スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

D-126 バトル・ビースト

「古代の機械射出機」通常魔法
「古代の機械射出機」の①②の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。①:自分フィールドにモンスターが存在しない場合、自分フィールドの表側表示のカード1枚を対象として発動できる。そのカードを破壊し、デッキから「アンティーク・ギア」モンスター1体を召喚条件を無視して特殊召喚する。②:墓地のこのカードを除外し、自分フィールドの表側表示のカード1枚を対象として発動できる。そのカードを破壊し、自分フィールドに「古代の歯車トークン」(機械族・地・星1・攻/守0)1体を特殊召喚する。


 ラスボスの間に入ります。

 アカデミア最奥にある広間に、海馬一行は突入した。
 そこで、暗黒の儀式が行われている。少女達が舞台上で歌い、外世界の住人達が踊り狂う。その光景に、赤馬零児は眉をひそめた。赤馬零王も彼らの中に混じっていたのだ。光輝く棒を両手にして、大声で何かを叫んでいる。他人のふりをするしかない。
 顔無きスフィンクスが腕を振りあげて、床へと叩きつけた。魔法陣が広がって、そこから野性味にあふれる決闘者が浮きあがってきた。その双眸は狂気に満ちている。

「汝らに強力無比なるデュエリストをぶつけてくれよう。来るがいい。バトル・ビースト!」

「グルウアァァッ!」

「ぬおっ。こっちに来た! 怖っ!」

 バトル・ビーストはオベリスク・フォースの1人に襲いかかる。敵味方に見境なく挑んでくる危険人物のようだ。双眸に湛えているのは飢餓感のみ。プリンセス・コロンが涙いっぱいに驚いて、ミエルに跳びついた。海馬瀬人は静かに眺めている。



『デュエル!』



【1ターン目:BB】LP4000、ドローフェイズ後の手札5枚

「俺の先攻。《剣闘獣サムニテ:攻撃力1600・Lv3》を召喚。カード2枚をセットして、ターンエンド」



【2ターン目:オベリスク・フォース】LP4000、ドローフェイズ後の手札6枚

(フィールド)
BB:《剣闘獣サムニテ:攻撃力1600・Lv3》が攻撃表示。魔法&罠ゾーンにカード2枚をセットしている。


「セラちゃんで妄想していたのに、何で俺が襲われるんだよ。死刑にしてやる。ドロー。フィールド魔法《歯車街》を発動する!」

「魔法カード《古代の機械射出機》を発動する。《歯車街》を破壊して、《古代の機械熱核竜:攻撃力3000・Lv9》をデッキから特殊召喚する。《歯車街》が破壊されたことで、さらに《古代の機械熱核竜:攻撃力3000・Lv9》をデッキから特殊召喚!」

「《古代の機械飛竜:攻撃力1700・Lv4》を召喚する。この召喚により、《アンティーク・ギア》1枚をデッキサーチ!」

「俺のフィールドには《剣闘獣》がいる。カウンター罠《剣闘獣の戦車》を発動するぞ。《古代の機械飛竜》の特殊能力を無効にして破壊する」

 ホワイトタイガーの《グラディアル・ビースト》はチャリオットに駆って、大きく跳びあがる。《古代の機械飛竜》に百裂獣拳を叩きこみ、特殊機能を発揮させずにスクラップにした。モンスター効果など、《剣闘獣》の前では容易にカウンターされてしまう。
 オベリスク・フォースの一員は、太った体を揺らして勇気を奮わす。


「やるじゃねぇか。だがな、セラちゃんが見ている前で、俺は負けられねぇんだ。《古代の機械熱核竜》2体で攻撃すれば、てめーのハートはイチコロだぜ」

「《古代の機械熱核竜》の特殊召喚時に、罠カード《和睦の使者》を発動していた。このターン、《剣闘獣サムニテ》はバトルダメージを受けない」


「ほわっ。でも、俺は大丈夫。既存の概念に囚われず、エクシーズ次元の召喚方法を使うぜ。レベル9の《古代の機械熱核竜》2体で、オーバーレイ・ネットワークを構築! 《幻子力空母エンタープラズニル:攻撃力2900・R9・O×2》をエクシーズ召喚!」

「ORU1体を取り除くことで、《剣闘獣サムニテ》を除外する」

 オベリスク・フォースは意地でも《剣闘獣》を除去しようとする。《剣闘獣ベストロウリィ》の召喚から《剣闘獣ガイザレス》の特殊召喚につなげられると困ったことになってしまう。《古代の機械熱核竜》達は光渦へ吸いこまれていき、空中空母が飛翔する。ホール全体を占めるような巨大さだ。戦闘機群を放って、《剣闘獣サムニテ》を爆撃する。

「除外したから、そのデッキでは再利用も難しいだろう。ターンエンド」



【3ターン目:BB】LP4000、ドローフェイズ後の手札3枚

(フィールド)
BB:無し。

オベリスク・フォース:《幻子力空母エンタープラズニル:攻撃力2900・R9・O×1》が攻撃表示。


「俺のターン、ドロー。てめーは殺す。魔法カード《休息する剣闘獣》を発動する。《剣闘獣》2体を手札からデッキへ戻すことで、3枚ドロー」


「《剣闘獣アンダル:攻撃力1900・Lv4》を召喚する」

「《剣闘獣》がいるから、《スレイブタイガー:攻撃力600・Lv3》を手札から特殊召喚する。こいつの特殊能力を使う。《剣闘獣アンダル》をデッキへ戻すことで、《剣闘獣ムルミロ:攻撃力800・Lv3》をデッキから特殊召喚する。こいつは《剣闘獣》により特殊召喚された扱いだ。モンスターである《幻子力空母エンタープラズニル》を破壊だ! ダイレクト・アタック!」

