スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

D-120 プリンセス・コロンVS方中ミエル

「マドルチェ・プディンセス・ショコ・ア・ラ・モード」地【天使族・エクシーズ・効果】★×5
地属性レベル5モンスター×2
このカードは自分フィールドのランク4以下の「マドルチェ」Xモンスターの上にこのカードを重ねてX召喚する事もできる。①:1ターンに1度、自分の墓地の「マドルチェ」カード1枚を対象として発動できる。そのカードをデッキに戻す。②:このカードが「マドルチェ・プディンセス」をX素材としている場合に自分の墓地の「マドルチェ」カードがデッキに戻った時、このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。デッキから「マドルチェ」モンスター1体を表側攻撃表示または裏側守備表示で特殊召喚する。
ATK2500 DEF2000


 今度は《マドルチェ》を使います。

 沢渡シンゴはプリンセス・コロンに勝つも、懐かれてしまった。肩に跳び乗られている。喋る人形は、ある意味でホラー。憑かれたのかもしれない。通行人達からの視線が辛すぎる。沢渡軍団(志島北斗も加入済)は距離を取って、後方を歩いている。
 方中ミエルとすれ違う。彼女は眉をしかめて呟いた。

「うわっ。きもっ」

「ちょっと、待てよ。俺だって好きで人形を肩に乗せているんじゃねぇよ」

「こらっ。シンゴを馬鹿にするな!」

「人形が喋った。というか、不思議な力を感じるわ。うーん、変な物が視える」

「じろじろ見ないでよ。何よ、この林檎女は。デュエルでやつけてやるんだから」



『デュエル!』



【1ターン目:ミエル】LP4000、ドローフェイズ後の手札5枚

「私の先攻ね。モンスター1体を裏守備表示でセット。カード1枚をセットして、ターンエンド」



【2ターン目:コロン】LP4000、ドローフェイズ後の手札6枚

(フィールド)
ミエル:モンスター1体を裏側守備表示でセットしている。魔法&罠ゾーンにカード1枚をセットしている。


「私のターン、ドロー。フィールド魔法《マドルチェ・シャトー》を発動するわ。《マドルチェ》の攻守は500ポイントアップ。永続魔法《マドルチェ・チケット》を発動するよ」

「《マドルチェ・マジョレーヌ:攻撃力1400・Lv4》を召喚。この召喚に成功したことで、《マドルチェ・エンジェリー》をデッキから手札に加えるの」


「《マドルチェ・マジョレーヌ》でセットモンスターに攻撃!」

「 《占術姫コインノーマ:守備力1400・Lv3》は戦闘破壊されるけど、リバース効果を発動する。《占術姫クリスタルウンディーネ:守備力2200・Lv5》をデッキから裏守備表示で特殊召喚!」

「やるじゃない。カード2枚をセットして、ターンエンド」

 プリンセス・コロンは可愛らしい魔導人形を使う。魔女っ子が星雨を降らせる。《占術姫コインノーマ》は大金貨を盾にするも、防げなかった。《占術姫クリスタルウンディーネ》を散際に呼びだす。レベル3以上のリバース・モンスターを裏守備表示で特殊召喚できるのだ。
 沢渡軍団は息を呑んで、女の子同士の決闘を観戦している。この2人は、けっこう強そうな予感。



【3ターン目:ミエル】LP4000、ドローフェイズ後の手札4枚

(フィールド)
ミエル:モンスター1体を裏側守備表示でセットしている。魔法&罠ゾーンにカード1枚をセットしている。

コロン:《マドルチェ・マジョレーヌ:攻撃力1900・Lv4》が攻撃表示。フィールド魔法《マドルチェ・シャトー》&永続魔法《マドルチェ・チケット》が発動中。魔法&罠ゾーンにカード2枚をセットしている。


「お人形さんに負けてられないから。私のターン、ドロー。《占術姫クリスタルウンディーネ:攻撃力1400・Lv5》を反転召喚! リバース効果により、儀式モンスター《聖占術姫タロットレイ》をデッキから手札へ加えるわ!」

