スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

D-111 万丈目サンダー&エド・フェニックス

「アマゾネスの訓練生」地【戦士族・効果】☆×4
①:このカードが戦闘によって破壊したモンスターは墓地へ送らず、持ち主のデッキの一番下に戻す。②:このカードが戦闘によって相手モンスターを破壊した場合、このカードの攻撃力は200ポイントアップする。
ATK1500 DEF1300


タッグ・デュエルとなります。タイラー姉妹が相手となります。

 GX次元は危機に瀕している。
 デュエル・スタジアムはアカデミア軍に攻められていた。万丈目準はオシリス・フォースを倒すも、タイラー姉妹に戦いを挑まれる。金髪姉のグロリア・タイラーと銀髪妹のグレース・タイラー。ぎらついた4つの瞳が、獲物をなぶる。おジャマ・イエローは怖がって震えている。

「2人がかりで来るがいい。この万丈目サンダーが相手をしてやる!」

「いや、彼女達を相手に単独戦とはハードすぎる。僕も戦おう」

「エド。お前も来ていたのか?」

「誰かは知らないが、タッグ・デュエルか。いいだろう。タイラー姉妹が潰してくれる」

 顔無きスフィンクスによって、世界は書き換えられている。タイラー姉妹は、エド・フェニックスを目にしても初対面と認識しているようだ。いや、そうでもない。妹の方は、首を傾げている。
 万丈目はエドの提案を受け入れた。これ以上に心強い仲間はいないであろう。最強クラスの《D-HERO》使いであり、最高のライバルでもある。フィールドとライフポイントをパートナーで共有しての、タッグ・デュエルが始まろうとしている。



『デュエル!』



【1ターン目:グレース・タイラー】LP4000、ドローフェイズ後の手札5枚

「どこかで見たような気もするけどなぁ。私の先攻。フィールド魔法《アマゾネスの里》を発動する。《アマゾネス》の攻撃力は200ポイントアップする」

「《アマゾネスの格闘戦士:攻撃力1500・Lv4》を召喚。カード2枚をセットして、ターンエンド」



【2ターン目:万丈目サンダー】LP4000、ドローフェイズ後の手札6枚

(フィールド)
グレース・タイラー:《アマゾネスの格闘戦士:攻撃力1700・Lv4》が攻撃表示。フィールド魔法《アマゾネスの里》が発動中。魔法&罠ゾーンにカード2枚をセットしている。


「《アマゾネス》使いか。セブンスターズで、そんなのがいたな。ドロー。《アームド・ドラゴンLv3:攻撃力1200》を召喚。魔法カード《レベルアップ!》を発動して、《アームド・ドラゴンLv5:攻撃力2400》に成長させる。《アマゾネスの格闘戦士》を攻撃をするぞ!」

 《アマゾネスの格闘戦士》は逞しい女戦士であるも、《アームド・ドラゴンLv5》に敵わない。巨腕で殴られてしまい、戦闘破壊された。このカードの戦闘によって、コントローラーにダメージは発生しない。グレース・タイラーは愉しげな様子だ。
 ここは、《アマゾネスの里》。《アマゾネス》が破壊されても、結束力の強い仲間達が駆けてくるのだ。初々しい少女戦士が、慌てながら走ってきた。

「《アマゾネスの里》の効果よ。《アマゾネスの格闘戦士》のレベル以下である《アマゾネス訓練生:攻撃力1500・Lv4》をデッキから特殊召喚!」


「カード3枚をセットして、ターンエンド」

「《アームド・ドラゴンLv5》は戦闘破壊に成功している。このカードは《アームド・ドラゴンLv7:攻撃力2800》へと成長する。デッキから特殊召喚だ!」



【3ターン目:グロリア・タイラー】LP4000、ドローフェイズ後の手札6枚

(フィールド)
グロリア・タイラー:《アマゾネス訓練生:攻撃力1700・Lv4》が攻撃表示。フィールド魔法《アマゾネスの里》が発動中。魔法&罠ゾーンにカード2枚をセットしている。

万丈目サンダー:《アームド・ドラゴンLv7:攻撃力2800》が攻撃表示。魔法&罠ゾーンにカード3枚をセットしている。


「力強き竜であるが、我らのコンビネーションと、《アマゾネス》で滅ぼしてくれよう。ドロー。《アマゾネスの賢者:攻撃力1400・Lv4》を召喚する。《アマゾネスの秘宝》を装備しよう」

「さらに、魔法カード《アマゾネスの呪詛師》を発動する。《アマゾネス訓練生》と《アームド・ドラゴンLv7》の元々の攻撃力を入れ替える。《アマゾネス訓練生》で攻撃をするぞ」

