スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

D-22 沢渡シンゴVSエスパー絽場

「魔妖仙獣 大刃禍是」風【機械族・効果】☆×10
このカードはP召喚でしか特殊召喚できない。①:このカードのP召喚は無効化されない。②:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、フィールドのカードを2枚まで対象として発動できる。そのカードを持ち主の手札に戻す。③:このカードを特殊召喚したターンのエンドフェイズに発動する。このカードを持ち主の手札に戻す。

【Pスケール:青7/赤7】
①:自分フィールドの「妖仙獣」モンスターの攻撃宣言時に発動できる。その攻撃モンスターの攻撃力はバトルフェイズ終了時まで300アップする。
ATK3000 DEF300


 過去に書いたSSを再利用しています。エスパー呂場君が相手です。

「沢渡。君と戦ってほしいデュエリストがいる」

「R次元の決闘者ってヤツですか?」

「いや、エスパー絽場。DM次元のデュエリストだ。彼も実力を秘めている。融合次元との戦いにおいて戦力になってくれるだろう」

「エスパーって、超能力者なのか……」

 赤馬零児の紹介により、エスパー絽場が連れてこられた。大人しそうな少年である。赤馬社長の推薦だから、舐めてかかると痛い目に遭うだろう。取りまきトリオに見送られて、沢渡は決闘場へと歩いていく。ぶつぶつと、相手は何かを呟いていた。

「超能力って本当にあったんだ。異世界とか連れてこられたし、サイキック族とか渡されたし」

「何を言っているのか知らないが、このネオ・ニュー沢渡とデュエルをするんだ」

「新たな異世界人ですか。いいよ」



『デュエル!』



【1ターン目:エスパー絽場】LP4000、ドローフェイズ後の手札5枚

「ボクの先攻。ドローできない法則だね。手札から速攻魔法《緊急テレポート》を発動! 《クレボンス:守備力400・Lv2・チューナー》をデッキから特殊召喚する」


「《クレボンス》をリリースして、《マックス・テレポーター:攻撃力2100・Lv6》をアドバンス召喚!」

「ライフ2000ポイントを払い、超能力を発動する。《サイコ・コマンダー:攻撃力1400・Lv3・チューナー》と《メンタルプロテクター:守備力2200・Lv3》をデッキから特殊召喚!」

 ライフコストは大きいが、《マックス・テレポーター》はレベル3のサイキック・モンスター2体を特殊召喚してくれる。ゴールドカラーのロボットが、両掌でゴールキーパーのようにガードしている。このカードが存在するかぎり、サイキック以外である攻撃力2000以下のモンスターは、攻撃宣言を封じられるようだ。《サイコ・コマンダー》もパワーダウンを狙ってくる。

「カード2枚をセットして、ターンエンド」

 軍人さんが浮遊機械に乗っている。マシンぽいデザインであるが、サイキック族という。《人造人間サイコ・ショッカー》も制作時期が遅ければ、こちらに所属させられただろう。気が合うのだろう。エスパー絽場はサイキック・モンスターを、嬉しそうに扱っている。



【2ターン目:沢渡】LP4000、ドローフェイズ後の手札6枚

(フィールド)
エスパー絽場:《マックス・テレポーター:攻撃力2100・Lv6》&《サイコ・コマンダー:攻撃力1400・Lv3・チューナー》が攻撃表示。《メンタルプロテクター:守備力2200・Lv3》が守備表示。魔法・罠ゾーンにカード2枚をセットしている。


「俺のターン、ドロー。永続魔法《修験の妖社》を発動!」

「《妖仙獣 鎌壱太刀:攻撃力1600・Lv4》を召喚」

「《妖仙獣 鎌壱太刀》の召喚により、《妖仙獣 鎌弐太刀:攻撃力1800・Lv4》を追加召喚する」

「こいつの召喚により、《妖仙獣 鎌参太刀:攻撃力1500・Lv4》をさらに召喚だ!」

 フィールドは神社に覆われていく。そこに、カマイタチ三兄弟が参上した。決闘場に荒風が吹き荒れる。《妖仙獣》の召喚に成功する度に、蝋燭に火が灯っていく。《妖仙獣 鎌壱太刀》らの召喚を追加していく特殊能力と相性抜群である。沢渡シンゴのテンションはあがっていく。

「《妖仙獣》が召喚されるたび、《修験の妖社》に妖仙カウンター1つを乗せる。これらの召喚で、3つ溜まった。これらを取り除くことで、《妖仙獣 右鎌神柱》をデッキから手札へ加える」


「ここからが、三兄弟の本領発揮だぜっ。他に《妖仙獣》がいるので、《妖仙獣 鎌弐太刀》の妖術を発動する。《メンタルプロテクター》をバウンスさせる」

「罠カード《サイコ・ヒーリング》を発動! サイキック1体につき、ライフを1000ポイント回復する」

 エスパー絽場は緑光に包まれる。《サイコ・ヒーリング》の発動時、サイキック・モンスター3体がいた。彼のライフは5000ポイントにまで回復していく。サイキック族は大量のライフコストを要求してくるが、それを補う手段も多い。《妖仙獣 鎌壱太刀》が術を唱えると、《メンタルプロテクター》は竜巻に舞いあげられる。これで、攻撃宣言も制限されないはず。


