スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

D-108 響みどりVSオベリスク・フォース

「堕天使ルシフェル」闇【天使族・効果】☆×11
このカードは特殊召喚できない。①:このカードがアドバンス召喚に成功した場合に発動できる。相手フィールドの効果モンスターの数まで、手札・デッキから「堕天使」モンスターを特殊召喚する。②:自分フィールドに他の「堕天使」モンスターが存在する限り、相手はこのカードを効果の対象にできない。③:1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。フィールドの「堕天使」モンスターの数だけ、自分のデッキの上からカードを墓地へ送る。自分はこの効果で墓地へ送った「堕天使」カードの数×500LP回復する。
ATK3000 DEF3000


 コミックGX次元にも、オベリスク・フォースが攻めてきます。

「何者かは知らないけれど、生徒達をカードに変えたのは許さない!」

「ふん。こっちのアカデミアはレベルが低い。スフィンクス様の命だ。貴様もカードにしてくれよう」

「自信満々なようね。ハードな特別授業をしてあげるわ」

「これは怖い。怖い」



『デュエル!』



【1ターン目:みどり】LP4000、ドローフェイズ後の手札5枚

「私の先攻。魔法カード《堕天使の追放》を発動する。《堕天使イシュタム》は天界より堕とされた。このカードをデッキから手札に加える」

「《堕天使イシュタム》と《堕天使スペルビア》を手札から捨て、2枚ドロー」


「私の場にモンスターはいない。永続魔法《神の居城-ヴァルハラ》を発動する。《堕天使》とはいっても天使族。《堕天使アスモディウス:攻撃力3000・Lv8》を手札から特殊召喚!」

「《堕天使アスモディウス》の特殊効果を使う。《堕天使マリー》をデッキから墓地へ送る」

「カード1枚をセットして、ターンエンド」

 響みどりが使用するのは、黒翼を生やした《堕天使》。攻撃力こそ高いが、レベルも高くて手札事故の可能性も低くはない。指を鳴らして、《堕天使アスモディウス》を《神の居城-ヴァルハラ》へと降臨させる。白亜神殿に《堕天使》が着地する。デッキの天使族を墓地送りにする特殊効果持ち。破壊されても破壊耐性ありのトークンを残してくれる。



【2ターン目:オベリスク・フォース】LP4000、ドローフェイズ後の手札6枚

(フィールド)
みどり:《堕天使アスモディウス:攻撃力3000・Lv8》が攻撃表示。永続魔法《神の居城-ヴァルハラ》が発動中。魔法&罠ゾーンにカード1枚をセットしている。


「《堕天使》使いとは。パワー自慢であるが、《古代の機械》の敵ではない。ドロー。フィールド魔法《歯車街》を発動する。《古代の機械》のアドバンス素材を減らせるが、そいつは使わない」

「我がフィールドにモンスターはない。魔法カード《古代の機械射出機》を発動するぞ。表側表示で存在する《歯車街》を破壊することで、デッキから《古代の機械巨人:攻撃力3000・Lv8》を召喚条件を無視して特殊召喚する」

「《歯車街》が破壊されたことで、《古代の歯車機械:守備力2000・Lv4》をデッキから特殊召喚!」

「《古代の歯車機械》を特殊召喚したことで、モンスター・カードを宣言する。俺が攻撃する場合、ダメージステップ終了時まで貴様はモンスター効果を発動できない。《ゴールド・ガジェット》を宣言することで、このカード名をそのモンスターと同じにする」

「この2体をリリースして、《古代の機械熱核竜:攻撃力3000・Lv9》をアドバンス召喚! 《アンティーク・ギア》をアドバンス素材にしたことで、こいつは貫通効果を得る。《ガジェット》をアドバンス素材にしたことで、連続攻撃も可能となる」

「《古代の機械戦車》を発動して、600ポイントのパワーアップだ。《堕天使アスモディウス》を攻撃するぞ。そいつが戦闘破壊された時の特殊能力も封じられる。《古代の機械熱核竜》が攻撃したダメージステップ終了時に、相手の魔法・罠1枚を破壊できる。《堕天使》の降臨地となる《神の居城-ヴァルハラ》を潰してやろう」