 《スレイブタイガー》は熊の《剣闘獣》を乗せて走っていく。代わりに、半魚人の《剣闘獣》を連れてきた。《剣闘獣ムルミロ》は水砲撃を撃ちあげて、《幻子力空母エンタープラズニル》を貫いた。煙を吐きながら墜落していく。オベリスク・フォースのライフも3200ポイントまで減らされた。
 《剣闘獣》は戦闘を行うと、バトルフェイズ・エンドにデッキの仲間と交代できる。《剣闘獣ムルミロ》はデッキに戻り、《剣闘獣エクイテ:攻撃力1600・Lv4》がデッキから特殊召喚された。《剣闘獣》によって特殊召喚されたことで、有翼の半人半馬は墓地から《剣闘獣の戦車》を回収する。これこそが、《剣闘獣》特有の連携能力だ。

「カード1枚をセットして、ターンエンド」



【4ターン目:オベリスク・フォース】LP3200、ドローフェイズ後の手札4枚

(フィールド)
BB:《剣闘獣エクイテ:攻撃力1600・Lv4》が攻撃表示。魔法&罠ゾーンにカード1枚をセットしている。

オベリスク・フォース:無し。


「俺のターン、ドロー。モンスター1体を裏守備表示でセット。永続魔法《古代の機械城》を発動する。《古代の機械射出機》を墓地除外して、こいつを破壊する。《古代の歯車トークン:守備力0・Lv1》を特殊召喚しておく。ターンエンド」

 《剣闘獣の戦車》が伏せられているので、モンスター効果は封じられたも同然だ。《マインフィールド:攻撃力1500・Lv4》を召喚しても、フィールド魔法回収は邪魔されるであろう。《古代の歯車機械:守備力2000・Lv4》を伏せて置く。《古代の機械城》が場に現れるも、すぐに崩れていく。壁を増やして、何とか乗りきるしかない。



【5ターン目:BB】LP4000、ドローフェイズ後の手札2枚

(フィールド)
BB:《剣闘獣エクイテ:攻撃力1600・Lv4》が攻撃表示。魔法&罠ゾーンにカード1枚をセットしている。

オベリスク・フォース:《古代の歯車トークン:守備力0・Lv1》が守備表示。モンスター1体を裏側守備表示でセットしている。


「壁を増やしても無駄なことだ。俺のターン、ドロー。魔法カード《剣闘訓練所》を発動して、レベル4以下の《剣闘獣ベストロウリィ:攻撃力1500・Lv4》をデッキから手札に呼びこむ。こいつを召喚!」

「《剣闘獣ベストロウリィ》と《剣闘獣エクイテ》をデッキに戻す。古に生きる猛禽の闘士よ! 剣闘士の魂と交わり、歴戦の勇士となれ! 来い! 《剣闘獣ガイザレス:攻撃力2400・Lv6》!」

「こいつを特殊召喚したことで、守備モンスターを2体とも破壊する」


「《凶暴化の仮面》を装備して、1000ポイントのパワーアップだ。ダイレクト・アタック!」

「せめて、セラちゃんの前では勝ちたかった」

 オベリスク・フォースの恐れていたことが起こった。《剣闘獣ガイザレス》を特殊召喚されてしまえば、問答無用でカード2枚を破壊してくる。《剣闘獣ベストロウリィ》が制限されていた時期ですら、《剣闘訓練所》により呼びやすさも緩和されていた。
 《凶暴化の仮面》をかぶったせいであろうか。主の狂気が移ったかのように、《剣闘獣ガイザレス》は野獣の叫びをあげる。オベリスク・フォースを殴りつけて、そのライフポイントを0にする。BBは次なる獲物を求めて走りだす。



 バトル・ビーストは赤馬零児へと迫る。凄まじい脚力で、床を抉っていく。その前に、影が降りてきた。野生決闘者の拳を、短刀で受け止める。

「赤馬殿。仲間を連れてきたでござる。そして、こいつは拙者が倒す」

「頼んだぞ、月影!」

 忍者・月影はバトル・ビーストに決闘盤を突きつける。
 オービタル7を装備した天城カイトも、上階位置より降りてきた。
 顔無きスフィンクスは新たなる決闘者を召喚する。床に広がった魔法陣から、藍神が浮かんできた。彼は囚われのセラを見て、辛そうな表情に顔を歪めた。

 物陰から、コナミ君が様子を伺っていた。ツァン・ディレも一緒だ。

「スフィンクスが調子に乗っているから〆てやろうかと思ったけど、大変なことになったじゃねぇか」

「そういうレベルじゃないよ。どうするの、これ?」





【D-126:勝者はBB!】




テーマ : 遊★戯★王 - ジャンル : アニメ・コミック

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。