スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

D-43 赤馬零児VSトーマス・アークライト-後篇

「DDハネクリボー」闇【悪魔族・ペンデュラム・効果】☆×2
①:このカードがモンスターゾーンで戦闘またはカード効果によって破壊されたターン、自分はカード効果によってダメージを受けない。

【Pスケール:青10/赤10】
①:相手モンスターの攻撃宣言時、このカードを破壊して発動できる。このターン、自分は戦闘によってダメージを受けない。②:自分は「DD」モンスターしかP召喚できない。この効果は無効化されない。
ATK600 DEF400


 過去に書いたSSを改造して再利用しています。《DDクリボー》というオリカを使っていましたが、《DDハネクリボー》というオリカに変更しました。

「スケール10《DDハネクリボー》をPゾーンにセッティング!」

「カード2枚をセットして、ターンエンド」

「速攻魔法《サイクロン》をリバース。セットしたばかりのカード1枚を破壊するぜ」

 トーマスはエンドサイクを仕掛けてきた。小竜巻が路面を滑っていき、《戦乙女の契約書》を巻きあげる。《DD》や《契約書》を手札コストにすれば、フィールドのカード1枚を破壊できる。相手ターンのみ悪魔族の攻撃力を1000ポイントアップできる。厄介極まりない永続罠を払えて、トーマスは満足そうだ。赤馬零児は眼鏡を押しあげて、相手を見据える。



【5ターン目:Ⅳ】LP3700、ドローフェイズ後の手札1枚

(フィールド)
Ⅳ:装備魔法《デーモンの斧》を装備した《No.15 ギミック・パペット-ジャイアント・キラー:攻撃力2500・R8・O×0》が攻撃表示。永続罠《ナンバーズ・ウォール》が発動中。

赤馬:《DDD神託王ダルク:攻撃力2800・Lv7》&《DDD烈火王テムジン:攻撃力2000・Lv6》&《DDD疾風王アレクサンダー:攻撃力2500・Lv7》&《DDD怒濤王シーザー:攻撃力2400・R4・O×0》が攻撃表示。永続魔法《魔神王の契約書》が発動中。魔法&罠ゾーンにカード1枚をセットしている。

Pゾーン:スケール10《DDハネクリボー》


「俺のターン、ドロー。《No.15 ギミック・パペット-ジャイアント・キラー》をリリースして、《ギミック・パペット-ナイトメア:攻撃力100・Lv8》を手札から特殊召喚する。この特殊召喚により、墓地の《ギミック・パペット-ナイトメア》も特殊召喚!」

「レベル8《ギミック・パペット》2体で、オーバーレイ・ネットワークを構築! 《No.40 ギミック・パペット-ヘブンズ・ストリングス:攻撃力3000・R8・O×2》をエクシーズ召喚!」

「ORU1体を取り除く。《DDD》全てに、ストリングカウンター1つを置く。てめぇのエンドフェイズ、このカウンター付きのモンスターを一斉破壊する。その1体につき、500ポイントのダメージを与える。さあ、ファンサービスを続けようじゃないか!」


『メロディ・オブ・メイヘム』


 エクシーズ1体をリリースすれば、《ギミック・パペット-ナイトメア》を手札から特殊召喚できる。ブラッドカラーのマネキンが集合したかのような地獄人形。それらが光渦に吸いこまれていき、《No.40 ギミック・パペット-ヘブンズ・ストリングス》を降臨させた。片翼の黒天使といった風情をしている。胸に組みこまれているハープを鳴らして、《DDD》4体に運命の糸を縫いこんだ。トーマス・アークライトは容赦なく、相手を追いつめていく。

「《No.40 ギミック・パペット-ヘブンズ・ストリングス》で《DDD神託王ダルク》を攻撃する」

「《DDハネクリボー》をPゾーンから破壊することで、バトルダメージを0にする」

 《DDD神託王ダルク》は一瞬にして斬られてしまう。銀玉悪魔が黒翼を広げて自爆した。《No.40 ギミック・パペット-ヘブンズ・ストリングス》の剣から放たれた衝撃波から、主を守りきる。《DDハネクリボー》は墓地へ送られず、エクストラデッキでの待機状態となる。


