スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

D-84 武藤遊戯VSロットン

「クリアクリボー」光【天使族・効果】☆×1
「クリアクリボー」の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。①:ダメージを与えるモンスターの効果を相手が発動した時、このカードを手札から捨てて発動できる。その発動を無効にする。②:相手モンスターの直接攻撃宣言時、墓地のこのカードを除外して発動できる。自分はデッキから1枚ドローする。そのドローしたカードがモンスターだった場合、そのモンスターを特殊召喚できる。その後、攻撃対象をそのモンスターに移し替える。
ATK300 DEF200


 ロットン:1KILL厨な人。

 オベリスク・フォースを倒していく武藤遊戯。
 その前に褐色肌の男が立ちはだかる。男臭さ満開だ。

「俺はロットンというもんだ。スフィンクスというヤツとの約束でな。あんたを倒す」

「顔無きスフィンクスって、本当に何者なの?」



『デュエル!』



【1ターン目:ロットン:LP4000、ドローフェイズ後の手札5枚

「俺の先攻! 《ガトリング・オーガ:攻撃力800・Lv3》を召喚して、《ダブル・アームズ》を装備!」

「カード3枚をセットして、こいつの特殊効果を発動する。伏せた魔法・罠1枚を墓地へ送るたび、800ポイントのダメージを与える。《ダブル・アームズ》の装備効果で、ダメージは倍だ!」

 ガトリング砲を腹部に内蔵している。《ガトリング・オーガ》は腰のハンドルを回しだす。
 《ダブル・アームズ》で発射弾丸数を倍にしてから、武藤遊戯を蜂の巣にしようと火を噴かす。地面が弾けていく。魔法・罠1枚を墓地送りにすれば、1600ポイントのダメージを与える。3枚を仕掛けているので、すぐにも勝負は決まりそうだ。城ノ内は親友の名を叫ぶ。

「《クリアクリボー》を手札から捨て、モンスターのバーン効果を無効にする」

 《ガトリング・オーガ》は2枚を墓地へ送り、3200ポイントのダメージを与えている。紫毛玉が弾けて、《クリアクリボー》が中から飛びした。3枚目の弾は当たらない。遊戯は800ポイントのライフを残して助かった。ロットンは舌打ちを吐いている。
 クリクリー! 《クリアクリボー》は主に甘えてから、墓地へと消えていく。

「まぁいい。てめぇのライフはレッドゾーンだ。ターンエンド」



【2ターン目:遊戯】LP800、ドローフェイズ後の手札5枚

(フィールド)
ロットン:装備魔法《ダブル・アームズ》を装備した《ガトリング・オーガ:攻撃力800・Lv3》が攻撃表示。


「僕のターン、ドロー。モンスター1体を伏せる。カード1枚をセットして、ターンエンド」

 《ガトリング・オーガ》を戦闘破壊できるモンスターもいないのか。
 遊戯は壁を置くだけで、ターンを終えた。ロットンはにやつく。



【3ターン目:ロットン】LP4000、ドローフェイズ後の手札1枚

(フィールド)
ロットン:装備魔法《ダブル・アームズ》を装備した《ガトリング・オーガ:攻撃力800・Lv3》が攻撃表示。

遊戯:モンスター1体を裏側守備表示でセットしている。魔法&罠ゾーンにカード1枚をセットしている。


「お前も大したことないな。俺のターン、ドロー。魔法カード《埋葬呪文の宝札》を発動。墓地から魔法カード3枚を除外して、デッキからカードを2枚ドロー!」


「《ガトリング・オーガ》をリリースして、《フルアーマー・オーガ:攻撃力1600・Lv5》をアドバンス召喚! セットモンスターに攻撃するぞ。ファイヤー!」

「速攻魔法《モンスター回収》をリバース。セットモンスターと手札3枚をデッキへ戻して、3枚ドロー」

「戦闘破壊に成功すれば、1000のダメージだったが。攻撃続行だ。ダイレクト・アタック!」

「相手の直接攻撃により、《クリアクリボー》を墓地から除外する。1枚ドロー。《電磁石の戦士γ:守備力2000・Lv3》を手札から特殊召喚する。このモンスターに攻撃してもらうよ」

 《クリアクリボー》に導かれて、ゴリラのような磁石戦士が着地した。《電磁石の戦士γ》を特殊召喚したことで、《電磁石の戦士β:守備力1500・Lv3》が手札から特殊召喚される。この特殊召喚により、《電磁石の戦士α》がデッキから手札に加わった。
 《フルアーマー・オーガ》の攻撃対象は、《電磁石の戦士γ》へと移される。軍人悪魔は両腕より砲撃発射といくも、400ポイントの反射ダメージがロットンへとリターン。


「ちっ。カード1枚をセットして、ターンエンド」



【4ターン目:遊戯】LP800、ドローフェイズ後の手札4枚

(フィールド)
ロットン:《フルアーマー・オーガ:攻撃力1600・Lv5》が攻撃表示。魔法&罠ゾーンにカード1枚をセットしている。

遊戯:《電磁石の戦士β:守備力1500・Lv3》&《電磁石の戦士γ:守備力2000・Lv3》が守備表示。


「僕のターン、ドロー。《電磁石の戦士α:攻撃力1700・Lv3》を召喚する。この召喚により、《電磁石の戦士マグネット・ベルセリオン:Lv8》をデッキから手札へ加える」


