スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

D-47 新星復活! 志島北斗

「星輝士 デルタテロス」光【戦士族・エクシーズ・効果】★×4
レベル4モンスター×3
①:X素材を持ったこのカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分がモンスターの召喚・特殊召喚に成功した時には、相手は魔法・罠・モンスターの効果を発動できない。②:1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除き、フィールドのカード1枚を対象として発動できる。そのカードを破壊する。③:このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。手札・デッキから「テラナイト」モンスター1体を特殊召喚する。
ATK2500 DEF2100


 北斗君の扱いが、あんまりです。この様に活躍させます。

「このデッキを君に渡そう。エクシーズ・クラスのホープなら使いこなせる」

 志島北斗は赤馬零児に呼びだされ、《テラナイト》デッキを渡された。
 星座をイメージさせるモンスター。エクシーズを主軸に据えた戦術。《セイクリッド》との共通点は多い。LDSのクラスメイトを相手にして、このシリーズに慣れていく。
 そんな彼の前に、融合次元からの刺客が現れた。

「俺の名は飛車角。スフィンクス様の命により、デュエルを指しにきた。貴様をつませてやろう」

 いかつい口当てが特徴的な、和風衣装の決闘者だ。右手甲に刻んでいるのは、何の紋章であろうか。星が薄らと、夜空に瞬いている。融合次元の使者だろうが、《テラナイト》で迎えうつまで。志島北斗は決闘盤を装着して、飛車角と向いあう。



『デュエル!』



【1ターン目:北斗】LP4000、ドローフェイズ後の手札5枚

「僕の先攻。《星因士デネブ:攻撃力1500・Lv4》を召喚する。この召喚により、《星因士ベガ》をデッキから手札へ加える」

「カード2枚をセットして、ターンエンド」

 デネブは白鳥座の星である。それを象徴する星座戦士が、夜空へと浮かぶ。全身を眩く輝かせ、昏い公園広場を照らしだす。《テラナイト》は召喚・特殊召喚に成功すれば、固有能力を発揮できる。《星因士ベガ》をデッキサーチして、アドバンテージを稼ぐ。



【2ターン目:飛車角】LP4000、ドローフェイズ後の手札6枚

(フィールド)
北斗:《星因士デネブ:攻撃力1500・Lv4》が攻撃表示。魔法&罠ゾーンにカード2枚をセットしている。


「俺のターン、ドロー。《ラインモンスター Kホース:攻撃力800・Lv3》を召喚する。このモンスターを召喚したことで、セットカードを確認する。罠であるならば、破壊するぞ」

 人馬一体の武者タイプ・モンスター。その顔部分に桂馬駒が付いている。そいつは馬脚を発条に高跳びしてから、永続罠《神星なる波動》を勢いよく斬る。《ラインモンスター Kホース》によって罠を破壊できた。レベル3の地属性である《ラインモンスター スピア・ホイール:守備力500・Lv3》が手札から特殊召喚される。

「《ラインモンスター Kホース》はレベル3の獣戦士。《ラインモンスター スピア・ホイール》の将棋効果を発動する。このカードと《ラインモンスター Kホース》のレベルは、これらのレベルの合計分となる。レベル6と成った!」

 槍を生やした車輪中央には、香車駒が付いている。獣戦士の要素もない。《ラインモンスター スピア・ホイール》はオーラを発して、《ラインモンスター Kホース》とレベル6になる。エクシーズ・コースだからこそ、北斗には分かる。飛車角が何を狙っているのか。


「レベル6のラインモンスター2体で、オーバーレイ・ネットワークを構築! 《No.72 ラインモンスター チャリオッツ・飛車:攻撃力2500・R6・O×2》をエクシーズ召喚!」

「ORU2つを取り除く。《星因士デネブ》とセットカードを破壊する。ローリング・クラッシュ!」

「速攻魔法《天架ける星因士》を発動する。《星因士シャム:守備力1800・Lv4》をデッキから特殊召喚し、《星因士デネブ》をデッキへ戻す」

「このカードの特殊召喚により、1000ポイントのダメージを与える」

 矢座の星座戦士は夜空より降りて、矢を射る。飛車角へ刺さり、そのライフを3000ポイントまで貫く。1ターンに1度という回数制限こそあるが、《星因士》は心強い特殊効果を有している。《No.72 ラインモンスター チャリオッツ・飛車》の放った車輪攻撃は、《天架ける星因士》の発動により回避された。獣戦士に見えない破壊兵器は、そのまま突き進む。

