スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

D-42 赤馬零児VSトーマス・アークライト-前篇

「ギミック・パペット-ボムシールド」通常罠
①:自分フィールドに表側表示で存在する「ギミック・パペット」モンスター1体を墓地に送って発動する。デッキから「ギミック・パペット」モンスター1体を墓地に送る。その後、墓地から「ギミック・パペット」Xモンスター1体を除外することで、互いに1500ポイントのダメージを受ける。このターン、自分は戦闘ダメージを受けない。


 過去に書いたSSを再利用しています。赤馬零児とⅣのデュエルは、アニメでやってほしいと思っています。ノリノリなテンションで。声優さんも確保できそうですし。

 ハートランド・シティにて。
 赤馬零児はアークライト三兄弟と対面している。

「ペガサス・J・クロフォードにナンバーズを創ってもらった。特別な力こそ秘めてないが、デュエルには使える。これらを君達に渡そう。いずれ来る、融合次元との戦争に役立つはずだ」

「そいつは感謝ものだ。あんたが何者かは知らないが、デュエルで語ってもらうぜ!」

「よかろう」



『デュエル!』



【1ターン目:Ⅳ】LP4000、ドローフェイズ後の手札5枚

「俺の先攻。《ギミック・パペット-シザー・アーム:攻撃力1200・Lv4》を召喚。この召喚により、《ギミック・パペット-ネクロドール》をデッキから墓地へ送る」

「カード1枚をセットして、ターンエンド」

 デッサン人形みたいのが現れて、大鋏をカシャカシャさせる。刃は空間自体を切りとって、《ギミック・パペット-ネクロドール》を黄泉世界へ落す。血塗れの西洋人形といった姿をしており、包帯塗れの顔で周囲を見渡している。ディスク・システムを使って、赤馬零児はカードテキストを読みこむ。レベル8を特殊召喚するだけでなく、エクシーズ召喚につなげるつもりか。



【2ターン目:赤馬】LP4000、ドローフェイズ後の手札6枚

(フィールド)
Ⅳ:《ギミック・パペット-シザー・アーム:攻撃力1200・Lv4》が攻撃表示。魔法&罠ゾーンにカード1枚をセットしている。


「私のターン、ドロー。永続魔法《地獄門の契約書》を発動する。デッキより《DDナイト・ハウリング》を手札に加える」


「永続魔法《魔神王の契約書》を発動する。《DDリリス》と《DDケルベロス》を手札融合!」

「牙むく地獄の番犬よ! 闇夜にいざなう妖婦よ! 冥府に渦巻く光の中で、今ひとつとなりて、新たな王を生みださん! 融合召喚! 生誕せよ! 《DDD烈火王テムジン:攻撃力2000・Lv6》!」


「《DDナイト・ハウリング:攻撃力300・Lv3・チューナー》を召喚する。この召喚により、《DDリリス:攻撃力0・Lv4》を墓地から特殊召喚!」

「レベル4《DDリリス》に、レベル3《DDナイト・ハウリング》をチューニング!」

「闇を切り裂く咆哮よ。疾風の速さを得て、新たな王の産声となれ! シンクロ召喚! 生誕せよ! 《DDD疾風王アレクサンダー:攻撃力2500・Lv7》!」


「《DD》の特殊召喚に成功した。《DDD烈火王テムジン》のスキルを使う。《DDリリス:攻撃力100・Lv4》を墓地から特殊召喚する」

「さらなる《DD》の特殊召喚を成した。《DDD疾風王アレクサンダー》のスキルも使う。《DDケルベロス:攻撃力1800・Lv4P》よ! 墓地より蘇れ!」

「レベル4の《DD》2体で、オーバーレイ・ネットワークを構築!」

「この世の全てを統べるため、世界の頂に降臨せよ! エクシーズ召喚 生誕せよ! 《怒濤王シーザー:攻撃力2400・R4・O×2》!」

 歴史上の英雄をモチーフにした異次元悪魔。それらを従えて、トーマス・アークライトを攻める。


「《DDD疾風王アレクサンダー》で《ギミック・パペット-シザー・アーム》を攻撃する」

「こいつは面白いファンサービスだ。罠カード《ギミック・パペット-ボムシールド》を発動! 《ギミック・パペット-シザー・アーム》を墓地送りにすることで、《ギミック・パペット-ナイトメア》をデッキから墓地へ送る。このターン、俺は戦闘ダメージを受けない」

 《ギミック・パペット-シザー・アーム》は大爆破させられた。人形破片が飛び散って、《DDD》トリオの攻撃態勢は止められる。壁を取り払っても、バトルダメージを与えられない。《ギミック・パペット》Xモンスターを墓地除外すれば、1500ポイントのダメージを互いに与える追加効果もあるようだ。トーマスは加虐的に嗤いだす。赤馬零児は眼鏡のブリッジを弾いた。