「《電磁石の戦士》3体を除外して、《電磁石の戦士マグネット・ベルセリオン:攻撃力3000・Lv8》を手札から特殊召喚!」

「魔法カード《おろかな埋葬》を発動して、《磁石の戦士 Σ+》をデッキから墓地へ送る。このカードはレベル4以下だね。墓地除外することで、《電磁石の戦士マグネット・ベルセリオン》の磁石効果を発動するよ。セットカードを破壊!」

「《電磁石の戦士マグネット・ベルセリオン》で《フルアーマー・オーガ》を攻撃!」

 《電磁石の戦士》達は合体して、巨大な磁石戦士となる。まるで、巨大ロボのようなデザイン。磁力砲を撃ちだして、トラップ《スキル・サクセサー》を破壊する。すかさず、《フルアーマー・オーガ》を電磁石剣で斬った。ロットンのライフは2200ポイントまで削られていく。彼は気合で踏んばりきって、吹っとばされないように耐えきった。

「《フルアーマー・オーガ》が破壊されたことで、《ガトリング・オーガ:守備力800・Lv3》を墓地から復活させる。魔法・罠を引けば、俺の勝ちだな!」

「それは引いてみるまで分からないよ。ターンエンド」



【5ターン目:ロットン】LP2200、ドローフェイズ後の手札1枚

(フィールド)
ロットン:《ガトリング・オーガ:守備力800・Lv3》が守備表示。

遊戯:《電磁石の戦士マグネット・ベルセリオン:攻撃力3000・Lv8》が攻撃表示。


「俺のターン、ドロー。《フルアーマー・オーガ》は墓地待機している。《ガトリング・オーガ》をリリースして、《ビッグ・キャノン・オーガ:攻撃力2400・Lv7》を手札から特殊召喚!」

「《スキル・サクセサー》を墓地から除外することで、《ビッグ・キャノン・オーガ》は800ポイントのパワーアップ。このターン限定だがな。《電磁石の戦士マグネット・ベルセリオン》を攻撃しろ。与える戦闘ダメージは倍となる。地獄へ落ちな!」

 軍人悪魔は巨躯を屈ませて、背中装備の大砲を撃つ。3200ポイントのパワー。《電磁石の戦士マグネット・ベルセリオン》へ砲弾を叩きこみ、全身をバラバラにする。遊戯のライフは400ポイントまで追いこまれた。連戦続きで、彼も辛そうだ。
 磁石戦士の部品は、再び空中合体を遂げようとしている。ただでは戦闘破壊されない。

「《電磁石の戦士マグネット・ベルセリオン》が破壊されたことで、除外されている《電磁石の戦士》3体を特殊召喚! 《電磁石の戦士α》の特殊召喚により、《磁石の戦士マグネット・バルキリオン》をデッキサーチ!」


「こいつっ! ターンエンドだ」

「《電磁石の戦士》3体をリリースして、《磁石の戦士α:守備力1700・Lv4》に《磁石の戦士β:守備力1600・Lv4》、《磁石の戦士γ:守備力1800・Lv4》をデッキから特殊召喚!」

 《電磁石の戦士》は相手ターンに特殊効果を発揮できる。リリースすることで、レベル4の《マグネット・ウォリアー》1体を特殊召喚できるのだ。《磁石の戦士マグネット・バルキリオン》も来てくれた。武藤遊戯は手札確認をする。ロットンを倒す札がそろってきた。



【6ターン目:遊戯】LP400、ドローフェイズ後の手札4枚

(フィールド)
ロットン:《ビッグ・キャノン・オーガ:攻撃力2400・Lv7》が攻撃表示。

遊戯:《磁石の戦士α:守備力1700・Lv4》&《磁石の戦士β:守備力1600・Lv4》&《磁石の戦士γ:守備力1800・Lv4》が守備表示。


「僕のターン、ドロー。《磁石の戦士》3体をリリースして、《磁石の戦士マグネット・バルキリオン:攻撃力3500・Lv8》を手札から特殊召喚!」

「《岩石の巨兵:攻撃力1300・Lv3》を召喚!」

「魔法カード《魂の解放》を発動して、君の墓地からモンスター全てを除外する」

「《磁石の戦士マグネット・バルキリオン》で《ビッグ・キャノン・オーガ》を攻撃するよ」

 《磁石の戦士》達は電磁合体を遂げて、巨大剣士となる。
 《ビッグ・キャノン・オーガ》を倒されても《フルアーマー・オーガ》を復活させられるはずだった。《魂の解放》のおかげで、それも不可能となる。《岩石の巨兵》から直接攻撃を受けてしまえば、敗北ではないか。ロットンは焦る。そして、ダイナマイトを投げる。

「デュエル中に爆弾を投げるなんて」

「何てヤツだ。それでも、デュエリストかよ!」

 凄まじい爆炎だ。爆音で鼓膜が破れてしまいそう。
 遊戯は驚く。城ノ内も驚く。オベリスク・フォースや高校生らは逃げ惑う。蜘蛛の子を散らしたような騒ぎだ。インセクター羽蛾は泣いている。
 「あばよ」とロットンは去っていった。





【D-84:ロットンの反則負け!(ダイナマイトを使用により)】




テーマ : 遊★戯★王 - ジャンル : アニメ・コミック

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。