スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

D-132 万丈目サンダーVS闇マリク-後篇

「黒蠍団集合!」通常魔法
「黒蠍団集合!」は、1ターンに1枚しか発動できない。①:「首領・ザルーグ」が自分フィールドに表側表示で存在する場合のみ発動できる。自分デッキまたは墓地から「黒蠍」モンスター4種類を選択して手札に加える。


 オリカを使います。《黒蠍》は強化しないの? GXでのキャラは面白かったけど。

 オベリスク・フォース部隊は、万丈目の戦いに見惚れていた。闇の決闘者を相手にして、果敢に挑んでいく姿は心惹かれるもの。彼らは恥じる。ゲーム感覚で、エクシーズ次元を襲撃していたことを。自然と仮面を外して、素顔を現していく。
 タイラー姉妹も、万丈目の姿を目に焼きつけている。



【5ターン目:闇マリク】LP2800、ドローフェイズ後の手札4枚

(フィールド)
闇マリク:《ラーの翼神竜-球体形:攻撃力0・Lv10》が攻撃表示。《インフェルノイド・ネヘモス:守備力3000・Lv10》が守備表示。永続魔法《煉獄の消華》が発動中。魔法&罠ゾーンにカード1枚をセットしている。

万丈目サンダー:《おジャマ・イエロー:攻撃力0・Lv2》が攻撃表示。魔法&罠ゾーンにカード3枚をセットしている。


「俺のターン、ドロー。《インフェルノイド・ネヘモス:攻撃力3000》を攻撃表示に変更する」

「《ラーの翼神竜-球体形》をリリースして、《ラーの翼神竜:攻撃力4000・Lv10》をデッキから特殊召喚! 2体で攻撃を仕掛ける。貴様は終わりだ」


「《おジャマ・ブラック》を手札から捨て、罠カード《サンダー・ブレイク》を発動。《インフェルノイド・ネヘモス》を破壊する。《ラーの翼神竜》をリリースして、無効にするか?」

 《おジャマ・ブラック》は雷と一体化して、《インフェルノイド・ネヘモス》へ体当たり。大爆音が響いて、魔竜は黒焦げにされた。モンスター1体をリリースして、魔法・罠を無効にする特殊能力を有している。さすがに、《ラーの翼神竜》をコストにしてまで守らない。
 《ラーの翼神竜》は《おジャマ・イエロー》に攻撃を仕掛けようとするも。

「《オネスト》を手札から墓地へ送り、《おジャマ・イエロー》を《ラーの翼神竜》の攻撃力分だけパワーアップさせる。攻撃力は共に4000となり、相打ちとなる」

『いくわよーん。オイラのパンチを神様に当てちゃうわん』

 《おジャマ・イエロー》は光属性である。《オネスト》を体に宿らせて、白翼を大きく広げる。
 《ラーの翼神竜》は高熱炎を吐いてくる。それをものともせず、《おジャマ・イエロー》はケツアタック体勢で飛んでいく。衝突音が響く。お尻を顔面にぶつけられてしまい、太陽神は沈んでいった。マリクは珍しく、唖然とした表情で固まっている。

「ふざけるな。《ラーの翼神竜》が墓地へ送られたことで、《ラーの翼神竜-不死鳥:攻撃力4000・Lv10》を墓地より復活させる。今度こそ死ね。ダイレクト・アタック!」

「罠カード《ガード・ブロック》を発動する。戦闘ダメージを0にして、1枚ドロー」


「命拾いしたか。カード1枚をセットして、ターンエンド。エンドフェイズに入ったことで、《ラーの翼神竜-不死鳥》は《ラーの翼神竜-球体形》となる」

 圧倒的な黄金炎を受けても、万丈目は耐えきった。《ガード・ブロック》に守られたとはいえ、その衝撃は心身共を削っていくもの。
 エンドフェイズに《ラーの翼神竜-不死鳥》は墓地送りとなり、《ラーの翼神竜-球体形:守備力0・Lv10》が墓地から特殊召喚された。攻撃または効果対象とならず、鉄壁を築いてくれる。万丈目は神攻略の手がかりを掴んでいるようだが。



