スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

D-98 三沢大地VSカイト(エクシーズ次元)

「銀河眼の光波竜」光【ドラゴン族・エクシーズ・効果】★×8
レベル8モンスター×2
①::1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除き、相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターのコントロールをエンドフェイズまで得る。この効果でコントロールを得たモンスターの効果は無効化され、攻撃力は3000になり、カード名を「銀河眼の光波竜」として扱う。この効果の発動後、ターン終了時までこのカード以外の自分のモンスターは直接攻撃できない。
ATK3000 DEF2500


 エクシーズ次元のカイトです。

 三沢大地は廃棄次元を探索している。薄暗い虚無世界であり、牢屋のような場所だ。顔無きスフィンクスは決闘者達を、そこへ送りこんでいるという。
 エドを倒した後も、タニヤと共に暗道を歩いている。そこで、カイトに出会った。彼も大邪神の犠牲者のようだ。ハートランドという場所から連れてこられたという。聞いた話では、顔無きスフィンクスは相当の実力者であろう。エドとカイトに完全勝利したそうだから。

「君について知りたい。俺とデュエルをしてくれないか?」

「いいだろう。このまま何もしないと、鈍ってしまいそうだからな」



『デュエル!』



【1ターン目:三沢】LP4000、ドローフェイズ後の手札5枚

「再び化学デュアル・デッキを使おう。俺の先攻。《化合獣ハイドロン・ホーク:攻撃力1400・Lv2》を召喚。カード1枚をセットして、ターンエンド」



【2ターン目:カイト】LP4000、ドローフェイズ後の手札6枚

(フィールド)
三沢:《化合獣ハイドロン・ホーク:攻撃力1400・Lv2》が攻撃表示。魔法&罠ゾーンにカード1枚をセットしている。


「俺のターン、ドロー。《シャインエンジェル:攻撃力1400・Lv4》を召喚。攻撃をする」

「《化合獣ハイドロン・ホーク》を除外することで、罠カード《完全燃焼》を発動する。《化合獣》を燃やし、新たなる《化合獣》を生みだす。《化合獣カーボン・クラブ:守備力1400・Lv2》と《化合獣オキシン・オックス:守備力2100・Lv2》をデッキから特殊召喚!」

「カード2枚をセットして、ターンエンド」

 《シャインエンジェル》と《化合獣ハイドロン・ホーク》を相打ちさせて、リクルーター効果発動。1500以下の攻撃力である光属性をデッキから特殊召喚して、直接攻撃を仕掛けるつもりか。三沢大地は《完全燃焼》を使って、《化合獣》2体を守備表示で呼びだした。
 カイトは鋭い目つきで睨んでくる。今にも噛みつかれてしまいそうだ。



【3ターン目:三沢】LP4000、ドローフェイズ後の手札4枚

(フィールド)
三沢:《化合獣カーボン・クラブ:守備力1400・Lv2》&《化合獣オキシン・オックス:守備力2100・Lv2》が守備表示。

カイト:《シャインエンジェル:攻撃力1400・Lv4》が攻撃表示。魔法&罠ゾーンにカード2枚をセットしている。


「俺のターン、ドロー。フィールド魔法《化合電界》を発動! その効果により、《化合獣カーボン・クラブ》と《化合獣オキシン・オックス》を再度召喚する。これで、特殊能力は解放された」

「《化合獣カーボン・クラブ》の化学効果を発動する。《進化合獣ダイオーキシン》はデュアル・モンスター。こいつをデッキから墓地へ送る。さらに、《フェニックス・ギア・フリード》をデッキサーチ!」

「《化合獣オキシン・オックス》の化学効果も発動だ。デュアル・モンスターである《フェニックス・ギア・フリード:攻撃力2800・Lv8》を手札から特殊召喚する。《化合獣カーボン・クラブ》と《化合獣オキシン・オックス》のレベルは、このカードと同じ8となる」


「レベル8の《化合獣》2体で、オーバーレイ・ネットワークを構築! 《超化合獣メタン・ハイド:攻撃力3000・R8・O×2》をエクシーズ召喚!」

「この化学魔獣はエクシーズ召喚に成功すると、デュアル・モンスターを復活させる。《進化合獣ダイオーキシン:攻撃力2800・Lv8》を墓地から特殊召喚!」

「魔法カード《ジェネレーション・フォース》を発動して、《エクシーズ・バースト》をデッキサーチ。ランク6以上のエクシーズがいるから、この通常魔法を発動する。セットカード全てを破壊する」

 ハイパワー・モンスターが3体もそろった。《超化合獣メタン・ハイド》が存在する限り、デュアル・モンスターは攻撃対象にも効果対象にもされない。異世界巡りをしているうちに、シンクロやエクシーズに出会った。おかげで、戦略の幅は広がっていくばかり。
 《エクシーズ・バースト》のおかげで、《クリスタル・アバター》と《光子化》を破壊できた。


「《超化合獣メタン・ハイド》で《シャインエンジェル》を攻撃する」

 一斉攻撃を開始する。《超化合獣メタン・ハイド》のメタン・ブレスにより、カイトのライフを2400ポイントまで減らせた。《シャインエンジェル》はリクルーター。戦闘破壊されても、攻撃力1500以下の光属性を呼んでくる。
 《サイバー・ラーバァ:攻撃力400・Lv1》が特殊召喚されるも、《フェニックス・ギア・フリード》の炎斬りを受ける。モンスター効果によって、カイトへのバトルダメージは0になった。そいつは戦闘破壊されると、同名機械竜を呼べる。《サイバー・ラーバァ》の2体目は、《進化合獣ダイオーキシン》の体当たりを受けて潰された。カイトは、さらなる《サイバー・ラーバァ》を呼ばない。

