《妖仙獣 鎌参太刀》の妖力を使える。《妖仙獣 左鎌神柱》をデッキから持ってくる」

 《妖仙獣 鎌弐太刀》は侍姿らしく、刀を振るう。烈風に押されて、技の威力を増しているようだ。《ドラゴン・ウィッチ-ドラゴンの守護者-》は《ホワイト・ホーンズ・ドラゴン》をバリアに変えて、刀撃を受け止めた。風の衝撃波は、ウィラー・メットのライフを3700ポイントまで削る。《妖仙獣 鎌参太刀》は能力を使うも、攻撃は控えておく。


「ライフを800ポイント払い、永続魔法《妖仙大旋風》を発動する」

「カード2枚をセットして、ターンエンド。召喚したエンドフェイズに、《妖仙獣 鎌弐太刀》と《妖仙獣 鎌参太刀》は手札へと戻る。《ドラゴン・ウィッチ-ドラゴンの守護者-》もバウンスしてもらうぜ!」

 カマイタチ兄弟は風に乗りて去っていく。《ドラゴン・ウィッチ-ドラゴンの守護者-》は特殊効果で生き残れるも、《妖仙大旋風》により上空へと巻きあげられた。《妖仙獣》が手札に帰ったとき、相手カード1枚をバウンスできる。ライフを3200ポイントまで減らすも、心強い永続魔法である。ウィラー・メットは口笛を吹き鳴らす。



【3ターン目:ウィラー】LP3700、ドローフェイズ後の手札5枚

(フィールド)
ウィラー:無し。

沢渡:永続魔法《修験の妖社:カウンター+0》&永続魔法《妖仙大旋風》が発動中。魔法&罠ゾーンにカード2枚をセットしている。


「俺のターン、ドロー。バウンスしてくるとは、こいつは《予想GUY》だな。デッキから《アレキサンドライドラゴン:攻撃力2000・Lv4》を特殊召喚するぜ」

「《ドラゴン・ウィッチ-ドラゴンの守護者-:攻撃力1500・Lv4》を召喚」

 自分フィールドにモンスターがいないとき、デッキからレベル4以下の通常モンスター1体を特殊召喚できる。そんな通常魔法を発動してきた。キラキラと輝く宝石竜。《ドラゴン・ウィッチ-ドラゴンの守護者-》も並び立つ。


「レベル4のモンスター2体で、オーバーレイ・ネットワークを構築! 《竜魔人 クィーンドラグーン:攻撃力2200・R4・O×2》をエクシーズ召喚!」

「ORU1体を取り除く。《ホワイト・ホーンズ・ドラゴン:攻撃力2200・Lv6》を墓地から特殊召喚する。このターンに攻撃宣言はできないけどな」

「同じ攻撃力のモンスターが並んだことで、魔法カード《クロス・アタック》を発動! 《竜魔人 クィーンドラグーン》はダイレクト・アタックができる。いくぜっ!」

「相手が直接攻撃をしてきた。《妖仙獣 鎌弐太刀》を手札から墓地へ送って、《妖仙獣 大幽谷響:攻撃力0・Lv6》を手札から特殊召喚する」

 《ドラゴン・ウィッチ-ドラゴンの守護者-》は光渦へ跳びこんだ。炎竜状の下半身で急速飛翔をする。山のごとき大妖怪が生えてくるも、相手にしない。《クロス・アタック》によるダイレクト・アタックを続行だ。《妖仙獣 大幽谷響》の攻守は、戦闘相手の攻撃力と同じになる。戦闘破壊されても、《妖仙獣》1枚をデッキサーチできる。相打ちとなっては、割に合わないだろう。《竜魔人 クィーンドラグーン》からのブレスを浴びて、沢渡はライフを1000ポイントまで燃やされる。

「カード1枚をセットして、ターンエンド」



【4ターン目:沢渡】LP1000、ドローフェイズ後の手札3枚

(フィールド)
ウィラー:《竜魔人 クィーンドラグーン:攻撃力2200・R4・O×1》&《ホワイト・ホーンズ・ドラゴン:攻撃力2200・Lv6》が攻撃表示。魔法&罠ゾーンにカード1枚をセットしている。

