スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

D-105 I2社、攻防戦!

「「A」細胞組み換え装置」速攻魔法
①:フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。デッキから「エーリアン」モンスター1体を墓地へ送り、墓地へ送ったモンスターのレベルの数だけ、対象のモンスターにAカウンターを置く。②:自分メインフェイズに墓地のこのカードを除外して発動できる。デッキから「エーリアン」モンスター1体を手札に加える。この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。


 野呂守:融合次元のオッサン。アニメでデュエルしなかったので、こっちでやらします。

 GX次元にて。アカデミアはI2社を攻めていた。
 本部の玄関前にて、オジサンが時計を睨みながら苛ついている。

「作戦開始から40分25秒が経過している。30分以内でペガサス・J・クロフォードを捉える計画のはずが。こてでは、スフィンクス様に叱られてしまう」

「貴様が隊長か?」

「何者だ? オベリスク・フォースは何をやっている?」

「私はデプレ・スコット。カード・プロフェッサーの一員だ。平行世界とはいえ、ペガサス様に手を出すとは許せん! デュエルをしろ! 大宇宙の過酷さを思い知らせてやる」

「いいでしょう。7分13秒で倒してあげましょう」

 野呂守に近づいてきたのは、黒髪短髪の決闘者。目つきも鋭くて、オジサンは少しびびっている。オベリスク・フォースらは彼を止めようとするも、デュエルは始まってしまう。
 インダストリアル・イリュージョンの本部前にて、侵略軍の隊長が決闘をする。



『デュエル!』



【1ターン目:デプレ】LP4000、ドローフェイズ後の手札5枚

「私の先攻か。《エーリアン・ウォリアー:攻撃力1800・Lv4》を召喚する。こいつは戦闘破壊されると、Aカウンター2つを相手モンスターに寄生させる」

「永続魔法《古代遺跡コードA》を発動。カード1枚をセットして、ターンエンド」



【2ターン目:のろま】LP4000、ドローフェイズ後の手札6枚

(フィールド)
デプレ:《エーリアン・ウォリアー:攻撃力1800・Lv4》が攻撃表示。永続魔法《古代遺跡コードA》が発動中。魔法&罠ゾーンにカード1枚をセットしている。


「そんな宇宙生物で怖がると思ったら間違いよ。私のターン、ドロー。《時の魔術師:攻撃力500・Lv1》を召喚して、タイムマジック! コイントスに成功したから、《エーリアン・ウォリアー》を破壊!」

 アナログ時計から手足の生えたようなデザインだ。そいつが杖先のルーレットを回す。永続魔法《セカンド・チャンス》で密かに成功確率を高めている。《時の魔術師》は時間加速を最大にして、《エーリアン・ウォリアー》を塵へと変える。
 《エーリアン》が破壊されたことで、《古代遺跡コードA》にAカウンター1つが乗せられた。地球外文明の機械室に、不気味な宇宙生物が湧きだす。


「《時の魔術師》と《ベビードラゴン》を《融合》して、《千年竜:攻撃力2400・Lv7》を融合召喚! 《エーリアン・ウォリアー》を攻撃しなさい」

 《ベビードラゴン》は《時の魔術師》の時魔法を受けて、急速成長させられた。可愛らしい仔竜は、威厳に満ちた老竜となった。魔力を帯びた鼻息を吹きつけて、デプレのライフを1600ポイントまで減らす。野呂守は胸を叩いて、得意そうにしている。

「これで、ターンエンド」

「速攻魔法《「A」細胞組み換え装置》を発動する。《エーリアン・マザー》をデッキから墓地へ送り、そのレベル分だけ、《千年竜》にAカウンターを寄生させる」



【3ターン目:デプレ】LP1600、ドローフェイズ後の手札3枚

(フィールド)
デプレ:永続魔法《古代遺跡コードA:Aカウンター+1》が発動中。

のろま:《千年竜:攻撃力2400・Lv7・Aカウンター+6》が攻撃表示。永続魔法《セカンド・チャンス》を発動中。


「俺のターン、ドロー。《古代遺跡コードA》の効果だ。このカードと《千年竜》からAカウンター1つずつを取り除く。《エーリアン・マザー:攻撃力2300・Lv6》を墓地から特殊召喚!」

「《「A」細胞組み換え装置》を墓地より除外することで、《エーリアン・リベンジャー:攻撃力2200・Lv6》をデッキサーチ。《千年竜》からAカウンター2つを取り除き、手札から特殊召喚する。その宇宙侵略者としての力を使うぞ。Aカウンター1つを寄生させる」

