スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

D-121 沢渡シンゴVSソウル・オブ・トラゴエディア

「The grand JUPITER」闇【戦士族・効果】☆×8
①:1ターンに1度、手札を2枚捨て、相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。その表側表示モンスターを装備カード扱いとしてこのカードに装備する。②:このカードの攻撃力は、このカードの効果で装備したモンスターの元々の攻撃力分アップする。③:自分・相手のエンドフェイズに、このカードの効果で装備したモンスターカード1枚を対象として発動できる。そのカードを自分フィールドに特殊召喚する。
ATK2500 DEF2000


 漫画版・遊戯王GXのラスボスです。

 沢渡シンゴは、顔無きスフィンクスを追って融合次元へ突入した。潜り抜けてきた裂目は、次第に閉じていく。友人達は来れなかったようだ。来なかった可能性も高いけど。
 広大なスペースだ。仮面の決闘者達が何者かに倒されている。何が起こったのだろうか。
 暗黒瘴気が流れてきた。そいつは一ヶ所に渦巻きながら集まっていき、大怪物の姿となる。沢渡を見下しながら、歪に笑う。

「デュエルに敗れ、融合次元に戻ってきたが、面白いことになっている。退屈せずに済みそうだ。顔無きスフィンクスの力で傷を癒そうと思ったが、まずは貴様を喰らうことにしよう」

「あの変態獣の仲間か。この沢渡シンゴが成敗してやるぜ!」



『デュエル!』



【1ターン目:沢渡】LP4000、ドローフェイズ後の手札5枚

「俺の先攻。まずは様子見だ。モンスター1体を裏守備表示でセット。ターンエンド」



【2ターン目:トラゴエディア】LP4000、ドローフェイズ後の手札6枚

(フィールド)
沢渡:モンスター1体を裏側守備表示でセットしている。


「あのスフィンクスは大邪神としての力はあるが、あんなのと一緒にされては困る。威勢の良いガキめ。俺の餌となってもらう。ドロー。魔法カード《デビルズ・サンクチュアリ》2枚を発動する。《メタルデビル・トークン:守備力0・Lv1》2体を特殊召喚!」

「これらをリリースして、《The despair URANUS:攻撃力2900・Lv8》をアドバンス召喚!」

「俺の場に魔法・罠は存在しない。この召喚により、《The despair URANUS》は特殊効果を発揮する。永続魔法か永続罠を宣言せよ。永続罠か。《進撃の帝王》をデッキよりセットする」

「魔法カード《名推理》も発動する。レベルを宣言せよ。7か。デッキからカードをめくっていくぞ。推理を外したようだな。《The grand JUPITER:攻撃力2500・Lv8》を特殊召喚!」


「《The despair URANUS》と《The grand JUPITER》で攻撃する」

 ウジャトの眼が巨大化したような存在。その中央部分には顔がある。そいつが上下二つに分かれるように開いて、ビーム砲を売ってきた。《魔界劇団-サッシー・ルーキー:守備力1000・Lv4P》は1ターンに1度だけ破壊されないので、何とか両腕を盾にして耐える。《The grand JUPITER》の爪攻撃を受けて戦闘破壊されてしまうが。
 
「《魔界劇団-サッシー・ルーキー》が破壊された。レベル4以下である《魔界劇団-プリティ・ヒロイン:攻撃力1500・Lv4P》をデッキから特殊召喚だ」


「《魔界劇団-プリティ・ヒロイン》は厄介な特殊能力を有しているようだな。《The blazing MARS》と《黄泉ガエル》を手札から捨てることで、 《The grand JUPITER》の効果発動だ。《魔界劇団-プリティ・ヒロイン》を装備する。ターンエンド」

 胸に収まった小型木星が、《魔界劇団-プリティ・ヒロイン》をブラックホールのように吸収する。その攻撃力分だけ、《The grand JUPITER》はパワーアップ。
 《魔界劇団-プリティ・ヒロイン》をエンドフェイズに手下として特殊召喚できるが、トラゴエディアはそうしない。戦闘破壊されると、沢渡は《魔界台本》魔法をデッキよりセットするから。《The grand JUPITER》は神級の攻撃力を湛えている。