「カード1枚をセットして、ターンエンド」



【4ターン目:カイト】LP2400、ドローフェイズ後の手札4枚

(フィールド)
三沢:《超化合獣メタン・ハイド:攻撃力3000・R8・O×2》&《進化合獣ダイオーキシン:攻撃力2800・Lv8》&《フェニックス・ギア・フリード:攻撃力2800・Lv8》が攻撃表示。フィールド魔法《化合電界》が発動中。魔法&罠ゾーンにカード1枚をセットしている。

カイト:無し。


「俺のターン、ドロー。《超化合獣メタン・ハイド》はエクストラデッキから特殊召喚されている。そして、俺のフィールドにモンスターはいない。《光波双顎機:攻撃力1600・Lv4》を手札から特殊召喚!」

「《ライト・サーペント:守備力800・Lv3》を手札から捨てることで、《光波双顎機》の特殊効果を発動する。《光波翼機:攻撃力1400・Lv4》をデッキから特殊召喚!」

「《サイファー》の存在により、《光波翼機:攻撃力1400・Lv4》を手札から特殊召喚!」

 光波機械竜は《光波翼機》を呼びだした。さらなる《光波翼機》も現れる。
 手札から墓地送りにされたことで、《ライト・サーペント:守備力800・Lv3》も墓地から特殊召喚された。光蛇が這い寄って、カイトを守る。


「《光波翼機》をリリースして、《サイファー》のレベルを4アップする」


「レベル8となった《サイファー》2体で、オーバーレイ・ネットワークを構築!」

「闇に輝く銀河よ。復讐の鬼神に宿りて、我がしもべとなれ! エクシーズ召喚! 降臨せよ! 《銀河眼の光波竜:攻撃力3000・R8・O×2》!」

「ORU1体を取り除く。《超化合獣メタン・ハイド》のコントロールを奪い、《銀河眼の光波竜:攻撃力3000》とする。《銀河眼の光波竜》2体で攻撃!」

「速攻魔法《収縮》を発動して、《銀河眼の光波竜》の攻撃力を半減する」

 《サイファー》達が光渦へ突っこんで、《銀河眼の光波竜》を降臨させた。モンスターのコントロールを奪い、自身と同じ姿にできるようだ。その特殊能力は無効化されるも、攻撃力は3000となる。エンドフェイズに帰ってくるが、返さない用意もしているのだろう。
 《銀河眼の光波竜》本体は光波砲撃を吐きつける。《進化合獣ダイオーキシン》を戦闘破壊しようとするも、《収縮》を受けて攻撃力は1500ポイントまでダウン。反撃の猛毒ブレスを浴びせられて、逆に溶かされてしまう。カイトのライフも1100ポイントまで落ちていく。

「《サイファー》が戦闘破壊されたか。《光波鏡騎士》を手札から捨て、《銀河眼の光波竜》扱いの《超化合獣メタン・ハイド》を墓地へ送り、《銀河眼の光波竜:攻撃力3000・R8・O×0》を復活させる。《進化合獣ダイオーキシン》を再び攻撃!」

 《超化合獣メタン・ハイド》はコスト扱いで処理された。デュアル・モンスターを召喚できれば、ORU1体を取り除くことで、相手の手札・フィールドからカード1枚を墓地送りにさせられたところであるが。それを阻止するためにも、奪ってきたわけであるが。
 《進化合獣ダイオーキシン》は光波砲撃を喰らって、完全消滅させられた。三沢のライフは3800ポイントまで減っていく。

「これで、ターンエンドだ。《光波鏡騎士》が墓地へ送られたエンドフェイズ。《光波鏡騎士》をデッキから手札に加える」



【5ターン目:三沢】LP3800、ドローフェイズ後の手札2枚

(フィールド)
三沢:《フェニックス・ギア・フリード:攻撃力2800・Lv8》が攻撃表示。《ライト・サーペント:守備力800・Lv3》が守備表示。フィールド魔法《化合電界》が発動中。

カイト:《銀河眼の光波竜:攻撃力3000・R8・O×0》が攻撃表示。


「俺のターン、ドロー。素晴らしいプレイングだが、勝利の方程式は完成した。俺の墓地にはノーマル・モンスターが2体以上いる。《樹海の射手:攻撃力1400・Lv3》を手札から特殊召喚。このモンスターをリリースして、デュアル・モンスター《マジック・スライム》をデッキサーチ!」

「《化合電界》の効果だ。《マジック・スライム:攻撃力700・Lv3》を召喚して、さらに再度召喚!」

「《マジック・スライム》で《銀河眼の光波竜》を攻撃する。パワーでこそ負けるが、その特殊能力により戦闘ダメージを跳ね返す。《アマゾネスの剣士》のようにね」

 《マジック・スライム》は大きく膨れあがり、《銀河眼の光波竜》へ津波のように押し寄せた。圧倒的パワーで抵抗して、スライム・ボディを破る。その衝撃は主を襲う。カイトのライフは0になっていた。信じられないといった表情で、顔をうつむかせている。
 タニヤは黄色い声をあげている。逞しい雄姿からは、想像もできないレベル。



「もう少し、この世界を探るとするか。這い寄る混沌に関する方程式も解けるかもしれない」





【D-98:勝者は三沢大地!】




テーマ : 遊★戯★王 - ジャンル : アニメ・コミック

コメント

銀河眼の光波竜の攻撃力が30000になってる所がありますが?

No title

スターダストさん、ご指摘ありがとうございます。

桁が多すぎましたね。訂正をしておきました。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。