 六本腕の宇宙怪物だ。胸に埋めこまれている砲から、A細胞を撃ちだす。《千年竜》のAカウンターは4つと完全浸食されている。《エーリアン・リベンジャー》が存在するかぎり、《エーリアン》とバトルするモンスターは、Aカウンター1つにつき300ポイントのパワーダウン。


「《エーリアン・マザー》で《千年竜》を攻撃する。《エーリアン・リベンジャー》でダイレクト・アタック!」

 大型宇宙生物に迫られて、野呂守はガクガクブルブル。
 《千年竜》はAカウンター4つに浸食されており、《エーリアン・マザー》との戦闘時に攻撃力が1200ポイントダウン。四本腕の連続殴打を浴びてしまい、戦闘破壊される。《エーリアン・リベンジャー》から細胞液をぶっかけられて、野呂守のライフは700ポイントまで落ちていく。
 バトルフェイズが終わると、《エーリアン・マザー》に戦闘破壊された《千年竜:攻撃力2400・Lv7》がデプレのフィールドに蘇る。Aカウンターつきのモンスターを戦闘破壊すれば、コントロールを奪えるのだ。宇宙侵略者の母なる特殊能力!

「そんな様では、この厳しい宇宙で生きていけんぞ。カード1枚をセットして、ターンエンド」



【4ターン目:のろま】LP700、ドローフェイズ後の手札3枚

(フィールド)
デプレ:《エーリアン・マザー:攻撃力2300・Lv6》&《エーリアン・リベンジャー:攻撃力2200・Lv6》&《千年竜:攻撃力2400・Lv7》が攻撃表示。永続魔法《古代遺跡コードA:Aカウンター+0》が発動中。魔法&罠ゾーンにカード1枚をセットしている。

のろま:永続魔法《セカンド・チャンス》を発動中。


「この世界から生きていけなくなるのは、あんたですよ。ドロー。魔法カード《融合回収》を発動する。《時の魔術師》と《融合》を墓地から回収!」

「《融合》を手札から捨てることで、魔法カード《融合破棄》を発動する。《黒炎の騎士-ブラック・フレア・ナイト-》をエクストラデッキから墓地へ送り、《ブラック・マジシャン:攻撃力2500・Lv7》を手札から特殊召喚!」

「《時の魔術師:攻撃力500・Lv1》を召喚して、タイムマジック! 《セカンド・チャンス》も張っているから、成功確率も高い。コイントスを当てたことで、《エーリアン》全てを破壊!」

「タイムマジックに成功したことで、《ブラック・マジシャン》は《黒衣の大賢者:攻撃力2800・Lv9》に超進化! その特殊召喚により、魔法カード《ハーピィの羽根帚》をデッキサーチ!」

 《時の魔術師》がフィールドの時間流を加速させる。《エーリアン・マザー》は塵となって崩れていった。《エーリアン》が効果破壊されたことで、《古代遺跡コードA》にAカウンターが置かれる。《ブラック・マジシャン》は年を重ねて、魔法極めし老賢者となる。
 《時の魔術師》の低攻撃力を晒すも、このターンで決めるつもりであろう。《ハーピィの羽根帚》を発動すれば、怪しい罠全てを吹きとばせるから。確実に直接攻撃を叩きこもうとしている。


「魔法カード《ハーピィの羽根帚》を発動して、相手の魔法・罠全てを破壊!」

「「エーリアン・サイコ》を手札から捨て、罠カード《レインボー・ライフ》を発動する。このターン、私がダメージを受ける場合、その数値分だけ自分ライフを回復する」

「ぐぬぬっ。ターンエンド」



【5ターン目:デプレ】LP1600、ドローフェイズ後の手札2枚

(フィールド)
デプレ:無し。

のろま:《黒衣の大賢者:攻撃力2800・Lv9》&《時の魔術師:攻撃力500・Lv1》が攻撃表示。永続魔法《セカンド・チャンス》を発動中。


「私のターン、ドロー。《エーリアン・ベーダー:攻撃力800・Lv2》を召喚する。このカードの正面にカードはない。ゆえに、直接攻撃できる。いけっ!」

「ひええぇっ!」

 《エーリアン・ベーダー》は野呂守へ近づくと、鞭状の両腕で殴りつける。そのライフポイントは0までダウン。時魔法戦術は敗れ去り、アカデミア軍の隊長は倒れてしまった。彼を守るようにオシリス・フォースが、デプレ・スコットに向かっていく。





【D-105:勝者はデプレ・スコット!】




テーマ : 遊★戯★王 - ジャンル : アニメ・コミック

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。