【3ターン目:沢渡】LP4000、ドローフェイズ後の手札5枚

(フィールド)
沢渡:無し。

トラゴエディア:《魔界劇団-プリティ・ヒロイン》を装備したThe grand JUPITER:攻撃力4000・Lv8》&《The despair URANUS:攻撃力2900・Lv8》が攻撃表示。魔法&罠ゾーンにカード1枚をセットしている。


「俺のターン、ドロー。アドバンテージを一気に回復するぜ。モンスター1体を裏側守備表示で伏せる。カード4枚をセットして、ターンエンド」



【4ターン目:トラゴエディア】LP4000、ドローフェイズ後の手札1枚

(フィールド)
沢渡:モンスター1体を裏側守備表示でセットしている。魔法&罠ゾーンにカード4枚をセットしている。

トラゴエディア:《魔界劇団-プリティ・ヒロイン》を装備したThe grand JUPITER:攻撃力4000・Lv8》&《The despair URANUS:攻撃力2900・Lv8》が攻撃表示。魔法&罠ゾーンにカード1枚をセットしている。


「貴様の思考を読むなど容易いこと。《メタモルポット》でも伏せておいたのだろう。ドロー。まずは、永続罠《進撃の帝王》を発動するぞ。《The despair URANUS》はアドバンス召喚されている。カード効果の対象にならず、効果破壊もされない」

「表側表示の罠が存在するゆえ、《The despair URANUS》の攻撃力は300ポイントアップする。こいつが存在するかぎり、《進撃の帝王》は破壊されない。これこそ、プラネット・シリーズの力だ!」


「魔法カード《ハーピィの羽箒》を発動! 貴様の魔法・罠全てを破壊する」

「《魔界劇団-サッシー・ルーキー》はペンデュラム・モンスター。戦闘破壊されても墓地へは送られず、エクストラデッキに表側表示で置かれる。この状態で、セットされた《魔界台本》が相手によって効果破壊されると本領発揮だ。《魔界台本「オープニング・セレモニー」》が破壊されたことで、手札が5枚になるまでドロー」

「《魔界台本「魔王の降臨」》も《ハーピィの羽箒》で破壊されたんだ。《魔界劇団-ビッグ・スター》と《魔界劇団-デビル・ヒール》をデッキサーチ!」

「《魔界台本「ファンタジー・マジック」》が破壊されたことで、《進撃の帝王》をデッキトップへ戻す。破壊じゃないから、《The despair URANUS》でも守れないよな。《魔界大道具「ニゲ馬車」》も破壊されたから、あんたのフィールドカード全てを手札へ戻す。《魔界劇団-プリティ・ヒロイン》も帰ってくる。このタイミングで《ハーピィの羽箒》が来るとは、ありがたい!」

 モンスターを墓地へ送られたわけでないので、《The blazing MARS》の特殊召喚も不可能だ。

「ぐぬぬっ。貴様っ! ターンを終了する」



【5ターン目:沢渡】LP4000、ドローフェイズ後の手札9枚

(フィールド)
沢渡:モンスター1体を裏側守備表示でセットしている。

トラゴエディア:無し。


「俺のターン、ドロー。スケール1《魔界劇団-デビル・ヒール》とスケール8《魔界劇団-ファンキー・コメディアン》でペンデュラム・スケールをセッティング!」

「《魔界劇団-ビッグ・スター:攻撃力2500・Lv7P》と《魔界劇団-プリティ・ヒロイン:攻撃力1500・Lv4P》、《魔界劇団-サッシー・ルーキー:攻撃力1700・Lv4P》をペンデュラム召喚! 遠慮なく総攻撃を行くぜっ!」

「俺が、こんな馬鹿そうな決闘者に負けるとはありえない。や、やめろ! ぐぎゃーっ!」

 《ハーピィの羽箒》によって、大量の《魔界台本》が舞いあがっている。そんな光景の中、大振り子に導かれて、《魔界劇団-ビッグ・スター》らが降りてきた。沢渡は指を鳴らして、ポーズを決める。《魔界劇団》のスターとヒロインがダブルキック。トラゴエディアはライフポイントを失い、苦悶の声を吐きながら消えていった。

「これが、沢渡シンゴの実力さ」





【D-121:勝者は沢渡シンゴ!】




テーマ : 遊★戯★王 - ジャンル : アニメ・コミック

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。