スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

D-75 海馬瀬人VSジャック・アトラス

「ディープアイズ・ホワイト・ドラゴン」光【ドラゴン族・効果】☆×10
①:自分フィールドの表側表示の「ブルーアイズ」モンスターが戦闘または相手の効果で破壊された時に発動できる。このカードを手札から特殊召喚し、自分の墓地のドラゴン族モンスターの種類×600ダメージを相手に与える。②:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、自分の墓地のドラゴン族モンスター1体を対象として発動する。このカードの攻撃力はそのモンスターの攻撃力と同じになる。③:フィールドのこのカードが効果で破壊された場合に発動する。相手フィールドのモンスターを全て破壊する。
ATK0 DEF0


 海馬社長の連戦です。

 赤馬零児は海馬瀬人に敗北した。
 そのデュエルを見届けてから、ジャック・アトラスが堂々と歩いてくる。

「ジャック・アトラスか。聞いているぞ。異世界の王者であるとな」

「俺がキングであったのは過去の話だ。不動遊星に敗れた俺は、今は王者ではない。このジャック・アトラスはキングに返り咲くため、武者修行に励んでいる」

「ふぅん。己がロードを歩む決闘者よ。この俺が相手をしてやろう」



『デュエル!』



【1ターン目:ジャック】LP4000、ドローフェイズ後の手札5枚

「俺の先攻。《レッド・リゾネーター:攻撃力600・Lv2・チューナー》を召喚する。この召喚により、《ミッド・ピース・ゴーレム:攻撃力1600・Lv4》を手札より特殊召喚!」

「レベル4《ミッド・ピース・ゴーレム》に、レベル2《レッド・リゾネーター》をチューニング!」

「赤き魂、ここに1つとなる。王者の雄叫びに震撼せよ! シンクロ召喚! 現れろ、《レッド・ワイバーン:攻撃力2400・Lv6》!」

 《ミッド・ピース・ゴーレム》は四星となり、二輪と化した《レッド・リゾネーター》の中を潜りぬけた。業火をまといし赤炎竜が、デュエル・ホール中を飛びまわる。
 海馬瀬人は、デュエル・ディスクによりカードテキストを調べる。《レッド・ワイバーン》よりもハイパワーなモンスターを破壊できるようだ。1度限りという制限はあるものの、フリーチェーンで発動可能とは。パワー・タクティクスのみでは通じないだろう。

「伝説の決闘者よ。ジャック・アトラスの布陣を崩してみよ。カード3枚を伏せて、ターンエンド」

 赤馬零児は戦いを見据えている。敗北したせいで、精神的に披露しているが。ジャックはエド・フェニックスとカイトを倒している。実力は海馬社長を相手にしても、充分に張りあえるもの。バーニング・ソウルがあれば、勝利すら夢ではない。
 モクバは兄の勝利を信じて、観戦している。赤馬零児は少年へ視線をやった。



【2ターン目:海馬】LP4000、ドローフェイズ後の手札6枚

(フィールド)
ジャック:《レッド・ワイバーン:攻撃力2400・Lv6》が攻撃表示。魔法&罠ゾーンにカード3枚をセットしている。


「俺を挑発するか。その奢りを叩き潰してくれよう。ドロー。魔法カード《竜の霊廟》を発動する。《青眼の白龍》2体をデッキから墓地へ送る」

「手札から速攻魔法《銀龍の轟咆》を発動する。蘇れ! 《青眼の白龍:攻撃力3000・Lv8》!」

 《竜の霊廟》によりドラゴンである通常モンスターを墓地送りにすれば、さらにドラゴン1体をデッキから墓地へ送れる。《青眼の白龍》は通常モンスター。《銀龍の轟咆》を発動すれば、墓地からの特殊召喚も可能だ。
 海馬瀬人のエースが降臨した。白き巨竜が飛翔する。


「《青眼の白龍》で《レッド・ワイバーン》を攻撃する。滅びの爆裂疾風弾!」

「《レッド・ワイバーン》のモンスター効果により、《青眼の白龍》を破壊する」

「《青眼の白龍》が効果破壊されたことで、《ディープアイズ・ホワイト・ドラゴン:攻撃力0・Lv8》を手札から特殊召喚! 600ポイントのダメージを受けよ!」

 《レッド・ワイバーン》はフレイム・ブレスを吐きだす。《青眼の白龍》はフィールドで攻撃力が最大である。灼熱炎に呑みこまれて、白き肉体は消滅した。
 《青眼の白龍》が効果破壊されたことで、《ディープアイズ・ホワイト・ドラゴン》が呼びだされる。スマートなボディであるも、聖なる力を秘めている。ドラゴン1種類が海馬瀬人の墓地に待機している。ホワイト・ブレスを吐きつけて、ジャックのライフを3400ポイントまで削った。


「《ディープアイズ・ホワイト・ドラゴン》の攻撃力は、墓地の《青眼の白龍》と同じ3000ポイントになる。攻撃続行だ!」

「永続罠《リミット・リバース》により、《レッド・リゾネーター:攻撃力600・Lv2・チューナー》を墓地から特殊召喚。そして、《青眼の白龍》の攻撃力分だけ、俺のライフを回復する」

「《ディープアイズ・ホワイト・ドラゴン》の相手は、我が魂で受けてやろう。《緊急同調》を発動する。レベル6《レッド・ワイバーン》に、レベル2《レッド・リゾネーター》をチューニング!」

