スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

D-104 ルチアーノVSイビルーダー

「水晶機巧-クオン」水【機械族・チューナー・効果】☆×1
「水晶機巧-クオン」の効果は1ターンに1度しか使用できない。①:相手のメインフェイズ及びバトルフェイズに発動できる。手札からチューナー以外のモンスター1体を効果を無効にして特殊召喚し、そのモンスターとこのカードのみを素材として機械族Sモンスター1体をS召喚する。
ATK500 DEF500


 イビルーダー:漫画版ZEXALに登場したオッサン。鉄男をボコっている。

 ネオドミノ・シティにおいて、ルアはアカデミア・ソルジャーとの連戦を強いられている。次から次に挑んできて、さすがに彼も疲れてきた。負けてしまえば、カードに変えられてしまう。精神的に休まる暇もない。危ないながらも連戦連勝を続けているが。

「アカデミアの兵隊共では、手を焼いているようだな。このイビルーダーが相手をしてやる」

「変なオッサンきたっ。でも、やべぇ。視界が回ってきたかも」

 モヒカンのマント男だ。上半身を裸体にしており、太りっぷりが分かりやすい。
 ルアは片膝を着こうとするも、何者かが跳びこんで支えてくれた。少年のようだが。

「ルチアーノ、いやアポリア⁉ どうして、ここにいるの?」

「ルチアーノでいいよ。細けぇことは後で話す。ルアは滅茶苦茶に強くなっているよな。オベリスク・フォースを十数人も倒すなんて。あの変態親父は僕が相手をしてやるよ」

「ほぅ。我が艦隊が、貴様の部隊を殲滅してくれるわ!」



『デュエル!』



【1ターン目:イビルーダー】LP4000、ドローフェイズ後の手札5枚

「俺の先攻。我が陣地に、艦隊は展開されてない。《巨大戦艦 ビッグ・コアMk-II:攻撃力2400・Lv6》をリリース無しで通常召喚する」

「カード1枚をセットして、ターンエンド」

 文字通りの巨大戦艦だ。圧倒的な大きさで、シティを侵略しに宇宙空間から攻めてきたようだ。アカデミア兵達も、ざわざわと見上げている。
 このモンスターは特殊召喚されないと、カウンター3つを置かれない。カウンター無しの状態で戦うと、ダメージステップ終了時に自爆してしまう。通常召喚を行っているので、《ボスラッシュ》も発動できないであろう。



【2ターン目:ルチアーノ】LP4000、ドローフェイズ後の手札6枚

(フィールド)
イビルーダー:《巨大戦艦 ビッグ・コアMk-II:攻撃力2400・Lv6》が攻撃表示。魔法&罠ゾーンにカード1枚をセットしている。


「ルア。僕の新しいデッキを見せてやるぜ。ドロー。フィールド魔法《クリスタルP》を発動! 自分フィールドの《クリストロン》は攻守が300ポイントアップする」

「《水晶機巧-クオン:攻撃力500・Lv1・チューナー》を召喚。カード2枚をセットして、ターンエンド」

 水晶に包まれた機械兵が跳びだした。チューナーを出したけど、このターンでシンクロ召喚をしないようだ。ルチアーノは、どう出る気であろうか?



【3ターン目:イビルーダー】LP4000、ドローフェイズ後の手札4枚

(フィールド)
イビルーダー:《巨大戦艦 ビッグ・コアMk-II:攻撃力2400・Lv6》が攻撃表示。魔法&罠ゾーンにカード1枚をセットしている。

ルチアーノ:《水晶機巧-クオン:攻撃力800・Lv1・チューナー》が攻撃表示。フィールド魔法《クリスタルP》が発動している。魔法&罠ゾーンにカード2枚をセットしている。


「我が作戦は次なる段階を迎える。ドロー。《巨大戦艦 ビッグ・コアMk-II》をリリースして、《巨大戦艦 ビッグ・コア:攻撃力2300・Lv6》をアドバンス召喚。このカードにカウンター3つを置く」

「罠カード《リビングデッドの呼び声》を発動して、《巨大戦艦 ビッグ・コアMk-II:攻撃力2400・Lv6》を墓地から特殊召喚する。このカードにもカウンター3つを置くぞ」


