スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

D-18 光津真澄VSマイコ・カトウ

「森羅の賢樹 シャーマン」風【植物族・効果】☆×7
①:「森羅」モンスターが墓地へ送られた時、このカードを手札から特殊召喚できる。②:自分のメインフェイズに発動できる。自分デッキの一番上のカードをめくる。めくったカードが植物族モンスターだった場合、そのモンスターを墓地へ送る。違った場合、そのカードをデッキの一番下に戻す。③:このカードがデッキよりカードの効果によってめくられて墓地へ送られた場合、自分墓地の「森羅」魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。そのカードを手札に加える。
ATK2600 DEF2100


 過去に書いたSSを再利用しています。カトウさんは《森の番人グリーン・バブーン》を使っていた婆ちゃんです。アテムさんに敬意を払われていましたね。

 光津真澄は対戦相手を見据えた。年配の女性であり、理知的な双眸を眼鏡奥から光らせている。決闘盤付きの車椅子を進ませてきた。落ちついた笑みを注いでくる。赤馬零児により招かれたデュエリスト。リッチーやデプレのように強いのだろう。沢渡に続いて勝ちたいものだ。

「私はマイコ・カトウ。芯の強そうなお嬢さんよね。お手合わせを、お願いするわ」

「こちらこそ、お願いするわ。容赦なく」



『デュエル!』



【1ターン目:マイコ・カトウ】LP4000、ドローフェイズ後の手札5枚

「私の先攻ね。魔法カード《森羅の施し》を発動。3枚ドローして、手札の《森羅の水先 リーフ》と《森羅の実張り ピース》をデッキトップに置くわ」

「モンスター1体とカード2枚を伏せて、ターンエンド」

 マイコ・カトウは穏やかな声で、デュエルを進めていく。《森羅》使いか。ドローに加えて、デッキトップのカードを操作してきた。それらをめくって墓地へ送ることで、真価を発揮するシリーズ。光津真澄は警戒心を強める。



【2ターン目:真澄】LP4000、ドローフェイズ後の手札6枚

(フィールド)
マイコ・カトウ:モンスター1体を裏側守備表示でセットしている。魔法&罠ゾーンにカード2枚をセットしている。


「私のターン、ドロー。《ジェムレシス:攻撃力1700・Lv4》を召喚。この召喚により、《ジェムナイト・ラピス》をデッキから手札に加える」


「《ジェムナイト・ラピス》と《ジェムナイト・ラズリー》を手札融合! 神秘の力秘めし碧き石よ。今光となりて現れよ! 融合召喚! 《ジェムナイトレディ・ラピスラズリ:攻撃力2400・Lv5》!」

 アルマジロのごとき《ジェムレシス》が、《ジェムナイト・ラピス》を呼びこむ。《ジェムナイト・フュージョン》を使用しての融合召喚だ。双子のごとき宝石少女らが、互いの掌同士を合わせた。融合渦へと呑みこまれて、《ジェムナイトレディ・ラピスラズリ》となる。和装風な宝石巫女の降臨に、刀堂刃と志島北斗はガッツポーズ。

「《ジェムナイト・ラズリー》が効果によって墓地へ送られた。《ジェムナイト・ラピス》は通常モンスター。このカードを墓地から手札に加える」

「相手が特殊召喚をしたので、速攻魔法《終焉の地》を発動するわ。デッキからフィールド魔法《森羅の霊峰》を発動。フィールドは森に包まれる」

「《ジェムナイトレディ・ラピスラズリ》の特殊能力を発動する。《ジェムナイト・クリスタ》をデッキから墓地へ送ることで、500ポイントのダメージを与える」

 木々が大津波のように茂りだして、決闘場は緑一色に覆われていく。いかにも精霊が湧いてきそうな、神秘的な自然地帯だ。マイコ・カトウは悠々と見据えてくる。《ジェムナイトレディ・ラピスラズリ》は《ジェムナイト・クリスタ》の力を借りて、光波動を撃ちつけた。特殊召喚されたモンスター1体につき、500ポイントのダメージを与える。車椅子を後退させた。


