スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

D-93 ボマーVS紫雲院素良

「重爆撃禽 ボム・フェネクス」炎【炎族・融合・効果】☆×8
機械族モンスター+炎族モンスター
①自分のメインフェイズに発動できる。フィールドに存在するカード1枚につき、相手LPに300ポイントの与える。この効果を発動するターン、このカードは攻撃できない。この効果は、1ターンに1度しか使用できない。
ATK2800 DEF2300


 漫画版のカードを使いますが。

 5D’S次元の世界各地に、アカデミアの軍勢は出現していた。人々を襲っては、カードに変えていく。オベリスク・フォースの強さは圧倒的であり、多くの決闘者が敗北させられた。
 ナスカの地上絵を守る一族にも、その爪は伸ばされる。

「君がボマーか。かなり強いって聞いているよ。僕と決闘をしないか?」

「貴様らは何者だ。なぜ、デュエリストをカードにする」

「今は顔無きスフィンクスという大邪神様の命令で動いているんだ。ここに眠るという《地縛神》も回収しないとね。さぁ、始めるよ」

「それだけは絶対に阻止しなければ!」



『デュエル!』



【1ターン目:素良】LP4000、ドローフェイズ後の手札5枚

「僕の先攻。《ファーニマル・ドッグ:攻撃力1700・Lv4》を召喚するよ。この召喚により、《パッチワーク・ファーニマル》をデッキから手札に加える」

「カード1枚をセットして、ターンエンド」

 ソラは飴をねぶりながら、デュエルをする。その姿は純粋無垢な子供だ。天使羽を備えた犬のヌイグルミと、モンスターも愛らしい。そんな相手でも、ボマーは油断をしない。彼の妹弟も、不安そうな眼差しを送ってくる。



【2ターン目:ボマー】LP4000、ドローフェイズ後の手札6枚

(フィールド)
素良:《ファーニマル・ドッグ:攻撃力1700・Lv4》が攻撃表示。魔法&罠ゾーンにカード2枚をセットしている。


「私のターン、ドロー。《ヴォルカニック・バレット》と《サモン・リアクター・AI》を手札《融合》して、《重爆撃禽 ボム・フェネクス:攻撃力2800・Lv8》を融合召喚!」

「このモンスターで《ファーニマル・ドッグ》を攻撃する」

 機械族と炎族での融合召喚。大炎をまとった金属怪鳥が迫り、《ファーニマル・ドッグ》を炭へと変える。バーン能力を有しているが、戦闘を行うために使わない。モンスターを減らしておきたい。ソラのライフは2900ポイントまで減っていく。
 巨大クレーンが雲間から降りてきて、《ファーニマル・ドッグ》を冥府より引きあげる。

「《ファーニマル》が戦闘破壊されたことで、罠カード《ファーニマル・クレーン》を発動する。《ファーニマル・ドッグ》を手札に加えて、1枚ドロー」


「500ポイントのライフを払い、《ヴォルカニック・バレット》の墓地効果を発動する。《ヴォルカニック・バレット》をデッキから手札に加える。カード2枚をセットして、ターンエンド」



【3ターン目:素良】LP4000、ドローフェイズ後の手札7枚

(フィールド)
素良:無し。

ボマー:《重爆撃禽 ボム・フェネクス:攻撃力2800・Lv8》が攻撃表示。魔法&罠ゾーンにカード2枚をセットしている。


「融合召喚かぁ。本物を魅せてあげるよ。僕のターン、ドロー。《エッジインプ・DTモドキ》を手札から捨て、《デストーイ・シザー・ベアー》と《デストーイ・シザー・ウルフ》をエクストラデッキから墓地へ送り、永続魔法《デストーイ・サンクチュアリ》を発動する」

「魔法カード《魔玩具融合》を発動! 《エッジインプ・DTモドキ》は《デストーイ》扱い。《デストーイ》3体を墓地融合して、《デストーイ・マッド・キマイラ:攻撃力2800・Lv8》を融合召喚!」


「《パッチワーク・ファーニマル:攻撃力0・Lv1》を召喚。このカードを《エッジインプ・シザー》として融合素材にする」

「《融合》を墓地から除外して、永続魔法《デストーイ・ファクトリー》の効果を使うよ。《パッチワーク・ファーニマル》と《ファーニマル・ドッグ》を融合して、《デストーイ・シザー・タイガー:攻撃力1900・Lv6》を融合召喚!」

「この融合召喚により、《重爆撃禽 ボム・フェネクス》とセットカードを破壊する」

「甘いぞ。罠カード《もの忘れ》を発動。《デストーイ・シザー・タイガー》の特殊効果を無効にして、表側守備表示に変更する。破壊能力は封じられる」

 紫雲院素良の顔に凶悪さが差す。飴の端をかじって、両拳を突きあわせる。1ターンに2度目の融合召喚だ。《パッチワーク・ファーニマル》はモンスターゾーンにおいて、《デストーイ》モンスターを融合召喚する場合の融合素材代理となる。可愛い小熊ちゃんを突き破って、鋏悪魔が飛びだす。《ファーニマル・ドッグ》と混ざりあい、《デストーイ・シザー・タイガー》となった。《重爆撃禽 ボム・フェネクス》へ跳びかかるも、自分が何をしているのか忘れてしまい眠りこむ。