「《No.72 ラインモンスター チャリオッツ・飛車》で《星因士シャム》を攻撃する」

 《星因士シャム》は体当たりを受けて、戦闘破壊された。飛車角はカードを1枚伏せて、エンド宣言を放つ。何とか回避できたけど、こいつは果敢に攻めてくる。志島北斗は焦る。



【3ターン目:北斗】LP4000、ドローフェイズ後の手札4枚

(フィールド)
北斗:無し。

飛車角:《No.72 ラインモンスター チャリオッツ・飛車:攻撃力2500・R6・O×0》が攻撃表示。魔法&罠ゾーンにカード1枚をセットしている。


「僕のターン、ドロー。《星因士ベガ:攻撃力1200・Lv4》を召喚。このモンスターの召喚により、手札から《星因士アルタイル:攻撃力1700・Lv4》を特殊召喚する」

「《星因士アルタイル》の特殊召喚に成功した。《星因士シャム:守備力1800・Lv4》を墓地から特殊召喚する。1000ポイントのダメージを再び受けてもらう!」

 《星因士ベガ》は手札から、《星因士アルタイル》は墓地から、その召喚・特殊召喚時に《星因士》を呼びだす。わし座の星座戦士は冥府より、仲間を引きあげる。《星因士シャム》は再び矢を射て、飛車角のライフを2000ポイントまで減らした。《星因士》の連携技は素晴らしい。北斗は拳を握る。エクシーズ・クラスの本気を将棋野郎に見せつけてやろう。


「レベル4《星因士》3体で、オーバーレイ・ネットワークを構築! 《星輝士 デルタテロス:攻撃力2500・R4・O×3》をエクシーズ召喚!」

「ORU1体を取り除く。《No.72 ラインモンスター チャリオッツ・飛車》を破壊する」

「罠カード《スキル・プリズナー》を発動するまで。《No.72 ラインモンスター チャリオッツ・飛車》を対象としたモンスター効果を無効にする」

 銀河渦が渦巻いて、《星因士》達は中へと吸いこまれていった。3つの星は、より上級なる《星輝士 》を呼びだす。夏の大三角形を象徴するような星座戦士だ。光羽を広げて、剣から波動を放つ。飛車角も実力者だけあり、容易に効果破壊を赦してくれない。《スキル・プリズナー》をリバースさせて、《No.72 ラインモンスター チャリオッツ・飛車》を守りぬく。こいつは墓地からでも発動できるので、罠としては厄介なもの。


「装備魔法《星輝士の因子》を付けて、《星輝士 デルタテロス》の攻守は500ポイントアップさせる。《No.72 ラインモンスター チャリオッツ・飛車》を攻撃!」

 《星輝士 デルタテロス》は空から急降下して、斬りつける。《No.72 ラインモンスター チャリオッツ・飛車》を粉砕して、相手ライフも1500ポイントまで削れた。《星輝士 デルタテロス》は《星輝士の因子》を装備しているので、相手のカード効果を受けつけない。北斗は安堵感いっぱいに、エンド宣言をぶっぱなす。

「エクシーズ使いとしては、僕の方が一枚上手だ。ターンエンド」



【4ターン目:飛車角】LP1500、ドローフェイズ後の手札4枚

(フィールド)
北斗:装備魔法《星輝士の因子》を装備した《星輝士 デルタテロス:攻撃力3000・R4・O×2》が攻撃表示。

飛車角:無し。


「たしかに、なかなかの棋士であるが、俺の実力はこの程度ではない。ドロー。魔法カード《エクシーズ・リベンジ》を発動するぞ。《No.72 ラインモンスター チャリオッツ・飛車:攻撃力2500・R6・O×0》を墓地より特殊召喚し、《星輝士 デルタテロス》のORU1つを奪う」