沢渡:《妖仙獣 大幽谷響:攻撃力0・Lv6》が攻撃表示。永続魔法《修験の妖社:妖仙カウンター+1》&永続魔法《妖仙大旋風》が発動中。魔法&罠ゾーンにカード2枚をセットしている。


「俺のターン、ドロー。スケール3《妖仙獣 左鎌神柱》をPゾーンにセッティング!」


「《妖仙獣 鎌参太刀:攻撃力1500・Lv4》を召喚。これで、《妖仙獣》を追加召喚できる」

「《妖仙獣 大幽谷響》をリリースして、《妖仙獣 凶旋嵐:攻撃力2000・Lv6》をアドバンス召喚! こいつの召喚により、《妖仙獣 辻斬風:攻撃力1000・Lv4》をデッキから特殊召喚!」

「その特殊召喚に対して、罠カード《激流葬》を発動! モンスター全てを呑みこむぜ!」

「この沢渡には通用しない。カウンター罠《妖仙獣の秘技》で無効にする」

 石鳥居の片割れのみが立つ。《妖仙獣 大幽谷響》や《妖仙獣 辻斬風》の特殊召喚により、妖仙カウンターは4つに達している。大洪水が起ころうとするも、《妖仙獣 大幽谷響》が黄泉世界より首を伸ばしてきた。大量水を飲乾す。《妖仙獣》のみがモンスター・ゾーンにいるので、《妖仙獣の秘技》の発動条件を満たしている。大きな数珠を首輪としたカマイタチが、大鎌を手にして吠えがった。カマイタチ浪人も馳せ参じる。


「カウンター3つを取り除いて、《妖仙獣 鎌壱太刀》をデッキから持ってくる。《妖仙獣 木魅》を墓地除外することで、こいつも追加召喚だ」

「《妖仙獣 鎌壱太刀》の妖力を放って、《ホワイト・ホーンズ・ドラゴン》をバウンスさせる」

「レベル6の《妖仙獣 凶旋嵐》がいるんで、永続罠《妖仙郷の眩暈風》を発動! 《妖仙獣》がPゾーンにある。《ホワイト・ホーンズ・ドラゴン》はデッキへ戻される」


「沢渡レジェンドコンボ! 妖仙ロスト・トルネード!」


  他に《妖仙獣》が存在することより、表側表示カード1枚をバウンスできる。《妖仙獣 鎌壱太刀》の描いた大竜巻は、《ホワイト・ホーンズ・ドラゴン》を遠くへ飛ばした。沢渡軍団は嬉しそうに応援しているも、志島北斗や光津真澄は微妙そうな顔をしている。必殺技のネーミングセンスがアレなせいだろうか。


「《妖仙獣 辻斬風》の妖力を放って、《妖仙獣 凶旋嵐》の攻撃力を1000ポイントアップ。そのまま、《竜魔人 クィーンドラグーン》に攻撃する」

「《妖仙獣 鎌壱太刀》と《妖仙獣 鎌参太刀》でファイナルなダイレクト・アタック!」

「こいつ。頭が悪そうなくせに……」

 《妖仙獣 辻斬風》は抜刀して、真空刃を放つ。《妖仙獣 凶旋嵐》も鎌乱れ打ち。攻撃力3000ポイントの合体技が決まり、《竜魔人 クィーンドラグーン》のヴィジョンを斬った。ウィラー・メットのライフも、2900ポイントまで減っていく。カマイタチ兄弟の連携斬りも決まり、そのライフポイントは0へと落ちていった。沢渡は拳を振りあげて、取りまきもノリノリに叫びだす。

「沢渡さん、マジ強すぎっすよ!」





【D-16:勝者は沢渡シンゴ!】




テーマ : 遊★戯★王 - ジャンル : アニメ・コミック

コメント

ブルーアイズのオリカ考えてみました。
青眼の精霊白龍(ブルーアイズ・フォース・ドラゴン)
星8
攻撃力3000守備力2500
効果
このカードは青眼の白龍としても扱う。
1ターンに1度フィールド上に存在するモンスターの攻撃力を半分にしてその半分をこのカードの攻撃力に加える。エンドフェイズに攻撃力は元に戻る。
このカードが墓地に存在する時ドラゴン族エクシーズモンスターの素材にする事が出来る。この効果はデュエル中に1度しか使用出来ない。