「王者の鼓動、今ここに列をなす。天地鳴動の力を見るがいい! シンクロ召喚! 我が魂、《レッド・デーモンズ・ドラゴン:攻撃力3000・Lv8》!」

 《レッド・リゾネーター》が冥府より帰ってきた。ジャックの背後から炎が津波のごとく押し寄せる。主を業火で包みこんで、6400ポイントまでライフを回復させた。
 《緊急同調》は相手バトルフェイズにも発動できる。《レッド・ワイバーン》と《レッド・リゾネーター》をシンクロさせあい、《レッド・デーモンズ・ドラゴン》を呼びだす。魔炎竜は敵を睨みおろす。その威圧を受けても、海馬瀬人は微動だにしない。

「相打ちで済むと思ったか! 甘いぞ! 手札から速攻魔法《収縮》を発動する。《レッド・デーモンズ・ドラゴン》の攻撃力を半分にして、《ディープアイズ・ホワイト・ドラゴン》で攻撃だ!」

 1500ポイントまで、《レッド・デーモンズ・ドラゴン》はパワーダウン。《ディープアイズ・ホワイト・ドラゴン》の放つ聖光波を受けて、ジャックの魂は粉砕された。ライフも4900ポイントまで減らされる。心に受けた衝撃も大きなもの。
 ジャック・アトラスは悦ぶ。強敵に出会えたことにより。

「ターンエンド」



【3ターン目:ジャック】LP4900、ドローフェイズ後の手札1枚

(フィールド)
ジャック:永続罠《リミット・リバース》が表側表示で残っている。魔法&罠ゾーンにカード1枚をセットしている。

海馬:《ディープアイズ・ホワイト・ドラゴン:攻撃力3000・Lv8》が攻撃表示。


「俺のターン、ドロー。ライフを800ポイント払い、永続罠《ウィキッド・リボーン》を発動する。蘇れ! 《レッド・デーモンズ・ドラゴン:攻撃力3000・Lv8》!」

「《チェーン・リゾネーター:100・Lv1・チューナー》を召喚する。シンクロ・モンスターの存在により、デッキから《フレア・リゾネーター:攻撃力300・Lv3・チューナー》を特殊召喚!」


「貴様の強さは、俺を昂ぶらせる。レベル8《レッド・デーモンズ・ドラゴン》に、レベル1《チェーン・リゾネーター》とレベル3《フレア・リゾネーター》をダブル・チューニング!」

「王者と悪魔、今ここに交わる。荒ぶる魂よ、天地創造の叫びをあげよ。シンクロ召喚! 出でよ、《スカーレッド・ノヴァ・ドラゴン:攻撃力3500・Lv12》!」

 バーニングソウル!
 ジャックは紅蓮炎を発す。瞳も燃えているかのようだ。ダブル・チューニングを経て、紅蓮魔竜は強化された。デュエル・ホール中の温度が急上昇しているように錯覚される。ジャックの墓地に、チューナーは3体いる。《フレア・リゾネーター》もシンクロ素材にされている。《スカーレッド・ノヴァ・ドラゴン》の攻撃力は5300ポイントまでアップ。


「《スカーレッド・ノヴァ・ドラゴン》で《ディープアイズ・ホワイト・ドラゴン》を攻撃する」

 《ディープアイズ・ホワイト・ドラゴン》を効果破壊すれば、ジャックのモンスター全ては破壊されてしまう。パワーで潰すしかない。《スカーレッド・ノヴァ・ドラゴン》は手足を折りたたみ、炎をまといて体当たり。敵を倒して、海馬瀬人のライフを1700ポイントまで減らした。
 これが、ジャック・アトラスのバーニング・ソウル。

「《スカーレッド・ノヴァ・ドラゴン》は効果破壊できぬ。ターンエンド」



【4ターン目:海馬】LP1700、ドローフェイズ後の手札3枚

(フィールド)
ジャック:《スカーレッド・ノヴァ・ドラゴン:攻撃力5300・Lv12》が攻撃表示。永続罠《リミット・リバース》&永続罠《ウィキッド・リボーン》が表側表示で残っている。

海馬:無し。


「これが貴様の魂とやらか。心が騒ぐ。俺のターン、ドロー。レベル8《青眼の白龍》を手札から捨て、魔法カード《トレード・イン》を発動する。2枚ドロー」


「力には力で対抗してくれよう。魔法カード《龍の鏡》を発動する。《青眼の白龍》3体を墓地融合して、《青眼の究極竜:攻撃力4500・Lv12》を融合召喚!」

「装備魔法《巨大化》により、《青眼の究極竜》の攻撃力を倍にする」

「魔法カード《アルティメット・バースト》も発動だ。《青眼の究極竜》は3回攻撃が可能となる。このカードが攻撃する場合、貴様はダメージステップ終了時までカード効果を発動できない」


『アルティメット・バースト!』


 《青眼の白龍》3体が融合して、白き三頭竜となる。その威圧感は、《スカーレッド・ノヴァ・ドラゴン》すらも上回る。海馬瀬人は攻撃宣言を叫んだ。海馬のライフポイントは、ジャック・アトラスよりも少ない。《巨大化》を装備したことで、攻撃力は9000ポイントにまでアップ。《アルティメット・バースト》によりトリプル・アタックもできる。
 《スカーレッド・ノヴァ・ドラゴン》は自身を除外すれば、相手の攻撃も無効化できる。《アルティメット・バースト》を発動されたことで、それすらも封じられている。光の三連砲撃を受けて、紅蓮魔竜は完全消滅させられた。ジャックも床へと倒されてしまい、ライフポイントを失った。

「ここまで強い決闘者がいるとは、まだまだ修行が必要だな」



「海馬様。大変です!」

「どうした、磯野?」

「謎の軍隊が突如として、童美野町の各地に出現しました」

「あれは、オベリスク・フォース」

 スクリーンに映しだされた仮面の決闘者軍を目にして、赤馬零児は呟いた。





【D-75:勝者は海馬瀬人!】




テーマ : 遊★戯★王 - ジャンル : アニメ・コミック

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。