【6ターン目:万丈目サンダー】LP4000、ドローフェイズ後の手札4枚

(フィールド)
闇マリク:《ラーの翼神竜-球体形:守備力0・Lv10》が守備表示。永続魔法《煉獄の消華》が発動中。魔法&罠ゾーンにカード2枚をセットしている。

万丈目サンダー:魔法&罠ゾーンにカード1枚をセットしている。


「俺のターン、ドロー。《首領・ザルーグ:攻撃力1400・Lv4》を召喚する」

「《首領・ザルーグ》がフィールドに参上したことで、魔法カード《黒蠍団集合!》を発動。《黒蠍》4種類をデッキから手札に加える。さらに、魔法カード《黒蠍団召集》を発動して、これら全てを手札から特殊召喚する。お前ら、頼むぞ!」

『万丈目サンダー。久しぶりに俺達、黒蠍盗掘団が暴れまわるぜ!』

 セブンスターズの刺客であった黒蠍盗掘団も、カードの精霊として万丈目の仲間となっている。
 どこからか、《黒蠍-罠はずしのクリフ:攻撃力1200・Lv3》が跳びおりてきた。《黒蠍-逃げ足のチック:攻撃力1000・Lv3》が颯爽と駆けつける。《黒蠍-強力のゴーグ:攻撃力1800・Lv5》はハンマーを振り回しながらの登場だ。《黒蠍-棘のミーネ:攻撃力1000・Lv4》はボスの隣に立っている。彼らは集まって、決めポーズ!

『どんなトラップでも朝飯前! 罠はずしのクリフ!』

『お宝頂きゃあとはとんずら! 逃げ足のチック!』

『黒蠍一の力持ち! 強力のゴーグ!』

『黒蠍団の紅一点! 棘のミーネ』

『兄貴のためなら神をも恐れない。それが、我ら、黒蠍盗掘団!』


「罠カード《必殺!黒蠍コンビネーション》を発動する。黒蠍盗掘団は、このターンにダイレクト・アタックできる。400ポイントにバトルダメージが固定されてしまうが。行けっ!」

『神もスルー。それが、我ら、黒蠍盗掘団!』

「お前ら。いいから攻撃しろよ!」

 《黒蠍-強力のゴーグ》は《ラーの翼神竜-球体形》の真下を走りぬける。マリクをハンマーで殴りつけた。黒蠍盗掘団は戦闘ダメージを与えることで、特殊能力を発揮できる。セットカードをデッキトップへと戻す。《黒蠍-罠はずしのクリフ》はナイフで斬りかかり、マリクのセットカードを破壊する。《黒蠍-逃げ足のチック》はマリクの頭を叩いてから逃げた。《煉獄の消華》をバウンス。《黒蠍-棘のミーネ》の鞭攻撃が決まる。《黒蠍-棘のミーネ》をデッキサーチ。
 《首領・ザルーグ》は二丁銃に火を噴かせた。マリクをの胸を貫いて、800ポイントまでライフをえぐる。マリクは手札1枚をランダムに捨てる。《煉獄の消華》が捨てられた。


「カード1枚をセットして、ターンエンドだ」



【7ターン目:闇マリク】LP800、ドローフェイズ後の手札4枚

(フィールド)
闇マリク:《ラーの翼神竜-球体形:守備力0・Lv10》が守備表示。

万丈目サンダー:《首領・ザルーグ:攻撃力1400・Lv4》&《黒蠍-罠はずしのクリフ:攻撃力1200・Lv3》&《黒蠍-逃げ足のチック:攻撃力1000・Lv3》&《黒蠍-強力のゴーグ:攻撃力1800・Lv5》&《黒蠍-棘のミーネ:攻撃力1000・Lv4》が攻撃表示。魔法&罠ゾーンにカード1枚をセットしている。


「どこまでも、ふざけきったデュエリストだ。ドロー。《ラーの翼神竜-球体形》をリリースして、《ラーの翼神竜:攻撃力4000・Lv10》をデッキから召喚条件を無視して特殊召喚!」

「フィールド魔法《神縛りの塚》を発動する。《ラーの翼神竜》はレベル10。効果対象にならず、効果破壊もされない。さらに、神が戦闘破壊に成功すれば、1000のダメージを与える」


