スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

D-94 ジャック・アトラスVSパンドラ

「レッド・ガードナー」炎【悪魔族・効果】☆×4
①:自分フィールドに「レッド・デーモン」モンスターが存在し、相手の魔法・罠・モンスターの効果が発動した時、このカードを手札から墓地へ送って発動できる。このターン、自分フィールドのモンスターは相手の効果では破壊されない。
ATK0 DEF2000


 ジャック・アトラスもアカデミアに乗りこみます。

 ジャック・アトラスはホイール・オブ・フォーチュンを駆って、融合次元へと乗りこんだ。D・ホィールに次元転移装置を組みこんでの強硬突破。オベリスク・フォースとの戦いを予想するも、どうやら海馬瀬人が多くを倒したようだ。
 カードが大量に撃ちこまれて、ホイール・オブ・フォーチュンは停止を余儀なくされる。仮面の奇術師が、ジャック・アトラスの前に立ちはだかる。ショットガンシャッフルをしながら、勝負を申しこんできた。慇懃無礼で厭らしい目つきだ。

「私は奇術師パンドラ。あなたに奇跡のマジックショーをご披露しましょう」

「貴様の手品ごときにつきあう気はない。これはエンターではない。一瞬で倒す」



『デュエル!』



【1ターン目:パンドラ】LP4000、ドローフェイズ後の手札5枚

「《マジシャンズ・ローブ:攻撃力700・Lv2》を召喚。カード3枚をセットして、ターンエンド」



【2ターン目:ジャック】LP4000、ドローフェイズ後の手札6枚

(フィールド)
パンドラ:《マジシャンズ・ローブ:攻撃力700・Lv2》が攻撃表示。魔法&罠ゾーンにカード3枚をセットしている。


「俺のターン、ドロー。《クロック・リゾネーター:攻撃力1200・Lv3・チューナー》を召喚。《レッド・ウルフ:守備力2200・Lv6》の攻撃力を半分にして、手札から特殊召喚!」

「レベル6《レッド・ウルフ》に、レベル2《クロック・リゾネーター》をチューニング!」

「「漆黒の闇を裂き、天地を焼き尽くす孤高の絶対なる王者よ! 万物を睥睨しその猛威を振るえ! シンクロ召喚! 《炎魔竜 レッド・デーモン:攻撃力3000・Lv8》!」

 《クロック・リゾネーター》に続いて、炎魔狼が跳びこんできた。《リゾネーター》を召喚すると、手札から特殊召喚できるのだ。シンクロしあって、《レッド・デーモン》をフィールドに呼びこむ。他の表側表示モンスターを殲滅する特殊効果を有している。剛腕を振りおろして、床へと叩きつけた。アカデミアの校舎内は魔炎に覆われていく。


「《融爆》を手札から捨て、《マジシャンズ・ローブ》の奇術を御披露しましょう。《ブラック・マジシャン:守備力2100・Lv7》をデッキから特殊召喚!」

「《マジシャンズ・ローブ》をリリースして、速攻魔法《イリュージョン・マジック》を発動。《ブラック・マジシャン》2体をデッキから手札に加える」

「罠カード《闇の誘惑》を発動です。2枚ドローして、《ブラック・マジシャン》を手札から除外!」

「相手ターンに魔法・罠を唱えたことで、《マジシャンズ・ローブ:守備力2000・Lv2》を墓地から特殊召喚しましょう。フィールドから離れると除外されるがね」

  《炎魔竜 レッド・デーモン》の破壊能力が爆発したとき、《マジシャンズ・ローブ》は《イリュージョン・マジック》の生贄とされ消えていた。《闇の誘惑》に自己蘇生能力を反応させて、復活を果たす。《ブラック・マジシャン》と一緒に主を守る。
 《融爆》にも注意を払わなければ。魔法によって相手カードを破壊すれば、自分カードを破壊してくる。墓地送りとなったターンには使えない効果であるが。