「《妖仙獣 鎌弐太刀》の特殊能力でダイレクト・アタック! 戦闘ダメージは半分になるがな!」

「《妖仙獣 鎌弐太刀》が戦闘ダメージを与えることで、《妖仙獣 鎌参太刀》の術を発動する。デッキから《妖仙獣 左鎌神柱》を手札に加える」

 妖獣侍は風に乗り、刀を振りあげて斬りかかる。直接攻撃なので、《サイコ・コマンダー》も超能力を発揮できない。伏せられた《念導力》も使えない。エスパー絽場はライフを4100ポイントにまで減らされた。《妖仙獣 鎌参太刀》も風術を唱えて、同胞を呼びこむ。他の《妖仙獣》が戦闘ダメージを与えれば、《妖仙獣》1体をデッキサーチできるのだ。


「カード1枚をセットして、ターンエンド。《妖仙獣》三兄弟は、召喚したエンドフェイズに手札へ戻る」

 《妖仙獣 鎌壱太刀》らが召喚されると、《妖仙獣》を追加召喚できる。それらは、エンドフェイズに帰ってしまうが。沢渡シンゴのフィールドから、モンスターがいなくなった。エスパー絽場は当然にして、直接攻撃の連続を考える。



【3ターン目:エスパー絽場】LP4100、ドローフェイズ後の手札3枚

(フィールド)
エスパー絽場:《マックス・テレポーター:攻撃力2100・Lv6》&《サイコ・コマンダー:攻撃力1400・Lv3・チューナー》が攻撃表示。魔法・罠ゾーンにカード1枚をセットしている。

沢渡:永続魔法《修験の妖社》が発動中。魔法・罠ゾーンにカード1枚をセットしている。


「ボクのターン、ピピピと来ましたーっ! 《サイコ・ウォールド:攻撃力1900・Lv4》を召喚!」

「レベル4《サイコ・ウォールド》に、レベル3《サイコ・コマンダー》をチューニング! 《サイコ・ヘルストランサー:攻撃力2400・Lv7》をシンクロ召喚!」

「《クレボンス》を墓地除外することで、《サイコ・ヘルストランサー》の超能力を発動! ボクのライフを1200ポイントだけ回復する」

 蝸牛怪人と浮遊軍人がシンクロしあって、女性エスパーを呼びだした。左半身が機械化されているデザイン。癒しの光弾を、右掌から浮かびあがらせた。絽場は光を浴びせられる。ライフを5300ポイントまで回復させた。赤馬零児は感心をする。彼はサイキック・モンスターだけでなく、シンクロ召喚まで使いこなせるようになっている。


「《サイコ・ヘルストランサー》でダイレクト・アタック!」

 今度は、左掌から闇弾を吐きだす。そいつを沢渡に投げつける。ライフを1600ポイントへ削れた。《マックス・テレポーター》がフィニッシュを決めれば、勝利確定だ。沢渡は呻いてしまうも、顔を得意そうに上向かせた。

「直接攻撃によってダメージを受けた。罠カード《閃光弾》を発動! エンドフェイズになる」

「そんなー。カードも伏せられない」



【4ターン目:沢渡】LP1600、ドローフェイズ後の手札7枚

(フィールド)
エスパー絽場:《マックス・テレポーター:攻撃力2100・Lv6》&《サイコ・ヘルストランサー:攻撃力2400・Lv7》が攻撃表示。魔法・罠ゾーンにカード1枚をセットしている。

沢渡:永続魔法《修験の妖社》が発動中。


「俺のターン、ドロー。スケール3《妖仙獣 左鎌神柱》とスケール5《妖仙獣 右鎌神柱》を、ペンデュラム・ゾーンにセッティング!」

「《妖仙獣 左鎌神柱》が片方にあるんで、《妖仙獣 右鎌神柱》のスケールを11とする」

「《魔妖仙獣 大刃禍是:攻撃力3000・Lv10》と《妖仙獣 閻魔巳裂:攻撃力2300・Lv6》を手札からペンデュラム召喚!」

 《妖仙獣 左鎌神柱》と《妖仙獣 右鎌神柱》が左右から合わさって、石鳥居が築かれた。大竜巻という渦巻きに乗りて、風妖怪達は石畳へと降りてくる。どちらも迫力にあふれるモンスター。《妖仙獣 閻魔巳裂》は弁慶のごとき獣人姿をしている。《魔妖仙獣 大刃禍是》という妖怪魔獣は吠えている。エスパー呂場も少しびびってしまう。

「《魔妖仙獣 大刃禍是》の特殊召喚により、《マックス・テレポーター》と《サイコ・ヘルストランサー》をバウンスさせる。《妖仙獣 閻魔巳裂》のP召喚により、セットカードを破壊!」

 烈風の化身ともいうべき、《魔妖仙獣 大刃禍是》! 尻尾を振りかざし、台風のごとき迫力で咆哮する。一角先から暴風を発した。《サイコ・ヘルストランサー》の黒髪が逆立つ。足を地面から離されてしまい、《マックス・テレポーター》と一緒に吹きとばされた。弁慶のごとき妖獣戦士が大刀を叩きつけて、《念導力》を砕いた。


「《魔妖仙獣 大刃禍是》と《妖仙獣 閻魔巳裂》でダイレクト・アタック!」

 沢渡が指を鳴らすと、《妖仙獣》どもが走りだす。かなり怖いものがある。エスパー絽場は怪風に当てられて、ライフポイントを失った。沢渡の取りまきは嬉しそうにはしゃぐ。煽てられている本人もノリノリだぁ。負けたばかりの少年は、悔しそうに両手を床に着いている。

「沢渡さん、連勝じゃないッスか! もう、洒落になりませんよ!」

「超能力では、妖怪に勝てなかった……」





【D-22:勝者は沢渡シンゴ!】




テーマ : 遊★戯★王 - ジャンル : アニメ・コミック

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。