「何とも大袈裟な物言いだな。提督気取りで笑えるぜ。相手メインフェイズに、《水晶機巧-クオン》は特殊能力を発動できる。《水晶機巧-スモーガー:攻撃力1000・Lv3》を手札から効果無効にして特殊召喚!」

「レベル3《水晶機巧-スモーガー》に、レベル1《水晶機巧-クオン》をチューニング! 《水晶機巧-クオンダム:守備力2000・Lv4・チューナー》をシンクロ召喚!」

 《水晶機巧-クオン》は片手をあげて、煙水晶の虎機体を呼ぶ。それだけでは、特殊効果は終わらない。相手ターンでもシンクロ召喚を行えるのだ。《水晶機巧-スモーガー》はアーマーへと変形していき、水晶兵と合体する。さらなる可能性を秘めたシンクロ・チューナーだ。《クリスタルP》のおかげで、守備力も2300ポイントまでアップしている。


「500ポイントのライフを払う。速攻魔法《ツイスター》を発動して、《リビングデッドの呼び声》を破壊するぜ。《巨大戦艦 ビッグ・コアMk-Ⅱ》は蘇ったけれど、破壊されちゃうよな!」

「《巨大戦艦 ビッグ・コア》では戦闘破壊は達成できない。カード1枚をセットして、ターンエンド」

 《リビングデッドの呼び声》が破壊されると、そによって蘇生したモンスターも墓地へと引きずりこまれてしまう。《巨大戦艦 ビッグ・コアMk-Ⅱ》は冥府の船墓場へと吸いこまれていった。《巨大戦艦 ビッグ・コア》の攻撃力では、《水晶機巧-クオンダム》を戦闘破壊できない。
 このターン、ルチアーノは《クリストロン》のシンクロ召喚を行っている。《クリスタルP》の効果によって、エンドフェイズに1枚ドローする。



【4ターン目:ルチアーノ】LP3500、ドローフェイズ後の手札3枚

(フィールド)
イビルーダー:《巨大戦艦 ビッグ・コア:攻撃力2300・Lv6・カウンター+3》が攻撃表示。魔法&罠ゾーンにカード1枚をセットしている。

ルチアーノ:《水晶機巧-クオンダム:守備力2300・Lv4・チューナー》が守備表示。フィールド魔法《クリスタルP》が発動している。魔法&罠ゾーンにカード1枚をセットしている。


「僕のターン、ドロー。派手に攻めるのは後だな。魔法カード《おろかな埋葬》を発動して、《水晶機巧-シストバーン》をデッキから墓地へ落す」

「《水晶機巧-スモーガー》を墓地除外して、《クリストロン・インパクト》をデッキサーチだ。カード2枚をセットして、ターンエンド」



【5ターン目:イビルーダー】LP4000、ドローフェイズ後の手札3枚

(フィールド)
イビルーダー:《巨大戦艦 ビッグ・コア:攻撃力2300・Lv6・カウンター+3》が攻撃表示。魔法&罠ゾーンにカード1枚をセットしている。

ルチアーノ:《水晶機巧-クオンダム:守備力2300・Lv4・チューナー》が守備表示。フィールド魔法《クリスタルP》が発動している。魔法&罠ゾーンにカード2枚をセットしている。


「俺のターン、ドロー。守備に徹しようとも、我が艦隊は崩すのみ」

「守備に徹しているつもりはないけど。罠カード《クリストロン・エントリー》を発動するぜ。《水晶機巧-クオン:攻撃力500・Lv1・チューナー》を墓地から、《水晶機巧-シトリィ:攻撃力500・Lv2・チューナー》を手札から特殊召喚!」

「《水晶機巧-クオン》の特殊能力を使う。《サイバー・ドラゴン:攻撃力2100・Lv5》を手札から効果無効にして特殊召喚!」

「レベル5《サイバー・ドラゴン》に、レベル1《水晶機巧-クオン》をチューニング! 《甲化鎧骨格:攻撃力2500・Lv6》をシンクロ召喚!」

 《サイバー・ドラゴン》の特殊召喚効果は、シンクロ召喚と相性ばっちし。ファイブスターへメタモルフォーゼして、《水晶機巧-クオン》の変化した歯車輪をくぐりぬける。ビッグサイズのパワードスーツが呼びだされて、重々しく歩いてきた。
 このターンに《甲化鎧骨格》はシンクロ召喚されている。このモンスターは戦闘・効果破壊されず、ルチアーノはダメージを受けない。最高級の壁だ。