「装備魔法《エクシーズ・ユニット》を付け、そのランク1つにつき、200ポイントのパワーアップだ」

「《王虎ワンフー:攻撃力1700・Lv4》を召喚する。《No.72 ラインモンスター チャリオッツ・飛車》で《星輝士 デルタテロス》を攻撃する」

 《No.72 ラインモンスター チャリオッツ・飛車》は攻撃力3700となり蘇った。激しい車輪攻撃を連続して撃ってくる。《星輝士 デルタテロス》は星剣で防ぐも、耐えられず。ぶつかりあう金属音は、破砕音へと弾ける。《星輝士 デルタテロス》は戦闘破壊された。ライフも2800ポイントまで削られてしまう。このカードが墓地送りとなったので、デッキから《テラナイト》を特殊召喚できる。《王虎ワンフー》は唸っている。攻撃力1400以下を呼べば、即座に効果破壊されてしまう。

「《星輝士 デルタテロス》はフィールドから墓地送りとなった。《覚星輝士-セフィラビュート:攻撃力1900・Lv4P》をデッキから特殊召喚する」

 白き鎧戦士は、翼を羽ばたかせて飛んできた。その兜は、どこか昆虫的な造形をしている。《覚星輝士-セフィラビュート》の攻撃力は1900ポイント。《王虎ワンフー》は特殊能力を使っても、攻撃を仕掛けても、破壊できないだろう。

「ここは、エンド宣言をしておこう。ターンエンド」



【5ターン目:北斗】LP1500、ドローフェイズ後の手札4枚

(フィールド)
北斗:《覚星輝士-セフィラビュート:攻撃力1900・Lv4P》が攻撃表示。

飛車角:装備魔法《エクシーズ・ユニット》を装備した《No.72 ラインモンスター チャリオッツ・飛車:攻撃力3700・R6・O×1》&《王虎ワンフー:攻撃力1700・Lv4》が攻撃表示。


「棋士ではない。僕はデュエリストだ。ドロー。《星因士リゲル:攻撃力1900・Lv4》を召喚。この召喚により、このカードは500ポイントのパワーアップをする」

 オリオンの星座戦士が天空より降りてきた。《テラナイト》1体の攻撃力を500ポイントアップさせられる。ただし、エンドフェイズには墓地へ送られてしまうが。この程度では、《王虎ワンフー》を倒せるのみ。《星因士》の特殊効果と、エクシーズ召喚に賭けるしかない。鎧まといし白虎は、鋭く見張ってくる。モンスターを出す場合、その攻撃力を気をつけないと噛みつかれてしまう。

「魔法カード《死者蘇生》を発動。《星因士アルタイル:攻撃力1700・Lv4》を墓地より復活させる」


「レベル4《星因士》3体で、オーバーレイ・ネットワークを構築! 《星輝士 トライヴェール:攻撃力2100・R4・O×3》をエクシーズ召喚!」

「このカードはエクシーズ召喚に成功した。《星輝士 トライヴェール》以外全てをバウンスさせる」

「念のためだ。ORU1体を取り除いて、特殊効果を使っておく。相手の手札1枚をランダムに選んで捨てる。《星輝士 トライヴェール》でダイレクト・アタック!」

 《星因士》達を飲みこんで、銀河渦は《星輝士 トライヴェール》を吐きだす。冬の大三角形から生まれた星座戦士だ。三角形の盾を手にしている。銀鎧の剣士は流星群を放つ。《No.72 ラインモンスター チャリオッツ・飛車》も《王虎ワンフー》もぶっとばされて、飛車角の手札へと戻される。ORUを撃って、《王虎ワンフー》を強制的に捨てさせる。
 すかさず、《星輝士 トライヴェール》は光剣を握って、飛車角へと急降下斬りを見舞わせる。そのライフポイントを0へとダウンさせた。いかつい口当ては割れて、素顔が晒される。

「おのれ。技術を磨いて、いずれ復讐を果たす」

 飛車角は闇に消えていった。





【D-47:勝者は、志島北斗!】




テーマ : 遊★戯★王 - ジャンル : アニメ・コミック

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。