スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

D-54 柊柚子VSタイタン

「戦慄の凶皇-ジェネシス・デーモン」闇【悪魔族・効果】☆×8
①:このカードはリリースを行わず召喚できる。この方法で召喚したこのカードの元々の攻撃力・守備力は半分になり、エンドフェイズ時に破壊される。②:このカードがフィールドに表側表示で存在する限り、自分は悪魔族以外のモンスターを特殊召喚できない。③:自分の手札・墓地の「デーモン」カード1枚を自分メインフェイズに除外して、フィールドのカード1枚を対象にして発動できる。そのカードを破壊する。この効果は、1ターンに1度しか使用できない。
ATK3000 DEF2000


 過去に書いたSSを再利用しています。

「私はタイタン。闇の決闘者である。スフィンクス様の命により、スタンダード次元の者を倒す」

「あんたが誰かは知らないけど、そのデュエルを受けるわ」



『デュエル!』



【1ターン目:タイタン】LP4000、ドローフェイズ後の手札5枚

「私の先攻。モンスター1体を伏せよう。カード1枚をセットして、ターンを終了する」

 柊柚子が街を歩いていると、黒づくめの不審者に声をかけられた。仮面をかぶっており、事案になっても違和感はない。不気味な雰囲気を発散しており、右手甲には奇妙な痣を刻んでいる。あゆは柚子の買物につきあっていたが、巻きこまれて怖がっているようだ。



【2ターン目:柚子】LP4000、ドローフェイズ後の手札6枚

(フィールド)
タイタン:モンスター1体を裏側守備表示でセットしている。魔法・罠ゾーンにカード1枚をセットしている。


「私のターン、ドロー。自分フィールドにモンスターはいない。魔法カード《独奏の第1楽章》を開演! 《幻奏の音女セレナ:守備力900・Lv4》をデッキから特殊召喚する」

「天使族をアドバンス召喚する場合、《幻奏の音女セレナ》は2体分の素材になるの。このカードをリリースして、《幻奏の音姫プロディジー・モーツァルト:攻撃力2800・Lv8》をアドバンス召喚!」

「《幻奏の音姫プロディジー・モーツァルト》の演奏を始めるよ! 手札から光属性・天使族である《幻奏の音女エレジー:攻撃力2000・Lv5》を特殊召喚するわ」

 美しい旋律が、フィールドを流れていく。感心したかのように、タイタンが聴きこんでいる。仮面のせいで、表情が分かりにくい。《幻奏の音女セレナ》が天井近くまで昇天すると、さらなる音楽天使が降臨してきた。蝶々のような羽が、音符を散らしている。彼女が歌を奏でると、青き音女神が降りてきた。《幻奏の音女エレジー》の存在により、特殊召喚された《幻奏》は効果破壊されない。特殊召喚されているので、天使族の攻撃力は300ポイントアップする。


「《幻奏》の存在により、《幻奏の音女ソナタ:攻撃力1200・Lv3》を手札から特殊召喚!」

 《幻奏の音女セレナ》が特殊召喚されたターン、《幻奏》を追加召喚できる。その必要もないようだ。緑の音女神が歌いだして、天使族の攻守を500ポイントアップさせる。《幻奏の音女エレジー》とのハーモニーで、天使族は攻撃力800ポイントアップだ。


「《幻奏の音女エレジー》でセットモンスターを攻撃する」

「《迅雷の魔王-スカル・デーモン》を手札から捨て、罠カード《因果切断》を発動! 《幻奏の音女エレジー》を除外する。除外されては、効果破壊への耐性も無駄となるものだ」

「それならっ! 《幻奏の音姫プロディジー・モーツァルト》で攻撃するから!」

「《トリック・デーモン:守備力0・Lv3》が破壊されたことで、《デーモンの騎兵》をデッキサーチ!」

 《幻奏の音女エレジー》が巨魔掌に掴まれて、異次元へと引きずりこまれる。そんなハプニング程度では、演奏は止まらない。《幻奏の音姫プロディジー・モーツァルト》が歌声を高める。音響波を歌いつけられて、少女悪魔が吹っとんだ。彼女が口笛を鳴らして、仲間を呼びこむ。槍兵悪魔が鎧馬を駆って、タイタンの手札へ飛びこんでいく。

「モンスターがいなくなったね。《幻奏の音女ソナタ》でダイレクト・アタック!」

 《幻奏の音女ソナタ》の直接攻撃は通った。音符弾丸を喰らって、タイタンのライフが2300ポイントにまで減らされる。それだけじゃない。光剣が雨のように注いで、タイタンの攻撃宣言を封じる。容赦なく攻めかかり、徹底的に守りきる。それが、柊柚子のタクティクスだ。

