スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

D-82 カイザー亮VS藍神

「方界胤ヴィジャム」闇【悪魔族・効果】☆×1
①:このカードは戦闘では破壊されない。②:このカードが相手モンスターと戦闘を行ったダメージステップ終了時に発動できる。モンスターゾーンのこのカードを永続魔法カード扱いとして自分の魔法&罠ゾーンに表側表示で置き、その相手モンスターに方界カウンターを1つ置く。方界カウンターが置かれたモンスターは攻撃できず、効果は無効化される。③:このカードの効果でこのカードが永続魔法カード扱いになっている場合、自分メインフェイズに発動できる。魔法&罠ゾーンのこのカードを特殊召喚する。
ATK0 DEF0


 予習をすると、劇場版のデュエルが分かりやすい。

「僕は藍神。こちらにも事情があってね。君達と決闘をしなければいけないんだ」

「どういう事情かは知らないが、挑まれたからには受けるのみ!」



『デュエル!』



【1ターン目:藍神:LP4000、ドローフェイズ後の手札5枚

「顔無きスフィンクスによって、次元領域決闘は禁止されている。普通にやるしかない。僕の先攻。モンスター1体を伏せる。カード2枚をセットして、ターンエンド」

 次元領域決闘とは何だろうか。カイザー亮は疑問に思う。



【2ターン目:カイザー亮】LP4000、ドローフェイズ後の手札6枚

(フィールド)
藍神:モンスター1体を裏側守備表示でセットしている。魔法&罠ゾーンにカード2枚をセットしている。


「俺のターン、ドロー。相手フィールドのみにモンスターが存在する。《サイバー・ドラゴン:攻撃力2100・Lv5》を手札から特殊召喚!」

「《サイバー・ドラゴン・ツヴァイ:攻撃力1500・Lv4》を召喚する。セットモンスターにアタック。このカードが攻撃するダメージステップ時に、攻撃力は300ポイントアップする」

 《サイバー・ドラゴン・ツヴァイ》はレーザー砲撃を吐いて、卵型悪魔を焼きつくそうとする。
 《方界胤ヴィジャム》は戦闘破壊されない。そいつから生えている目玉が蠢いた。モンスターとバトルしたダメージステップ終了時に、永続魔法扱いとして魔法&罠ゾーンへ飛んでいく。どちらにしろ、モンスターゾーンから離れたようだ。


「《サイバー・ドラゴン》でダイレクト・アタック!」

「直接攻撃を宣言したか。罠カード《方界輪廻》を発動する。君は《サイバー・ドラゴン》2体をデッキから特殊召喚する。しかし、《サイバー・ドラゴン》全ての攻撃力は0となり、方界カウンター1つを置かれる。それに憑かれると、攻撃と特殊効果を封じられる」

「《方界輪廻》の効果は終わっていない。レベル4以下である《方界胤ヴィジャム:守備力0・Lv1》を手札から特殊召喚!」


「何とも親切な罠を使ってくれたようだ。《サイバー・ドラゴン》2体を《融合》して、《キメラテック・ランページ・ドラゴン:攻撃力2100・Lv5》を融合召喚!」

「2体を融合素材としたことで、魔法・罠カード2枚を破壊する」

「《キメラテック・ランページ・ドラゴン》の特殊機能を使う。《サイバー・ドラゴン・ツヴァイ》と《プロト・サイバー・ドラゴン》をデッキから墓地へ送る」

 《方界輪廻》の力を受けて、《サイバー・ドラゴン》は何かの浸食を受けている。それでも、融合素材となる資格まで奪われたわけでない。それらを融合して、黒き核装置を呼びだす。そこから機械竜の頭2つが生えてきた。光の砲撃を吹きつけて、永続魔法扱いの《方界胤ヴィジャム》を蒸発させた。永続罠《方界曼荼羅》もだ。
 光属性・機械族を2体まで墓地送りとできる。墓地において、《サイバー・ドラゴン・ツヴァイ》は《サイバー・ドラゴン》扱い。墓地融合を狙うには、便利な特殊能力である。

「ターンエンド」



【3ターン目:藍神】LP4000、ドローフェイズ後の手札2枚

(フィールド)
藍神:《方界胤ヴィジャム:守備力0・Lv1》が守備表示。

カイザー亮:《キメラテック・ランページ・ドラゴン:攻撃力2100・Lv5》&《サイバー・ドラゴン:攻撃力0・Lv5・方界カウンター+1》&《サイバー・ドラゴン・ツヴァイ:攻撃力1500・Lv4》が攻撃表示。