「《炎魔竜 レッド・デーモン》で《ブラック・マジシャン》を攻撃する」

 伝説の黒魔術師も、《炎魔竜 レッド・デーモン》のパワーには敵わない。炎まといし剛腕によって、叩き潰され燃やされた。パンドラは予想以上に強い。ジャックは息を吐きながら、エンド宣言をする。
 奇術師の《ブラック・マジシャン》タクティクスは、ジャック・アトラスを驚愕させるもの。ここからが、パンドラの本番だ。

「一瞬では倒せないか。カード1枚をセットして、ターンエンド」

「罠カード《マジシャンズ・ナビゲート》を発動する。《ブラック・マジシャン:攻撃力2500・Lv7》を手札から特殊召喚。さらに、《魔法の操り人形:攻撃力2000・Lv5》をデッキから特殊召喚ですよ」

「相手ターンに魔法・罠を唱えた。《マジシャン・オブ・ブラック・イリュージョン:攻撃力2100・Lv7》を手札から特殊召喚! このカードは《ブラック・マジシャン》としても扱う」



【3ターン目:パンドラ】LP4000、ドローフェイズ後の手札3枚

(フィールド)
パンドラ:《マジシャン・オブ・ブラック・イリュージョン:攻撃力2100・Lv7》&《ブラック・マジシャン:攻撃力2500・Lv7》&《魔法の操り人形:攻撃力2000・Lv5》が攻撃表示。《マジシャンズ・ローブ:守備力2000・Lv2》が守備表示。

ジャック:《炎魔竜 レッド・デーモン:攻撃力3000・Lv8》が攻撃表示。魔法&罠ゾーンにカード1枚をセットしている。


「この程度で見くびってもらっては困る。私のターン、ドロー。《ブラック・マジシャン》は《千本ナイフ》を投げる。《炎魔竜 レッド・デーモン》をナイフ塗れにしましょう!」

「 《レッド・ガードナー》を手札から捨てる。俺のモンスターは、このターンに効果破壊されない」

 《ブラック・マジシャン》は浅黒い顔で、邪悪そうに哂っている。このカードが存在するという発動条件で、モンスター1体を破壊できる。《千本ナイフ》をまとめて投げるも、角付きの真紅盾が《炎魔竜 レッド・デーモン》を守りきった。
 パンドラがマジックカードを使ったことで、《マジシャン・オブ・ブラック・イリュージョン》の魔術が使われる。《ブラック・マジシャン:攻撃力2500・Lv7》を墓地から特殊召喚したのだ。
 《魔法の操り人形》にも魔力カウンターが置かれた。2つ溜まると、モンスター破壊魔法を使ってくる。こいつも油断できない。魔法人形を楽しそうに躍らせている。


「手札から速攻魔法《黒魔導強化》を発動しましょう。《ブラック・マジシャン》1体の攻撃力を1000ポイントアップ。《炎魔竜 レッド・デーモン》を攻撃する」

「永続罠 《キング・スカーレット:守備力0・Lv1・チューナー》を発動。このバトルによって、《炎魔竜 レッド・デーモン》は戦闘破壊されない。このカードは通常モンスターとして特殊召喚される」

「ならば、《キング・スカーレット》を攻撃するまで。ブラック・マジック!」

 パンドラのフィールドには《ブラック・マジシャン》3体がいる。《黒魔導強化》は更なる恩恵をもたらす。発動主の魔法・罠は妨害されず、闇属性の魔法使いは相手効果の耐性を得る。
 戦闘破壊されなくとも、ダメージは通る。魔導強化された黒魔法は、ジャックのライフを3500ポイントまで減らす。《ブラック・マジシャン》は他にもいる。ブラック・マジックを杖先から撃って、《キング・スカーレット》を粉砕した。


「レベル7《ブラック・マジシャン》と《マジシャン・オブ・ブラック・イリュージョン》でオーバーレイ・ネットワークを構築! 《虚空の黒魔導師:守備力2800・R7・O×2》をエクシーズ召喚!」