「今から貴様の精神は灰となる。燃えつきろ! 《ラーの翼神竜》で《黒蠍-棘のミーネ》を攻撃!」

「罠カード《攻撃の無敵化》を発動する。《黒蠍-棘のミーネ》は戦闘破壊されない」

 地中より鎖が幾本も伸びあがり、《ラーの翼神竜》を縛りつける。
 《黒蠍-棘のミーネ》は《攻撃の無敵化》に守られて、《ラーの翼神竜》の吐きつけた炎を浴びずに助かった。バトルダメージは通ってしまう。万丈目サンダーのライフは1000ポイントまで焦がされた。実体化した激痛が襲ってくるも、ぎりぎりで耐えきる。
 沢渡や月影が応援してくれる。彼らだけではない。オベリスク・フォース達もだ。その声援がプロデュエリストの魂を鼓舞してくれる。万丈目は幻の痛みを吹きとばす。

「ラーに精神を焼かれても、立っているだと……。カード1枚をセットして、ターンエンド」



【8ターン目:万丈目サンダー】LP1000、ドローフェイズ後の手札2枚

(フィールド)
闇マリク:《ラーの翼神竜:攻撃力4000・Lv10》が攻撃表示。フィールド魔法《神縛りの塚》が発動中。魔法&罠ゾーンにカード1枚をセットしている。

万丈目サンダー:《首領・ザルーグ:攻撃力1400・Lv4》&《黒蠍-罠はずしのクリフ:攻撃力1200・Lv3》&《黒蠍-逃げ足のチック:攻撃力1000・Lv3》&《黒蠍-強力のゴーグ:攻撃力1800・Lv5》&《黒蠍-棘のミーネ:攻撃力1000・Lv4》が攻撃表示。


「俺のターン、ドロー。貴様と戦って、1つ学んだことがある」

「闇の恐ろしさか?」

「下には下がいるということだ。人を苦しませることを悦びとする、下劣な決闘者を今倒す。《団結の力》を《首領・ザルーグ》に装備して、《ラーの翼神竜》を攻撃!」

 クリフがナイフを振った。チックは木槌を振るう。ゴーグもハンマーを振りおろす。ミーネは鞭を床に叩きつける。それぞれの武器から衝撃波が放たれた。そららは一ヶ所へ集まっていく。御頭と黒蠍団員は叫ぶ。ザルーグは仲間達の想いを受けとり、ダブル・リボルバーを撃つ。弾丸は衝撃波の集合体を、超高速で押していく。《ラーの翼神竜》を貫こうとして。
 《団結の力》により、《首領・ザルーグ》の攻撃力は5400ポイントまでアップしている。《メタル・リフレクト・スライム》を発動しても止められない。その威力をもって、《ラーの翼神竜》は胸に穴を開けられた。マリクは片膝を着く。そのライフは0へと落ちていた。

「馬鹿なっ。こんな奴に俺が負けるなど、ありえない……」



「マリク・イシュタール。覚えておくがいい。デュエルとは希望と光に満ちあふれたもの。苦痛と闇を与えるものではない。人を傷つけて悦んでいるようでは、けっして俺には勝てない!」

「俺の名は、一!」

『十!』

 沢渡と月影が叫ぶ。

『百!』

 感動したのか、オービタル7も叫ぶ。カイトも小さく呟いていた。

『千!』

 ジャック・アトラスも力強く合わせる。

『万丈目サンダー!』

 オベリスク・フォース達は万丈目の戦いに見惚れていた。敵を殲滅することのみを教えられたソルジャー。クロノス教諭の教えは万丈目を経て、彼らの心を照らしだす。
 神次元より来訪し、大きなお友達まで万丈目コールを繰り返している。



「神のカードを使って負けやがったか。まぁ、いい。俺様のオカルトデッキで貴様を倒す」

 バクラはカイトを睨みつけた。新たなる戦いが始まろうとしている。
 ドン・サウザンドは、その様子を静かに眺めおろしている。





【D-132:勝者は万丈目サンダー!】




テーマ : 遊★戯★王 - ジャンル : アニメ・コミック

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。