「儀式魔法《聖占術の儀式》を発動するよ! レベル5《占術姫クリスタルウンディーネ》をフィールドから、レベル4 《占術姫アローシルフ》を手札からリリース。《聖占術姫タロットレイ:攻撃力2700・Lv9》を儀式召喚!」

「罠カード《強制退出装置》を発動するわ。モンスター1体を互いに選んで、デッキへ戻す」

 こうなる未来も視えてはいたが、ミエルは悲鳴を零す。《聖占術姫タロットレイ》は特殊効果も発揮できず、デッキへ押し戻されるのだ。墓地送りにされるよりも悲惨である。蘇生効果も頼れないから。エースに一点集中させた戦術の弱点である。
 《マドルチェ・マジョレーヌ》もデッキ戻りにされるが、《マドルチェ・チケット》の力が働く。《マドルチェ》カードをデッキへ戻したことで、《マドルチェ・メッセンジェラート》をデッキから手札に加える。

「モンスター1体を裏側守備表示でセット。カード1枚をセットしてターンエンド」



【4ターン目:コロン】LP4000、ドローフェイズ後の手札4枚

(フィールド)
ミエル:モンスター1体を裏側守備表示でセットしている。魔法&罠ゾーンにカード2枚をセットしている。

コロン:フィールド魔法《マドルチェ・シャトー》&永続魔法《マドルチェ・チケット》が発動中。魔法&罠ゾーンにカード1枚をセットしている。


「私のターン、ドロー。罠カード《マドルチェ・ハッピーフェスタ》を発動するからね。覚悟しなさいよ。《マドルチェ》4体を手札から特殊召喚!」

 《マドルチェ・メッセンジェラート:攻撃力1600・Lv4》
 《マドルチェ・エンジェリー:攻撃力1000・Lv4》
 《マドルチェ・プディンセス:攻撃力1000・Lv5》
 《マドルチェ・クロワンサン:攻撃力1500・Lv3》

「《マドルチェ・クロワンサン》は犬さんだから獣族なの。《マドルチェ・メッセンジェラート》の特殊召喚に成功したから、《魔導人形の夜》をデッキサーチ!」

「《マドルチェ・エンジェリー》をリリース。《マドルチェ・プディンセス:攻撃力1000・Lv5》をデッキから特殊召喚するよ。姫様が並んだようね」


「レベル5の《マドルチェ・プディンセス》2体で、オーバーレイ・ネットワークを構築! 《マドルチェ・プディンセス・ショコ・ア・ラ・モード:攻撃力2500・R5・O×2》をエクシーズ召喚!」

 《マドルチェ・エンジェリー》は魔法の力を使って、《マドルチェ・プディンセス》に大変身。
 お姫様人形が手を取りあってダンスをする。2人は光渦に包まれていき、チョコレートカラーのドレスをまとった《マドルチェ・プディンセス》が現れた。《マドルチェ・クロワンサン》が嬉しそうに跳び跳ねる。《マドルチェ・メッセンジェラート》も優しく見守っており、にぎやかな光景だ。

「《マドルチェ・プディンセス・ショコ・ア・ラ・モード》の特殊効果を発動するよ。《マドルチェ・エンジェリー》を墓地からデッキへ戻す。《マドルチェ》カードがデッキに戻ったから、ORU1体を取り除く。《マドルチェ・マジョレーヌ:攻撃力1400・Lv4》をデッキから特殊召喚!」

「カード効果によって《マドルチェ》がデッキへ戻ったから、《マドルチェ・チケット》の効果を使うよ。《マドルチェ・シューバリエ:攻撃力1700・Lv4》をデッキから特殊召喚!」