「魔法カード《死者蘇生》を発動する。《巨大戦艦 ビッグ・コアMk-II:攻撃力2400・Lv6》を船墓場より帰還させて、カウンター3つを乗せる」

「さらに、装備魔法《重力砲》も追加して、近代化改修だ。400ポイントのパワーアップ!」


「まったく、シンクロは危険なほどに強すぎる。《水晶機巧-シトリィ》の特殊効果も使うよ。《水晶機巧-シストバーン:攻撃力1500・Lv3》を墓地から効果無効にして特殊召喚!」

「レベル3《水晶機巧-シストバーン》に、レベル2《水晶機巧-シトリィ》をチューニング! 《水晶機巧-アメトリクス:攻撃力2500・Lv5》をシンクロ召喚!」

「これで終わると思うなよ。レベル4《水晶機巧-アメトリクス》に、レベル4《水晶機巧-クオンダム》をチューニング! 《水晶機巧-フェニキシオン:攻撃力2800・Lv9》をシンクロ召喚!」

 紫水晶の竜機体が変形して、少女型の《水晶機巧-シトリィ》へ装備されていく。《水晶機巧-アメトリクス》はシンクロ召喚したことで、特殊召喚された《巨大戦艦 ビッグ・コアMk-II》へ快音波を浴びせる。宇宙戦艦を守備表示へと変えた。
 《水晶機巧-アメトリクス》は、すぐにもシンクロ素材とされた。《水晶機巧-クオンダム》の特殊能力を活かせば、相手ターンにもシンクロ召喚を行えるのだ。《水晶機巧-フェニキシオン》のシンクロ召喚により、相手フィールドまたは墓地の魔法・罠全てを除外する。鳳凰戦士型の機体は、灼熱火炎を放った。《重力砲》やセットカード全てを燃やしつくす。


「作戦遂行ができない。ターンエンド」

「罠カード《クリストロン・インパクト》を発動する。《水晶機巧-スモーガー:守備力1800・Lv3》を除外ゾーンから特殊召喚。《巨大戦艦 ビッグ・コアMk-II》は特殊召喚されているから守備力は0にダウン。こっちが目的なんだよな」

「《クリスタルP》の効果だよ。《クリストロン》を2回もシンクロ召喚したから、2枚ドロー」



【6ターン目:ルチアーノ】LP3500、ドローフェイズ後の手札3枚

(フィールド)
イビルーダー:《巨大戦艦 ビッグ・コア:攻撃力2300・Lv6・カウンター+3》が攻撃表示。《巨大戦艦 ビッグ・コアMk-II:守備力0・Lv6》が守備表示。

ルチアーノ:《水晶機巧-フェニキシオン:攻撃力3100・Lv9》&《甲化鎧骨格:攻撃力2500・Lv6》が攻撃表示。《水晶機巧-スモーガー:守備力2100・Lv3》が守備表示。フィールド魔法《クリスタルP》が発動している。魔法&罠ゾーンにカード1枚をセットしている。


「僕のターン、ドロー。罠カード《メテオ・レイン》を発動。このターン、僕のモンスターは貫通効果を得る。《巨大戦艦 ビッグ・コアMk-II》は戦闘破壊されないんだよな。ヒヒヒッ!」

「《水晶機巧-フェニキシオン》と《甲化鎧骨格》で、《巨大戦艦 ビッグ・コアMk-II》に貫通攻撃!」

 《クリストロン・インパクト》を墓地除外すれば、《水晶機巧》を対象にするカード効果を無効化できる。効果対策もばっちしだ。イビルーダーが仕掛けた《炸裂装甲》は、《水晶機巧-フェニキシオン》によって除外されているが。
 《甲化鎧骨格》は全弾発射。《水晶機巧-フェニキシオン》は火炎放射を放つ。《巨大戦艦 ビッグ・コアMk-II》を墜落できないものの、イビルーダーは衝撃に耐えられない。ライフポイントを失って、巨漢は倒れこんだ。



「サンドバックじゃん。ルアは十分に休めただろう。こいつらを一緒に片付けていこうぜ!」

「なんで復活できたのかは、後で訊くよ。オベリスク・フォースが、また湧いてきた。戦うしかないね」





【D-104:勝者はルチアーノ!】




テーマ : 遊★戯★王 - ジャンル : アニメ・コミック

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。