「《デストーイ・シザー・タイガー》の永続効果までは封じられないよね。《デストーイ》1体につき、《デストーイ》は300ポイントのパワーアップ。《デストーイ・マッド・キマイラ》で攻撃するよ」

「罠カード《フェイク・エクスプロージョン・ペンタ》を発動。《重爆撃禽 ボム・フェネクス》は戦闘破壊されず、《サモン・リアクター・AI:攻撃力2000・Lv5》を特殊召喚する」

「残念だけどね。《デストーイ・マッド・キマイラ》が攻撃する場合、オジサンはカード効果を発動できないんだ。《重爆撃禽 ボム・フェネクス》を戦闘破壊したことで、攻撃力を半減状態でコントロールをもらう。奪ったモンスターがいることで、このモンスターの攻撃力は300ポイントアップ!」

 ボマーは焦りすぎた。決闘盤での効果確認を怠った。
 巨大で不気味なヌイグルミ・ジャンクが、三首を振って殴りかかってきた。《重爆撃禽 ボム・フェネクス》を粉砕して、600ポイントのバトルダメージを与える。
 《重爆撃禽 ボム・フェネクス》での直接攻撃を追加。炎雨を浴びせられて、そのライフは1500ポイントまで減っていく。ボマーは膝を崩す。

「カード1枚をセットして、ターンエンド」



【4ターン目:ボマー】LP1500、ドローフェイズ後の手札3枚

(フィールド)
素良:《デストーイ・マッド・キマイラ:攻撃力3700・Lv8》&《重爆撃禽 ボム・フェネクス:攻撃力1400・Lv8》が攻撃表示。《デストーイ・シザー・タイガー:守備力1200・Lv6》が守備表示。永続魔法《デストーイ・サンクチュアリ》&永続魔法《デストーイ・ファクトリー》が発動中。魔法&罠ゾーンにカード1枚をセットしている。

ボマー:魔法&罠ゾーンにカード1枚をセットしている。


「私のターン、ドロー。デッキトップからカード10枚を裏向きで除外することで、魔法カード《強欲で貪欲な壺》を発動する。2枚ドロー」


「《トラップ・リアクター・RR》と《ヴォルカニック・バレット》を手札《融合》して、《起爆獣ヴァルカノン:攻撃力2300・Lv6》を融合召喚!」

「この融合召喚により、《起爆獣ヴァルカノン》と《デストーイ・マッド・キマイラ》を破壊して、《デストーイ・マッド・キマイラ》の攻撃力分のダメージを与える」


「《ブラック・ボンバー:攻撃力100・Lv3・チューナー》を召喚。この召喚により、《トラップ・リアクター・RR:守備力1800・Lv4》を墓地から特殊召喚する」

「レベル4《トラップ・リアクター・RR》に、レベル3《ブラック・ボンバー》をチューニング!」

「闇から出でよ、鉄血の翼! 黒き暴風となりて、全ての敵に死を与えん! シンクロ召喚! 現れよ! 《ダーク・ダイブ・ボンバー:攻撃力2600・Lv7》!」

「このカードをリリースして、そのレベル1つにつき、200ポイントのダメージを与える」

 機械族と炎族での融合召喚。《起爆獣ヴァルカノン》が《デストーイ・マッド・キマイラ》に組みついた。全身から炎を噴きあげて、自爆した。荒野に爆炎柱が立って、ソラが転がされる。そのライフは1200ポイントまでダウン。
 大きな黒爆弾が《トラップ・リアクター・RR》を呑みこんでのシンクロ召喚。《ダーク・ダイブ・ボンバー》がミサイルを全身から一斉発射。ソラへ容赦なく追加砲撃を叩きこむ。
 伏せられていた《融合死円舞曲》は使えない。《フェイク・エクスプロージョン・ペンタ》により《サモン・リアクター・AI》が特殊召喚されていれば、《起爆獣ヴァルカノン》と《デストーイ・マッド・キマイラ》のダンスで相打ちに持ちこめたのだが。

「そんな……」

 《ダーク・ダイブ・ボンバー》はポーズを決めた。ボマーの弟がはしゃいでいる。呆然とする紫雲院素良は、ボマーの巨体に捉えられた。決闘盤を外されてしまい、首根っこを掴まれる。

「君は子供のようだが、容赦はしない。融合次元とやらについて、話をしてもらう!」





【D-93:勝者はボマー!】




テーマ : 遊★戯★王 - ジャンル : アニメ・コミック

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。