「こてにて、ターンを終えましょう」



【4ターン目:ジャック】LP3500、ドローフェイズ後の手札3枚

(フィールド)
パンドラ:《ブラック・マジシャン:攻撃力2500・Lv7》&《魔法の操り人形:攻撃力2000・Lv5・魔力カウンター+1》が攻撃表示。《虚空の黒魔導師:守備力2800・R7・O×2》&《マジシャンズ・ローブ:守備力2000・Lv2》が守備表示。

ジャック:《炎魔竜 レッド・デーモン:攻撃力3000・Lv8》が攻撃表示。


「俺のターン、ドロー」

「手札から永続罠《デモンズ・チェーン》を発動する。そして、《虚空の黒魔導師》からORU1体を墓地へ送る。これで、《炎魔竜 レッド・デーモン》は特殊能力と攻撃を封じられた」

 《炎魔竜 レッド・デーモン》は黒鎖数本に絡めとられてしまう。《ブラック・マジシャン》は影と一体化し、《虚空の黒魔導師》となっている。その特殊効果を使って、相手ターンに手札から永続罠を発動させてきた。ORUとなっている《ブラック・マジシャン》を墓地送りにするためか。
 《虚空の黒魔導師》を破壊しても、闇属性・魔法使いを呼ばれてしまう。それだけでなく、フィールドのカード1枚を破壊してくる。だからこそ、パンドラは安心しきっているようだ。


「その程度で、《レッド・デーモン》を押さえられると思うな。魔法カード《シンクロキャンセル》を発動する。《炎魔竜 レッド・デーモン》をエクストラデッキへ戻し、《クロック・リゾネーター:攻撃力1200・Lv3・チューナー》と《レッド・ウルフ:守備力2200・Lv6》を墓地から特殊召喚!」

「レベル6《レッド・ウルフ》に、レベル2《クロック・リゾネーター》をチューニング!」

「王者の鼓動、今ここに列をなす。天地鳴動の力を見るがいい! シンクロ召喚! 我が魂、《レッド・デーモンズ・ドラゴン:攻撃力3000・Lv8》!」

「《アタック・ゲイナー:攻撃力0・Lv1・チューナー》を召喚する」

「レベル8以上のシンクロ・モンスターが存在することで、《クリエイト・リゾネーター:攻撃力800・Lv3・チューナー》を手札から特殊召喚!」

「レベル8《レッド・デーモンズ・ドラゴン》に、レベル1《アタック・ゲイナー》と《クリエイト・リゾネーター》をダブル・チューニング!」

「王者と悪魔、今ここに交わる。荒ぶる魂よ、天地創造の叫びをあげよ。シンクロ召喚! 出でよ! 紅蓮の悪魔! 《スカーレッド・ノヴァ・ドラゴン:攻撃力3500・Lv12》!」

 バーニング・ソウル。ジャック・アトラスの双瞳に炎が宿る。シンクロを繰り返して、《スカーレッド・ノヴァ・ドラゴン》という最終兵器を降臨させる。チューナー3体が墓地へ送られたことで、1500ポイントのパワーアップ。《アタック・ゲイナー》はシンクロ素材とされて、《魔法の操り人形》へとタックル。その攻撃力を1000ポイントダウンさせた。
 ジャックは攻撃宣言をする。《スカーレッド・ノヴァ・ドラゴン》は弾丸形態となり、《魔法の操り人形》に高速飛行で体当たり。パンドラのライフは瞬時にして燃やされた。

「くっ。あなたのデュエルは、充分にエンターになっているじゃないですか……」

 仮面の奇術師は倒された。
 ジャック・アトラスは一瞥もくれずに、ホイール・オブ・フォーチュンに乗って疾走する。





【D-94:勝者はジャック・アトラス!】




テーマ : 遊★戯★王 - ジャンル : アニメ・コミック

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。