「あんたは《DDD神託王ダルク》を失った。《魔神王の契約書》の代償を払えず敗北するだろうな。ターンエンド」

「罠カード《DDDの人事権》を発動する。《DDD》3体をデッキへ戻すことで、《DD魔導賢者コペルニクス》と《DD魔導賢者ニュートン》をデッキサーチ!」



【6ターン目:赤馬】LP100、ドローフェイズ後の手札4枚

(フィールド)
Ⅳ:《No.40 ギミック・パペット-ヘブンズ・ストリングス:攻撃力3000・R8・O×1》が攻撃表示。永続罠《ナンバーズ・ウォール》が発動中。

赤馬:永続魔法《魔神王の契約書》が発動中。魔法&罠ゾーンにカード1枚をセットしている。


「私の経営術を見くびるな。ドロー。罠カード《契約洗浄》を発動する。《魔神王の契約書》を破壊して、ライフを1000ポイント回復させる。1枚ドロー」


「スケール1《DD魔導賢者コペルニクス》とスケール10《DD魔導賢者ニュートン》をセッティング!」

「全ての王をも統べる2体の超越神よ! 我が指令に従い、この地に勤務せよ! ペンデュラム召喚! 《DDD死偉王ヘル・アーマゲドン:攻撃力3000・Lv8P》!」

 《契約洗浄》をリバースさせて、1100ポイントまでライフを回復させた。《DD魔導賢者コペルニクス》と《DD魔導賢者ニュートン》が振り子の両端位置まで浮上して、《DDD死偉王ヘル・アーマゲドン》2体を手札より降臨させる。さらに、《DDハネクリボー:守備力400・Lv2P》をエクストラデッキからペンデュラム召喚!

「《DDD死偉王ヘル・アーマゲドン》2体で《No.40 ギミック・パペット-ヘブンズ・ストリングス》を攻撃する。《ナンバーズ・ウォール》により戦闘破壊はできないが、ダメージは通る」

 特殊召喚された1体目が闇砲撃を吐きつけた。《No.40 ギミック・パペット-ヘブンズ・ストリングス》は大剣で受け止めてから、斬りかかる。本来ならば相打ちとなるところ。ナンバーズはナンバーズでないと倒せない。CEOのみ戦闘破壊となる。仲間を沈められたことで、《DDD死偉王ヘル・アーマゲドン》は3000ポイントのパワーアップ。その状態で体当たりを仕掛ける。激しい衝撃波が伝わり、トーマスのライフを700ポイントまで追いこんだ。

「カード1枚をセットして、ターンエンド」



【7ターン目:Ⅳ】LP700、ドローフェイズ後の手札1枚

(フィールド)
Ⅳ:《No.40 ギミック・パペット-ヘブンズ・ストリングス:攻撃力3000・R8・O×1》が攻撃表示。永続罠《ナンバーズ・ウォール》が発動中。

赤馬:《DDD死偉王ヘル・アーマゲドン:攻撃力3000・Lv8P》が攻撃表示。《DDハネクリボー:守備力400・Lv2P》が守備表示。魔法&罠ゾーンにカード1枚をセットしている。

Pゾーン:スケール1《DD魔導賢者コペルニクス》&スケール10《DD魔導賢者ニュートン》


「やってくれるじゃないか。俺のターン、ドロー。ORU1体を取り除いて、《No.40 ギミック・パペット-ヘブンズ・ストリングス》の特殊効果を使う。モンスター全てにストリングカウンターを乗せる!」

「魔法カード《RUM-アージェント・カオス・フォース》を発動する。《No.40 ギミック・パペット-ヘブンズ・ストリングス》を再構築! 現れろ、CNo.40! 人類の叡智の結晶で、蘇れ! 《CNo.40 ギミック・パペット-デビルズ・ストリングス:攻撃力3300・R9・O×1》!」

