スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

D-127 月影VSバトル・ビースト

「黒竜の忍者」闇【獣族・効果】☆×7
このカードは「忍者」モンスターまたは「忍法」カードの効果でしか特殊召喚できない。①:1ターンに1度、手札及び自分フィールドの表側表示のカードの中から、「忍者」モンスター1体と「忍法」カード1枚を墓地へ送り、フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを除外する。この効果は相手ターンでも発動できる。②:表側表示のこのカードがフィールドから離れた場合に発動する。このカードの効果で除外されているモンスターを可能な限り元々の持ち主のフィールドに特殊召喚する。
ATK2800 DEF1600


 《忍者》VS《剣闘獣》です。

 アカデミア最奥の大広間にて。 
 月影とバトル・ビーストは向いあう。冷静なる決闘忍者と、敵味方を見境なく襲いかかる危険極まりない野獣デュエリスト。オベリスク・フォースの1人が既に倒されてしまい、カードに変えられている。赤馬零児は観戦を決めこむ。彼の勝利を信じて。


『デュエル!』



【1ターン目:月影】LP4000、ドローフェイズ後の手札5枚

「拙者の先攻か。モンスター1体を裏守備表示で伏せる。カード2枚を伏せて、ターン終了!」



【2ターン目:BB】LP4000、ドローフェイズ後の手札6枚

(フィールド)
月影:モンスター1体を裏側守備表示でセットしている。魔法&罠ゾーンにカード2枚をセットしている。


「俺のターン、ドロー。《剣闘獣ラクエル:攻撃力1800・Lv4》を召喚。セットモンスターに攻撃する」

「《黄昏の忍者-シンゲツ》は戦闘破壊された。《忍者マスター HANZO》をデッキサーチ!」

「《剣闘獣ラクエル》が戦闘を行ったバトルフェイズ終了時だ。こいつとデッキの《剣闘獣ベストロウリィ:攻撃力1500・Lv4》を交代させる。《剣闘獣》の特殊能力によって、こいつが特殊召喚されたんだ。魔法・罠を1枚破壊する」

「お主が破壊したのは、装備魔法《風魔手裏剣》。700ポイントのダメージを受けてもらう」

 《剣闘獣ラクエル》は炎輪をまといながら突っこむ。虎闘士の拳を受けて、《黄昏の忍者-シンゲツ》のヴィジョンは砕かれてしまう。ただでは死なず、仲間を呼ぶ。
 《剣闘獣ラクエル》はデッキへと引っこんで、《剣闘獣ベストロウリィ》が羽ばたいてきた。鳥闘士は烈風を叩きつけようとするも、月影は《風魔手裏剣》を投げつける。バトル・ビーストの胸に刺さって、そのライフを3300ポイントまで減らす。


「ぐるるぅ! 《剣闘獣の闘器デーモンズシールド》を《剣闘獣ベストロウリィ》に装備する。装備モンスターが破壊される場合、こいつを身代りにできる。カード2枚をセットして、ターンエンド」



【3ターン目:月影】LP4000、ドローフェイズ後の手札4枚

(フィールド)
月影:魔法&罠ゾーンにカード1枚をセットしている。

BB:装備魔法《剣闘獣の闘器デーモンズシールド》を装備した《剣闘獣ベストロウリィ:攻撃力1500・Lv4》が攻撃表示。魔法&罠ゾーンにカード2枚をセットしている。


「拙者のターン、ドロー。《機甲忍者アクア》を手札から捨て、速攻魔法《ツインツイスター》を発動。《剣闘獣の闘器デーモンズシールド》とセットカード1枚を破壊する。やはり、《剣闘獣の戦車》を仕掛けていたか。忍者の感は当たるでござる」

「《忍者マスター HANZO:攻撃力1800・Lv4》を召喚。この召喚により、《忍法変化の術》をデッキから手札に加える。《剣闘獣の戦車》を取り除いたゆえに、邪魔もできまい」


「《忍者マスター HANZO》で《剣闘獣ベストロウリィ》を攻撃する」

 《忍者マスター HANZO》は残像を引く勢いで走る。《剣闘獣ベストロウリィ》を斬った。鳥羽が赤く染まって散っていく。《剣闘獣の闘器デーモンズシールド》は《ツインツイスター》によって吹きとばされている。戦闘破壊は避けられない。バトル・ビーストのライフは3000ポイントまでダウン。
 月影は《機甲忍者アクア》を墓地待機させることで、直接攻撃への対策も取っている。万丈目準やハック・アトラスは感心する。