「予想以上の強敵ぶりだ。僕のターン、ドロー。《方界胤ヴィジャム》を墓地へ送り、《方界獣ダーク・ガネックス:攻撃力0・Lv2》を手札から特殊召喚。この方法に呼びだされたことで、攻撃力は1000ポイントになる。《サイバー・ドラゴン》を攻撃!」

 《サイバー・ドラゴン》は攻撃力を失っている。《方界獣ダーク・ガネックス》の体当たりを受けて、金属破片を散らしながら砕かれた。カイザー亮のライフも3000ポイントまで減らされる。

「《方界獣ダーク・ガネックス》が戦闘破壊に成功した。このカードを墓地へ送り、《方界胤ヴィジャム:守備力0・Lv1》2体を墓地から特殊召喚。さらに、《方界獣ブレード・ガルーディア》をデッキから手札へ加える」

「カード1枚をセットして、ターンエンド」



【4ターン目:カイザー亮】LP3000、ドローフェイズ後の手札4枚

(フィールド)
藍神:《方界胤ヴィジャム:守備力0・Lv1》2体が守備表示。魔法&罠ゾーンにカード1枚をセットしている。

カイザー亮:《キメラテック・ランページ・ドラゴン:攻撃力2100・Lv5》&《サイバー・ドラゴン・ツヴァイ:攻撃力1500・Lv4》が攻撃表示。


「俺のターン、ドロー。《サイバー・フェニックス:攻撃力1200・Lv4》を召喚」

「《キメラテック・ランページ・ドラゴン》の特殊効果を発動して、《プロト・サイバー・ドラゴン》2体をデッキから墓地へ送る。これで、三連続攻撃が可能となる。バトルを行う」

 《方界胤ヴィジャム》は羽を閉じて守備体勢になっている。
 《サイバー・ドラゴン・ツヴァイ》と《サイバー・フェニックス》が果敢に攻めていく。《方界胤ヴィジャム》は戦闘破壊こそされないが、永続魔法扱いで魔法&罠ゾーンへ逃げていく。《サイバー》2体は方界カウンターを乗せられて、攻撃を封じられてしまう。
 《キメラテック・ランページ・ドラゴン》が勝負を決めようと、頭を向ける。

「速攻魔法《闇の護風壁》を発動! バトルダメージ全てを0にする」

 黒き守護風が、藍神を包みこむ。
 《キメラテック・ランページ・ドラゴン》から連続発射された熱線砲撃は、ことごとく跳ね返された。相手の強さを確認できたせいか、丸藤亮は嬉しそうだ。エンド宣言を静かに唱える。



【5ターン目:藍神】LP4000、ドローフェイズ後の手札2枚

(フィールド)
藍神:《方界胤ヴィジャム:守備力0・Lv1》2体が魔法&罠ゾーンに永続魔法扱いで置かれている。

カイザー亮:《キメラテック・ランページ・ドラゴン:攻撃力2100・Lv5》&《サイバー・ドラゴン・ツヴァイ:攻撃力1500・Lv4・方界カウンター+1》&《サイバー・フェニックス:攻撃力1200・Lv4・方界カウンター+1》が攻撃表示。


「僕のターン、ドロー。《方界胤ヴィジャム:守備力0・Lv1》2体を魔法&罠ゾーンから特殊召喚!」

「《方界胤ヴィジャム》2体をリリースして、《方界獣ブレード・ガルーディア:攻撃力0・Lv3》を手札から特殊召喚する。この特殊召喚により、攻撃力は2000ポイントアップ」

「このカードは連続攻撃が可能だ。《サイバー・ドラゴン・ツヴァイ》と《サイバー・フェニックス》を潰す」

「《サイバー・フェニックス》が戦闘破壊されたことで、1枚ドロー」

「手札補充をしても無駄なことだ。《方界獣ブレード・ガルーディア》が戦闘破壊に成功した。このカードを墓地へ送り、《方界胤ヴィジャム:守備力0・Lv1》2体を墓地から特殊召喚する。《方界超獣バスター・ガンダイル》をデッキから手札へ加える」