「《ジェムナイトレディ・ラピスラズリ》でセットモンスターに攻撃する」

「《森羅の蜜柑子 シトラ:守備力1100・Lv3》は相手によって戦闘破壊されたようね。デッキトップをめくるわ。《森羅の水先 リーフ》を墓地へ送る。このカードがめくられて墓地送りとされたので、《ジェムナイトレディ・ラピスラズリ》を破壊する」

 《ジェムナイトレディ・ラピスラズリ》が蜜柑巫女へ衝撃波を叩きつけるも、特殊効果を使ってきた。植物族である《森羅》をめくれば、墓地に落とせる。その条件で墓地送りとなれば、《森羅》は固有能力を発揮してくる。葉っぱ精霊が水鉄砲を噴いて、宝石巫女を貫いた。《森羅の施し》を使われた時点で予想できたことだが、光津真澄は歯噛みをする。

「《ジェムレシス》でダイレクト・アタック!」

「相手の直接攻撃により、永続罠《森羅の滝滑り》を発動するわ。デッキトップをめくる。《森羅の実張り ピース》のようね。このカードを墓地へ送る。そして、《森羅の蜜柑子 シトラ:守備力1100・Lv3》を蘇らせる」

 豆三兄弟は転がりながら落下していく。レベル4以下である植物族を墓地から特殊召喚するようだ。蜜柑顔の巫女さんが地中から浮かんできた。《ジェムレシス》がボール状に丸まって、体当たりをぶつける。《森羅の蜜柑子 シトラ》が戦闘破壊されたことで、マイコ・カトウはデッキトップをめくる。《森羅の葉心棒 ブレイド》が落されるも、自らの特殊能力により手札へと戻る。


「カード1枚をセットして、ターンエンド」

「相手のエンドフェイズね。《森羅の霊峰》の恩恵により、デッキトップをめくれるわ。《森羅の渡し守 ロータス》を落すけれど、特殊効果は発動しない。《森羅》が墓地送りとなったので、《森羅の賢樹 シャーマン:攻撃力2600・Lv7》を手札から特殊召喚!」

 大きな人面樹が生えてきた。眼鏡をかけていて、偉そうなオジサンぽい。光津真澄は《ブリリアント・スパーク》をセットしておいた。《ジェムレシス》を破壊されても発動できないが、このトラップ自身が破壊されても自己回収できる。



【3ターン目:マイコ・カトウ】LP3500、ドローフェイズ後の手札3枚

(フィールド)
マイコ・カトウ:《森羅の賢樹 シャーマン:攻撃力2600・Lv7》が攻撃表示。フィールド魔法《森羅の霊峰》&永続罠《森羅の滝滑り》が発動中。

真澄:《ジェムレシス:攻撃力1700・Lv4》が攻撃表示。魔法&罠ゾーンにカード1枚をセットしている。


「私のターン。《森羅の滝滑り》が表側表示で存在するので、ドローの代わりにデッキトップをめくるわ。《フラボット》ね。このカードが墓地へ送られると、1枚ドローできる。デッキトップに《森羅の影胞子 ストール》を置く」

「《森羅の賢樹 シャーマン》の特殊能力を発動する。《森羅の影胞子 ストール》をデッキトップからめくって、墓地へ落す。このカードが墓地送りとなったことで、セットカードを破壊する」

 ロボット・フラワーの機能を使って、《森羅の影胞子 ストール》をデッキトップに置いた。《森羅の賢樹 シャーマン》の特殊能力を活かして、キノコ精霊を跳びださせる。大量の胞子群が、《ブリリアント・スパーク》を吹き払う。光津真澄を護っているのは、《ジェムレシス》のみとなった。マイコ・カトウは躊躇せずに攻撃宣言を放てる。