「魔法カード《光の護封剣》を発動して、ターンエンド」



【3ターン目:タイタン】LP2300、ドローフェイズ後の手札4枚

(フィールド)
タイタン:無し。

柚子:《幻奏の音姫プロディジー・モーツァルト:攻撃力3300・Lv8》&《幻奏の音女ソナタ:攻撃力1700・Lv3》が攻撃表示。通常魔法《光の護封剣》が発動中。


「私のターン、ドロー。フィールド魔法《伏魔殿-悪魔の迷宮-》を発動!」

「《デーモンの騎兵:攻撃力1900・Lv4》を召喚」

「《デーモン》がいるので、《デーモンの将星:攻撃力2500・Lv6》を手札から特殊召喚する。この特殊召喚により、《デーモンの騎兵》を破壊する」

「《デーモンの騎兵》が効果破壊された。よって、《迅雷の魔王-スカル・デーモン:攻撃力2500・Lv6》を墓地から特殊召喚する」

 悪魔城が街中にそびえたつ。商店街の人達からすれば、迷惑極まりない話だ。禍々しい装飾が壁一面を塗りつくしていく。悪魔族の攻撃力は500ポイントアップするようだ。デーモンらは、共に攻撃力3000ポイント。《光の護封剣》を持ちだすまでもなく、《デーモンの将星》や《デーモンの騎兵》による制約で攻撃宣言できないみたいだが。


「お嬢ちゃん。攻撃が来ないと安心しているようだね? それは危ういってもんだ。《伏魔殿-悪魔の迷宮-》の魔法陣を展開する。《迅雷の魔王-スカル・デーモン》を除外することで、同じレベルである《デーモンの召喚:攻撃力2500・Lv6》をデッキから特殊召喚する」

「魔法カード《魔霧雨》を発動! 《デーモンの召喚》の攻撃力以下の守備力である相手モンスター全てを破壊する。美しき曲をありがとう。2体とも退場してもらう」

 魔法陣が床一面に広がって、《迅雷の魔王-スカル・デーモン》そっくりな大型悪魔が這いあがってきた。稲妻が暴れだして、《幻奏の音女ソナタ:守備力1700》と《幻奏の音姫プロディジー・モーツァルト:守備力2500》を焼きつくす。タイタンは慇懃無礼に礼をした。

「ターンを終了する」



【4ターン目:柚子】LP4000、ドローフェイズ後の手札2枚

(フィールド)
タイタン:《デーモンの将星:攻撃力3000・Lv6》&《デーモンの召喚:攻撃力3000・Lv6》が攻撃表示。フィールド魔法《伏魔殿-悪魔の迷宮-》が発動中。

柚子:通常魔法《光の護封剣》が発動中。


「私のターン、ドロー。《幻奏の音女カノン:攻撃力1400・Lv4》を召喚。このカードを守備表示に変更する。カード1枚をセットして、ターンエンド」

 仮面の音女神が守備体勢へと屈みこむ。今は守りを固めるしかない。



【5ターン目:タイタン】LP2300、ドローフェイズ後の手札1枚

(フィールド)
タイタン:《デーモンの将星:攻撃力3000・Lv6》&《デーモンの召喚:攻撃力3000・Lv6》が攻撃表示。フィールド魔法《伏魔殿-悪魔の迷宮-》が発動中。

柚子:《幻奏の音女カノン:守備力2000・Lv4》が守備表示。通常魔法《光の護封剣》が発動中。魔法・罠ゾーンにカード1枚をセットしている。


「私のターン、ドロー。《戦慄の凶皇-ジェネシス・デーモン:攻撃力3000・Lv8》を召喚。リリース無しで召喚したゆえ、攻守は半分となる」

「《トリック・デーモン》を墓地除外することで、《戦慄の凶皇-ジェネシス・デーモン》の魔王能力を発揮する。《光の護封剣》を破壊だぁ!」

 玉座に腰かけているのは、怪獣とも呼ぶべき巨大悪魔。ゆったりと座っているのに、頭が青空に届こうとしている。右手の人差し指を突きつけると、光剣が次々と砕けていった。これで、タイタンは攻撃可能となる。でも、《聖なるバリア-エンジェリック・フォース》を伏せているから大丈夫なはず。柚子は自らを安心させようとする。


「《伏魔殿-悪魔の迷宮-》の魔法陣を再度展開する。《戦慄の凶皇-ジェネシス・デーモン》を除外することで、デッキから《ヘル・エンプレス・デーモン:攻撃力2900・Lv8》を特殊召喚する」

「《デーモンの召喚》で《幻奏の音女カノン》を攻撃する」

「天使族が攻撃対象になったので、《聖なるバリア-エンジェリック・フォース》を発動するわ! 攻撃モンスターを破壊することで、バトルフェイズを終了させる」

「甘い。《ヘル・エンプレス・デーモン》の特殊能力を発動する。《デーモンの騎兵》を墓地除外することで、《デーモンの召喚》の破壊を阻止する」

 《戦慄の凶皇-ジェネシス・デーモン》が巨大玉座から消えて、悪魔女帝が代わりに浮びあがっている。配下の魂を生贄として、天使の輝きを消滅させた。顔が隠れており、独特の色気を漂わせている。効果破壊できなければ、バトルフェイズをエンドできない。《デーモンの召喚》が雷を撃ちだした。《幻奏の音女カノン》のヴィジョンが粉砕される。

「お嬢ちゃんのモンスターは消えた。勝負は決まったぁ! 《デーモンの将星》と《ヘル・エンプレス・デーモン》でダイレクト・アタック!」

 柚子を守るカードはない。《ヘル・エンプレス・デーモン》の浮遊高度が上昇していき、左手から暗黒弾を膨らませていく。《デーモンの将星》が筋肉膨張させてから、稲妻弾を吐きだした。それらが柚子に迫っていく。あゆが心配そうに叫びだした。タイタンが嬉しそうに見下ろしている。





【D-54:勝者はタイタン!】




テーマ : 遊★戯★王 - ジャンル : アニメ・コミック

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。