スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

D-115 ディヴァイン再び

「PSYフレームロード・Ζ」光【サイキック族・シンクロ・効果】☆×7
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
①:1ターンに1度、相手フィールドの特殊召喚された表側攻撃表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターとフィールドのこのカードを次の自分スタンバイフェイズまで除外する。この効果は相手ターンでも発動できる。②:このカードが墓地に存在する場合、このカード以外の自分の墓地の「PSYフレーム」カード1枚を対象として発動できる。このカードをエクストラデッキに戻し、対象のカードを手札に加える。
ATK2500 DEF1800


 ディヴァインはパワーアップします。

 オベリスク・フォースの襲撃を受けて、童実野町は戦場と化している。
 ディヴァインは顔無きスフィンクスの配下となり、アカデミアの侵略軍に加わっている。アルカディア・ムーブメント復活を目的として、罪無き市民達をカードに変えていく。

「お前達は何者だ! なぜ、こんなことを⁉」

「私はディヴァイン。サイコ・デュエリストが多次元世界を支配するためにも、スフィンクスと契約を結んだ。この次元の決闘者もカードに封じてくれよう」

「まったく。これ以上、勝手な真似はさせない」



『デュエル!』



【1ターン目:ディヴァイン】LP4000、ドローフェイズ後の手札5枚

「フィールド魔法《PSYフレーム・サーキット》を発動する」

「《カードカー・D:攻撃力800・Lv2》を召喚する。このカードが召喚されたメインフェイズだ。こいつをリリースして、2枚ドロー。ターンエンド」



【2ターン目:御伽龍児】LP4000、ドローフェイズ後の手札6枚

(フィールド)
ディヴァイン:フィールド魔法《PSYフレーム・サーキット》が発動中。


「僕のターン、ドロー。1000ポイントのライフを払い、魔法カード《サモン・ダイズ》を発動する。サイコロを振る。6が出たことで、モンスターをリリース無しで通常召喚できる」

「《ゴッド・オーガス:攻撃力2500・Lv7》を召喚!」

「私の場にモンスターはいない。相手が通常召喚を行ったことで、《PSYフレームギア・α:攻撃力500・Lv1・チューナー》を手札から、《PSYフレーム・ドライバー:攻撃力2500・Lv6》をデッキから特殊召喚する。そして、《PSYフレームギア・ε》をデッキサーチ!」

「《PSYフレーム》の特殊召喚により、《PSYフレーム・サーキット》の効果発動だ。レベル6《PSYフレーム・ドライバー》に、レベル1《PSYフレームギア・α》をチューニング! 逆巻け、我が復讐の黒炎! 《PSYフレームロード・Ζ:攻撃力2500・Lv7》をシンクロ召喚!」

「《ゴッド・オーガス》は特殊召喚されて攻撃表示だ。《PSYフレームロード・Ζ》の超能力を使う。このカードと《ゴッド・オーガス》を、次なる自分スタンバイフェイズまで除外する」

 雷使いである《PSYフレーム・ドライバー》は、《PSYフレームギア》をまとうことで《PSYフレームロード》となる。自立型増幅器により、電撃力を著しく増す。《ゴッド・オーガス》へ近づくと、鎧装備の巨体に触れた。自らと相手を一時的に異空間へ飛ばす。
 相手の番であるにもかかわらず、ディヴァインはモンスターを自由自在に操る。禍々しい超能力使いだ。御伽は冷汗を垂らした。


「《ゴッド・オーガス》を手札から捨てることで、装備魔法《D・D・R》を発動する。《ゴッド・オーガス:攻撃力2500・Lv7》を除外状態から特殊召喚するぞ!」

「またもや、私の場にモンスターはいない。《PSYフレームギア・δ:攻撃力1200・Lv2・チューナー》を手札から、《PSYフレーム・ドライバー:攻撃力2500・Lv6》をデッキから特殊召喚だ。《D・D・R》を無効にして破壊する」

「《PSYフレーム・サーキット》の力を使う。レベル6《PSYフレーム・ドライバー》に、レベル2《PSYフレームギア・δ》をチューニング! 燃えあがれ、我が復讐の黒炎! 《PSYフレームロード・Ω:攻撃力2800・Lv8》をシンクロ召喚!」

「《PSYフレームロード・Ω》の超能力を使う。このカードと相手手札を、次なる自分スタンバイフェイズまで除外する。貴様の手札は1枚しか残されていまい」

 《D・D・R》を使っての異次元からの帰還も封じられた。手札のカード1枚までも一時的とはいえ、使用不能にされてしまう。フィールド魔法《ダイス・ダンジョン》も使えない。ディヴァインのフィールドからモンスターが消えたということは、《PSYフレームギア》の超能力が働くということか。御伽は喰われるような不安に駆られていく。
 諦めるわけにはいかない。御伽は残された希望に縋ろうとする。


「魔法カード《死者蘇生》を発動。《ゴッド・オーガス:攻撃力2500・Lv7》を蘇らせる。よしっ。《PSYフレームギア》の妨害は来ない。ダイレクト・アタック!」

「来るさ。《PSYフレームギア・β:攻撃力700・Lv1・チューナー》を手札から、《PSYフレーム・ドライバー:攻撃力2500・Lv6》をデッキから特殊召喚するぞ。《ゴッド・オーガス》を破壊して、バトルフェイズを終了させる」

「《PSYフレーム・サーキット》によリシンクロ召喚を行う。レベル6《PSYフレーム・ドライバー》に、レベル1《PSYフレームギア・β》をチューニング! 逆巻け、我が復讐の黒炎! 《PSYフレームロード・Ζ:攻撃力2500・Lv7》をシンクロ召喚!」

「何もかもが……通用しない。ターンエンド」



【3ターン目:ディヴァイン:LP4000、ドローフェイズ後の手札4枚

(フィールド)
ディヴァイン:フィールド魔法《PSYフレーム・サーキット》が発動中。《PSYフレームロード・Ζ:攻撃力2500・Lv7》が攻撃表示。

御伽:無し。


「私のターン、ドロー。スタンバイフェイズだ。《PSYフレームロード・Ζ:攻撃力2500・Lv7》と《PSYフレームロード・Ω:攻撃力2800・Lv8》が異次元より帰ってくる」

 《ゴッド・オーガス:攻撃力2500・Lv7》も戻ってきた。主を守ろうと、剣を構える。


「《PSYフレームロード・Ζ》で《ゴッド・オーガス》を攻撃する。ここで《PSYフレーム・サーキット》のフィールド効果を使う。《PSYフレームギア・ε:攻撃力1500》を手札から捨てることで、その攻撃力分だけパワーアップだ。サイコ・デュエリストの恐ろしさを知るがいい。ダメージは実体化する」

 《PSYフレームロード・Ζ》は稲妻を放つ。《PSYフレームギア・ε》により力を増幅されて、その勢いは大災害と呼べるほど。《ゴッド・オーガス》は剣で受け止めるも、焼きつくされた。《PSYフレームロード・Ω》も直接攻撃を撃つ。その雷撃力は、御伽龍児の痛覚を激しく揺らして気絶させる。ディヴァインは勝利して、敗者をカードへと封印する。



「これこそが、新たなる我が力。アルカディア・ムーブメントは復活するぞ!」

 ディヴァインは叫ぶ。その光景に、オベリスク・フォース達は青ざめていた。





【D-115:勝者はディヴァイン!】




テーマ : 遊★戯★王 - ジャンル : アニメ・コミック

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。