「カード2枚をセットして、ターンエンド」



【3ターン目:Ⅳ】LP4000、ドローフェイズ後の手札4枚

(フィールド)
Ⅳ:無し。

赤馬:《DDD烈火王テムジン:攻撃力2000・Lv6》&《DDD疾風王アレクサンダー:攻撃力2500・Lv7》&《DDD怒濤王シーザー:攻撃力2400・R4・O×2》が攻撃表示。永続魔法《魔神王の契約書》&永続魔法《魔神王の契約書》が発動中。魔法&罠ゾーンにカード2枚をセットしている。


「俺のターン、ドロー。《ギミック・パペット-シザー・アーム》を墓地除外することで、《ギミック・パペット-ネクロ・ドール:攻撃力0・Lv8》を蘇らせる」

「相手フィールドにモンスターがいて、俺のフィールドには《ギミック・パペット》のみ。《ギミック・パペット-マグネ・ドール:攻撃力1000・Lv8》を手札から特殊召喚する」


「レベル8《ギミック・パペット》2体で、オーバーレイ・ネットワークを構築!」

「現れろ、No.15! 地獄からの使者、運命の糸を操る人形! 《No.15 ギミック・パペット-ジャイアント・キラー:攻撃力1500・R8・O×2》!」

「《DDD》はどれも特殊召喚されている。ORU2体を取り除くことで、《DDD怒濤王シーザー》と《DDD疾風王アレクサンダー》を破壊する。こいつの特殊効果でモンスター・エクシーズを破壊したとき、その攻撃力分のダメージを受けてもらう」

「ORU1体を取り除く。《DDD怒濤王シーザー》はこのターンに破壊されたモンスターを、バトルフェイズ終了時に可能な限り特殊召喚する」

「さらに、罠カード《契約洗浄》を発動しよう。《契約書》2枚を破壊することで、2枚ドロー。2000ポイントのライフを回復させる」

 巨大な黒人形が、腰を下ろした状態で進んできた。小型人形が高台から糸で操っているようだ。《DDD怒濤王シーザー》と《DDD疾風王アレクサンダー》を糸で絡めて、胸穴へと引きこんでいく。ローラーで粉砕していき、激しく火花を散らす。エクシーズを破壊したことで、2400ポイントのダメージを赤馬零児に刻んだ。ライフが回復したからこそ、この程度で済んだと言えよう。


「《デーモンの斧》を装備して、1000ポイントのパワーアップ。《DDD烈火王テムジン》を攻撃する」

 胸穴から砲台が伸びてきた。2500ポイントのパワーで、砲弾をぶっぱなす。攻撃対象へとヒットさせて、そのヴィジョンを木端微塵に砕いた。ライフを3100ポイントまで削る。《DDD烈火王テムジン》が戦闘破壊されたことで、赤馬零児は《魔神王の契約書》を墓地から回収した。《DDD怒濤王シーザー》が墓地へ送られているので、《戦乙女の契約書》をデッキから手札へ加えている。手札資産を増やすためのプレイング。

「バトルフェイズ終了時、《DDD》3体は復活する」

「しかし、その代償は小さくない。カード2枚をセットして、ターンエンド」



【4ターン目:赤馬】LP3100、ドローフェイズ後の手札5枚

(フィールド)
Ⅳ:装備魔法《デーモンの斧》を装備した《No.15 ギミック・パペット-ジャイアント・キラー:攻撃力2500・R8・O×0》が攻撃表示。魔法&罠ゾーンにカード2枚をセットしている。

赤馬:《DDD烈火王テムジン:攻撃力2000・Lv6》&《DDD疾風王アレクサンダー:攻撃力2500・Lv7》&《DDD怒濤王シーザー:攻撃力2400・R4・O×0》が攻撃表示。魔法&罠ゾーンにカード1枚をセットしている。


「俺のターン、ドロー。うっ……」

 《DDD怒濤王シーザー》から黒霧が伸びていき、赤馬社長の命を奪っていく。《DDD》3体を復活させたことで、3000ポイントものライフ支払いを要求してきた。100ポイントしかライフは残されてない。この程度で、赤馬零児の経営は揺らがない。


「永続魔法《魔神王の契約書》を発動! 《DDリリス》と《DDナイト・ハウリング》を墓地融合!」

「誇り高き騎士よ。災い封じこめし坩堝に融けこみ、真の王と生まれ変わらん! 融合召喚! 神の威光伝えし王! 《DDD神託王ダルク:攻撃力2800・Lv7》!」

「《DDD神託王ダルク》で《No.15 ギミック・パペット-ジャイアント・キラー》を攻撃する」

「永続罠《ナンバーズ・ウォール》を発動! ナンバーズはナンバーズでないと倒せない!」

 蝙蝠のような羽を広げて、《DDD神託王ダルク》は斬りかかる。《No.15 ギミック・パペット-ジャイアント・キラー》からバリアが展開されて、剣撃を押し止める。300ポイントのダメージを与えたのみ。トーマスはテンションハイで叫びだす。

「この程度で折れるなよ。俺のファンサービスは始まったばかりだからな!」





【D-42:後半へ続く】




テーマ : 遊★戯★王 - ジャンル : アニメ・コミック

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。