 《アマゾネスの賢者》が呪詛を唱えると、《アームド・ドラゴンLv7》の攻撃力が1500ポイントまでダウン。《アマゾネス訓練生》の攻撃力は3000ポイントまでアップ。嬉しそうに兎っぽく跳ねている。鎖武器を投げつけて、武装竜を絡めとって絞め殺す。その特殊効果により、戦闘破壊した相手をデッキボトムへ送りつけた。そして、200ポイントのパワーアップ。
 万丈目のライフは2500ポイントまで減らされた。


「《アマゾネスの賢者》でダイレクト・アタック!」

「罠カード《リビングデッドの呼び声》を発動。《アームド・ドラゴンLv5:攻撃力2400》を復活させる」

「そのまま、攻撃をするまで。《アマゾネスの秘宝》の装備者は、1ターンに1度だけ戦闘破壊されない。私は戦闘ダメージを受けるが、《アマゾネスの賢者》の攻撃を受けた《アームド・ドラゴンLv5》は、ダメージ計算後に破壊される」

 《アマゾネスの賢者》は杖をかかげて、呪いをかける。魔法使いぽいが、紛れもなく戦士族である。《アームド・ドラゴンLv5》は苦悶の呻きをあげて、墓地へと沈んでいく。その間際に巨大針を撃ちこんで、グロリア・タイラーのライフを3200ポイントまで削った。
 《アマゾネスの賢者》が攻撃したダメージステップ終了時に、相手の魔法・罠カード1枚を破壊できる。彼女はセットカードへ向かって呪術を浴びせた。

「《アマゾネスの賢者》により《おジャマジック》を墓地送りにしてくれて、礼を言う。《おジャマ・イエロー》、《おジャマ・ブラック》、《おジャマ・グリーン》をデッキから手札に加える」


「くっ。カード2枚をセットして、ターンエンド」



【4ターン目:エド】LP2500、ドローフェイズ後の手札6枚

(フィールド)
グロリア・タイラー:装備魔法《アマゾネスの秘宝》を装備した《アマゾネスの賢者:攻撃力1600・Lv4》&《アマゾネス訓練生:攻撃力1700・Lv4》が攻撃表示。フィールド魔法《アマゾネスの里》が発動中。魔法&罠ゾーンにカード4枚をセットしている。

エド:魔法&罠ゾーンにカード1枚をセットしている。


「僕のターン、ドロー。《D3:攻撃力0・Lv1》を召喚する。このカードが召喚に成功しているので、《D-HERO》として扱う。《D-HERO ダイハードガイ》と《D-HERO ダイヤモンドガイ》を手札から捨てることで、《D3:攻撃力0・Lv1》2体をデッキから特殊召喚する」


「《D3》3体をリリースして、《D-HERO Bloo-D:攻撃力1900・Lv8》を手札から特殊召喚! エフェクトを発動して、《アマゾネスの賢者》を装備カードとして吸収する」

「《アマゾネス》が効果対象となったことで、罠カード《救出劇》を発動する。《アマゾネスの賢者》を手札へ戻し、《アマゾネスの聖戦士:攻撃力1700・Lv4》を手札から特殊召喚!」

 黒犬型のロボット3体を生贄として、《D-HERO Bloo-D》が羽ばたきながら下りてくる。《アマゾネスの賢者》を右羽に取りこもうとするも、《アマゾネスの聖戦士》が彼女を危機一髪で助ける。
 フィールドの《アマゾネス》1体につき、《アマゾネスの聖戦士》は100ポイントのパワーアップできるはず。その特殊効果は、《D-HERO Bloo-D》に封じられているが。


「《D-HERO Bloo-D》で《アマゾネス訓練生》を攻撃する」

「相手の攻撃宣言により、罠カード《アマゾネスの弩弓隊》を発動する。《D-HERO Bloo-D》の攻撃力は500ポイントダウン。返り討ちにしてくれよう!」

「万丈目! カードを借りるぞ。カウンター罠《トラップ・ジャマー》をリバース。《アマゾネスの弩弓隊》を無効にして破壊する」

「サンダー」

「《アマゾネス訓練生》が戦闘破壊されたことで、《アマゾネスの里》の効果を発動する。《アマゾネスペット虎:攻撃力1100・Lv4》をデッキから特殊召喚!」

 《アマゾネスの弩弓隊》が矢を雨嵐のように浴びせてくるも、万丈目の伏せた罠で助かった。矢を全て消滅させられて、彼女達は逃げていく。《アマゾネス訓練生》は血結晶の弾丸嵐を受けて倒された。200ポイントのバトルダメージ。《アマゾネスの里》から《アマゾネスペット虎》が駆けてくる。《アマゾネス》1体につき400ポイントのパワーアップをするが、《D-HERO Bloo-D》が陣取っているかぎり、その特殊能力は無効とされる。


「カード2枚をセットして、ターンエンド」



【5ターン目:グレース・タイラー】LP3800、ドローフェイズ後の手札2枚

(フィールド)
グレース・タイラー:《アマゾネスの聖戦士:攻撃力1900・Lv4》&《アマゾネスペット虎:攻撃力1300・Lv4》が攻撃表示。フィールド魔法《アマゾネスの里》が発動中。魔法&罠ゾーンにカード2枚をセットしている。