「《マドルチェ・クロワンサン》も特殊効果を使うからね。《マドルチェ・メッセンジェラート》を手札へ戻して、300ポイントのパワーアップ。レベルも1アップ!」


「レベル4の《マドルチェ・クロワンサン》と《マドルチェ・マジョレーヌ》で、オーバーレイ・ネットワークを構築! 《クイーンマドルチェ・ティアラミス:攻撃力2200・R4・O×2》をエクシーズ召喚!」

「ORU1体を取り除く。ORU扱いで墓地送りになった《マドルチェ・プディンセス》と《マドルチェ・マジョレーヌ》をデッキへ戻す。セットモンスターとセットモンスターをデッキへ戻しちゃう」

「《クイーンマドルチェ・ティアラミス》に重ねて、《マドルチェ・プディンセス・ショコ・ア・ラ・モード:攻撃力2500・R5・O×1》をエクシーズ召喚!」

 魔女と犬さんが手を取り、愛らしいダンスを披露する。2体は光渦に包まれて、そこから《クイーンマドルチェ・ティアラミス》が現れた。《マドルチェ・プディンセス》のお母さんだ。魔導人形としての魔力を放って、ミエルのカードを吹きとばす。《占術姫ペタルエルフ》はセット状態から除去されてしまう。リバース効果を発揮できれば、相手の攻撃表示モンスター全てを守備表示にできたが。ミエルは歯噛みしながらも、効果対象となった罠をリバースさせる。
 《クイーンマドルチェ・ティアラミス》は魔法の力で大変身。娘さんと同じ格好となった。


「2000のライフポイントを払って、罠カード《バースト・リバース》を発動するわ。 《占術姫コインノーマ:守備力1400・Lv3》を墓地から裏守備表示で特殊召喚する」


「あっ、そう。《マドルチェ》3体で総攻撃!」

 《マドルチェ・シューバリエ》は人形馬に乗って、 《占術姫コインノーマ》を飴剣で叩く。《マドルチェ》親子を攻撃から守れる特殊能力を有しているが、その力を活かせないうちに終わりそうだ。
  《占術姫コインノーマ》のリバース効果により、 《占術姫アローシルフ:守備力1400・Lv4》が裏守備状態で呼ばれる。それも《マドルチェ・プディンセス・ショコ・ア・ラ・モード》に倒されてしまう。リバース能力で《聖占術の儀式》をデッキサーチしても意味はない。 《黒猫の睨み》の発動条件も満たせず、ミエルは押されるばかり。
 《占術姫コインノーマ》 で《占術姫ウィジャモリガン》を呼べば、《占術姫ペタルエルフ》とのコンボを成功させられたのに。《マドルチェ・プディンセス・ショコ・ア・ラ・モード》からマジカル・チョコビームを浴びてしまい、ミエルのライフは0にされた。

「コロンの勝ちね」



「見つけたぞ。プリンセス・コロンと方中ミエルよ」

 決着がついたとき、悍ましい気配が空から降りてきた。顔無きスフィンクス。大邪神は獣人モードとなりて、プリンセス・コロンとミエルを抱きかかえた。鷲翼を羽ばたかせて、次元の裂目を開く。暗黒渦巻く顔面からは、名状しがたき恐怖が流れてくる。

「両手に花というものだ。コロンは可憐すぎる。心臓が張り裂けそうだ。発育の遅めな女子中学生も最高ではないか。我と契約して魔法少女になってもらうぞ。これ、言ってみたかった。鏡のデュアル・イズムも生で聴かせてほしいものだ」

 そう言葉を吐くと、顔無きスフィンクスは次元の裂目に飛びこんだ。

「ぎゃーっ! 誘拐じゃねぇか。犯罪っすよ」

「沢渡さん、通報しましょうよ」

「いや。あんなふざけた野郎は俺がデュエルで倒す。行くぞ!」

 沢渡シンゴは大邪神を追いかけていく。そのまま、融合次元のアカデミアに突入することになる。





【D-120:勝者はプリンセス・コロン!】




テーマ : 遊★戯★王 - ジャンル : アニメ・コミック

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。