「《古代の機械戦車》の発動時に、《堕天使エデ・アーラエ》を手札から墓地へ送り、罠カード《背徳の堕天使》を発動したわ。《古代の機械熱核竜》を破壊する」

「愚かなことを。1500ポイントのライフコストを払い、手札から速攻魔法《我が身を盾に》を発動する。その破壊効果を無効にするぞ! 攻撃開始!」

「《堕天使アスモディウス》が戦闘破壊される代わりに、《堕天使テスカトリポカ》を手札から捨てる」

 オベリスク・フォースのライフは2500ポイントまで減ったが、《背徳の堕天使》も通じなかった。
 《古代の機械巨竜》のリメイク・モンスター。《古代の歯車機械》を自身にはめこんで、能力解放。《古代の機械戦車》も砲へと変形して、装着される。《古代の機械熱核竜》は口から熱線を吐きだすも、《堕天使テスカトリポカ》が《堕天使アスモディウス》を庇う。それでも、2回目の攻撃までも防げない。《堕天使》は黒翼から燃やされていき、トークンも出せずに消滅した。
 1200ポイントものダメージを負い、《神の居城-ヴァルハラ》も瓦礫に変えられた。

「貴様の手札も少ない。追いこんでやるよ。カード1枚をセットして、ターンエンド」



【3ターン目:みどり】LP2800、ドローフェイズ後の手札1枚

(フィールド)
みどり:無し。

オベリスク・フォース:装備魔法《古代の機械戦車》を装備した《古代の機械熱核竜:攻撃力3600・Lv9》が攻撃表示。魔法&罠ゾーンにカード1枚をセットしている。


「私のターン、ドロー。どんな状況であろうと、いくらでも逆転はできる。《堕天使マリー》が自分墓地に落ちている。スタンバイフェイズに200ポイントのライフを回復!」

「デッキのカード10枚を消滅させることで、魔法カード《強欲で貪欲な壺》を発動する。2枚ドロー」

 響みどりは辺りを見渡した。薄気味悪い曇天。校舎周辺では生徒達がカードにされている。遊城十代や万丈目達は大丈夫であろうか。
 《堕天使マリー》が墓地で薄笑い。3000ポイントまでライフを回復させる。


「魔法カード《死者蘇生》を発動して、《堕天使スペルビア:攻撃力2900・Lv8》を復活させる。このカードを墓地から特殊召喚したことで、《堕天使テスカトリポカ:攻撃力2800・Lv9》も蘇らせる」

「1000ポイントのライフを払い、《堕天使テスカトリポカ》の特殊能力を発動させる。魔法カード《堕天使の追放》を発動するわ。《堕天使ルシフェル》をデッキサーチ!」

 《堕天使スペルビア》の器状である漆黒体から、《堕天使テスカトリポカ》が飛びだしてきた。復活すると、天使族を墓地から特殊召喚するのだ。
 《堕天使テスカトリポカ》は《堕天使》魔法・罠を墓地から発動できる。そのカードは発動後にデッキへと戻るが。ライフコストを払ったので、2000ポイントまでライフは落ちている。《堕天使アスモディウス》を守っていなければ、この力も使えずに敗北していたところだ。


「《堕天使》2体をリリースして、《堕天使ルシフェル:攻撃力3000・Lv11》をアドバンス召喚!」

「相手フィールドに効果モンスターは1体のみ。このアドバンス召喚により、《堕天使イシュタム:攻撃力2500・Lv10》をデッキから特殊召喚する」

「ライフを1000ポイント払い、《堕天使イシュタム》の特殊能力も使う。墓地の《背徳の堕天使》を発動させる。《堕天使ゼラート》を手札から墓地へ送って、《古代の機械熱核竜》を破壊する」

 《堕天使ゼラート》が黒雲から下りてきて、《古代の機械熱核竜》を斬りつけた。《古代の機械熱核竜》は首を落されてしまい、大地へと墜落していく。《古代の機械戦車》も剥がれて、響みどりの頭上へ金属破片を注ぐ。このカードが破壊されたことで、600ポイントのダメージ。ライフコストも合わせて、彼女の生命値は400ポイントまで削られる。
 オベリスク・フォースは唖然とするばかり。


「《堕天使ルシフェル》でダイレクト・アタック!」

「罠カード《次元幽閉》を発動する。《堕天使ルシフェル》を除外だ」

「他に《堕天使》がいるので、このカードは効果対象にならない!」

 幾重もの黒翼を広げて、《堕天使ルシフェル》はオベリスク・フォースに襲いかかる。闇に包みこまれて、仮面の決闘者は意識を失った。それでも、兵の1人を倒したにすぎない。過酷な戦いは続く。





【D-108:勝者は響みどり!】




テーマ : 遊★戯★王 - ジャンル : アニメ・コミック

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。