 赤き鳥型《方界獣》の飛行アタックにより、《サイバー・フェニックス》は地面へ激突させられた。《サイバー・ドラゴン・ツヴァイ》も上空から押し潰されてしまう。機械獣2体が同時に爆破炎上する。カイザーのライフは1700ポイントまでダウン。
 鳳凰型の機械兵器は、墓地において特殊効果を発揮できる。1枚の恵みをもたらしてくれ。《方界胤ヴィジャム》2体が壁として再び立ちはだかる。



【6ターン目:カイザー亮】LP1700、ドローフェイズ後の手札5枚

(フィールド)
藍神:《方界胤ヴィジャム:守備力0・Lv1》2体が守備表示。

カイザー亮:《キメラテック・ランページ・ドラゴン:攻撃力2100・Lv5》が攻撃表示。


「俺のターン、ドロー。《方界胤ヴィジャム》を攻撃すれば、方界カウンターを置かれてしまう。《キメラテック・ランページ・ドラゴン:守備力1600》を守備表示に変更。その機能を使って、《サイバー・ドラゴン・ドライ》2体をデッキから墓地へ送る」

「《サイバー・ラーバァ:攻撃力400・Lv1》を召喚! ターンエンド」



【7ターン目:藍神】LP4000、ドローフェイズ後の手札3枚

(フィールド)
藍神:《方界胤ヴィジャム:守備力0・Lv1》2体が守備表示。

カイザー亮:《サイバー・ラーバァ:攻撃力400・Lv1》が攻撃表示。《キメラテック・ランページ・ドラゴン:守備力1600・Lv5》が守備表示。


「僕のターン、ドロー。《方界胤ヴィジャム:攻撃力0・Lv1》を召喚!」

「《方界胤ヴィジャム》3体を墓地へ送り、《方界超獣バスター・ガンダイル:攻撃力0・Lv4》を手札から特殊召喚する。この特殊召喚により、3000ポイントのパワーアップ!」

「《方界超獣バスター・ガンダイル》は3回攻撃できる」

「《サイバー・ラーバァ》のバトルによって、俺は戦闘ダメージを受けない。《サイバー・ラーバァ》は戦闘破壊されると、《サイバー・ラーバァ:攻撃力400・Lv1》をデッキから特殊召喚する」

 《方界超獣バスター・ガンダイル》は時空を歪めて、モンスターにダメージを与えてくる。《キメラテック・ランページ・ドラゴン》は消滅させられた。《サイバー・ラーバァ》も戦闘破壊されたが、《サイバー・ラーバァ》をデッキから呼びだす。亮は戦闘ダメージを受けない。幼生機械竜は壁としても優秀だ。そいつも戦闘破壊されて、《サイバー・ラーバァ》をデッキから招く。
 藍神はエンド宣言を飛ばした。



【8ターン目:カイザー亮】LP1700、ドローフェイズ後の手札5枚

(フィールド)
藍神:《方界超獣バスター・ガンダイル:攻撃力3000・Lv4》が攻撃表示。

カイザー亮:《サイバー・ラーバァ:攻撃力400・Lv1》が攻撃表示。


「俺のターン、ドロー。このターンで俺は勝つ! フィールド・墓地の光属性・機械族全てを除外することで、《サイバー・エルタニン:攻撃力?・Lv10》を手札から特殊召喚!」

「この特殊召喚により、表側表示モンスター全てを墓地へ送る」

「《方界超獣バスター・ガンダイル》が相手によって墓地送りにされたことで、《方界胤ヴィジャム:守備力0・Lv1》3体を墓地から特殊召喚!」

「特殊召喚するために除外した光属性・機械族モンスター1体につき、《サイバー・エルタニン》のパワーは500ポイントアップする。14体除外したゆえ、攻撃力は7000ポイントになる。《メテオ・ストライク》を装備して、貫通攻撃!」

 とてつもなく巨大な機械竜の頭が現れた。あまりの迫力に、オベリスク・フォース部隊も腰を抜かしている。藍神も驚愕しているようだ。ドラゴンヘッド・タイプの兵器十数体を侍らせて、《方界超獣バスター・ガンダイル》へと一斉砲撃を開始する。《方界胤ヴィジャム》らが復活するも、そいつに貫通ダメージを通す。勝負は一瞬にして決まった。



「驚いたな。海馬瀬人とは違った強さだ。ここは退かせてもらうよ」

 藍神は空気に溶けるように消えていった。





【D-82:勝者はカイザー亮!】




テーマ : 遊★戯★王 - ジャンル : アニメ・コミック

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。