「カード1枚をセットして、ターンエンド」



【4ターン目:バトル・ビースト】LP3000、ドローフェイズ後の手札3枚

(フィールド)
月影:《忍者マスター HANZO:攻撃力1800・Lv4》が攻撃表示。魔法&罠ゾーンにカード2枚をセットしている。

BB:魔法&罠ゾーンにカード1枚をセットしている。


「俺のターン、ドロー。罠カード《トロイの剣闘獣》を発動する。《剣闘獣ムルミロ:守備力400・Lv3》を手札から相手フィールドに特殊召喚して、1枚ドロー」

「手札から速攻魔法《剣闘調教》を発動! 《剣闘獣ムルミロ》を返してもらう!」


「《剣闘獣トラケス:攻撃力1400・Lv3》を召喚。《スレイブタイガー:攻撃力600・Lv3》も手札から特殊召喚して、リリース。《剣闘獣トラケス》を、デッキの《剣闘獣ラニスタ:攻撃力1800・Lv4》と交代させる。《剣闘獣》によって特殊召喚したことで、拳闘士としての能力発揮だ。《剣闘獣ベストロウリィ》を墓地除外して、その名を得る」

 月影の場に、巨大木馬が現れる。《剣闘獣ムルミロ》が跳びだして、主の場へと帰っていく。
 魚の《剣闘獣》は奴隷虎に乗りて、デッキへと引っこむ。《剣闘獣ラニスタ》が代わりに飛んできた。こちらの鳥の《剣闘獣》だ。《剣闘獣ベストロウリィ》の名を得たことで、《剣闘獣ガイザレス》の特殊召喚につなげる気であろう。バトル・ビーストはカード2枚を破壊するつもりだ。


「永続罠《忍法 超変化の術》を発動する。《忍者マスター HANZO》と《剣闘獣ラニスタ》を黄泉送りとして、《白竜の忍者:攻撃力2700・Lv7》をデッキより特殊召喚!」

 《忍者マスター HANZO》は《剣闘獣ラニスタ》の背後へと回りこみ、その身を拘束した。術を唱えて、《白竜の忍者》を特殊召喚するための生贄となる。白竜まといし女性忍者が、月影と並ぶ。バトル・ビーストは冷汗を流している。忍者決闘者の恐ろしさを理解したようだ。

「《剣闘獣ラニスタ》を墓地へ送られては、《剣闘獣ガイザレス》を呼べない。ターンエンド」



【5ターン目:月影】LP4000、ドローフェイズ後の手札2枚

(フィールド)
月影:永続罠《忍法 超変化の術》によって特殊召喚された《白竜の忍者:攻撃力2700・Lv7》が攻撃表示。魔法&罠ゾーンにカード1枚をセットしている。

BB:《剣闘獣ムルミロ:守備力400・Lv3》が守備表示。


「拙者のターン、ドロー。《忍者マスター SASUKE:攻撃力1800・Lv4》を召喚して、《剣闘獣ムルミロ》を斬る。表側守備表示モンスターに仕掛けるゆえ、ダメージ計算を行わず破壊する」

「《忍者マスター SASUKE》をリリースして、罠カード《忍法変化の術》を発動。《黒竜の忍者:攻撃力2800・Lv7》をデッキより特殊召喚。《白竜の忍者》と共にダイレクト・アタック!」

 忍者達の神速斬りを浴びて、バトル・ビーストは倒れた。



 顔無きスフィンクスは、藍神に命じる。

「バトル・ビーストは負けたか。藍神よ。汝が月影を倒すのだ。反抗的な顔をしているが、汝が反抗すれば、セラにブラマジガールのコスプレをさせる。セラの頭を、なぜなぜしまくる。セラと個人握手会を行う。さぁ、行くのだ!」

「人質を取って、言うことを聞かせているのか。顔無きスフィンクスという奴は最低最悪だ!」

「ジャック・アトラスは子供を人質に取るような決闘者を許せない!」

 万丈目達は怒る。沢渡シンゴも切れそうだ。
 月影は舞台上へと向かって走った。顔無きスフィンクスに煙玉を投げつけて、びびらせる。オベリスク・フォースの軍勢が、一斉に襲いかかってくるも。

「お主らと相手をする暇もない。忍法・デュエル省略の術!」

 月影の最終奥義を受けて、仮面の決闘者達のライフポイントが0へと落ちていく。彼らは泣きそうに倒れていった。あまりの理不尽さに、ぶつぶつと愚痴っている。舞台にかけられた結界を斬り、セラやプリンセス・コロンを救いだす。

「藍神といったな。お主の妹は救った。これで、顔無きスフィンクスの命に従う必要はない」

「ありがとう。僕も顔無きスフィンクスと戦う」



「あのモブ顔忍者、すげーじゃねぇか!」

 コナミ君が嬉しそうにガッツポーズを取っている。ツァン・ディレも感心な様子。





【D-127:勝者は月影!】




テーマ : 遊★戯★王 - ジャンル : アニメ・コミック

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。