エド:《D-HERO Bloo-D:攻撃力1900・Lv8》が攻撃表示。魔法&罠ゾーンにカード2枚をセットしている。


「《D-HERO Bloo-D》を倒せば、形勢逆転できるわね。ドロー。永続魔法《アマゾネスの闘志》を発動する。《アマゾネス》が自身よりも攻撃力の高い相手に挑む場合、ダメージ計算時のみ1000ポイントのパワーアップ!」

「永続罠《アマゾネスの意地》を発動して、《アマゾネス訓練生》を復活させる。このカードをリリースして、《アマゾネス女王:攻撃力2400・Lv6》をアドバンス召喚!」


「《アマゾネスペット虎》で《D-HERO Bloo-D》を攻撃する」

 《アマゾネスペット虎》は跳びあがって、《D-HERO Bloo-D》の首へと噛みつく。2300ポイントのパワーとなっており、エドのライフを2100ポイントまで減らす。
 《D-HERO Bloo-D》が消えたことで、《アマゾネスペット虎》は2500ポイントまでパワーアップ。相手は他の《アマゾネス》を攻撃できない。《アマゾネスの聖戦士》の攻撃力も2200ポイントにアップ。《アマゾネス女王》も威厳を発揮して、《アマゾネス》を戦闘破壊不可とする。

「《アマゾネス》が戦闘破壊によって相手を墓地送りにした。罠カード《女王の選択》を発動する。レベル4以下である《アマゾネス・スカウト:守備力1100・Lv4》をデッキから特殊召喚!」

 まだ少女である。《アマゾネス》の斥候コンビが出てきた。このカードをリリースすれば、《アマゾネス》は効果対象にならず、効果破壊もされない。《アマゾネス女王》の特殊効果と組みあわせれば、《アマゾネス》は無敵になったようなもの。
 タイラー姉妹はサディスティックに微笑んでいる。


「貴様の首を落してあげるわ! 覚悟しなさい! 《アマゾネスの聖戦士》でダイレクト・アタック!」

「ダイレクト・アタックをしてきたな。覚悟するのは君の方だ。罠カード《波紋のバリア -ウェーブ・フォース-》を発度する。攻撃表示の相手モンスター全てをデッキへと戻す」

 エドが深呼吸を繰り返してから、波紋を拳に乗せて放つ。《アマゾネスの聖戦士》は遠くまで飛ばされた。《アマゾネス女王》と《アマゾネスペット虎》も巻きこまれてしまう。《アマゾネス・スカウト》のみは守備表示なので助かった。

「そんな。ターンエンド」



【6ターン目:万丈目サンダー】LP2100、ドローフェイズ後の手札5枚

(フィールド)
グレース・タイラー:《アマゾネス・スカウト:守備力1100・Lv4》が攻撃表示。フィールド魔法《アマゾネスの里》&永続魔法《アマゾネスの闘志》が発動中。永続罠《アマゾネスの意地》が表側表示のまま。

万丈目サンダー:魔法&罠ゾーンにカード1枚をセットしている。


「まったく、エドは頼りになる。俺のターン、ドロー。魔法カード《打ち出の小槌》を発動する。《おジャマ》三兄弟を手札からデッキへと戻す。3枚ドロー」


「魔法カード《レベル調整》を発動する。相手は2枚ドロー。《アームド・ドラゴンLv7:攻撃力2800》を召喚条件を無視して蘇らせる」

「500ポイントのライフを払い、手札から《ツイスター》を発動する。《アマゾネスの里》を破壊!」

「このカードをリリースして、《アームド・ドラゴンLv10:攻撃力3000》を手札から特殊召喚する。《アマゾネス・スカウト》は自らを犠牲とするゆえに、単体では特殊効果も無意味となる。《炎獄魔人ヘル・バーナー》を手札から墓地へ送ることで、そいつを破壊する」


「エドのカードを借りるぞ。魔法カード《ドクターD》をリバース。《D-HERO ダイハードガイ》を墓地除外することで、レベル4以下である《D-HERO ダイヤモンドガイ:攻撃力1400・Lv4》を墓地から特殊召喚する」

「《アームド・ドラゴンLv10》と《D-HERO ダイヤモンドガイ》でダイレクト・アタック!」

 巨竜と運命戦士のコンビネーション・アタック。グレース・タイラーは転がされてしまう。姉が寄ってきて、彼女を支えた。タイラー姉妹は敗北して、悔しそうに項垂れている。
 グレース・タイラーは勝者を見つめて、頬を紅潮させだす。

「ちょっと素敵かも……」

「エドという決闘者か」

「万丈目の方……」

「男選びの趣味が悪いぞ」

「失敬な!」





【D-111:勝者は万丈目サンダー&エド・フェニックス!】




テーマ : 遊★戯★王 - ジャンル : アニメ・コミック

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。