「こいつの特殊召喚により、ストリングス・カウンター付きのモンスター全てを破壊する。1枚ドロー。《DDD死偉王ヘル・アーマゲドン》の攻撃力分だけ、ダメージを受けてもらう!」

 《No.40 ギミック・パペット-ヘブンズ・ストリングス》は、《DDD死偉王ヘル・アーマゲドン》を運命糸で絡めとる。白翼を金属刃の羽と変えて、禍々しく進化していく。《CNo.40 ギミック・パペット-デビルズ・ストリングス》は双刃剣を振りかざして、《DD》達を斬る。このままだと、赤馬零時は3000ポイントのダメージにより負けてしまう。クリクリー。《DDハネクリボー》が主を守るように飛んできた。闇なる輝きを降らせて、赤馬社長の周囲にバリアを張る。

「《DDハネクリボー》は破壊された。このターン、私は効果ダメージを受けない」


「貴様のフィールドにモンスターはいない。ダイレクト・アタック!」

「相手の攻撃宣言時、罠カード《セキュリティ・ボール》を発動する。《CNo.40 ギミック・パペット-デビルズ・ストリングス》は守備表示となる。我が社のセキュリティーは万全だ」

「そいつは認めるしかねぇな。ターンエンドだ」

 球体の警報器から特殊電波を浴びて、《CNo.40 ギミック・パペット-デビルズ・ストリングス》は攻撃態勢を解く。トーマスは1枚ドローしたが、《ギミック・パペット-ネクロ・ドール》では使えない。こういう不安定さが、《ギミック・パペット》デッキの弱点であろうか。
 《DDD死偉王ヘル・アーマゲドン》2体をP召喚してくるだろうが、《CNo.40 ギミック・パペット-デビルズ・ストリングス》は守備表示となっている。さっきのコンボも使えないはず。トーマス・アークライトは安心している。


【8ターン目:赤馬】LP1100、ドローフェイズ後の手札1枚

(フィールド)
Ⅳ:《CNo.40 ギミック・パペット-デビルズ・ストリングス:守備力2000・R9・O×1》が守備表示。永続罠《ナンバーズ・ウォール》が発動中。

赤馬:無し。

Pゾーン:スケール1《DD魔導賢者コペルニクス》とスケール10《DD魔導賢者ニュートン》


「私のターン、ドロー。《DDD死偉王ヘル・アーマゲドン:攻撃力3000・Lv8P》2体をエクストラデッキよりペンデュラム召喚!」

「《DDD死偉王ヘル・アーマゲドン》2体をリリースして、《真魔獣 ガーゼット:攻撃力0・Lv8》を手札から特殊召喚する。《DDD死偉王ヘル・アーマゲドン》をリリースしたゆえ、その合計攻撃力分をガーゼットのパワーとする。このモンスターは貫通能力を有する。《CNo.40 ギミック・パペット-デビルズ・ストリングス》に攻撃する」

 巨大振り子に導かれて、CEO達が降臨する。それらをリリースして、魔獣王は立ちあがった。6000ポイントのパワーを持って、貫通アタックを仕掛ける。《CNo.40 ギミック・パペット-デビルズ・ストリングス》は戦闘破壊されない。それでも、バトルダメージは通る。トーマスのライフは0へと落ちていった。Ⅳこと、トーマス・アークライトは膝を着かされる。

「なるほどな。大した社長さんじゃねぇか」





「ねぇ」

「どうした?」

「兄様と赤馬零児の声って、似てない?」

「きっと、気のせいだろう」

 ミハエルとクリスは、そんな会話をしていた。





【D-43:勝者は赤馬零児!】




テーマ : 遊★戯★王 - ジャンル : アニメ・コミック

コメント

最初のカードを2枚セットしてターンエンドの後にペンデュラムカードをセッティングしてますが逆じゃないですか?

No title

 スターダストさん、ご指摘ありがとうございます。

 弄っているうちに、逆になってましたね。訂正しておきました。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。