ブルーアイズ・メテオ・ドラゴン
星9
攻撃力3250守備力3000
青眼の白龍+メテオ・ドラゴン
融合・効果
このカードは融合召喚のみでしか特殊召喚出来ない。
このカードの攻撃力が守備力を上回った分だけダメージを与える事が出来る。
このカードの効果の①と②はいずれか1ターンに1度しか発動出来ない。
①このカードが攻撃する時、このカード以外のドラゴン族が自分の場に入ればそのドラゴン族の攻撃力をこのカードに加える。この効果を使用した場合、戦闘ダメージは半分になる。この効果は相手ターンでも使用出来る。
②このカードが相手モンスターを攻撃したダメージステップ終了時、戦闘破壊したモンスターの攻撃力以下の相手モンスターを全て破壊出来る。

青眼の星翼龍(ブルーアイズ・スターフェザー・ドラゴン)
星9
チューナー1体+青眼の白龍
シンクロ・効果
①このカードは戦闘と効果では1ターンに1度ずつ破壊されない。
②このカード以外のドラゴン族が破壊された時次の自分のエンドフェイズまで破壊されたドラゴン族の攻撃力を加える。
③②の効果を使用した場合直接攻撃は出来ず、戦闘ダメージは与えられない。
④相手モンスターを戦闘破壊した場合その攻撃力分のダメージを与える。

青眼の鋼鉄龍(ブルーアイズ・メタル・ドラゴン)
ランク8
レベル8ドラゴン族×2体
エクシーズ・効果
攻撃力3000守備力2500
1ターンに1度このカードを対象にする効果をフィールド上の別のモンスターに対象に変える事が出来る。この事は相手ターンでも使用出来る。
このカードが青眼の白龍を素材にしてる場合以下の効果を得る。
このカードより攻撃力が高いモンスターと戦闘を行う場合、エクシーズ素材を取り除く事で相手モンスターの攻撃力をこのカードに加える。その時相手フィールドのカード効果は無効になる。

青眼の究極神龍(ブルーアイズ・アルティメット・ゴッド・ドラゴン)
星12
ブルーアイズと名のつくドラゴン族3体以上。
攻撃力4500守備力3800
このカードは融合素材モンスターとして使用する事は出来ない。自分フィールドに存在するカードを墓地に送った時のみエクストラデッキから特殊召喚出来る。(融合魔法は必要としない。)
このカードは相手カードの対象にはならない。このカードの特殊召喚時に使用した種類によって以下の効果を得る。
通常:このカードは3回相手モンスターに攻撃出来る。
効果:攻撃した相手モンスターの効果を無効にする。
シンクロ:守備モンスターを攻撃したら攻撃力が上回った分ダメージを与える。
エクシーズ:1ターンに1度墓地のドラゴン族を除外する事で戦闘破壊を無効にする。その後除外したドラゴン族の攻撃力分相手モンスターの攻撃力を次の自分のエンドフェイズまで下げる。
このカードが墓地にある時このカードを除外する事で手札及びデッキ及び墓地及びエクストラデッキからこのカード以外のブルーアイズと名のつくドラゴン族を召喚条件を無視して特殊召喚出来る。この効果はデュエル中に1度しか使用出来ない。

かなり無理な効果がありますけどね。

No title

 スターダストさん、レスありがとうございます。

 《ブルーアイズ》はOCGで一気にパワーアップしましたね。《青眼の精霊白龍》で与えられる戦闘ダメージは凄くなりそうです。《青眼の鋼鉄龍》のエクシーズ召喚へつなげられるので、直接墓地へ落しても行けそう。パワーデッキ相手には用意しておきたいですね。《青眼の究極神龍》での3回攻撃はしたくなるもの。

青眼の精霊白龍は銀河眼の雲篭の効果を意識した感じです。ブルーアイズ専用の素材に出来るようしたいところでしたが、ブルーアイズのエクシーズが無いですからね。ドラゴン族用ならいろいろ活用出来ますからね。
究極神龍は融合素材にした種類で効果が増える仕様ですけど、そこまでいくのが難しいですがやりがいありそうにしました。墓地に行っても新たなブルーアイズを呼べるようになってるのも強味ですね。この辺りはシフルを意識しました。この効果なら究極竜や光龍も呼べますね。これカード化されたら海馬社長高笑いですね。2体融合は効果持ちなのに究極竜が効果無いのはやはりさびしいですからね。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。