「《森羅の仙樹 レギア》を手札から墓地へ送って、《森羅の霊峰》の力を使う。《森羅の番人 オーク》をデッキから選択して、デッキトップに置く」


「《森羅の葉心棒 ブレイド:攻撃力1900・Lv4》を召喚して、《ジェムレシス》に攻撃するわ。《森羅の賢樹 シャーマン》でダイレクト・アタック!」

 葉っぱをまとった侍が、《ジェムレシス》の硬質体を斬った。戦闘破壊の成功により、森羅能力を発動できる。《森羅の番人 オーク》をデッキトップからめくって、墓地送りとする。《森羅の番人 オーク》は《森羅の水先 リーフ》を墓地からデッキトップへと運んできた。光津真澄が融合召喚に成功しても、効果破壊をする気だろう。《森羅の賢樹 シャーマン》からの葉嵐を受けてしまい、1200ポイントまでライフを削られた。刀堂刃と志島北斗は不安そうにしている。

「これが森の力。ターンエンド」



【4ターン目:真澄】LP1200、ドローフェイズ後の手札4枚

(フィールド)
マイコ・カトウ:《森羅の賢樹 シャーマン:攻撃力2600・Lv7》&《森羅の葉心棒 ブレイド:攻撃力1900・Lv4》が攻撃表示。フィールド魔法《森羅の霊峰》&永続罠《森羅の滝滑り》が発動中。

真澄:無し


「私のターン、ドロー。《ブリリアント・フュージョン》を発動する。《ジェムナイト・アレキサンド》と、《ジェムナイト・エメラル》、《ジェムナイト・オブシディア》をデッキ融合!」

「昼と夜の顔を持つ魔石よ! 幸運を呼ぶ緑の輝きよ! 鋭利な漆黒よ! 光渦巻きて、新たな輝きとともに1つにならん!  融合召喚! これが私の真のエース! 輝きの淑女! 《ジェムナイトレディ・ブリリアント・ダイヤ:攻撃力0・Lv10》!」

 デッキから融合素材を集められるも、《ブリリアント・フュージョン》にはデメリットがある。《ジェムナイトレディ・ブリリアント・ダイヤ》の攻守は0とされた。それを補う方法も、この永続魔法に内蔵されているが。《森羅の滝滑り》を考慮すれば、直接攻撃をせず終わらせる必要がある。勝利への方程式を、光津真澄は脳内で築きあげた。

「《ジェムナイト・アレキサンド》を墓地除外することで、《ブリリアント・フュージョン》を墓地より回収する。このマジックを捨てることで、《ジェムナイトレディ・ブリリアント・ダイヤ》の攻守を元に戻す」


「《ジェムナイト・ガネット:攻撃力1900・Lv4》を召喚」

「《ジェムナイトレディ・ブリリアント・ダイヤ》の特殊効果を発動するわ。《ジェムナイト・ガネット》をリリースして、《ジェムナイト・ルビーズ:攻撃力2500・Lv6》をエクストラデッキから特殊召喚!」

「《ジェムナイト・ルビーズ》のスキルを発動する。《ジェムナイトレディ・ブリリアント・ダイヤ》をリリースして、その攻撃力分だけパワーアップ! 《森羅の葉心棒 ブレイド》にアタック!」

 《ジェムナイトレディ・ブリリアント・ダイヤ》が剣から波動を注ぎこんで、《ジェムナイト・ガネット》を強制進化させた。《ジェムナイト・ルビーズ》は仲間の力を得ることで、攻撃力を5900ポイントまでアップさせる。赤き宝石戦士は駆けだして、《森羅の葉心棒 ブレイド》へハルバートを振りおろす。モンスターだけではなく、マイコ・カトウのライフポイントも一刀両断。LDSチームの2勝目に、塾生達が歓声をあげた。

「思った通り、強い子ね。私の負けよ」





【D-18:勝者は光津真澄!】




テーマ : 遊★戯★王 - ジャンル : アニメ・コミック

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。